iPhoneは進化し尽くした|スマホはすでにコモディティ化している

渋ジャパの意見に大賛成。 みんな、消費に狂ってるよな。

ガジェットの完成度が「もはや進化しようのない最高領域」にまで到達し、進化の余地を失ったとき、そのガジェットは「誰が作っても同じな、ごくありふれた当たり前のもの」=「コモディティ」へと「転落」する。

iPhoneを買っても、Huawei(ファーウェイ)やASUS(エイスース)の「安いけど高性能なAndroidスマホ」を買っても、使用価値において、ほぼ差異が感じられない。 こういう状態に、すでに到達しているようです。

高いお金を支払ってまでして、iPhone XSやiPhone XS Maxを購入する動機を、多くの消費者は、すでに失っている。

これは、iPhoneという1つの「完成されたガジェット」にかんして発生した、「資本主義の終焉(しゅうえん)」を象徴する出来事。

Appleも、終わった感じがする。

Appleに与えられたオプションは、HuaweiやASUSに追随して低価格路線に転換するか、一部のApple信者に「魔法」をかけ続けるか、その2者択一である。

現在のAppleの経営陣だったら、たぶん一部のApple信者に「魔法」をかけ続けて、負けてしまうと思う。 「飛ばねぇ豚はただの豚だ」。

このAppleの振る舞いは、SONYに浸食され続けているCanonの振る舞いに、よく似ている。

Canon は、一眼レフ用レンズマウントであるEFマウント〔Canon〕から、ミラーレス一眼用レンズマウントであるRFマウント〔Canon〕およびEF-Mマウント〔Canon〕への移行を図っている。

Canonが「囲い込んでいる」と信じている顧客は、EFマウント〔Canon〕というCanonの「一眼レフ」の顧客にすぎない。

現在はカメラメーカー各社ともに、「一眼レフ」から「ミラーレス一眼」への移行期である。

数年前から「ミラーレス一眼」の道を歩んできたSONYが、「ミラーレス一眼」の市場ではトップを快走している。

老舗のCanonとNikonは「フルサイズミラーレス一眼」の流れに乗り損ねて、ようやく今秋になって「フルサイズミラーレス一眼」への参入を決定した。

結局、Canonにかんしては、EFマウント〔Canon〕のユーザーを、2つの移行先へと誘導するかたちになる。

(1)ライトユーザーは、EF-Mマウント〔Canon〕へ移行するよう、誘導されている。 ただし、このクラスでは、一眼レフ機でEFマウント〔Canon〕の「EOS Kiss」のほうに、魅力的な機種が残っている。 もしもα6500〔SONY〕の後継機が魅力的なら、「EOS Kiss」のユーザーはEマウント〔SONY〕に移行するであろう。 SONYの場合、APS-Cサイズ機であるα6500〔SONY〕も、α7・α9シリーズ〔SONY〕も、同じEマウント〔SONY〕である。 これにより、フルサイズ対応のEマウントレンズを、APS-Cサイズ機でも使うなど、レンズの運用が柔軟になる。 しかもSIGMAがEマウントの単焦点レンズを多数出しているため、SONYの純正レンズと合わせて、かなりレンズが充実してきている。 ここで、すでに「CanonからSONYへ移行したほうがよさげだ」という感じになっており、勝負が付いている印象がある。

※一眼レフ機のEOS Kissは、入門機とはいえEFマウント〔Canon〕であるから、フルサイズ対応のレンズも使うことができたりする。 運用が柔軟にできた。 しかしミラーレス一眼のEF-Mマウントは、RFマウント〔Canon〕とは別のマウントである。 基本的には、EF-Mマウントのカメラは、EF-Mマウントのレンズしか使えない(マウントアダプターを使えばよいのだが面倒)。

※ここでEF-Mマウントのカメラは「小型軽量の専用レンズが使える」というメリットを得たけれども、「フルサイズ機のレンズがそのまま使える」という面白さを失った。 そして、SIGMAやTAMRONなどのレンズメーカーは、EF-Mマウントのレンズを、何種類も出そうとは思わないでしょうね。 だって、単価の安いレンズだったら、開発しても、割に合わないじゃないのよ。 そうすると、EF-Mマウントの世界では、限られたレンズの中から、レンズ選びをすることになる。 魅力ないよね、そんなんじゃあ。

※Canonは、APS-Cサイズ機も、フルサイズ機も、RFマウントで統一すればよかったんだと思う。 自分だったら、EF-Mマウントは廃止だよ。 EF-Mマウントって、Canonの本流となるであろうRFマウントと断絶されている点で、すでに広がりがないんだよね。 うゎあ、Canonやちまたかも。

