年齢によって、ワクチンの効果や副反応に違いはありますか。|0014|◆厚生労働省の見解

年齢によって、ワクチンの効果や副反応に違いはありますか。
今回のワクチンは高齢者に対しても高い発症予防効果があります。一方、若年者に比べて高齢者の方が少し副反応が出にくいことが分かっています。

従来のワクチンでは、高齢者は若い方に比べてワクチンの効果が劣る場合がありました。しかし、日本で承認されたファイザー社のワクチンでは、大規模な臨床試験やイスラエルの実社会での疫学研究において、高齢者に対しても9割以上の発症予防効果があることが報告されています。武田/モデルナ社のワクチンについても、海外での臨床試験において、65歳以上で約9割のワクチン有効率が報告されています。

また、アストラゼネカ社のワクチンは、海外で実施された複数の臨床試験を併合して解析した結果から、約70%等の発症予防効果が確認されています。高齢者については、解析に含まれた例数が限られていたことから有効率は明らかではありませんが、他の年齢層と同様に、新型コロナウイルスに対する中和抗体価(ウイルスの感染力又は毒素の活性を中和できる抗体)の上昇傾向が見られたこと等から、高齢者でも有効性があると期待されています。

一方、副反応については、接種部位の局所の副反応も、発熱や倦怠感、頭痛などの全身性の副反応も、若年者より高齢者の方が少し頻度が低いことが報告されています。

(参考資料)
N Engl J Med. 2020; 383:2603-2615
(Safety and Efficacy of the BNT162b2 mRNA Covid-19 Vaccine)
N Engl J Med 2021; 384:1412-1423
(BNT162b2 mRNA Covid-19 Vaccine in a Nationwide Mass Vaccination Setting)
PMDAの審査報告書(ファイザー社のワクチン)
PMDAの審査報告書(武田/モデルナ社のワクチン)
PMDAの審査報告書(アストラゼネカ社のワクチン)

引用元: 年齢によって、ワクチンの効果や副反応に違いはありますか。|新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省

年齢によって、ワクチンの効果や副反応に違いはありますか。|0014|◆私の見解

コロナワクチンは、まずは高齢者を殺すことを目的として、その接種がかんしょうされています。

コロナワクチンには、免疫力を弱める仕組みが組み込まれており、[高齢者で持病のある人を、まずはカンタンに殺してやろう]というのがコロナワクチンの接種を勧奨している厚生労働省、バックにいる創価学会とファイザー、そのバックにいる中国共産党〔CCP〕など、悪魔たちの考えていることです。

悪魔たちは、人口削減を行なう目標をもっており、そのためには[免疫力の弱っている高齢者をまずは大量に殺してやろう]として、高齢者からコロナワクチン接種が始まりました。

そして、コロナワクチン接種の対象者がネタ切れになったので、こんどは子供〔5歳~11歳〕にまでコロナワクチン接種を義務づけようという悪魔に支配された人々が、コロナワクチンをの接種を勧奨している厚生労働省、バックにいる創価学会とファイザー、そのバックにいる中国共産党〔CCP〕などです。

連新社 on GETTR

この気違いどもから子供たちを護る必要があります。 子供たちが大量に殺されてしまいます。 さぁ、立ち上がりましょう。

さんねんごろし]の内容

さんねんごろし]とは、 mRNAから[スパイクタンパク産生命令]が乱発され、血中がスパイクタンパクに満たされた結果、 [心不全][大動脈りゅう破裂][スパイクタンパクによるけっせんからののうこうそく] [のういっけつ]などで、コロナワクチン接種後、三年以内に死亡する仕組みが、コロナワクチンに含まれている、その仕組みのことを意味します。

さらに、スパイクタンパクの過剰によって、不可逆的に免疫系がズタズタにされますので、がん細胞を修復する能力が衰えた結果、がんを発症してコロナワクチン接種後、三年以内に死亡する仕組みが、コロナワクチンに含まれている、その仕組みのことを[十年殺し]と私は表現しています。

KOKE/さんはTwitterを使っています 「生物兵器やね。 https://t.co/CmnB9cb1nd」 / Twitter

コロナワクチン接種を受けると、mRNAから[スパイクタンパク産生命令]が乱発され、血中はスパイクタンパクに満たされます

mRNAからDNAへの逆転写、いいかえれば、遺伝子組換現象を[発生しない]と言い切るには無理があります。 [mRNA→逆転写酵素→DNA]〔逆転写〕という経路でDNAが書き換えられる危険性は、長期的な観察が終わるまで、完全には否定できません。

つまりmRNAによって、DNAが逆転写を受けて書き換えられるリスクは、否定できないのです。 [わからない]のを[安全だ]と言い切るあたりに、厚生労働省や製薬会社の儲け主義と悪魔思想がかいま見えます。

血中を満たしているスパイクタンパクは、[血管、心筋などの循環器系]と[免疫系]を損傷する性質をもっています|心筋炎、狭心症と診断されたツイート増えてきました|コロナワクチン接種を受けて血中にスパイクタンパクが増えた人は免疫力が格段に下がっています

結局、スパイクタンパクの産生命令を出すmRNAは、治療目的ではなく、人間の[血管、心筋などの循環器系]と[免疫系]を損傷するために、コロナワクチンに最初から意図して配合されているわけです。

[mRNA→スパイクタンパクの産生命令の乱発→スパイクタンパクで循環器系・免疫系を損傷]というのは意図的です。 あくまでも悪魔ですから、彼らは。

びんぼ♬さんはTwitterを使っています 「心筋炎、狭心症と診断されたツイート増えてきました。 接種者の血液はピンクから真っ黒ドロドロに変わります。心臓の毛細血管が悲鳴をあげてますね。脳の神経細胞と心臓の心筋細胞は細胞分裂しません。血栓は確実に弱体化させます。特にスポーツ選手は戦力外通告に繋がることに。」 / Twitter

[心臓疾患なかでも心臓ほっによる急死] [血管の内壁のかいによる死ぬほどの痛みとその後の急死] [血管のりゅうこぶ〕の破裂による急死] [免疫系が損傷されているため、ちょっとした風邪でも重症化して死亡] などが想定されます。

死因としては[心不全][大動脈瘤破裂] [スパイクタンパクによるけっせんからののうこうそく] [のういっけつ]など、そして、何らかの病気が急激に重症化することなどが想定されます。

コロナワクチンのスパイク蛋白質で免疫破壊する仕組みを研究者が警告し、ソーク研究所の調査結果では血栓の原因とされている。 | 海燕 カイエンの釣り旅