● Table of Contents :

デコとボコの【統合】|足し合わせてゼロの概念

互いに異符号である相等な〔あいひとしい〕ものを足し合わせると[$-\infty+\infty=0$]のように、ゼロになる。

これは、力学でいう、[力が釣り合っている状態]であり、そこには大きな潜在的エネルギーが存在する。

光を使った【統合】のワークにおいて、[闇]をひかりへと還元するとき、強い光が出る映像化〔visualizationヴィジュアライゼイション〕を行なう。

[闇]がひかりに還元されるとき、強い光が出る。 光が潜在エネルギーとして、かくれていたのである。

性エネルギーは、それ単独でも強いものがある。

それに加えて、男女の[互いに異符号である相等な〔あいひとしい〕性エネルギー]を足し合わせると[$-\infty+\infty=0$]のように、ゼロになる。 【統合】されてゼロになるとき、ものすごいエネルギーが発生する。

性の物理的側面|男女の相同性

「男と女」 生殖器のビックリ仰天の造られ方(山科 正平,ブルーバックス編集部) | ブルーバックス | 講談社(2/4)

  • 私たちが生まれる前、子宮内で育っていくときは、女性の肉体を土台としているようだ〔細かいことは除く〕。 女性はそのまま生まれ、男性は女性の肉体に、ホルモンのシャワーによって改造を加えてつくられるらしい。
  • この発生という現場において、男性がもっていたはずの女性器は、どこへ消えたのか?  いいかえれば、女性がホルモンのシャワーによって男性化されるとき、どこがどうなったのか? 
  • 子宮や膣は溶けてなくなったのであろう。 女性の割れ目は癒着し玉袋の筋という傷跡となって残っている。 水道橋博士の相方の玉袋筋太郎氏の芸名が、そのものを表している。
  • 女性はそれが卵巣になり、男性はそれが管を通って玉袋まで降りて、精巣となる。
  • 哺乳類の精巣は、[睾丸こうがん]=[きんたま]とも呼ばれる。
  • 男の赤ちゃんで、睾丸が管の途中で滞留し、玉袋まで降りてこないことがあり、そのときは治療が必要となるようだ。
  • 男性を整形手術で女性化させる場合には、玉袋を中央で切開して、玉袋と睾丸を切除する。 ただしそのとき、玉袋の一部を切り残し、人工的な小陰唇を造作する。 実際の女性の小陰唇もまた、玉袋に該当する部位である。 女性における小陰唇の左右不均等、小陰唇が長い/広いなどは、発生時の溶け残りだと思われるので、気になる人は整形手術をしてもかまわないと思う。
  • 人によっては、切開した玉袋の中央に人工的な穴を掘り、そこに自分の腸などを移植して、人工膣を構築するらしい。 この人工膣は、定期的に棒を差し込んでやらないと、傷が治るようにして、自然に穴がなくなるらしい。 それは、ピアスの穴が自然にふさがるのと同じ理屈。
  • つまり、性はDNAで決定されているので、いくら生殖器と胸を人工的に構築して、性ホルモンを定期的に注射しても、根本的には、どうにもならないようである。
  • 性同一性障害の原因は、魂というデータカプセルを輪廻で使い回したせいで、前生ぜんしょうの記憶や観念が残留しているため、らしい。
  • 例えば、前生で女だったのに、その観念が抜けないまま男性に生まれ変わったせいで、自分の精神の性と肉体の性が食い違ってしまう。 これは基本的に自分の精神をクリアリング、ヒーリングして、現在の性を受け容れるように訓練していくことが、根本的な解決策であるようだ。
  • 現在は、輪廻という制度は廃止され、魂を完全に浄化して、前生からの残留物なしに生まれ変わる制度に変わっているらしい。 性同一性障害は、生まれ変わりのシステムの不備によるものであるらしい、ということになる。

