もくじ

英文法と古典文法|もくじ · ゆきんこの勉強法 | 自修人
譲歩 · ゆきんこの勉強法 | 自修人

複合関係詞|wh-ever|『高校総合英語Harmony|いいずな書店』では[page:226~229]

『高校総合英語Harmony|いいずな書店』では「接続詞のはたらきをする複合関係詞」[page:228~229]というタイトルが付いています。 「whoeverがno matter whoと同じ価値である」ということから見ても、副詞節を導くwh-everにかんして、 これを複合関係詞に分類するのは無理がある。 具体的には、whoeverという同じ見出し語だからといって、すべての用法を関係詞の内部で説明しようとするのは不自然な考え方であり、実際に、それは無理だ。 そういうことだと思います。

結局、「副詞節を導くwh-ever」は「従位接続詞」と考えてよいわけです。

最終的には、次のように整理するのがいいかもしれません。

―― 新用語 現在の英文法書
での用語
従節詞
subordinate clause
generator
名詞節詞
noun clause generator
WIT〔whether、if、that〕
先行詞コミの関係詞
関係代名詞what
関係副詞the reason
関係副詞why
関係副詞how
wh-ever
間接疑問
形容詞節詞
adjective clause generator
関係詞
副詞節詞
adverb clause generator
従位接続詞

複合関係詞|wh-ever|『高校総合英語Harmony|いいずな書店』では[page:226~229]

複合関係詞|wh-ever|『総合英語Evergreen|いいずな書店』では[page:338~339]

複合関係詞|wh-ever|『総合英語be|いいずな書店』では[page:319~326]

複合関係詞|wh-ever|『ジーニアス総合英語|大修館書店』では[page:317~319]

複合関係詞の廃止処分と配置換え

複合関係詞については、このサイトでは、「廃止処分」として、「間接疑問を形成する(=名詞節を導く)特殊な疑問詞」と「副詞節を導く従位接続詞」とに配置換えします。

―― 単語 名詞節を導く 副詞節を導く
複合関係代名詞 whoever YES
間接疑問をつくる疑問詞
とみなす
YES
従位接続詞とみなす
whichever
whatever
複合関係副詞 whenever NO
wherever
however

―― 品詞別 疑問詞 関係詞 複合関係詞 従位接続詞
従位節
(従属節)
名詞節
=名詞相当の節
導く
〔間接疑問〕
「導く」
※先行詞コミで
考えた場合
wh-ever
特別な疑問詞
とも解釈できる
WIT
〔whether、if、that〕
形容詞節
=形容詞相当の節
―― 導く ―― ――
副詞節
=副詞相当の節
―― ―― wh-ever
特別な従位接続詞
とも解釈できる
導く

 
comments powered by Disqus