ゆきんこの勉強法 | 自修人

unchain yourselves

26 May 2020

神様は不平等|でもそれは不公平を是正するため

神様は不平等|でもそれは不公平を是正するため

[お腹いっぱい]なのに[もっと欲しがる人]を[がめつい人]という

[いまここ]で必要である以上のものを、[いまここ]で得ようというのが

「がめつさ」「強欲ごうよくさ=貪欲どんよくさ〔$^{名詞}$greedグリード|$^{形容詞}$greedyグリーディ〕」の本質です。

「がめつさ」を捨てることが、自分の[周波数]を上昇させる助けになるようです。

何かを犠牲にして「がめつさ」を増大させた結果として「お金をたくさん稼いだ」としても、その「犠牲にした何か」が大きすぎて、得たお金と釣り合いません。

「がめつさ」を増大させている人は、何らかの不足感を埋め合わせるために「がめつさ」を発動しているのです。

不足感とは、実家が貧乏だった、自分の出自に引け目を感じている、自分の学歴に満足していない、異性にもてない、心が寂しいなどの感情です。

いわゆる「リベンジ」の一環として「がめつさ」を発動していると考えてよいです。

その解決策は、結局、「自分で自分を認める」「こういう自分で、ありのままの自分でよかったのだと再確認する」ことしかありません。

外側に答えを求めているから「リベンジ」の一環として「がめつさ」を発動することになるわけです。


胃袋には「おおよその容量」というものがあり、「腹一杯以上はどうしても食われんわい」というのが本当のところです。

「どうせても食われんのにから腹一杯以上を得よう」というのが「がめつさ」の本質です。

「がめつさ」を捨てなければ、高次元に上がれない仕組みになっているようですよ。

「自分で自分を認める」「こういう自分で、ありのままの自分でよかったのだと再確認する」という関門を通過しなければ、高次元へは上がれないらしいですから。

[お好きなものを、お好きなだけお召し上がりください]を各個人の要望にかんして等しく実現することが[公平〔$^{名詞}$equityエクイティ|$^{形容詞}$equitableエクイタブル〕]

その人の諸状況をすべて織り込んで[お好きなものを、お好きなだけお召し上がりください]を各個人について実現するのが公平さです。

私たちが目指すべきなのは[平等さ]というよりは[公平さ]なのです。

これから私たちが生み育てる、シラス主義に基づく新社会では、[おのおのがこころざした世界]を実現していくことが、公平に担保されるように設計しましょう。

[おのおのがこころざした世界]は、それぞれに異なります。

[おのおのがこころざした世界]がそれぞれに異なることが、[おのおのがこころざした世界]の集合体である世界を、多様で豊かな世界にする基本となります。

[条件によらず1人あたり等しく10万円あげます]というのが[平等〔$^{名詞}$equalityイクォリティ|$^{形容詞}$equalイークォル〕]

10万円を[はした金]だと思っている富裕層にまで10万円を与えるのは、平等であっても、不公平です。

ここに[平等と公平の違い]が端的に表れています。

富裕層に10万円を与えても、彼・彼女は、ありがたさも何も感じないであろうと推測されます。 この富裕層に10万円を与えることは、限界効用が小さいわけです。

限界効用 - Wikipedia

限界効用逓減の法則(ゴッセンの第一法則)-きっとよくわかる経済学

※この記事でいう限界効用〔marginal utility〕の[効用]〔utility〕とは、「生活が助かる度合い」「ありがたいと思う気持ち」「喜び」などを意味します。

※この記事でいう限界効用〔marginal utility〕の[限界の]〔marginal〕とは、「関数$y=f(x)$がつくる曲線上のある1点における[接線の傾き]つまり[$f'(x)$]のこと」「関数$y=f(x)$を$x$について1階微分して得られた関数[$f'(x)$]〔関数$y=f(x)$の1次導関数〕のこと」です。

※経済学では[ある関数を微分した概念]=[接線の傾き]を[限界の]〔marginal〕を付けて表現します。

「国民が新型コロナウイルス騒動で困っている」のを助けることが政策目標なのですよね? 

[10万円]と[人口]との積(かけ算をした答え)として求められる[新型コロナウイルスにまつわる経済対策予算]を、どのように配分・按分あんぶんすれば、[国民全体としての限界効用の総合計]が最大になるでしょうか? 

明日の食事にも困っている人に与えた10万円は、その人にとって「生活が助かる度合い」「ありがたいと思う気持ち」「喜び」などがきわめて大きいですね? 