(2)ヘビーユーザーは、RFマウント〔Canon〕へ移行するよう、誘導されている。 しかしRFマウントにかんしては、レンズがまったくそろっていない。 レンズアダプターもあるけれどね。 このため、プロの写真家の世界では、 「EFマウント〔Canon〕の一眼レフカメラを使い続ける」、 あるいは、 「フルサイズミラーレス一眼が使いたい場合、α7・α9シリーズ〔SONY〕へとマウント変えを決行する」 あるいは、両マウントを併用する、 という行動をとる人が増えてきている。 結果として、CanonがEFマウント〔Canon〕からRFマウント〔Canon〕へ移行する「脆弱性」を突いて、SONYがCanonから大量の顧客を奪い取っている。 こういう現象が発生している。

(3)それで、Canonは、スチルカメラでは、まともに4K動画を撮らせない意地悪なマーケティング戦略を展開している。 つまりCanonは、CINEMA EOS SYSTEMを売りたい。 その欲望が強すぎるがあまり、α7・α9シリーズ〔SONY〕が動画も重視したフルサイズミラーレス一眼であるのに対して、 Canon EOS Rの4K動画に「高すぎる(1.7倍)クロップ倍率」という劣化性能を与えてしまった。 つまり4K動画がマトモに撮影できない機種であるEOS Rを、Canonは「RFマウント〔Canon〕機の一発目」に出してきたのである。

顧客流出を招きかねない残念仕様のカメラが「RFマウント〔Canon〕機の一発目」。

マジか? 

CanonはSONYに有利なことをしてしまった。 Canon、痛恨のミス。 八街(やちまた)なぁ。 経営陣の戦略における判断力、どうなのよ? 

「RFマウント〔Canon〕機の一発目」がコレかよ! 

Canonには失望した! 

古くからのCanonユーザーの中にも、そう思っている人が多いことだろうと思う。

結果として、動画重視(とくに4K動画重視)なら、RFマウント〔Canon〕はあり得ない。 SONYのEマウント〔SONY〕に移行しよう。 こうなってしまうのが人情というものである。

カメラというものがコモディティ化しつつある。

いいかえれば、カメラは家電になりつつある。

こうした流れを、Canonは読み違えた。 Nikonも読み違えた。

動画において、4K・8Kが一般化するにつれて、動画撮影機としてのスマホは、役に立たないものになってゆく可能性がある。

それはスマホに組み込むことのできるイメージセンサーのサイズには限界があるから。

4K・8Kといった、高画素の動画規格に対して、スマホの小さなセンサーサイズでは、やがて対応できなくなってしまうであろう。

たしかに、スマホも4Kまではうまくやっているけれども、8Kをスマホで実現するのは困難だろう。 実現できたとしても、センサーサイズが小さい中、高画素化を狙うと、どうしても暗所に弱くなる。

ここで行き詰まる。 つまりスマホは、動画撮影機としてのレースから、いつか離脱せざるを得なくなる。

したがって、動画コンテンツに需要があるかぎり、動画撮影機としての「ミラーレス一眼」「コンデジ」「ビデオカメラ」などに、スマホから顧客がある程度は戻ってこざるを得なくなる。

CASIOがコンデジから撤退するのは、もったいないことだよね。 GoProの地位をCASIOが狙ったら、ぜったい勝てると思うんだけどね。 ドローンとかジンバルに載せられる程度の、4Kや8Kのアクションカメラを、SONY以外がうまくつくるとしたら、CASIOしかないと思うんだけどね。

CASIO、早まったことしたよね。

CASIOって、腕時計をコモディティ化した張本人じゃんかよ? 

スイスの時計産業を破壊したのは、SEIKO、CITIZENだけじゃない。 CASIOもだよね。

で、何がいいたいのかというと、「コモディティ化したアクションカメラ」という分野が、近い将来、見込める。 したがって、CASIOは、「GoProよりも安くて、GoProよりも高性能で丈夫なアクションカメラ」を出すべきだよ、ということです。

CASIOがGoProに似たもので、GoProより耐久性の高い高性能なものを出したら、GoProはワンパンで負けると思うけどね。 どうよ、CASIOさん? 

