● Table of Contents :

EF-Mマウント〔Canon〕は、その存続すらあやしい

  • [EF-MマウントはCanonがミラーレス機の試作機としてつくったもの]であるように、私には感じられます。 つまりCanonはマインドが古かったので、ミラーレス機が主流になる未来を信頼することができていなかったのです。 Canonは、その[未知なるものに対する恐れ]から、たとえ失敗してもCanonのブランドに傷が付かない、女子向けともいえるEF-Mマウントを出して、Canonのミラーレス機に対する市場の様子を調査したのでしょう。 これは、SONYよりも開発スピードが劣るCanonの[時間稼ぎ]だったのかもしれません。 いずれにしても、この出遅れが、現在のCanon凋落の主要な原因になっているのだと私は感じています。 レフ機からミラーレス機へ、スパッと変われなかったことがCanonの敗因。
  • 正直、SONYがここまでやるとは、Canonは思っていなかったことでしょう。 SONYをナメていたんだよね、Canonは。 でも実際には、[一眼機に対する動画性能重視の風潮]からの[動画AFの速さ・正確さの重視]という流れを、SONYがつくった。 つまり、SONY機の[動画AFの速さ・正確さ]から見て、Canon機の[動画AFの速さ・正確さ]は、やや劣る面がある。 そんなふうに、消費者はSONYの[動画AFの速さ・正確さ]を基準にして、[動画機としてのミラーレス機]を見るようになった。
  • PanasonicのGHシリーズが不調なのも、[マイクロフォーサーズだから]というよりは、SONYの[動画AFの速さ・正確さ]を基準にすると、Panasonicの[動画AFの速さ・正確さ]が大きく劣るからだと思う。 Panasonicは、おもにGHシリーズの動画AFをコントラスト方式に定め続けた。 いいかえれば、Panasonicは、動画AFをけっしてハイブリッド方式〔コントラスト方式+位相差方式〕を採用しなかった。 それはイメージセンサーに相差用センサーの画素を入れると、画質が下がるから。 ただその一点だけにこだわって、動画AFをコントラスト方式に固定し続けた。 アホだね。 この出遅れが、現在のPanasonicが不調である主要な原因になっているのだと私は感じています。 Panasonicは、ハイブリッド方式〔コントラスト方式+位相差方式〕のセンサーを組み込んだ、新型イメージセンサーに着手したようです。 Panasonicは、動画AF以外は、SONYに次ぐ良いカメラなので、ハイブリッド方式を採り入れたPanasonicが、動画用カメラの領域では、健闘する可能性が高まっています。 LUMIX Sシリーズは、画質や手ブレ補正は一流だけれども、動画AFがきわめて残念だから普及しないんだよ。 しかし、動画AFが改善されれば、LUMIX Sシリーズも、GHシリーズも、一定の地位を確保することになると思います。 現在の市場のマインドは、[ミラーレス機は、写真だけ撮れても意味がなく、動画も撮れなきゃ買う理由にならない]というもの。 それは、ブライダルにしても、記念写真にしても、基本、ワンオペ(ワンマンオペレーター)で写真も動画も撮影することが要求されるから。 一人で現場に乗り込んだ場合、一人の人間は、せいぜい2台までしか、カメラをぶら下げることができない。 そのとき[写真用カメラと動画用カメラ]ではなく、[写真用兼動画用を2台]にすることが望まれる。 このとき選択されるのは、CanonやNikonではなく、SONYやPanasonicだと思う。 ミラーレス機による動画撮影で、本当に使い物になるのは、SONYとPanasonicだけ。 Panasonicは動画AFが残念だから脱落。 ゆえにミラーレス機による動画撮影では、SONY一択。 これが現状。 ただし、ハイブリッド方式を採り入れたPanasonic機なら、SONY機と渡り合える。 とくにLUMIX Sシリーズは、手ブレ補正が強力であり、ジンバルを必要としない部分もある。 しかもLUMIX SシリーズはLマウントというマウント口径が大きい規格なので、周辺減光が少なく、高画質。 Eマウント〔SONY〕はミノルタ時代からの引き継ぎである関係から、マウント口径が小さい規格なので、周辺減光が多く、写真機として見れば、イマイチ。 写真も動画もキレイに撮れるのは、Eマウント〔SONY〕であるαシリーズよりも、Lマウントを採用したLUMIX Sシリーズのほうだと思う。
  • Canonは単焦点50mmの撒き餌レンズ[RF50mm F1.8 STM]をRFマウント〔Canon〕から出しています。 [RF50mm F1.8 STM]は[レンズ内手ブレ補正ナシ]なので、ボディ内手ブレ補正ナシであるEOS RPやEOS Rでは、完全に手ブレ補正ナシになってしまう残念な撒き餌レンズです。 結局、[RF50mm F1.8 STM]は、現在のところは、EOS R6、EOS R5での使用を想定する必要があるわけです。 でもEOS R6ですらボディだけで30万円。 高いよね。 だったらα7 IV〔ILCE-7M4|SONY〕を待ったほうがいいよね。 α7 IVとは、α7 III〔ILCE-7M3|SONY〕の後継機で、たぶんメニューもα7S III〔ILCE-7SM3〕と同じ、新型メニュー+バリアングル液晶採用になっていると思うよ。 このα7 IVこそ、安価で写真も動画もキレイに撮れるミラーレス機、YouTuberに愛用される動画主体の自撮りカメラの決定版になるのだと思う。 なぜα7 IVが動画主体の自撮りカメラの決定版になるのか?  SONYの場合、大半の機種でHDMIクリーン出力が得やすいんだよ。 そして、ビデオスイッチャーでマルチカメラにするとき、SONYのカメラにしておくと、色彩を揃えやすいから、統一感が出る。 CanonやNikonの場合、機種ごとにHDMIクリーン出力が得られるものと、得られないものが混在しているので、マルチカメラに向かない。 そもそもNikonは、動画AFが[挙動不審]なのでパス。 α7 IVが出たら、どうなるのかというと、Canon EOS R6、Canon EOS R5、Nikon Z 6II、Nikon Z 7IIの立場が危なくなります。 もちろん、プロの方は、CanonかNikonになさればいいでしょう。 他方、動画を少しでも意識する人は、α7 IVになると思います。
  • 大切なことは、[RF50mm F1.8 STM]の使い勝手ではなく、[RF50mm F1.8 STM]が発している、入門者にもRFマウント〔Canon〕に来て欲しいという、Canonからのメッセージです。 いいかえれば、Canonのユーザー全員にRFマウント〔Canon〕に乗り換えてもらいたい。 Canonは、きっとそう思っているのでしょう。 そうだとしたら、[EFマウント〔Canon〕のAPS-C機][EF-Mマウント〔Canon〕機=ぜんぶAPS-C機]のレンズとして、ガチの[良質なレンズ]を出すことは、考えられない。 つまり、EF-Mマウント〔Canon〕は、その存続すらあやしいし、たとえEF-Mマウントが存続されたとしても、RFマウント〔Canon〕のレンズよりも劣るレンズしか供給されないであろう。 そういう未来が、透けて見えるわけです。