貧困層に[10万円を与える]とき、限界効用が大きくなります。

しかし大金持ちに10万円を与えても、その大金持ちにとって「生活が助かる度合い」「ありがたいと思う気持ち」「喜び」などが小さいですよね? 

[1人の国民に10万円を与える]とき、その国民が富裕層ならば、彼・彼女に与えても限界効用が小さいわけです。

そうすると、貧困層に手厚く配分し、富裕層には与えないのがよいのです。

ただし、政府が腐っている現在のような場合、富裕層も10万円をもらってください。

いいですか? 富裕層も10万円をしっかりともらうのです。

そうして、貧乏そうなお家のポストに、[あなたの生活が楽になりますように。あなたに10万円あげます]と書いた封筒に入れて、そっと入れておいてください。

このことは、大天使によって「善なるおこない」として記録されます。

こういうことに「贈与税」などと言い出す人は、いつまでたっても善なるおこないができません。

「贈与税」に助け合いを阻止する側面があるのだとしたら、またそのことを知りながら「贈与税」をそのままにしている政府なのだとしたら、そんな政府は必要ありません。

悪法だと自分が判断した法にまで従うことはありません。

これが自分の中での小さな革命であり、小さな意識改革なのです。

自分の真善美を貫いてください。

格差をなくすには[判断力の弱い政府]をパススルーして[民間レベルでの所得の再配分]をすることをいますぐ始めましょう

新型コロナウイルス騒動は、試練の最初の一歩なのだと思います。

新型コロナウイルス騒動を通じて、経済活動の大半が[資源浪費型の不要不急の活動]であったことが判明したので、[資源浪費への反省][環境破壊への反省][生活スタイルを刷新する必要性を痛感する]など、私たちの意識が大きく変容を開始しました。

したがって、「これまで大きく栄えていた企業が倒産する」など、経済状況は劇的変化を見せることになるでしょう。

具体的には、大きな航空会社がいくつも倒産する可能性があります。 同じ航空アライアンスの中で、吸収合併があり、パイロット、客室乗務員などが大勢解雇されるかもしれません。

世界の航空アライアンス一覧 - 海外航空券、格安航空券のフリーバード -
ウォーレン・バフェット氏 航空株をすべて売却 - Google 検索

投資家として有名なウォーレン・バフェット氏の持株会社が、航空株をすべて売却したと発表しています。


つまり新型コロナウイルス騒動が収まっても、その第二波が来ることも考えられるし、金融危機によって世界経済が停止状態になることも考えられるわけです。

結局、「いまのような資源浪費型の文明を改めて、自然再生を急ぎなさい」「あなた方の強欲さを改めて、自然とともに共生することを学びなさい」と新型コロナウイルスは伝えてきているように私は感じるのです。

それとともに、危機が訪れたときに助け合う「愛に基づく互助精神」を発揮することも、求められていると思います。


人間が最低限の生活をするのにかかる固定費は、どんな人間でも一定です。

収入の少ない人ほどエンゲル係数が高い(家計に占める食費の割合が高い)ということもあります。

そうした条件がある中で国民年金やNHK受信料のような定額支払いにすると、収入の少ない人ほど「税金によって痛い目に遭う度合いが大きい」という状態になります。

そうした条件がある中で消費税のような定率税にすると、収入の少ない人ほど「税金によって痛い目に遭う度合いが高い」という状態になります。

「平等さ」は「定額」「定率」などを暗に意味し、それは「逆進的な負担」へと直結します。

[国民年金]や[NHK受信料]の財源は、所得税や法人税の中から生み出すべきです。 しかし所得税や法人税の累進制を高めるべきです。

このとき「浮き草企業を禁止する国際条約」〔International Treaty Banning Duckweed Companies〕を世界の国々で締結する必要があります。

「浮き草企業」というのは私がつくった造語で、「節税目的でシンガポールに法人登記を移す」など、経営コンサルが指南するような、小賢しい小手先の節税テクニック(実際には脱法的脱税行為)を駆使する企業のことです。 「浮き草企業」で「企業」といっていますけれども、これは「個人事業主」をも含んでいます。

「節税目的でシンガポールに法人登記を移す」などの話は、[ふるさと納税]と似たような感じで、「現行制度としては認められているけれども、本筋をハズしちゃってるよな」という印象を受けます。 とりあえず、「税金を払ってカメラがもらえるんだったら、カメラの分の税金を負けてくれよ」ということがいえるでしょう。

