解放刷新指針|テレビ終了|テレビを捨てましょう

智子@第444代目さんはTwitterを使っています 「来月から、テレビは再放送がやたら増えるという予想が立っています。理由はわかりますよね?」 / Twitter

テレビを捨てる意義|NHKに受信料を与えないことを通じてNHKを終了させるため

[庶民が立ち上がる]といっても、難しいことではありません。 その第一歩は、テレビを廃棄処分にして、NHKとの受信契約を打ち切るまでのことです。

[NHKが改革されるのを待つ]のではなく、[NHKが改革される]ためには[いったんNHKを解散させて、人間を総入替する必要がある]ので、とりあえずNHKの資金源を断ち切ることです。

[アフガニスタンから米軍が撤退した]とは、[アフガニスタンを拠点とする痲薬利権をCIAが虎Qによって放棄させられた]ということを意味します。 要は、CIAは痲薬マフィアの超巨大勢力であり、このマンモス級の痲薬マフィアが米国政府、米国全体を支配していたのだということになるのだと思います。 つまりCIAがアメリカDSの本丸の1つなのでしょう。

その痲薬密売組織であるCIAの支配下に電通があり、電通がNHKや民間放送局や新聞社などを従えて、[DS〔ディープステイト〕のプロパギャンダ用メディア]を形成していたもの。 これをマスコミと称するわけです。

以下の引用の内容の正誤は、わかりません。 参考にしましょう。

電通は朝鮮人に乗っ取られている!
2017-08-23 00:00:00
テーマ:朝鮮人問題・日本籍朝鮮人

 電通の初代社長は光永星郎という立派な日本人です。責任感があり軍隊も志願して入れなかったのですが、愛国者です。

 日本が行っているよいことを世界に発信しないと誤解を招きます。いくら発信しても、ロイターやAPがありますが、日本のことはニュースにしません。すると日本の悪いところだけを外国人が勝手に報道して、日本を貶めるようなことをしているのです。

 日清戦争の時には従軍記者として中国に向かいますが、通信手段の不備が原因でせっかく書いた記事の掲載が大幅に遅れた経験から、通信会社の設立を構想したのです。同時に広告代理店を設立し、新聞社から得る通信料と新聞社に支払う広告料を相殺することを思いついたのです。

 映画や宣伝は金を払ってつくると売らなければいけません。テレビ局に買わせれば儲かります。電気通信でも儲かります。電通は大きな会社になっていったのです。

これをGHQが利用したのです。電通を使ってウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(War Guilt Information Program、略称:WGIP)を日本人に押し付けるために、電通という組織は残ったのです。その段階でGHQに取り込まれていたのです。

 成田豊が第九代の社長になります。この成田は曲者で韓国生まれです。京城中学校3年まで行っています。それから海軍兵学校に志願します。海軍兵学校予科というものがあり、そこに入って1年くらい在籍します。

 そこで終戦になって京城中学に帰って卒業したという男です。朝鮮人かどうかはわかりません。本人は「韓国人ではない。日本人だ」と言っていますが、韓国臭がプンプンする男です。

 日本に来てから東大に入り野球部で活躍するのですが、この成田という男は、朝鮮びいきです。2005年に日韓文化交流会ができます。「日本と韓国は仲良くしなければいけない。いがみ合う時代ではありません。本当に仲良くしましょう」と成田が言うのです。この段階で朝鮮人脈をバサッと電通に入れた可能性があるのです。それで、大量の韓国人が入ってきて、電通を乗っ取ろうと考えたのです。

 電通を乗っ取ればNHKも乗っ取れます。NHKは電通を通して芸能関係の仕事をたくさんやっていたのです。その中でスキャンダルを起こされたのです。NHKは電通に引きずり込まれたのです。

 愛国者だった会長の海老沢さんが巻き込まれて、辞めさせられたのです。「これが朝鮮人の罠であったのだろう」と言われています。電通の成田は「海老沢さんさえ辞めてしまえば、あとはこっちのものだ」と考えて、後は韓流ドラマをNHKにバンバン入れたのです。

 海老沢さんは韓国ドラマなどやらなかったのです。「NHKは日本人を守るためのものである。民放は金儲けのためにやればいい。NHKはこの体制を崩さない」とやってきた人です。電通の成田は「邪魔だから、あれを引き摺り下ろせ」と芸能関係の罠をつくって海老沢さんは、はめられて辞めることになったというのです。

 それから以降は、朝鮮人がどんどんNHKに入り込んできたのです。目もあてられません。誰がこのようなことをやっているのかというと、韓国政府が計画を立てて、日本を乗っ取ろうとやっているのではありません。

 日本にいる在日朝鮮人は、本国は嫌いです。日本にいる在日朝鮮人は韓国を「俺の国だ」と思っていません。在日朝鮮人は「日本国を乗っ取った朝鮮人である」という自覚です。「日本の企業は俺たちのもの」と思っていますが、「韓国のもの」だとは思っていません。

