ゆきんこの勉強法 | 自修人

unchain yourselves

11 May 2020

ネコシステム

ネコシステム|おからの猫砂ねこすなをEMぼかしに混ぜ込むと臭いが出ず肥料になる

猫のうんちと猫砂の処理はどうするの?鉱物系の猫砂の処理は要注意 | モフマガ by ペットホームウェブ

猫のおしっこやうんちは、くさすぎる。

何とかならんのか? 

おからの猫砂ねこすなをEMぼかしに混ぜ込むと臭いが出ず肥料になるらしい。


大天使チャミエルの世界、つまり、「今日も楽しくヤギと遊ぶ」ペーターのような生活をするためには、どぅーぶつたちの糞尿処理と向き合わなければならない。

動物を飼う。 そうなると、「牛小屋はくさい」「豚小屋はくさい」「馬小屋はくさい」「犬のブリーダーの家から、いつもアンモニア臭がして困っている」などの公害をまき散らす面が、どうしてもある。

猫の島では、島民は猫を嫌っているらしい。 放し飼いされた猫は、人間にとって、とても迷惑な行動をとるからだ。

猫の島 - Google 検索

放し飼いされた猫は、畑を掘り返してうんちをする。 そうすると、植物が枯れるんだよね。

猫は、飼われている家ではうんちやおしっこをせずに、わざわざ、近隣のよそ様のお宅へ行って、うんちやおしっこをするという性質をもっている。

うちの実家のお隣さんも、猫の放し飼いをして、絶対にやめなかった。

同じ砂利のところに、猫がいつもおしっこをするから、砂利のところが「けもののにおい」になってしまうんだよ。 動物園のトラやライオンのオリのところで、アンモニアが目に染みるような経験をしたことがあると思う。 あれを猫がやってくれちゃうわけよ。

ネコ科の動物に特有のくさみがあるんだわ。

だから猫の放し飼いをする家は、近隣住民から、相当な反感を買っていると思ったほうがいい。


近所の野良猫にエサをやる「ネコおじさん」「ネコおばさん」も、「命を救う」という善行をなしているように自分では考えているけれども、野良猫へのエサやりは、野良猫の繁殖を加速させるだけなんだよ。

環境問題を考えるとき、野良猫問題という「小さくて大きな問題」があるんだよね。

野良猫や放し飼いの猫について、しっかりとした共通認識やモラルを共有しておく必要があると思うんだ。


動物と人間の共生ということを考えた場合、糞尿処理をシステマティックに、ラクにおこなうための制度設計とか、機械類の整備とか、EM菌を安く供給するシステムの構築とか、いろいろあるんだわ。

人間が山を荒らす最大の要素の1つに、人間の糞尿がある。

山小屋に住んでいると、人間のうんちを、イノシシが食べに来るらしい。

イノシシは、人間のうんちが大好きみたいだよ。

動物が近づくと、襲われたり、畑を荒らされたりする。

だから人間は基本的に、山に入らないほうがいい。

人間が山に入るにしても、自然を壊さないように細心の注意を払う必要があると思う。

その代表格が「人間が出す糞尿とゴミ」だと思う。


あと、「薪ストーブがいい」とかいって、木を切りまくっていると、文明が滅ぶよ。

木を切ることは計画的におこない、炭をつくるとしたら、生育の早い竹を使うのが適切だと思う。

ただし、竹や笹がはびこると、あるいは、いばらがはびこると、その土地はもはや、農地にはできない。

竹や笹や茨などは、地面に強固な根を張るんだよ。 そういう土地を農地にする場合、ユンボ(パワーショベル)で、竹や笹や茨の根を深い部分まで掘り出さないと、耕運機のブレードに引っかかったりする。

だから地下に石垣やコンクリートの壁をつくって、「強固な根を張る範囲を区切る」必要がある。