たしかに、国民国家というものは、信用ならぬものです。 民衆は、愛国心を利用されて、戦争へと駆り立てられた、つらい記憶を持っています。

しかし国の本質は、政府ではありません。 政府の構成員が信頼できなくても、そこに国民と自然と、自然を守る神々がいる。

シンガポールに納税している、あの人や、この人は、自分が生まれた国の国民と自然と、自然を守る神々に対する思いを、どうしているのかな? と思います。

自分がその土地に存在して、その土地に貢献することで、その土地がよくなる。 そういう自分の働きを考えたとき、「税金が安いからシンガポールに住むことにした」なんてぇのは、私だったらやりたくないことです。

[お腹いっぱい]なのに[もっと欲しがる人]を[がめつい人]といいます。

[がめつい人]が節税目的で、国外に法人の登記先を移すなどの行為に及ぶことは、私は不自然だと思います。

祖国の税法が気に入らないのであれば、政治的手続き、法的手続き、あるいは、情報発信をするなどして、祖国の税法を変えていくような努力をすることが大切だと思います。

その土地、その国に、ある人種として、わざわざ生まれ変わったからには、その土地、その国家に身を置いて達成するべき「何らかの使命」「何らかの課題」があるはずです。

もちろん、すべては自由ですが。


NHKの受信料は平等ですけれども、不公平です。

大金持ちからは1カ月の受信料を5000万円ぐらい取って、お金のない人は視聴無料にするのが公平さというものです。

平等を認めると格差が拡大していくばかりなのです。

大金持ちからはたっぷりと税金を取り、貧困層は無税とするのが、公平な社会です。

私たちは「平等」の意味を知らされないまま、「平等は素晴らしいのだ」という彼らの言説をイヌのように疑いもせず信じ込み、サルのように騙されてきてしまったのです。


「成果をたくさん上げた人は、それに比例した報酬を受け取る権利がある」のが平等な社会です。

しかし、これによって格差が拡大します。

[魂の絶対的尊厳]を信心する感性

すべてのものは[宇宙の根源]から生まれ出た「[宇宙の根源]の子供たち」です。

[宇宙の根源]が子供たちを差別するわけがありません。

[宇宙の根源]は私たちを等しく愛してくれています。

[宇宙の根源]が私を愛してくれており、その度合いは、他の魂と同じである。 このことに疑念を抱いたときから、闇のエネルギーの侵入が始まります。

[宇宙の根源]が私を愛してくれており、その度合いは、他の魂と同じであるということを信心する。 信じ抜くことが大切です。

愛を疑ったときから、愛との通信にノイズが入り始めるのです。

これは「集中力を外さないガマン比べ」みたなものであるようです。

毎日、毎日、お祈りをするのは、結局、毎日ズレるから、毎日修正するためです。

作業前に、機器類のキャリブレーションを取り直す、といったようなことです。


ウシハク主義の大きな欠点は、[魂の絶対的尊厳]を信心していない点なのです。

[魂の絶対的尊厳]を信心する心が強いほど、民度が上がり、野蛮性が少なくなります。

例えば、Amazonが日本の市場を荒らしている側面があります。 しかしAmazonが役に立っている側面も大きいものがあります。

さて、「Amazonが運送業者に無茶な要求をしていた」ということの背景にあるものを考えていきます。

Amazonは、相手がいくら苦しんでも、まだギューギュー締め上げる。 このAmazonによるサイコパス的なやり方は、野蛮性がきわめて高く、それは[魂の絶対的尊厳]を信心する心がきわめて薄弱であることを意味しています。

Amazonはそもそも「浮き草企業」〔One of the Duckweed Companies〕ですよね。 Amazonは法人税の安いところへホイホイ移ります。

そしてAmazonは日本において、つい最近まで消費税を支払っていませんでした。 いわば脱法的脱税企業なのですね、Amazonは。

Amazonがこのような反社会的な行動をとることができるのは、Amazonの企業精神が「浮き草」だからなのです。

つまり自分の会社だけ儲かれば、あとは野となれ山となれ。 都合が悪くなれば撤退する。 その根本原因は、Amazonには「守りたい大家族=民衆≒国民」がないのですよ。 Amazonは労働者を[泥棒扱い][奴隷扱い]する企業体質をもっていると思います。 こういうサイコパス的なやり方は、野蛮性がきわめて高く、それは[魂の絶対的尊厳]を信心する心がきわめて薄弱であることを意味しています。

Amazonと同じノリで、[突如として一方的にアカウント・バンをおこない反論の機会を与えない企業体質]をもっている企業として思いつくものは、 [楽天銀行] [楽天カード] [楽天市場] [YouTube] [Twitter] [Facebook] [Instagram] [Pinterest] などです。

[Amazon] [楽天銀行] [楽天カード] [楽天市場] [YouTube] [Twitter] [Facebook] [Instagram] [Pinterest] などからは、[サイコパス的][野蛮性がきわめて高い][魂の絶対的尊厳を信心する心がきわめて薄弱]という共通したノリを感じます。

それらの企業と同じ匂いを感じたら、これらとはすぐに縁を切ることをオススメします。

そうした[サイコパス的][野蛮性がきわめて高い][魂の絶対的尊厳を信心する心がきわめて薄弱]という精神性の源流は、米国議会を動かしているユダヤ系アメリカ人のロビイストに行き着くと思います。

「外国語・商業・貿易が得意で、祖国をもたず、お金を強く信仰している」という人たちには、「ふるさと」がないから、「お金の世界でブイブイいわせて、鬱積した不満を晴らしている」ように見えます。

「母なる大地」とのご縁を結んでいない人たちは、「お金だけが頼り」という価値観におちいりやすいのだと思います。

その土地が荒れ地である時代から、「親から子へ」というバトンタッチで、何代もの長い時間をかけてその土地を整備し、里山をつくりあげてきた。 それは、自然を司る妖精さんたちと、人間とのコラボレーションです。

そうやって、土地の神様たちと仲良くして信頼関係を結んでいくと、「その土地を離れがたい」という感覚が自然と生まれるものなのだと思います。 「ふるさと」を思い出して涙する。 そういうことが、「浮き草」の人たちにはあるのでしょうか? 

「守りたい大家族=民衆≒国民」とは、愛国精神の[国]という部分です。 [国]とは、[ふるさと]のことであり、[国]=[ふるさと]とは、端的に言えば[民]のことです。 もちろん[民]のほかに[自然]=[花鳥風月]もあります。

[国]とは、相模国さがみのくにとか、駿河国するがのくになど、飛鳥時代に制定された行政区分だということです。

「国に帰る」とは「ふるさとに帰る」ということです。

それは[あの人]に会いに行く、[あの土地][あの自然]とふれ合いに行く、[あの土地]の[神々、妖精たち]と会いに行くなどといったことだと思います。

それらは、大きな意味で[母]です。 [あの人]に会いに行くというとき、真っ先に思い浮かぶのが「おふくろ」でしょう。 「おふくろ」に会いに行くのが帰省の中心です。 もちろん、幼なじみや親戚の人たちに会いに行くのも帰省です。

そして、帰省のかなりの部分を占めるのが、「母なる大地」「母なる山」「母なる川」「母なる海」との再会です。

[自然]とは[惑星]そのものであり、[この惑星]は[母なる地球]です。

どの惑星も、その惑星の自然そのものであり、自然が生命を生みます。 ですので、どの惑星も[母なる惑星]です。

しかし地球の場合、[母なる惑星]であると同時に、地球の実体である[レディ・ガイア]と呼ばれる若い女性の魂が「母性をテーマにして進化している」という背景が加わります。

[母なる地球]という場合、「母性をテーマにして進化しているレディ・ガイアの惑星である」という要素が加わるので、「母性」「母なる」という部分に、かなりの重みがあるのです。

ですので、私たちは、今生の性別が男性であろうとも、女性であろうとも、「母性」「母なる」という部分をしっかりと学び、磨き込み、実践していく必要があるようです。

それは「母が子をいたわり、いつくしみ、いとおしみながらはぐくむ」といった姿勢を、日常のすべてに適用して、これからの創造活動を展開していくことなのだと思います。

創造活動というのは、私たちが「日本の神々」と連携しながら、新しい文明を立ち上げるわけです。 それだけでなく、日本で生まれた文明のひな形を世界に発信して、「母が子をいたわり、いつくしみ、いとおしみながらはぐくむ」といった姿勢を、地球全体に広めていく感じになろうかと思います。

[母なる地球]の一部をなしている[自然]は、大地も山も川も海も、すべて[母]です。

実際、[母なる地球]の実体は若い女性の魂であるようです。

自然破壊とは、この若い女性の魂である[レディ・ガイア]の肉体を痛めつけることなのです。

地球に対する自然破壊とは、母体を傷つける行為なのです。

自然の回復とは、傷ついた[レディ・ガイア]の肉体を治療することを意味します。

少なくとも傷つけたのだから、原状回復する義務はあると思いますよ。 それと地球に対する謝罪と感謝です。

「地球さん、本当にごめんなさい」「地球さん、本当にありがとうございます」ということを言葉にすると同時に、自然回復のための準備をこれから始める必要があると思います。

自然回復の具体的な行動は、土木工事になるでしょう。 ですので、具体的な行動としては、ユンボやブルやホイールローダーやクローラーといった重機のオペレーション関係になってくると思います。

ユンボは、農業、造園、植林では必須の道具です。

耕運機が田んぼに填まって出られなくなったときは、大型のユンボのアームで引っ張り上げます。 自動車では引っ張り上げられませんし、ミニユンボでも無理です。 自重が重たい重機を使って、一発で引き上げたほうが、ラクですし、耕運機も傷みません。

建設機械業界の現状・動向・ランキング・シェアを研究-業界動向サーチ

ユンボの操作パターンは[コマツパターン]が「両腕を開く・閉じるの繰り返し」ですので、最も作業性が良好であり、最も作業効率が高まります。 またコマツのユンボは、アームの緩みが少なく〔工作精度が高く〕、ソリッドな操作感です。

「業界最大手のコマツ]の市場シェアを低下させるネライでしょうけれども、[コマツパターン]とは異なる[JIS方式〔ISOパターン〕]を打ち出して、UIを無理やり統一しようとしているようです。

JIS配列のキーボードが使いにくいことからわかるように、JISが採用したからといって、その方式が最良であることは保証されていません。 JIS規格をむやみに信じるのは問題があることです。

国などが[特定のUI]を強引に押し付けるやり方は、「好みで選べるようにしておけばいい」「どうやろうと、ひとの勝手」という領域にまで指図する行為です。 それは差し出がましく傲慢であり、オペレーターにとって、まったく有意義ではありません。

PC用のアプリでも、キーバインディングは柔軟にソフトで割り当て直すことが可能になっています。 Final Cut Pro〔Apple〕のキーバインディングに慣れている人は、Premiere Pro CC〔Adobe〕でも、Final Cut Proのキーバインディングにして使います。

バックホーの操作方法:旋回・フロント(作業機)の具体的パターン バックホー覚え書き
RENTAL-GUIDE_P062.pdf
掘削機操作方式の規格化について - 太陽建機レンタル
重機でGoとは - 重機でGo公式サイト
油圧ショベルの操作方式|その他|サービス|東京レンタル株式会社

「浮き草」の精神だと、「その土地を破壊し尽くしたら、また別の土地を見つければいい」という「使い捨て精神」になってしまいます。

「浮き草根性」「使い捨て精神」によって、人類はいくつかの惑星を使い捨てにしてきたという噂もあります。


法人登記を、都合よくあちこちのタックスヘイブン〔租税回避地〕に移し替える企業、あるいは、個人事業主には、「土地に対する責任感」いいかえれば「惑星(の一部)に対する責任感」が欠如しており、安易に「焼き畑農法的な行動をとる」ということを、私は思っているのです。

「自分の会社だけ儲かれば、あとは野となれ山となれ」という「浮き草企業」、あるいは、「節税目的でシンガポールに法人登記を移す」ような[浮き草企業][浮き草個人事業主]には、きっと「民を愛する気持ち」がわからないのだと思います。 だから安易に「焼き畑農法的な行動をとる」のでしょう。

「焼き畑農法」というのは、逃避癖ですよね。 「都合が悪くなったら逃げる」という精神パターンです。

「自然を破壊し尽くして、その惑星を捨てる」というアホなことを繰り返さないで、しっかりと自然を再生し、自然と共生していけるぐらいにまで、私たちの精神性を高めなければなりません。 今回のアセンションの課題の1つが、それであるような印象を受けています。

もちろん、Amazonがどういうことをしようと、それは自由ですけれども、私はAmazonよりもヨドバシを応援しています。

ヨドバシがAmazonのように、あらゆる商品を取り扱うショッピングサイトになり、ヨドバシが富み栄えることを願っているのです。

その頃Amazonは、日本から撤退していることでしょう。

「相手にも両親があり、配偶者があり、子供がある」と思ったら、手ひどいことはできないハズです。

[サイコパス的][野蛮性がきわめて高い][魂の絶対的尊厳を信心する心がきわめて薄弱]という共通したノリをもっている企業たちは、そのあたりを、完全に踏み外していますよ。 大嫌いです。

神様に対する疑念が起こる最大の理由|「不公平と不平等を取り違えている」という初歩的な認知ミス

神様は不平等を採用しますよ。

耐久力のある魂には、とびきり重たい課題を与えて、より早く成長させようとしてきます。

それは神様が、私のポテンシャルまで知り抜いてのことなのです。

神様は、あなたを見込んで、重たい課題を与えたのに、それを「神から見放された」と勘違いする人が多いのです。

「あなただけがこんなヒドい目に遭う」のは「神様があなたの中にれに耐えられるだけの力量があるのだと認めているから」です

「ヒドい目に遭う」のは、神様から期待されているからです。