「ジンバル撮影」「ドローン撮影」という撮影スタイルがコモディティ化するためには、CASIOのアクションカメラが必要なのだと思うわけですよ。

Video-Logという「動画のブログ」が流行しています。 Video-Logを撮影するとき、背面液晶が撮影者に見えて、それでいて軽量で、ジンバル機能も付いたガジェットが、まだ出ていないんだよね。

つまり自撮り棒にジンバル機能が付いていて、しかも自撮り棒の先端に「バリアングル・モニター付きアクションカメラ」が取り付けられている。 この手のカメラは、「需要があるのに製品が出ていない」という状況なのです。

「Video-Loger向け自撮り棒(ジンバル機能内蔵、バリアングル・モニター付きアクションカメラ付属)」=「如意棒(にょいぼう)」というのが、出ていない。

この「如意棒」が出せるのは、SONY、Panasonic、OLYMPUS、RICOHぐらいかな?  そこにCASIOが、ドカンと一発、スゴいのを出してくれたら、GoProは駆逐されるでしょうね。


あとさぁ、iPod touchみたいに、電話機能のない自撮りタブレットとか出せば、ものすごく売れると思うよ、

iPhoneの欠点から考えてゆくよ。

(1)iPhoneで4K動画を撮ったら、ストレージはすぐにいっぱいになる。 iPhoneの「ストレージの単価がバカ高い」ようなことでは、4K動画機としては行き詰まるんだ。 4K動画は、256GBとか、512GBとかのストレージでも、すぐに埋まるぐらいファイルサイズが大きいからね。 したがって、この「脆弱性」を突くことが大事。 タブレットのストレージが、SSD並みの512GBとか1TBとかあるわけ。 そういうタブレットで、4K動画が好きなだけ撮れまくるタブレット。 これは売れる。

(2)それから、4K動画を撮るためには、相当な電力が必要となる。 iPhoneでも、4K動画を撮ると、バッテリーがすぐに消耗してしまう。 10,000mAhとか、20,000mAhとかのモバイルバッテリーから給電されながら、長時間の4K動画が撮影可能なタブレット。 4K動画の長時間撮影でも、熱くなりづらいタブレット。 これが出ていないんですね。 これはプロセッサの性能ですね。 ハードウェアエンコードのできる専用チップをタブレットの基板に組み込むわけです。

(3)iPhoneはインカメ、アウトカメ、両方とも組み込み型だよね?  これでは、焦点距離の関係から、大きなイメージセンサーは使えない。 外付けカメラだったら、多少分厚くても許される。 そこで、比較的大きなイメージセンサー、大口径の明るいレンズが採用できる。 そして、取り替え式だと、画角ごとにカメラユニットをこうかんできるでしょ?  広角レンズ、標準レンズ、望遠レンズなど。 タブレットの下端にある端子に、外付けカメラユニットを取り付けるわけ。 そんなの、ウェブカメラのカメラ部とか、ドラレコのカメラ部みたいなのでいいわけよ。 そして、カメラユニットがクルリと回転したりすると、思わぬ角度からの構図がつくれたりする。 面白いでしょ? 

(4)インカメ、アウトカメが両方必要なのは、カメラユニットが固定式だからだよ。 カメラユニットが回転すれば、タブレットの画面を見ながらの自撮り(インカメ型の使い方)も、他撮り(アウトカメ型の使い方)も、1つのカメラユニットだけでおk。

●●●以上のような「タブレット型自撮りカメラ」が出ていない●●●

これは、ぜったい売れる。

スマホを製造した経験のあるコンデジメーカーは、これを出さないとダメだよ。


GoProって、たくさんアラがあるのですよ。 SONYのほうがアラがない。

CASIOには、アラがないのに安いのを出してほしいです。

iPhone XS/iPhone XS Max|異常に重たく横幅が広すぎる件

おまいら、iPhone XS/iPhone XS Maxへの機種変更を思いとどまれ! 

iPhone XSの重量が重たすぎて、横幅が広すぎて、megumiさんの肩が、指が、イタイタになっている。

スマホの「行き過ぎた大画面化」は、問題だ。

「製品の利便性の進化」が「人間の必要」「人間の欲望」を追い越してしまった現代

例えば、Microsoft Officeは、Office 2003が最も使いやすく、その後は、改悪に次ぐ改悪で、LibreOfficeに大きくシェアを奪われています。

つまりMicrosoft OfficeやLibreOfficeをはじめとする「オフィススイート」というジャンルのソフトを、お金を出して買う人は、少なくなったのです。

実際、私自身はLibreOfficeのWriterとCalcを毎日利用しています。

あるガジェットに、機能が詰め込まれすぎていて、逆に使いづらい。 コレって、現代のあるあるでしょ? 

