ゆきんこの勉強法 | 自修人

unchain yourselves

13 Jun 2020

自転車専用風洞管路網〔風にのって走る自転車の道〕の整備|金毘羅船々追風に帆かけてシュラシュシュシュ

エンジンを使わないで、いかにして遠くまでラクに行くか?

金毘羅船々こんぴらふねふね追風おいてかけてシュラシュシュシュ。

追い風をプロペラで起こしてやればよい。

後ろから強い風であおられた自転車はこがなくても進む

トンネルのようになった長い地下道で、後ろから強い風圧で押されたら、自転車をこぐ力が、ものすごく軽くても済みます。

後ろから、ものすごく強い風圧で押したら、坂道だってラクラクでしょう。

自転車専用風洞管路網を利用するためには[小型二輪〔125㏄以下〕の運転免許]を求める

自転車専用風洞管路網は、動力なしの自転車を使うとはいっても、相当なスピードが出るので、合流での衝突事故、転倒の恐れもあります。

もちろんヘルメット着用は義務で、[小型二輪〔125㏄以下〕の運転免許]を求める必要があると思います。

たぶん40km/h~50km/hぐらいは出ます。

自転車専用風洞管路網は、高速道路と同じで、信号などがなく、40km/h~50km/hの平均時速で、そのまま進みます。

自転車利用者の状況をセンサーで把握し、必要な風量を必要な場所でのみ発生させます。

暗渠あんきょ用のボックスカルバートを道路や鉄道などの地下に埋める

ボックスカルバート - Google 検索

結局、暗渠あんきょの中を雨水が流れるのではなく、自転車交通が流れるわけです。

水害対策

暗渠と同じ構造なので、雨水が流れ込むと大変なことになります。

それならば、高架化も視野に入れるのがよいでしょう。

人口減少で鉄道在来線の維持も難しい|バス輸送にしても便数が増やせない|ガソリンの消費量を抑えたい

人口減少社会で、できるだけ不便を感じないで、公共交通機関の代替交通を考えたとき、この「こんぴらふねふねの自転車専用道」が思い浮かんだのです。

自転車専用風洞管路網は[電力網][通信網]としても使います

「品川土管」|トラック輸送を大幅に削減する

トラックが日常生活を支えていることは理解している。 それでもトラック輸送を減らさないと、環境問題は解決できない。

ほとんどの品物は、小荷物にして「品川土管」で全国へと輸送できるように、自転車専用風洞管路網の共同溝を利用して「品川土管網」を整備する。

貨物輸送専用の円筒形の土管を「品川」と呼ぼう。

品物が流れる川だから品川。

品川になる土管だから「品川土管」。

荷物を運ぶ専用の「天地無用・8輪の自走カプセル」が「品川土管」の中を駆け巡る。

リニアモーターは敷設にコストがかかる。

土管にはコイルが入っており、無接点給電で、「天地無用・8輪の自走カプセル」がモーター駆動される。

自転車専用風洞管路網と同じ共同溝の中を「品川土管」が走る。

昭和の時代にエアシューターというのがあった。

「品川土管」の「天地無用・8輪の自走カプセル」に送風して走行による空気抵抗を減らすのもいい。

【バイトインタビュー3】コストコホールセール かみのやま倉庫店 | natukusa (ナツクサ) - 山形の大学生に特化した情報サイト