性の物理的側面|総論

  • Lionel Richie - Say You Say Me - 1985.
  • 男女ともに、脳が受けた、絶頂に必要なパルス信号の[累積回数]が閾値いきちに達した時点で絶頂への到達となる。 脳内の出来事なので、心の状態で閾値は変動する。
  • 営みは、湿式しっしき後述こうじゅつ:濡らしたやり方〕を基調とし、[乾燥による摩擦の増大]からの[痛み]や[傷]の発生を常に警戒する。 harmlessハームレス〔害を与えない〕であるためには湿潤しつじゅんさを保持することに細心さいしんの注意を払う。
  • [(が)まんじる][つば][ゼリー/ローション]などのゲル〔スムーザー〕を介して性器を刺激することを、湿式しっしきと定義する〔ゲルなしは乾式かんしき〕。
    • [がまんじる]:亀頭の尿道から出るゲル。
    • [まんじる]:女陰にょいんから出るゲル。
    • 男女ともに、感じればゲルは出るが、しかしゲルが出ているからといって、本当に感じているとはかぎらない。 鼻の穴に指を入れれば鼻水が出るのと同じで、単に物理的刺激への反応としてゲルが出ているだけである場合もある。
  • 女陰にょいんにゲルが出ていることをもって、ただちに挿入の受入準備完了と断定することは危険である。 十分な前戯ぜんぎによって、膣の緊張きんちょうが完全に解け、膣が十分に弛緩しかんして初めて挿入に適した状態になる。 女性から明示的に挿入を求めるのが順当であろう。 ただし、男女が同時に物理的絶頂を迎えることは困難なので、前戯ぜんぎによって女性を先に絶頂へと至らしめ、その後、男性が何らかの方法で絶頂を迎えるのが順当だろうとも思う。
  • [痛み]は、身体からのSOS信号なので、けっしてガマンせず、[痛み]や[傷の危険性]を感じたら、正直にパートナーに告げる。
    • 性器・肛門・口腔こうくうなどの傷は、性感染症のリスクに直結するので、よくよく注意する。
    • 性交痛によって、営みそのものが[物理的な痛み][心の苦痛][嫌悪]の世界となり、それがセックスレスにつながる危険性がある。
  • 絶頂に必要なパルス信号の[累積回数]の比は、男性を1とすると、女性は3以上である〔と仮定する〕。 これは対女性比で、男性が3倍以上、早漏そうろう〔感度が高く絶頂に達しやすい〕であることを意味する。 女陰にょいんにゲルが出ているからといって、前戯ぜんぎも不十分なまま挿入・ピストン運動を開始すれば、男性が早々に絶頂に至り射精するだけで、女性が中途半端なまま取り残されることは自明である。 世の中の多くの営みが、このようであると推測される。 女陰にょいんが[男が放出するための道具]にされているのだとしたら、これほどの屈辱くつじょくはない。 独善的な営みは、人権蹂躙じゅうりん的な行為であり、パートナーを深く傷つける。 これがセックスレスの原因にもなりうる。
  • どんな場面でも、尊厳そんげん相等そうとうである〔あいひとしい〕ことを第一に考える必要がある。 あなたの痛みは、私の痛み。 あなたの苦しみは、私の苦しみ。 あなたは私、私はあなた。
  • 絶頂に必要なパルス信号の[累積回数]は、女性のほうが多いわけだから、営みに占める女性に対する前戯ぜんぎの割合を増大させて初めて、調和的な状態になるのだと思う。 時間がゆっくり経過するような空間で、もっとゆっくり時間をかけて、大切なコミュニケーションを行なうのが、ほんらいの姿なのだろうと思う。 そのためには、もっと自然に近い環境に身を置く必要があるのだろう。 時間に追われるこれまでの生活スタイルでは、時間がゆっくり経過するような空間は得がたい。 地球の人間は、ガイアと一体化し、ガイアとともに生きていくものなのである。
  • 逆に男性が遅漏ちろう〔感度が低く絶頂に達しづらい〕である場合、男性の絶頂に必要なパルス信号をすべてピストン運動でまかなおうとすれば、女性は[痛み]しか感じず、膣に[傷]を負うであろう。 男性の遅漏は激しい暴力である。 これがセックスレスの原因にもなりうる。 亀頭への強い摩擦刺激によって亀頭の皮膚が分厚く鈍感どんかんになったために遅漏ちろうの状態になるのだろう。 [激しければ快感が強い]という偏った【信念体系・観念】+【ジャッジメント】が、異性の性器を傷つけ、営みを苦痛の世界にしてしまうのである。
  • 男女ともに、[亀頭=陰核亀頭]や[包皮小帯]は、必ず湿式で、変化なき一定のリズムでソフトに根気よく刺激し続ける。 [亀頭=陰核亀頭]への強すぎる刺激は絶頂をむしろ遠ざける。 絶頂に必要なパルス信号は発生するけれども、ギリギリ最弱の刺激、かつ、安定した単調な刺激を、[包皮小帯]に対して、休まずコンスタントに与え続けると、閾値の付近で急激に興奮が高まり、絶頂を迎える。 [刺激の与え方に変化を加える]ことは[途中休憩]を挟んだのと同じになり、[累積回数]がリセットされ、絶頂は遠のく。 最も慣れているラクな方法で、最弱の愛撫・ストロークを休みなく絶頂まで続けるのが適切と思われる。
  • 文明は生命体によって支えられているので、セックスレスは文明の崩壊、惑星における生命活動の終焉しゅうえんに直結する。
  • 4次元地球文明を構築するとき、最も大切なのは、[男女の営み]と[子供から大人になるまでの教育・学習]だと私は思う。 [文明]とは、けっして、遠くの夢物語ではなく、地に足を着けた日々の生活の積み重ねをいう。
  • パートナーをでる気持ち、いとおしみいつくしむ気持ちを表現する手段が、性だけに限定される理由はない。 性に関係のない、ふだんの生活シーンの1コマ1コマで、すべてに意を払い、こんなに身を尽くしてくれるパートナーの姿勢に、大きな優しさとぬくもり、底知れぬ愛情を感じて心が満足し、深い感謝の気持ちがあふれ、そこでパートナーとの共振が起こるのである。 [ずっとこの人と一緒にいたい]と思える[ふだんの生活]を、とても大切にしたいと思う。 その【周波数】が地球全体に広がって共振すれば、地球は一気に楽園となるであろう。

性の霊的側面|水を媒体とするデータ交換

  • 水は記憶媒体であり、意識体でもある。
  • [愛]は[私をもっと知って欲しい]という自己表現欲である。
  • [愛]は[あなたをもっと知りたい]を基本とする知識欲である。
  • 性愛は、水という記憶媒体を利用した、データ交換である。
  • データ交換が眼目なのであれば、物理的絶頂は、必ずしも必要ない。
  • また物理的絶頂だけを追い求める物理的な営みは、データ交換、いいかえれば、心の深い交流へのフォーカスをにぶらせてしまう。
  • あなたといるだけで、何だか心が温かい。その延長線上に営みがあるのだと思う。