 第三の人種が発生したという考え方です。韓国にいる朝鮮人、日本にいる在日朝鮮人です。在日朝鮮人は日本人でもなければ、韓国人でもありません。すると元プロ野球選手の張本が「私の故郷は日本海だ」と言ったように新しい人種として振る舞っているのです。それに気が付かなければいけません。

 民族のもっている性質がどんどん日本社会に食い込んできて、日本人を退けて自然に乗っ取りをやっているのです。計画的にやっているわけではありません。気が付くと朝鮮人だらけになっていたのです。そこにできあがったものは日本を離れてしまっているので、日本の文化とは違います。

 NHKは視聴料を無理矢理取ったり、インチキ韓流ドラマを流したりしているのです。NHKは死んだのです。それだけ多くの朝鮮人が要所に入り込んでしまったのです。政治部長・社会部長・報道局長、そのようなところに朝鮮人が入ってしまったのです。

 くだらない番組を流して、金だけで物を考えるようにしています。NHKは金で考えてはいけない放送局です。そのために視聴料を取っているのです。それを今度はインターネットから視聴料を取ろうなど、とんでもない奴らです。

 そのようなことを企んでやろうとしているのです。日本における鮮害(せんがい)は3つあり、お互いに影響しています。まず、金がないと朝鮮人はのさばれません。金を残す手段を朝鮮人はつかんだのです。これはパチンコです。30兆から40兆円ある、国家予算の半分くらいある売上に税金がかけられないのです。

 それは誰がやったのかというと、やはり政治家が関与しているのです。政治家が関与しなければこんなことは絶対にできません。朝鮮人が政治家を取り組むために、ワイロを使ったのです。

 1、パチンコで作ったお金を政治家に献金して、政治家に守ってもらいパチンコ業界をどんどん大きくしていったのです。これは政治家が動かないとできません。

 2、今度はそのお金をマスコミに使い電通を抑えたのです。電通を抑えればNHKを抑えられます。電通・NHKをコントロールできるように手を伸ばしたのです。あとのマスコミはどうにでもなるのです。

 3、マスコミでつかんだ人脈で政治家に睨みをきかしたのです。「お前、変なことをやると叩くぞ!」という構図です。政界、マスコミ、パチンコ業界がもちつもたれつです。これが在日朝鮮人が日本に食い込んでくるための手段です。

 これは何と言っても止めません。安倍さんを見てもわかります。安倍さんのスポンサーは、朝鮮人が経営するパチンコメーカーの東洋エンタープライズです。土地から家から事務所までもらっているから何も言えないのです。当然、献金もたっぷりあるのでパチンコを潰すことはできません。だから目をつぶってしまうのです。

 竹島問題でも竹島が占領されたら日本は軍隊を出さなければいけません。政治家がマージャンしているところに韓国人から5億円運ばれてきて「黙っていてくれ」と言われて黙ってしまったのです。

 日本の土地に侵入してきたのですから、竹島は海上自衛隊が取り戻しにいけばよいのです。それをやらないのです。その時の鼻薬が効いているのです。それをつっつくと鼻薬が出てきてしまうのです。「自民党が金をもらったの?」ということが出てきてしまうので、つっこめないのです。

金丸信が北朝鮮に行ったときには、金塊10億円分をもらってきたのです。「お土産です」と先にくれるのです。これは朝堂院大覚先生も言っていますが、政治家は金と女です。

 そのうち政治家はよいことを思いついたのです。「韓国にすみませんでしたと金を払え、払うんだ!」とODAを払えば、10%懐に入ったのです。だから日本人には「悪いことをした。韓国に謝るのだ」と言ったのです。

 謝ると「謝っただけではすまないだろう。賠償しなければいけない。金を払うのだ。日本人は悪いことをしたのだから当然韓国にお金を払わなければいけない」と言うのです。それがODAです。

 仲介役がヤクザの町井久之です。日本政府が韓国にお金を払うと政治家がバックマネーを取ります。それが10%です。日本人が働いて富が増えると、「自分の懐をどのように肥やすのか?」ということが政治家の仕事です。それが政治家の仕事になってしまったのです。

 政治家A「このお金をインドネシアにもっていこうかな、フィリピンに持っていこうかな」政治家B「なにを言っているのだ。フィリピンは俺の担当だよ。手を出すんじゃない!」という縄張り争いを政治家同士でやっているのです。

 「俺は中国と朝鮮だよ」と旨味のある担当につければ懐が肥えます。それも欲しくもないODAを「上げます」と外国に配ったのです。ODAが役に立たない道路もないような国に発電所をつくったりしているのです。

 ODAが自民党を堕落させたのです。ODAを配るためには日本が悪くないと困るのです。悪くないならば弁償金を払う必要はありません。「日本が悪い」と言ったのも自民党です。パチンコを見過ごしてきたのも自民党です。