Microsoft Officeがそれだよ。

それは、どうしてなのかというと、Microsoft Officeが「2003」ですでに「完成されていた」のに、「新型を出してお金を儲けなきゃいけない」ということで、「無理やり新型を出した」からだよね。 だからMicrosoft Officeに余計な機能が付くわけよ。 そうすると、機能が詰め込まれすぎていて、逆に使いづらい。 逆に迷惑みたいなことになる。

Microsoft Officeというのは、そういうダメソフトなのよ。

Windowsについても、制御系などでは、シンプルなWindows XPがいまだに使われている。

つまり、あるユーザー階層にとっては、WindowsはXPまでで終わってるわけ。

その後、いろいろとMicrosoftは「工夫」したけれども、Windowsは逆に使いづらい、重たいOSになっていった。

結局、PCをユーザーに買わせ続けるために、いいかえれば、Intelの新型プロセッサを買わせ続けるために、OSを動作の重たくする必要がある。 だから意味もなく重たいOSにしてあるのが、Windows XP以降のOSである、Vista、7、8、8.1、10である。 そういう側面が、なきにしもあらずだよね。

Windowsを重たくしているのは、Intelのプロセッサを売るためだけなんだよ、たぶん。


iPhoneは、すでにiPhone 5sぐらいで、Office 2003やWindows XPの領域に達していたよね。

私としては、その後のiPhoneは、改悪に次ぐ改悪のような印象をもっている。

もちろん、プロセッサが高速になるとか、メモリ容量が増えるとか、いろいろあると思うけど、まぁ、必要のない性能アップだよ。


結局、「モノやサービスの利便性の増大」が「人間の必要・欲望」を追い越した。

「そんなの必要ねぇし」という「余計な機能」「余計なサービス」が盛りに盛られている。

逆に迷惑。

逆にウザい。

つまり、資本主義が終焉(しゅうえん)を迎えつつあるんだよ。

いいかえれば、その「余計な機能」「余計なサービス」は、世界人類の「余計な労働」=「働く必要のない部分」が元になっている。

世界人類は働き過ぎている。

もっとのんびりする必要がある。

そうすると、Microsoft、Intel、Appleなどといった企業は、だんだん必要でなくなっていくんですよ。

裸の王様Appleの独りよがり|ユーザー無視のマーケティングの結末

写真を愛好するプロ、アマチュアに愛されてきたMacBookシリーズも、「SDカードスロットを削る」という、Appleがなした「狂った美の追究」によって、嫌われ始めている。

Appleのユーザーが望んでいるのは、iOSとmacOSの統合であり、MacBookシリーズとiPadシリーズの統合なのだと思う。

つまりMacBookシリーズにタッチ機能を付与して、MacBookがiPadにもなる。 これが理想やんけ? どや? 

HP Spectre x360のように、グルッと反転させて、タブレットにもなるノートPC。 これをMacBookシリーズから出して欲しい。

HP Spectre x360(2017年11月モデル)製品詳細 - ノートパソコン | 日本HP

これが多くのAppleファンの望みなのだと思うのだが。 伝わらないんだろうなぁ。 つまり「iOSアプリが儲かるから」とか、そういう小さい利益にこだわっている。 視野狭窄だわ。

Apple Pencilを使ってMacBookシリーズでイラストが描ける。 つまりMacBookシリーズにインストールしたPhotoshop CC〔Adobe〕、Illustrator CC〔Adobe〕などを、Apple Pencilで操作することができる。 これが理想でしょ? 

「ファンクションキーを廃止して、タッチバーを採用する」とか、そういうユーザーの「慣れ」を無視した乱暴なことをやっているから、Appleは沈んできているんだよ。

スマホの寿命は3年。

日本でiPhoneが大きなシェアをもっていても、iPhoneを大きく超える端末が出れば、3年で入れ替わるよ。 そうしたら、iOSアプリなんて、売れなくなるさ。

端末寿命の短い、iOSというプラットフォームで、長続きしない「iOSアプリを売る」という商売に固執している。 意味ないね、そんなの。

魅力的な端末が出れば、iPhoneは、3年で入れ替わります。 Appleは、大きなシェアを失うでしょう。

Appleを愛してきた人々でさえ、イヤホン端子の廃止など、「意味のない美の追究」「狂った美の追究」にまつわり、Appleに対して、相当の怒りを溜め込んでいます。 機会があれば、Appleを離れてやろう。 その機会を待っている人々が、日本のiPhoneユーザーの中に、数多く潜在していると思います。

 
comments powered by Disqus