Hatsukoi No Oka
由紀さおり 『 初恋の丘 』 - Google 検索

性の物理的側面|[包皮小帯]と物理的絶頂

  • 性的興奮の神経は、男女ともに[乳首][亀頭=陰核亀頭][包皮小帯]に集中しているようだ。
  • 男女ともに、絶頂への直接のトリガーは[亀頭=陰核亀頭]ではなく[包皮小帯]に存在するらしい。
    • 絶頂とは、男女ともに、性的興奮の最高潮で性器・肛門括約筋が収縮律動を起こすことである。
    • 男性は絶頂時に[性器・肛門括約筋が収縮律動する]のと同期して尿道から精液が出る。
    • 女性は絶頂時に[性器・肛門括約筋が収縮律動する]けれども、液体は出さない〔潮吹きのことはわからない〕。 ただし、子宮など腹部全体、手足がけいれんする人もいる。
  • [包皮小帯]とは、男女ともに、[亀頭=陰核亀頭]をヘソの側へ持ち上げたとき、[亀頭=陰核亀頭]の頭部直下に見える[]という文字の3本の線が交差する付近にある筋〔俗に言う裏筋うらすじ〕を指し示す。
  • 男性の[包皮小帯]は、亀頭の尿道口直下に見える1本のタテ筋であり、そこは亀頭を口にふくんだとき舌に直接触れる領域である。 疲労などで営みを長引かせたくない場合には、[包皮小帯]=[裏筋]だけを集中的に攻めて、短時間で絶頂を迎えさせることができる。
  • 女性の[包皮小帯]も、男性の[包皮小帯]に対応する領域、つまり、陰核亀頭直下の狭い領域である。 女性の[包皮小帯]は、小陰唇の上端部として左右に分かれているため、2本とカウントされる。 包皮を引っ張り上げないと[亀頭=陰核亀頭]が露出しない女性が大半である。
  • [亀頭=陰核亀頭]への強すぎる刺激は、[オシッコ出そう]と[痛み]に結びつきやすく、絶頂をむしろ遠ざける。
    • 男性において、いくら[ゼリー/ローション]を潤沢じゅんたくに使っても、手こき〔亀頭を手のひらと指でじかに摩擦愛撫すること〕は刺激が強すぎる。 手こき、または、激しいピストン運動は、刺激が強すぎるため、[絶頂の直前で到達できない苦しみの時間が続く][到達してもショボい快感に終わる]という残念な結果につながりやすい。
    • 手こきで亀頭の皮膚を鍛錬たんれんすると、亀頭の皮膚が厚く鈍感どんかんになるため、結果として遅漏ちろう〔感度が低く絶頂に達しづらい〕になる。 遅漏に基づく長時間のピストン運動は、女性器に[痛み]や[傷]を与える傷害行為であるから、げんつつしむべきである。
    • 女性において、陰核包皮を指で引き上げ、陰核亀頭を露出させ、口唇こうしんを使って吸い込み/吐き出しによる陰核亀頭のピストン運動を行なっても、刺激が強すぎる。 またぜつによる陰核亀頭への直接の刺激は、刺激が強すぎる。 そのため[刺激は強く感じるけれども絶頂が遠のいていく][絶頂を迎えずに放尿する]という結果になりやすい。
  • 水でふやけた皮膚はけずれやすい。砥石といしに水をつけると、包丁ほうちょうはよくげる。 耐水たいすいペーパー〔水ヤスリ〕を濡らして使うと、よくみがける〔削れる〕。 指の腹や手のひらの角質層はかたあらい。 しかも営みは、濡らさなければ危険。されども、硬く粗いものを使い、傷つきやすい物体を濡らした状態でこすると、たいへん危険。 亀頭の表皮は薄いため、[ゼリー/ローション]を潤沢じゅんたくに使っても、手こきは亀頭に細かい擦り傷をつけるので危険〔性感染症のリスク〕。 同様に、入念にゲルをまぶしても、陰核亀頭に指で直接触れることは危険。
  • [亀頭=陰核亀頭]への強すぎる刺激は絶頂をむしろ遠ざける。 絶頂に必要なパルス信号は発生するけれども、ギリギリ最弱の刺激、かつ、安定した単調な刺激を、[包皮小帯]に対して、休まずコンスタントに与え続けると、閾値の付近で急激に興奮が高まり、絶頂を迎える。 [刺激の与え方に変化を加える]ことは[途中休憩]を挟んだのと同じになり、[累積回数]がリセットされ、絶頂は遠のく。 最も慣れているラクな方法で、最弱の愛撫・ストロークを休みなく絶頂まで続けるのが適切と思われる。
  • [男性の亀頭]はコンドームで保護することができる。他方、そのような保護手段がない女性器については、けっして[痛み]や[傷]を与えぬよう、細心さいしんの注意を払う。
  • 大仰なピストン運動などの強く激しい行為でも、運動1ストロークにつき、パルス信号の発生は1回である。 いくら十分に湿潤さが保たれていたとしても、強く激しい動きは、男性が絶頂を迎える、ほんの直前だけに留める。 しかし、絶頂までゆっくりと動くのが、[男性の亀頭][女性の膣]を、[痛み]や[傷]からまもる道である。
  • 最もharmlessハームレス〔害を与えない〕で、最も省力的な方法を用い、変化なき一定のリズムでソフトに根気よく[包皮小帯]〔男女ともに〕を刺激し続け、最もラクに絶頂に到達する工夫を積み重ねることが、良好な性生活を長続きさせる道であろう。
    • 絶頂に必要なパルス信号を得るための具体例を、参考程度に列挙しておく。これらは個人差があり、参考程度にしかならない。
    • 総じて、[(が)まんじる][つば][ゼリー/ローション]などのゲル〔スムーザー〕が乾燥せぬよう、細心さいしんの注意を払う。 以下のようにすると、絶頂に到達する〔ことがある〕。
      • 男女ともに、変化なき一定のリズムでソフトに根気よく[包皮小帯]をペロペロと舌で愛撫し続ける。
      • 男女ともに、変化なき一定のリズムでソフトに根気よく[包皮小帯]を指の腹でトントントンとタッピングを繰り返すことで愛撫し続ける。 タッピングとはいえ摩擦が出ないように、指は常にゲルで湿らせた状態を保つ。
      • 男性に対して、亀頭には直接触れぬまま、陰茎を包皮ごと軽く握り、変化なき一定のリズムでソフトに根気よく、陰茎をしごく。 亀頭を乾燥させぬよう、定期的にゲルをまぶし、亀頭には直接触れぬまま、しごく。
      • 女性に対して、陰核包皮を押し上げてゲルを陰核亀頭全体によくまぶし、陰核亀頭には直接触れぬまま、陰核包皮周辺の肉を指でソフトに押さえ、変化なき一定のリズムでソフトに根気よく、肉をねり回す。 陰核亀頭を乾燥させぬよう、定期的にゲルをまぶし、陰核亀頭には直接触れぬまま、ねり回す。
    • 膣は傷つきやすいので、膣に指〔爪〕を入れることは暴力的であると私は思う。
    • 亀頭を咽頭部まで入れるなどは、オエッってなる、苦しくて疲れる行為だし、呼吸と関係しているので危険だし、人道的ではないと思う。
  • 何事によらずharmlessハームレス〔害を与えない〕であることが最も大切である。
  • パートナーは自分自身の投影であり、自分自身を大切にする人はパートナーをも大切にし、パートナーを大切にする人は自分自身をも大切にするものだ。