キヤノン:RF50mm F1.8 STM|概要

RFマウント〔Canon〕|フルサイズ

RFマウント〔Canon〕の広角ズームレンズは、大三元の広角ズームしか出ていない〔2020-12-02〕。

CANON RF15-35mm F2.8 L IS USM

EFマウント〔Canon〕|フルサイズ

Canonは社をあげてRFマウント〔Canon〕推しゆえに、EFマウント〔Canon〕のレンズをいまさら買うのもイマイチです。

ボディがRFマウント〔Canon〕でも、EF-Mマウント〔Canon〕でも、アダプターを使えばEFマウント〔Canon〕のレンズが使えます。 しかし、それだけ重たくなります。

かといって、RFマウント〔Canon〕にレンズがバッチリ揃っているわけでもないので、Canonユーザーは、大量にSONYへと流れていきます。 結局、CanonとNikonは、ミラーレスへの参入において完全に出遅れたうえに、動画を重視するユーザーが一眼機を購入することが多くなっている。 動画機という意味では、SONYは動画AF性能が図抜けており、Canonは差を付けられた第二位です。 動画重視ならCanonにする理由がありません。

ブライダル、記念写真などの写真館でも、動画撮影を要求される機会が増えたため、写真館の世界でも、CanonからSONYへ、NikonからSONYへというなだれ現象が起こっているようです。 Nikonはレンズのキレは業界一ですけれども、AFがイマイチで、動画AFでもイマイチ、より技術的な解決の易しい写真AFもイマイチです。 つまり、Nikonはボディの技術としては周回遅れです。 AFというのはソフト開発ですので、Nikonはソフト開発が弱いということです。

Nikonは、ボディでSONYやCanonに追いつける要素が見当たりません。 SONYは、テレビ局の機材を開発している関係上、ソフトの開発において、一眼カメラ/ビデオカメラの業界では、ダントツの強さを誇ります。 その大SONYに、Canonですら足元にも及ばない。 Nikonは、その土俵にすら上がっていません。 市場がミラーレス中心になり、動画性能が重視されるフェーズでは、Nikonにしてみれば、勝ち目のない勝負しかできないのです。

