mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンはワクチンとして遺伝情報を人体に投与するということで、将来の身体への異変や将来持つ予定の子どもへの影響を懸念しています。|0008|◆厚生労働省の見解

mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンはワクチンとして遺伝情報を人体に投与するということで、将来の身体への異変や将来持つ予定の子どもへの影響を懸念しています。
mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンで注射するmRNAは短期間で分解されていきます。人の遺伝情報(DNA)に組みこまれるものではありません。

mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンで注射するmRNAは、数分から数日といった時間の経過とともに分解されていきます。また、mRNAは、人の遺伝情報(DNA)に組みこまれるものではありません。身体の中で、人の遺伝情報(DNA)からmRNAがつくられる仕組みがありますが、情報の流れは一方通行で、逆にmRNAからはDNAはつくられません。こうしたことから、mRNAを注射することで、その情報が長期に残ったり、精子や卵子の遺伝情報に取り込まれることはないと考えられています。

このような一般的な科学的な知見だけでなく、薬事承認に当たっては、動物試験や臨床試験の結果に基づいて安全性を評価し、審査を行っていきます。

0008.jpg

引用元: mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンはワクチンとして遺伝情報を人体に投与するということで、将来の身体への異変や将来持つ予定の子どもへの影響を懸念しています。|新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省

mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンはワクチンとして遺伝情報を人体に投与するということで、将来の身体への異変や将来持つ予定の子どもへの影響を懸念しています。|0008|◆私の見解

実際には[mRNA→逆転写酵素→DNA]〔逆転写〕という経路でDNAが書き換えられる危険性も否定できない|長期にわたる治験を経ていないので、実際どうなるかはわかっていない

[complementary DNA = cDNA]

相補的DNA - Wikipedia

cDNA 合成

なお、これとは別にワクチンを有害と考える人たちもおります。いろいろな理由があるようです。オカルト的なものは論外として「体内に残っているコロナウイルスの遺物がのちのち悪影響を及ぼさないか」「逆転写酵素によって予想外のDNAがつくられてしまい、遺伝に問題がないか」などです。それぞれに主張がありますが、これらも含めて時間がたたないとわかりません。

引用元: m-RNAワクチンの説明 | 白石クリニック

平たく言って、どういうことなのか?

コロナワクチン接種を受けると、奇形児が生まれる確率が高まります。 いいかえれば、次世代を遺すことができなくなる、血筋が途絶える、家が途絶えるのが、コロナワクチン接種なのだということです。

それ以前に、コロナワクチンには[さんねんごろし]=[打ってから三年で死ぬような仕掛け]が入っていると思って下さい。 しかもコロナワクチンには[三年で死ななくても、発がんによって、10年以内に死ぬような仕掛け]まで入っているので、確実にデトックスしてください。

コロナワクチン接種を受けたとしても、絶望しないで、徹底的に免疫力を上げて、コロナワクチンを可能なかぎりデトックスしてください。 コロナワクチンを完全にデトックスすることは難しいけれども、生きながらえていれば、先進医療によって助かる可能性があります。

Vaccine_detox · ゆきんこの勉強法 | 自修人

こういうことをするのは、人間ではありません。 じんがい〔人間ならざる者〕の所業です。 つまり、悪魔系のエイリアン、または、悪魔系のエイリアンと人間とのハーフが、こういうことをするのです。

さんねんごろし]の内容

さんねんごろし]とは、 mRNAから[スパイクタンパク産生命令]が乱発され、血中がスパイクタンパクに満たされた結果、 [心不全][大動脈りゅう破裂][スパイクタンパクによるけっせんからののうこうそく] [のういっけつ]などで、コロナワクチン接種後、三年以内に死亡する仕組みが、コロナワクチンに含まれている、その仕組みのことを意味します。

さらに、スパイクタンパクの過剰によって、不可逆的に免疫系がズタズタにされますので、がん細胞を修復する能力が衰えた結果、がんを発症してコロナワクチン接種後、三年以内に死亡する仕組みが、コロナワクチンに含まれている、その仕組みのことを[十年殺し]と私は表現しています。

KOKE/さんはTwitterを使っています 「生物兵器やね。 https://t.co/CmnB9cb1nd」 / Twitter

コロナワクチン接種を受けると、mRNAから[スパイクタンパク産生命令]が乱発され、血中はスパイクタンパクに満たされます

mRNAからDNAへの逆転写、いいかえれば、遺伝子組換現象を[発生しない]と言い切るには無理があります。 [mRNA→逆転写酵素→DNA]〔逆転写〕という経路でDNAが書き換えられる危険性は、長期的な観察が終わるまで、完全には否定できません。

つまりmRNAによって、DNAが逆転写を受けて書き換えられるリスクは、否定できないのです。 [わからない]のを[安全だ]と言い切るあたりに、厚生労働省や製薬会社の儲け主義と悪魔思想がかいま見えます。

血中を満たしているスパイクタンパクは、[血管、心筋などの循環器系]と[免疫系]を損傷する性質をもっています|心筋炎、狭心症と診断されたツイート増えてきました|コロナワクチン接種を受けて血中にスパイクタンパクが増えた人は免疫力が格段に下がっています

結局、スパイクタンパクの産生命令を出すmRNAは、治療目的ではなく、人間の[血管、心筋などの循環器系]と[免疫系]を損傷するために、コロナワクチンに最初から意図して配合されているわけです。

[mRNA→スパイクタンパクの産生命令の乱発→スパイクタンパクで循環器系・免疫系を損傷]というのは意図的です。 あくまでも悪魔ですから、彼らは。

びんぼ♬さんはTwitterを使っています 「心筋炎、狭心症と診断されたツイート増えてきました。 接種者の血液はピンクから真っ黒ドロドロに変わります。心臓の毛細血管が悲鳴をあげてますね。脳の神経細胞と心臓の心筋細胞は細胞分裂しません。血栓は確実に弱体化させます。特にスポーツ選手は戦力外通告に繋がることに。」 / Twitter

[心臓疾患なかでも心臓ほっによる急死] [血管の内壁のかいによる死ぬほどの痛みとその後の急死] [血管のりゅうこぶ〕の破裂による急死] [免疫系が損傷されているため、ちょっとした風邪でも重症化して死亡] などが想定されます。

死因としては[心不全][大動脈瘤破裂] [スパイクタンパクによるけっせんからののうこうそく] [のういっけつ]など、そして、何らかの病気が急激に重症化することなどが想定されます。

コロナワクチンのスパイク蛋白質で免疫破壊する仕組みを研究者が警告し、ソーク研究所の調査結果では血栓の原因とされている。 | 海燕 カイエンの釣り旅