大ヒット間違いなしなのは[乾かないゼリー/ローション]|シャチハタ 乾きまペン

性の安全性を高める、[乾かないゼリー/ローション]を開発すれば、かなりヒットするであろうと思う。 海藻に由来する多糖類を利用すると、[海藻を原料としているので飲んでも安全]といったようなものができるであろう。 これなら安心である。

油性マーカーは、ぺんてるのは、臭いがして、すぐ乾く。 シャチハタの油性ペンは、本当に乾かないよ。 だから長持ちするよ。

ヨドバシ.com - シヤチハタ Shachihata 199NK-8S [アートライン 乾きまペン 油性マーカー 太字・角芯 8色セット 紙ケース] 通販【全品無料配達】
ヨドバシ.com - シヤチハタ Shachihata KR-ND [アートライン 乾きまペン 補充インキ 黒 3mL×3本入] 通販【全品無料配達】
ヨドバシ.com - シヤチハタ Shachihata K-177P [アートライン 乾きまペン 替芯 中字・丸芯 2本入] 通販【全品無料配達】

乾きまペン|シヤチハタ
乾きまペン 油性マーカー|インキの補充方法|サポート|シヤチハタ

性の自立|独立個人と自己責任論

  • 自分を大切にすることを第一にしながら生きることが、【魂の成長】【意識の進化】を速めることになる。
  • マスターベーション〔自慰じい〕もまた、自分を大切にし、愛おしみ、慈しむ方法の1つであり、これは、けっしてやましいことではない。
  • 性感はマスターベーション〔自慰じい〕という自主トレーニングで培うものである。
  • それは[ハイヤーセルフ]などから来る直感を感じ取り、聞き取るトレーニング、つまり、スピリチュアルなトレーニングと同じである。
  • 性感の開発は、脳の神経回路の組換行為であり、それは学習プロセスにほかならず、学習には繰り返しのトレーニングが必要である。
  • 例えば、乳首だけで絶頂に到達するトレーニングを積むには、毎日の自主トレーニングが必要である。 パートナーが開発してくれるわけではない。 自分で開発していくのである。
  • [パートナーの営みが下手]だと非難し、パートナーを嫌い、それが別れにつながるようでは、文明は簡単に崩壊する。 性感は、あくまでも自分自身の能力開発の問題なのである。
  • ガイアとともに、生命力あふれる地球文明を構築していく。 生命力の根源は、性・生殖にある。 そのためにマスターベーションという性感の自主トレーニングと、パートナーシップの構築が、とても大切になる。
  • 性やマスターベーションについて、罪悪感や劣等感を感じるような情報操作が行なわれている。
  • また絶頂に至らないことを、パートナーのせいにする情報操作もおこなわれている。
  • 絶頂は当人の身に起こる現象であるから、責任はあくまでも当人にある、というのが原則となる。 絶頂に至らないのは、相手が下手だからではなく、自主トレーニングが十分でなかったからである、と捉えて、自主トレーニングに励む。
  • また絶頂に至らないのは、相手に自分の状態を適切に説明し、相手に適切な指示を与えなかった自分の責任である。
  • 正直に、誠実に、パートナーシップを、根気強くつくり上げていく。 恥ずかしいけれども、本当のことを打ち明け合う。 そうして、恥ずかしさの扉を開けていくと、自分のからが破られ、パートナーの殻も同時に破られる。 そこに、本当の[お互いを知り合い、お互いをわかり合う、本当の結びつき]があるのだと思う。
  • 長年かけて[深くわかり合える関係]をコツコツと築き上げてこそ、パートナーと出会った意義があるのだと思う。
  • そして、どんな状況でも、相手や環境のせいにしない。 この[現実]は私が映し出しているのだ。

生殖を狙う[闇の勢力]

  • 例えば、生理用ナプキンを信用するのは甘い。 [闇の勢力]が生理用ナプキンに不妊の効果をもつ薬剤を吹きかけていたと仮定する。 [闇の勢力]が生理用ナプキンにウイルスを吹きかけていたと仮定する。 そうすると、女性が生殖能力を失いかねない。
  • 子宮頸がんはHPVウイルスへの感染が原因とされる。 子宮頸がんワクチンで、重大な健康被害があった。 以上を考えると、[闇の勢力]がHPVウイルスを開発し、マッチポンプで子宮頸がんワクチンも開発していると推測・予想することができる。
  • またコロナウイルスをバラ撒き、同時にまた、コロナワクチンも売ろうとする。これもマッチポンプである。
  • また[闇の勢力]は、A国とB国の両方に武器や生活物資を供給し、どちらが勝利してもいいように、必ず両建てのポジションを取る。
  • マッチポンプと両建てを頼りに分析していくと、犯行の手口から、[またオマエか]となる。
  • またマッチポンプと両建てを頼りに予想を立てると、コイツらの次の一手が見えてくる。
  • きっと使い捨ておむつにも、生理用ナプキンと同じように、ナンチャラウイルスを仕込んでいる。 そのように、コイツらのやりそうなことを予想して、予防原則〔ヤバそうだったら証拠がなくてもやめとく〕で回避しておく。