Nikonはハッキリ言って、SIGMAのように、交換レンズを供給する[レンズメーカー]になってください。 それかNikonは、Lマウントアライアンスに参加して、PanasonicやSIGMAと協業すると、何かいいことがあるかもしれません。 大英断として、Zマウント〔Nikon〕を捨てて、Nikonはレンズメーカーに徹する。 これがNikonの生き残る道でしょう。

選挙において、弱い野党がバラバラに候補者を出したら、与党に負けるでしょ?  目的が[SONYの一人勝ちを許さない]なのだとしたら、RFマウント〔Canon〕、Zマウント〔Nikon〕、Lマウント〔Panasonic〕というふうに、分かれていることそれ自体が負ける選択なんだよ。

このままでは、イメージセンサーの大手でもあるSONYが一人勝ちしますので、Canon、Nikon、Panasonic、FUJIFILMが、1つのレンズマウントに統合することによって、SONYをおびやかす。 これ以外に、SONYが一人勝ちして、Canonがそれに次ぎ、その他は淘汰される。 この未来を回避する方法はないと思います.

SONYの弱点はミノルタ時代から引き継がれている、小口径のレンズマウントであるEマウント〔SONY〕なのです。 このEマウント〔SONY〕は、周辺減光が大きいです。 G MASTERレンズが、大きくて重たいのは、周辺減光をカバーするために、レンズの口径を必要以上に大きくとっているからかもしれません。

小口径で軽量だけれども、明るくて周辺減光が少ない、周辺の色収差も少ないレンズが簡単につくれるのは、やはりマウント口径が大きいレンズなのだと素人ながら思います。

Leica〔ライカ〕と組むことにより、Leicaの高級レンズがそのまま使える。 それを実現できるLマウント〔Panasonic〕のアライアンスに、NikonとFUJIFILMが乗っかると仮定する。 これが、ゲームの様相を大きく変える方法だと思います。

消費者にしてみれば、各社でレンズマウントが異なることは、多重投資を迫られる結果となり、[それだったら、レンズ交換式カメラなんか買わない]という消極的な選択にならざるを得ません。 レンズマウントがたくさんあって整理されていない。 だから消費者が入りづらい世界になってしまっているのですよ。

野党は連合して、候補者を絞り込み、与党に対する反対票をまとめ上げるしか、勝ち目がないんだよ。 Panasonicも、Nikonも、負け組なんだよ、すでに。 少し調子が上がってきたFUJIFILMだけれども、APS-Cなんて限界が来るよ。 だってAPS-Cで8K撮影は無理だもの。 8Kからダウンコンバートするから、解像感の高い4Kが撮れるわけですよ。 8Kそのものが必要なのではなく、4Kを収録する素材としての8Kが必要なのよ。 それで、8Kが撮れないイメージセンサーだと4K映像でも解像感が足りなくて、その時点で終わるんだよね。 そして、画素数と画素ピッチの関係から、APS-Cでは、どうしても8Kは無理。 無理やり8Kにしても、暗所に弱くなる。 8Kを撮影するなら、最低でもフルサイズ、理想的には中判のイメージセンサーが必要。 ということは、FUJIFILMは、4K動画が本格化した時点で敗退することがわかっている。

そして写真用途でも、APS-Cでは、プロが採用しない。 プロが採用しないから、FUJIFILMは、いつまでたっても市場シェアが劇的には大きくならないんだね。 結局、高画素時代を見据えたら、[APS-Cでいく]という選択は間違っていたんだよ、FUJIFILMの社長さん。

そうすると結局、プロが採用したくなるようなフルサイズ機、中判機をLマウントアライアンスとして出す。 Lマウントアライアンスに参加している、Leica〔ライカ〕、Panasonic、SIGMAに、仮に、FUJIFILMとNikonが加わって、動画も写真もイケるカメラとレンズをつくる。 そうしたら、SONYもCanonも、追い越せると思うよ。 つまり、得意分野の異なる弱者〔負け組のメーカー〕が集まって、連合するしかないじゃんよ、という現状をしっかり把握する必要がある。

そのとき重要なのは、[過去を引きずるな]ということだよね。 これまで支えてきてくれたファンのレンズ資産を無にしてもいい。 それぐらいのドラスティックな考え方を採用しなければ、勝ち目はないよ。

Nikonが、Fマウント〔Nikon〕とZマウント〔Nikon〕の連続性を担保するために要している時間・手間は、ハッキリ言って、ムダになる。 Nikonがこのままいけば、倒産になるからだ。 Zマウント〔Nikon〕を捨てて、Lマウントアライアンスに加わるのが、Nikonが生き残る道だと思う。