 それから北朝鮮に大判振る舞いをして朝鮮銀行の負債の処理で何兆円も払いました。あれも自民党です。自民党の上層部はほとんど韓国と同じです。「日本の金をどのように吸い上げるのか」「日本の金をどうやって盗ろうか」と考えているのです。政治家の仕事がこれでわかったでしょう。

 日本人が働いて税金がこれだけあります。「これをどうかっぱらって自分の懐を肥やすのか?」と考えるのが政治家の仕事です。石原慎太郎は、使いもしないのに何千億円もっています。中曽根康弘もどのくらい持っているのかわかりません。恐ろしい金額のお金です。国家相手にお金を盗るのです。いい仕事です。ODAを配って取るのです。

朝堂院先生の言っている、赤字の100兆円は全てODAのバックマネーです。全て政治家懐に入れたのです。それを見ているから若手議員は「政治家は美味しい仕事だな。俺も何とかおこぼれに預かりたい」と思って「アフリカの担当くれよ」と言うのです。世界中に国はたくさんあります。すべて担当を持ちたいのです。それで援助をすればよいのです。鈴木宗男はロシアです。

 日本の上層部に入り込んでいる朝鮮人の鮮害に警戒しなければいけません。

引用元: 電通は朝鮮人に乗っ取られている! | 中杉 弘の徒然日記

要するに、NHKや民間放送局や新聞社などは、電通によって牛耳られていて、電通が在日によって乗っ取られ、NHKや民間放送局や新聞社なども在日によって乗っ取られ、マスコミや芸能界は、ほぼ全員が在日という感じになっていた。 そうした素地があったうえで、マスコミや芸能界にはアドレノクロム汚染が広がり、虎Qの浄化によって、ほとんどの芸能人が処刑され、代役であるゴム人間がテレビ出演していた。 さらに、2021年9月に、猛毒の生物化学兵器〔BC兵器〕である[新種のボツリヌス毒素]の散布をチラつかせて日本人を人質にして抵抗していた日本DSが、JMYG・K軍の活躍によって[新種のボツリヌス毒素]の使用が無効化され、日本DSは投降した。 それに伴い? 菅首相〔ゴム〕が訪米するけれども、何をしに行くのかわからない。

[新種のボツリヌス毒素]が無効化され、7000発の小型角砂糖も無効化され、もはや日本DSには、抵抗する武器がない。 あとは地下道・地下要塞に潜んでいるハーフレプを中心とする日本DSを掃討する段階に入っている。

つまり私たち庶民としては、日本DSからも、世界DSからも解放された状態なので、あとは私たちが、マスコミ、大企業などを解体・倒産へと持ち込み、衆議院選挙では、日本を改革する議員に投票することによって、GESARA/NESARAに適合する憲法にする〔憲法改正〕必要がある。

とりあえず、NHKから片付けようというのが、この記事の趣旨である。 受信料を支払わないようにしたら、NHKはすぐに潰れる。 潰れたら、その資産を国有資産として没収し、放送機材等を民間に払い下げればいいと思う。

すでに大衆は、オンデマンドで映像・音声コンテンツを視聴できるインターネットに慣れ親しんでいる。

[インターネットによるコンテンツ視聴]と比べると、テレビ放送・ラジオ放送は、[いったん録音・録画しておく]という面倒な手間がかかるだけの、お荷物メディアになってしまった感が強い。 そのため、テレビ放送・ラジオ放送という、リアルタイム視聴を強要されるメディア〔放送メディア〕の人気は凋落している。

人気のある番組は、インターネットに場所を変えて、そこで映像・音声コンテンツを発信すればよい。

現在、マスコミに対する掃討作戦が展開されているため、10月からは再放送中心のテレビになる。 いったんテレビは終わる。

光側の広報メディアとしてテレビが復活するかどうかは不明。 テレビが復活したとしても、[リアルタイム視聴を強要されるメディア〔放送メディア〕の人気は凋落している]という状況には変化がない。 また、テレビ受像機と、PCモニターを両方とも所有することを余儀なくされるのは、資源のムダだと思う。 放送〔broadcasting〕の役割は、終わったと私は考えている。

高市早苗議員〔本人・ハーフレプ・GPS付きで監視中〕が光側の傀儡なので、高市早苗議員を首相にして、高市早苗議員で憲法改正を執り行うのが光側のプランである。


NHKを止めることが、コロナワクチン接種キャンペーンを止めることに通じます。

1人1人がテレビを捨てる。

1人1人がNHKをつぶす。

1人1人がコロナワクチン接種の危険性を伝え合う。

この草の根運動、バイラルな情報伝達によって、日本の常識が変わっていきます。 1つ1つ、コツコツと丁寧に、しかし急ぎ足で、事を進めて参りましょう。