子宮頸がんはハイリスク型HPVが感染し、さらに感染が持続しヒトの遺伝子に変化を起こすことで発症します。

引用元: 子宮頸がんの原因と性交渉の関係を解説~子宮頸がん発症のリスクがある人の特徴とは?~ | メディカルノート

具体的に以下のような人は、現在子宮頸がん発症のリスクがあると考えられています。
多産
喫煙者
経口避妊薬(ピル)の服用者
性交相手が多い女性
初回性交年齢が若い女性
免疫機能が低下している女性

引用元: 子宮頸がんの原因と性交渉の関係を解説~子宮頸がん発症のリスクがある人の特徴とは?~ | メディカルノート

●●●工事中●●●

女性性を傷つける性の非常識がまかり通ってきた

[人間の手段化]

パートナーを[抜く]ための道具のように思ってはならない。 それは[人間の手段化]であり、この[人間の手段化]こそは、私たちが脱ぎ捨てるべき、古い枠組みなのである。

[人間の手段化]を排除することが、3次元地球を抜け出して、4次元地球らしい文明にしていく基本思想となるであろう。

3次元地球での営みは、[人間の手段化]という一言でくくることができる。 例えば、ブラック企業とされるコンビニは、コンビニ店のオーナーを[コンビニ営業を継続するための手段]としか考えていない。 [人間の手段化]を廃絶することが、人間らしい生き方を取り戻すことに直結している。 そのためにパンデミックが起こっているとすれば、パンデミックの波に乗っかって、[コンビニで買い物をしない]など、従来の社会の崩壊に、微力なが手を貸すのも1つの方法だと思う。

[愛のないセックス]=[抜くサービス]を販売する〔おカネに換える〕のが風俗・性産業である。 [愛のないセックス]=[抜くサービス]を提供する本人は、本人が手段化されていることを承知したうえで、その業務に従事しているのであろう。 それは[自分の尊厳を捨てて、おカネを選択した]という、一種の選択である。

性行為がなぜ神聖なのかというと、性行為が相手とのデータ交換をともなう営みだからである。 [データを交換する]とは、ある種、自分の本質的な部分への書込を許すということである。

肉体だけの関係であっても、性行為を通じて、相手とのデータ交換が発生する。

そして、そのデータこそが、自分の本質的な部分の少なくとも一部をなしているのであるから、不用意にデータ交換をすることについては、よくよく気をつける。

そこから考えると[自分自身を手段化してしまうこと][自分を安売りすること][自分を簡単に明け渡してしまうこと]が、[人間の尊厳を踏みにじる行為]であることが理解できると思う。

女性主導の性行為

女児が無意識的に性に目覚めてくると、お遊び・おふざけの中で、お父さんのアシにまたがり、自分の性器をお父さんのアシにぐりぐり押し付けることがある。

お父さんのアシに乗っかった女児は、お父さんの腕を自分の両手でつかんで引っ張り、自分の身体を前後に動かすことによって、お父さんのアシを使った自慰じいを始めるのである。

こうした行為を、絶対に叱ってはいけないと思う。 性について罪悪感を植え付けることになると思う。 しかし、どうしたらいいのか、明確な答えは私にもわからない。

女児が無意識的に行なう自慰から、人間のDNAに刻み込まれた[自然な行動]を割り出す。 その観点からすると、男女の性行為において、女性の[包皮小帯]に適切な刺激を加えるためには、感じる本人である女性が男性の上に乗って、女性が適切に動くのが自然だということになると思う。 もちろん、そこは[愛]の世界であるから、お互いをいたわり合いながら、支え合いながら、共同で行なう。 つまり、女性だけが動くのではなく、男性も補助する。

いずれにしても、女性が絶頂に至るための[自然な行動]としては、[女性はする側〔主導権〕][男性はされる側〔受け身〕]とするのが自然なのだろうと思う。

そして、[女性はする側〔主導権〕]とすることを1つのマナーとすることによって、性行為を中止する権限〔拒否権〕を女性側が有することになり、最悪の人権侵害であるレイプというものがなくなる。

AVが示すところの[女性はされる側〔受け身〕][男性はする側〔主導権〕]という観念そのものが、うお座時代の男尊女卑的な観念であり、それは人間のDNAに刻み込まれた[自然な行動]から、根本的にかけ離れているのだと思う。

いいかえれば、AVが提示する性行為は、常に男性が主導権を握った、男性の独りよがりの性行為、いや、自慰じいにすぎない。 それは女性を[抜く]ための道具としか見ない、[人間の手段化]を肯定した発想から生まれた性行為、いや、自慰である。 その延長線上に風俗・性産業などが成り立っている。 そこは、恐ろしいぐらいの男尊女卑の世界である。

女性性の[子供を産み育てる偉大さ・神聖さ]、あるいは、女性性の[広さ・柔軟さ・強さ]などに劣等感を抱いた男性性が傷つき、そのリベンジ〔復讐ふくしゅう報復ほうふく〕のために、男尊女卑の社会を構築してきたのが、うお座の時代だったように思う。 AVの内容そのものが、うお座時代の観念でつくられている。 そういうものは、ぜんぶ消去だ。

[人間の手段化]をなくす

[人間の手段化]をなくすことは、[人間の尊厳を取り戻す]ことであり、それが高次元へ至る第一歩になるのだと思う。 そして、それは[みずがめ座の時代にふさわしいフラットな関係性で人間どうしがつながる]というスタイルにも合致している。