そしてFUJIFILMも、いつまでもフィルム時代の懐古趣味みたいなことをしていても、発展できませんよ。 FUJIFILMのカラーサイエンスは、かなり高度。 それがLマウントアライアンスにとって必要な要素なんだよ。 そしてFUJIFILMは、Lマウントアライアンスに加入することで、自社にフルサイズのラインナップを加えることができる。 そうすると、プロがFUJIFILMを使うことだって、考えられる。

SONYに次いで、テレビ業界での実績があるのはPanasonicだよ。 Panasonicは動画に強い。 そしてNikonは写真に強い。 そして、FUJIFILMはカラーサイエンスに強い。 Nikon、SIGMA、TAMRONはレンズのメーカーだ。 みんなで力を合わせれば、SONYやCanonと互角に戦える第三勢力をつくることができる。

このままでは、SONY VS Canonの二強体制になり、その他が淘汰されるよ。

Nikonから、Eマウント〔SONY〕、RFマウント〔Canon〕、Lマウント〔Panasonic〕のレンズが出れば、絶対に売れます。 大きな声では言えないけれども、Eマウント〔SONY〕にはクソレンズがけっこう多い。 Nikonのレンズのシャープさは、本当に特筆すべきものがあり、SIGMAやTAMRONとともに、Nikonは交換レンズ業界を引っ張っていってください。

Nikon機では、テザー撮影がやりづらい状況が続いているうちに、スタジオ撮影のカメラマンがみんなCanonに流れたんです。 Nikonを愛しているのは、街の写真館のおっちゃんだけ。 これがつい最近までの状況だったのですけれども、街の写真館のおっちゃんも、動画重視という動機から、SONYへ乗り換えてきているんですよ。

動画AFがまともなのは、SONYとCanonだけです。 FUJIFILMも、Panasonicも、Nikonも、動画AFは、実用的とまではいえない部分を残しています。 PanasonicがハイブリッドAF用のイメージセンサーの生産へ向けて準備を整えているようです。 Panasonicは手ブレ補正が優秀なので、Panasonic機でハイブリッドAFが使えたら、動画機としてはSONYに次ぐ存在になるかもしれません。

【EFマウント〔Canon〕】■CANON EF16-35mm F4L IS USM
CANON EF16-35mm F2.8L III USM
CANON EF11-24mm F4L USM
CANON EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
CANON EF16-35mm F2.8L II USM
CANON EF17-40mm F4L USM

EF-Sマウント〔Canon〕|APS-C|12.5mmがフルサイズ換算の20mm

【EF-Sマウント〔Canon〕】■CANON EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM
【EF-Sマウント〔Canon〕】■CANON EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM


CANON EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM
CANON EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM
CANON EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
CANON EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS
CANON EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM
CANON EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS
CANON EF-S17-55mm F2.8 IS USM

EF-Mマウント〔Canon〕|APS-C

CANON EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM [シルバー]
CANON EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM [グラファイト]
CANON EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM [シルバー]
CANON EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM [グラファイト]
CANON EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM
CANON EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM

Eマウント〔SONY〕|フルサイズ

【Eマウント〔SONY〕】■SONY Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Z
【Eマウント〔SONY〕】■TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)
SONY FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM
SONY FE 12-24mm F4 G SEL1224G
シグマ 14-24mm F2.8 DG DN [ソニーE用]
SONY FE 12-24mm F2.8 GM SEL1224GM

Lマウント〔Panasonic〕|フルサイズ

【Lマウント〔Panasonic〕】■パナソニック LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6 S-R2060
シグマ 14-24mm F2.8 DG DN [ライカL用]
パナソニック LUMIX S PRO 16-35mm F4 S-R1635

単焦点20mm|フルサイズ

単焦点20mm|フルサイズ|最新レンズ

【Eマウント〔SONY〕】■TAMRON 20mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F050)
【Eマウント〔SONY〕】■SONY FE 20mm F1.8 G SEL20F18G
【Zマウント〔Nikon〕】■ニコン NIKKOR Z 20mm f/1.8 S

単焦点20mm|フルサイズ|サードパーティ

シグマ 20mm F1.4 DG HSM [シグマ用]
シグマ 20mm F1.4 DG HSM [ニコン用]
シグマ 20mm F1.4 DG HSM [キヤノン用]
TOKINA FiRIN 20mm F2 FE MF
SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC [ニコン用]
SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC [キヤノン用]
SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC [ペンタックス用]
SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC [ソニー用]
SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMC [ソニーE用]
TOKINA FiRIN 20mm F2 FE AF
シグマ 20mm F1.4 DG HSM [ソニーE用]
シグマ 20mm F1.4 DG HSM [ライカL用]

単焦点20mm|フルサイズ|古いレンズ

CANON EF20mm F2.8 USM
ニコン Ai AF Nikkor 20mm f/2.8D
SONY 20mm F2.8 SAL20F28
ニコン AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED