ゆきんこの勉強法 | 自修人

unchain yourselves

23 Jul 2020

プロ機じゃないのか?|カメラはフルサイズで1000万画素台〔2000万画素未満〕であれば十分|鈴木心の写真道場

プロ機じゃないのか?

もうスペックで選ばない!新しいカメラの読み方、選び方!

ロバート秋山「クリエイターズ・ファイル」第6回<トータル・ファッション・アドバイザー YOKO FUCHIGAMI>インタビュー映像1/3

ロバート秋山「クリエイターズ・ファイル」第6回<トータル・ファッション・アドバイザー YOKO FUCHIGAMI>インタビュー映像1/3

Panasonic Lumix S1|コントラストAFだけなのでAFが使い物にならない|ハイブリッドAFを取り入れない意味がわからない

Panasonic Lumix S1のAFの遅さ・不正確さ・迷いの多さでは、動画撮影において、マニュアルフォーカスで、ピント固定のまま使うしかない。 もちろん、それでも十分ではある。 しかし、α7S III〔SONY〕が出てからPanasonic Lumix S1と比較してみると、たぶん、α7S IIIが[動画機を主軸にしながら、写真も撮る場合の筆頭候補]になるものと予想される。

風景写真・風景動画だったら、Panasonic Lumix S1はかなり有望だ。 しかし、ボディもレンズも重たすぎるため、動画での手持ち撮影は無理であり、三脚運用が中心となる。

#277 【機材紹介】SONYユーザーから見たPanasonic Lumix S1


Panasonic Lumix S1の手ブレ補正は、写真撮影で効果を発揮する。 ただし、本体の重たさは、いかんともしがたい。

#276 【機材紹介】Panasonic S1 vs SONY α9 手振れ補正対決

テザー撮影にはCapture One|Capture Oneに対応していないカメラはプロ用失格

ACDSee - Google 検索
Adobe Photoshop Lightroom - Google 検索
Capture One - Google 検索
DxO - Google 検索
GIMP - Google 検索
Luminar - Google 検索
Paint Shop Pro - Google 検索
Photoshop Elements - Google 検索
Pixelmator - Google 検索
Pixlr - Google 検索
SILKYPIX - Google 検索
darktable - Google 検索
photoshop - Google 検索
portraitpro - Google 検索

α7Sシリーズ〔SONY〕という低画素機の魅力

買うべきカメラ、買わざるべきカメラ。カメラコンシェルジュ鈴木心と巡るカメラの未来