私たちホモサピエンスそのものが、[労働奴隷]として設計された存在であるらしい。 そのホモサピエンスに、ポジティブな宇宙存在が、ポジティブな遺伝子操作を加えて、バージョンアップしてきたのが、私たち地球人という種族である。 しかし、ネガティブな宇宙存在が、ネガティブな遺伝子操作を加えた部分もあるらしい。

新しい惑星において、奴隷になる人類種をつくり出そうという発想が、無価値感に基づく、暗い人間の発想だと思うし、何しろ発展的ではないよな。 だって、自分よりも[劣る存在]を創造したって、自分は上がらないんだぜ。 [みんなで上がっていく]ほうが、面白いと思うよ。

GAFAなどのグローバル企業を筆頭として、ネガティブな存在たちは、[自分の右に出る者がいない状態をキープしよう]と思って、[ライバルになりそうな存在の芽を摘む]んだよね。 つまり[発展妨害]をするわけさ。 私たちが生きている意味というのは、成長・進化・発展なんだから、[発展妨害]は、生きている意味を失わせるんだよ。 結局、[発展妨害]をする存在が出てきたら、[くう]の根源的な性質である[知りたい]という欲求を満たすことができないんだわ。 結果として、[発展妨害]をする存在は、天意によって淘汰される傾向がある。 GAFAは、正常化されるか、消えてゆくか、だと思うよ。

[みんなで上がっていく]ほうが、面白いと思うし、[くう]の根源的な性質である[知りたい]という欲求にも合致している。 こちらを、たぶんポジティブというのだと思う。

もちろん、[魂の成長][意識の進化]のためには、下降ディセンションすることも必要で、下降ディセンションも、ポジティブへ向かうためのネガティブだと捉えるのが適切でしょう。

すべては意識から生まれる。 そして、遺伝子そのものも、私たちの意識によって書き換えることができるらしい。 それは遺伝子とて、私たちが[現実のスクリーン]に映し出した幻想だから。

つまり、私たちが[進化する]とは、[意識の進化]を意味するということになる。

[意識の進化]と性行為

この[意識の進化]を行なうにあたって、パートナーとの[データの相互交換]は、大きな意味をもつと思う。

自分がかれるパートナーは、じつは[自分が現在は表現していない【自分の別の側面】を物理次元に明々白々と映し出した姿]であるらしい。 [人を好きになる]とは[パートナーの中に、自分の姿〔しかし別の側面〕が見事に映し出されている点に惹かれること]なのである。 つまり[好きになる]とは、[自己探求の一側面]なのであり、それは[くう]の根源的な性質である[知りたい]を具現化した感情なのである。 したがって、恋愛感情は止めがたい。 これがあります。

【信念体系・観念】は、意識の一側面である。 そして、すべては意識から生まれる。

私たちが生きている間に、しっかりと【信念体系・観念】を[統合]し、手放しておかなければ、[生まれ変わりの流れ]にうまく乗っていくことができなくなり、[浮かばれない霊]となってしまう危険性があるようだ。

とくに私たちが注目するべき点は、[反省することの有害性]である。

[反省すると過去のデータを参照する悪い思考のクセがついて、むしろ魂の成長・意識の進化を阻害する][過去を捨て、悪いイメージを全面的に払拭ふっしょくして、ゼロベースから新規構築するほうがうまくいく]ということである。

意識の浄化とは、結局、【信念体系・観念】をいかに手放すか、ということなのだろうと思う。 そのとき重要なのは、過去をバッサリと切り捨てることである。

私たちが3次元地球のシステムを、いま手放している最中である。 GO TOは不適切だったと思うし、五輪開催が不可能であることについても正直に発表するべきだ。

この不況下で株価が異様に高まっているけれども、年末に高めておいて、年初で暴落させ、先物で儲けるのは常套手段だ。 そして、どこのアホが、この株式を買い支えているのかというと、これから紙くずになるであろう従来の通貨を持て余した富裕層、あるいは、中央銀行そのものだと思う。

よう、カネの亡者どもよ!  手じまいのときが来た。 もうゲームは終わりだ! 

3次元地球のシステムを、いち早く手放して、田園生活になじんでいったほうが得策だと思う。

そして、[反省することの有害性]を考えた場合、[社会常識][しきたり・習わし][ルール]などを、子供に[しつけ]と称して植え付けるのは、とても危険なことであること。 そのことに気づかなければならない。

[法律][宗教の戒律]などの規律が好きな人は【周波数】が低い。 重たいんだよ。

先進的な天体では、おカネも、法律も、警察も、ないんだよ。 もちろん、軍隊もない。

とにかく、【信念体系・観念】を取り外していくことが、[魂の成長][意識の進化]の方向性の重要な部分なんだよね。

そして、【信念体系・観念】の原因となる、[社会常識][しきたり・習わし][ルール]などを、子供に[しつけ]と称して植え付けるのは、絶対にやめなければならない。

さらには、宗教を信仰している人は、[宗教の戒律]という【信念体系・観念】を[統合]、いいかえれば、手放しする。

シャカもキリストも、戒律はつくっていないと思うよ。

私たちが【周波数】を上げていくことは、[【信念体系・観念】+【ジャッジメント】+【ネガティブ感情】]という一連の[闇を生んでいる原因部分]を[統合]していくこと、手放していくことなんだよ。

【信念体系・観念】の原因になる[宗教の戒律]は、[罪の意識]=[罪悪感]の直接の原因になり、[罪悪感]こそ、私たちを3次元地球に縛り付けている【周波数】の代表格なんだよね。

そして、[反省することの有害性]の核心部分は、反省した人が[罪悪感]を抱き、【周波数】が下がり、意識が重たくなってしまい、上昇アセンションの流れに乗れなくなる点にあるんだ。


[好きになる]とは、[自己探求の一側面]なのであり、それは[くう]の根源的な性質である[知りたい]を具現化した感情である。 これを考えれば、結婚していても、別の異性に惹かれることは、けっして罪深いことではない。 それを罪深いことと定義する【信念体系・観念】があったら、それは[統合]するのがよい。 なぜならば、私たちは[くう]の分け御霊みたまなのであるから、[くう]の根源的な性質である[知りたい]を一歩でも進める方向性は、けっして間違ってはいないし、大筋において[魂の成長][意識の進化]においてポジティブな方向へ進んでいることになるからだ。

つまり、浮気者こそ[自己探求に熱心な人]、いいかえれば、[魂の成長][意識の進化]を積極的に進めている人なのである。

相思相愛とは、お互いに[あなたを知りたい]という[愛]の【周波数】において【共振】を起こしている状態を意味する。 [あなたを知りたい]という[愛]の【周波数】の具体的な行動として、パートナーとの[データの相互交換]がある。

食事をしたり、自然の中で楽しんだり、旅行をしたりして、共有体験をするだけでも、[データの相互交換]が発生する。 それは、私たちの意識が、私たちの身体の周囲に球体として広がっている意識体の中にあるから。 つまり、行動を共にすることを通じて、[あなたの意識体]と[私の意識体]が重なり合って、[データの相互交換]が発生するのである。

そして[データの相互交換]を究極的に高めるのが、[恋愛感情の1つのゴールとしての性行為]である。 性行為とは、物理次元で最も深い接触であり、それだけに[データの相互交換]が深い領域にまで及ぶものと思われる。

相思相愛

相思相愛になるまで、しっかりと恋愛感情を育てていき、それから性行為に及ばなければ、意識に傷が入ってしまうように思う。 それを待ってくれない相手であれば、それは別れるのも仕方ないだろう。 [成長・進化]とは、待つことの連続であり、待つことが[愛]の表現形式の1つだと思う。

はぐくむことは、待つことであり、それは女性性が最も得意とする分野である。

性急に事を進めようとして、つのめて牛を殺すのは、傷ついた男性性が犯しがちなミスである。

そして、相思相愛のパートナーとの性行為を通じての[データの相互交換]は、[あなたを知りたい]という[くう]の根源的な性質そのものであり、それは大きな[意識の進化]に直結すると思う。 たとえ精子・卵子の結合による生殖が行なわれなくても、性行為を通じてパートナーの【周波数】を自分の中に取り込むことによって、パートナーの意識が自分に転写され、自分の意識を広げることができるのである。 そして、パートナーも同じく、自分の意識が転写される。 相思相愛のパートナーどうしが、性行為を通じて、情報共有を行なったのである。

この情報共有によって、お互いが一気に意識の範囲を広げることができ、それが[魂の成長][意識の進化]に直結することになると思う。 それが、性行為の重要な趣旨の1つではないかと、私は思っている。

パートナーに魅力を感じなくなる段階

パートナーに魅力を感じなくなるということは、[魂の成長][意識の進化]に必要な情報共有を終えたということなのかもしれない。

そういうときに、現在のパートナーとは異なる異性に惹かれたとしても、ジャッジしたり、罪悪感を抱いたりする必要はない。 [好きになる]ということが、[自己探求の一側面]であり、それは[くう]の根源的な性質である[知りたい]を具現化した感情であるとしたら、恥じる必要などあるわけがない。

[魂の成長][意識の進化]を求めて前進することは、宇宙から祝福される、とうとい行ないだと思う。

恋愛の終わりに関しても、パートナーがこの世を去るときの別れに関しても、[相手の旅立ち][魂の成長][意識の進化]を祝福し、相手の真の幸福を願うような清らかな心でいたいものだ。

亡くなった方については、遺族が惜しんだり、嘆き悲しんだりせず、新しい旅立ちを喜び、祝福するような心境でいることが、亡くなった方がスムーズに幽界を抜けてアストラル界へ戻るための条件になっているようだ。

[葬式で悲しい顔をする]というのは、あんまりよろしくないらしい。

同じパートナーと末永く

神々の中にも、夫婦めおとの関係になっている神々が、けっこういる。

神々の寿命はとても長いので、何万年、何十万年と連れ添っているのだ。

それが可能なのは、パートナーとの関係性そのもの上昇アセンションしていくからだろうと思う。

つまり、[より物質的な生殖によって結びつく段階]から[ハートで結びつく段階]へ。 そういったふうに、パートナーシップのあり方が、チャクラの順番に従って次元を上昇させながら[成長・進化していく]というパターンが、それであろうかと思う。

  • 性は、陰茎だけでは成り立たず、膣だけでも成り立たない。 膣と陰茎が両方あり、両者が合体して初めて、生命の創造という神秘の世界が開けるわけである。
  • 神社にも[子宝の神][男女和合の神]をまつったものが多々ある。 男女は和合してこそ、別の性として、分かたれて存在する意味があるのだ。 つまり、 分離されたるものは、[やがては統合されているために分離されている]のが、

分離というのは、統合する前の仕込みの状態なのである。 男女に分離している、ということは、男女は和合し、統合されることが、ほんらいの役目なのである。 そこから類推するに、[闇]と[光]とが分かたれている意味は、[闇]と[光]は、【統合】されるために分離しているのだということである。 つまり膣と陰茎が合体して生命が誕生するがごとく、[闇]と[光]が【統合】されて高次元の世界への扉が開くのだと類推されるわけである。

  • シングルマザー、シングルファーザーなど、いろいろと自由な形態がある。 しかし大切なことは、[婚姻]あるいは[ステディーな〔1対1の〕男女関係]が保持されなくとも、人間の成長プロセスにおいて、いいかえれば、子供の成育において、[男性エネルギー][女性エネルギー]の両方を浴びる必要があるのだ 私たちは、自分の肉体の性の側を[ホームポジション]としながらも、1人の人間の中に、[男性性・男性原理]と[女性性・女性原理]とを併存させ、両者を統合していく必要がある。

  • レムリア時代には、男女が愛し合えば自由に性交し、誰が父親だかわからない子供がたくさんいたという話をSaarahatさんがなさっていた。 そういう子供たちでも、共同体の皆が大切に育てて、何ら引け目を感じるところなどなかったようである。 つまり、子宝はその共同体の宝、あるいは、その地方の共通の宝、あるいは、その天体の共通の宝であり、そこには、人間の尊厳、いや生命体の尊厳は、みな等しいという原則があったのだろうと思う。 これからの4次元地球でも、その尊厳の尊重と、尊厳の相等の原則を大切にしていく必要があるだろう。

  • 日本の村落でも、祭りの日は自由な夜這いが許され、それによって、父親が正式に決まらない[村の子]が生まれたようだ。 [村の子]も大切に育てられ、差別はされなかったようである。 こうした風習は、レムリア時代の名残なのであろうと私は思っている。

  • また旅人への最高のもてなしとして、日本でも、旅人の夜のお相手を妻が行なう制度もあったようだ。 旅人の夜のお相手を妻が行なうイヌイットの話もある。

  • こうした風習は、近親交配で遺伝子が異常になること、いいかえれば、奇形児・障害児が生まれるのを防ぐためにあったようだ。 そうなってくると、[浮気をする]ことを罪や罰の対象として考える【信念体系・観念】+【ジャッジメント】も、ある意味では危険だといえる。 どんな子供でも、授かったものは子宝である。 この発想で、[浮気をする]ことを罪や罰の対象とする【信念体系・観念】+【ジャッジメント】を、ソフトランディングさせていくことが健全であろうと思う。

  • ちなみに、若い男性が性の不慣れを原因として自信を失わないように、 経験豊富な優しいおばさん〔夫に先立たれた後家さんとか〕が、その若い男性の最初の性交の相手になり〔筆下ろし〕、女性の体の仕組みや感じる部分など、性のあれこれを指南してくれる風習が、現在でも残っている地域があるのかもしれない。 村の発展は、子宝に恵まれるかどうかにかかっている。 男性が初めての性交に失敗して自信を失うようでは、村の発展に響く。 おばさんの手ほどきによって自信を得た男性が、自分が本気で好きな異性に、堂々と好意を打ち明けることができるようになるのだ。

[聖なる恋愛コ-ド81(ハッピ-)]が改訂されて[波動のしくみ]という別タイトルで出ています|異性とのパートナーシップの本質に迫る本です

人間なら誰しもが知っておくべき[異性を映し鏡にして、自分の心を見つめる本]です。 とにかく、本質を突いた名著です。 性エネルギーと創造の秘密を知ることができます。

  • esotericismエソテリズム:秘教
  • esotericエソテリック:秘伝の、秘儀ひぎの、秘教の

サアラさんは、今後、エソテリック〔esoteric〕なパートナーシップについて、これから情報を公開していくようです。

esotericの意味・使い方・読み方|英辞郎 on the WEB

どうしてAVでは暴力的で乱暴な性交渉が描かれているのでしょうか? 

男女が本当の意味でいつくしみ合い、エネルギー的に交わると、[意識の変容][意識の進化]が激烈なスピードで進むのです。

要は、霊的に縁のある異性どうしの聖なる性交渉が上昇アセンションに直結しているので、その聖なる性交渉を封印するために、おそらくは、暴力的で乱暴な性交渉というプログラミングを人類に植え付けるために、AVがつくられているのでしょう。

そして、性・性交渉に罪悪感を伴わせるような洗脳も、広く行なわれています。

私たちが仏教やキリスト教の過去世の記憶をもっていると、性に対して罪悪感を感じたり、性に対して臆病になったりする傾向があります。

これは宗教戒律かいりつが私たちの深い意識にプログラミングとして植え付けられてきたからだといわれます。


日本の村落には、つい最近まで、祭の日に夜這いをかけて、男女が自由にまぐわう風習が残っていました。 そうして生まれた子供は、[父親の分からない子]=[村の子]として育てられました。 この風習は、レムリア時代の名残なのかもしれません。

つまり[誰の子供であるか]ということをまったく意に介さず、この世に生まれてきた大切な命であるという博愛の精神が、その背景にはあるようです。

現在の観念では、[父親の名前を伏せたシングルマザー]というと、社会的に白い目で見られるような部分もあります。 しかし、その【信念体系・観念】こそは、私たちが取り外していく必要のある【信念体系・観念】であり、そこが上昇アセンションにも通じているのだと思います。

宗教がなぜ性の戒律を設け、性をタブー視させたのか?  それは、霊的に縁のある異性どうしの聖なる性交渉が上昇アセンションに直結しているからです。 この領域は秘儀ひぎとされ、一部の人々にしか知らされていません。 そこはesotericismエソテリズムの世界ですね。


中国共産党〔CCP〕が、どうして、チベット、ウイグル、モンゴルを弾圧するのかというと、チベット、ウイグル、モンゴルが、このエソテリックな世界の本場であり、彼らこそ秘儀の伝承者だからなのです、たぶん。

つまり、チベット、ウイグル、モンゴルの人々は、チベット仏教、タントラヨーガ〔ヨーガタントラ〕の伝承者なのだと思うわけです。

チベット、ウイグル、モンゴルの人々が、上昇アセンションにおいて果たす役割は、かなり大きいように思います。

セイと読む常用漢字

正	小1
生	小1
青	小1
星	小2
声	小2
西	小2
晴	小2
世	小3
整	小3
省	小4
成	小4
清	小4
静	小4
情	小5
制	小5
勢	小5
性	小5
政	小5
製	小5
精	小5
盛	小6
聖	小6
誠	小6
井	中学
歳	中学
凄	中学
姓	中学
征	中学
牲	中学
誓	中学
請	中学
逝	中学
醒	中学
斉	中学
婿	中学