● Table of Contents :

プロ機じゃないのか?

もうスペックで選ばない!新しいカメラの読み方、選び方!

ロバート秋山「クリエイターズ・ファイル」第6回<トータル・ファッション・アドバイザー YOKO FUCHIGAMI>インタビュー映像1/3

ロバート秋山「クリエイターズ・ファイル」第6回<トータル・ファッション・アドバイザー YOKO FUCHIGAMI>インタビュー映像1/3

テザー撮影にはCapture One|Capture Oneに対応していないカメラはプロ用失格

ACDSee - Google 検索
Adobe Photoshop Lightroom - Google 検索
Capture One - Google 検索
DxO - Google 検索
GIMP - Google 検索
Luminar - Google 検索
Paint Shop Pro - Google 検索
Photoshop Elements - Google 検索
Pixelmator - Google 検索
Pixlr - Google 検索
SILKYPIX - Google 検索
darktable - Google 検索
photoshop - Google 検索
portraitpro - Google 検索

α7Sシリーズ〔SONY〕という低画素機の魅力

ソニーα7sの、どーにかして欲しいところを洗い出す!
フイルム写真よ、さようなら#9 「カメラは、もう、買わない、だってソニーA7Sがあるから」|鈴木心写真館|コーヒーの日

新しく出る[α7S III〔ILCE-7SM3|SONY〕]は、写真用としては大きいと思う。

同じα7Sシリーズの中に写真機と動画機が共存するかたちになる。 CanonやNikonやPanasonicやFUJIFILMにはない魅力が、SONYにはある。

[α7S〔ILCE-7S|SONY〕]または[α7S II〔ILCE-7SM2|SONY〕]が好ましいだろうと思う。

買うべきカメラ、買わざるべきカメラ。カメラコンシェルジュ鈴木心と巡るカメラの未来

  • SONY ILCE-7S:非バリアングル:小さくて軽く写真向き。
  • SONY ILCE-7SM2:非バリアングル:中ぐらいの大きさと重量で写真と動画向き。
  • SONY ILCE-7SM3:バリアングル:大きくて重たく動画向き。
  • SONY SEL20F18G:20mm F1.8の単焦点レンズ。解像感がカミソリのように鋭い神レンズ。
  • Canonには、20mm F1.8の単焦点レンズは、2020-11-13までのところ出ていない。
  • Eマウント〔SONY〕はマウント口径が小さいため、周辺減光が大きいので、カメラボディでかなり補正している。
  • 写真中心であれば、SONYよりもCanon。長らく残る写真撮影であれば、SONYよりもCanonのほうが無難。
  • 動画中心であれば、CanonよりもSONY。
  • ただし鈴木心氏のように、SONY ILCE-7S、SONY ILCE-7SM2という低画素機で、ノイズの少ないきれいな写真を撮るのもよい。
  • SONY ILCE-7S、または、SONY ILCE-7SM2を写真用にして、SONY ILCE-7SM3を動画用にすると、Eマウント〔SONY〕で統一できるので合理的。
  • Canonは、20mm単焦点など、消費者が欲している焦点距離のレンズを、なかなか出さない。
  • Eマウント〔SONY〕にしておいたほうが、SONYの素早い対応の恩恵にあずかることができる可能性がある。
  • SONY SEL20F18Gを使うだけのために、Eマウント〔SONY〕にする。その考え方もアリ。それぐらい神レンズ。
  • Eマウント〔SONY〕のレンズは、F2.8通しの大三元系〔重たすぎる〕よりも、F4通しの小三元系のほうが、重量と容積の面で、現実的な選択になる。
  • SONY SEL2470Z〔にいよんななまる|小三元=F4通しの標準ズーム〕と、SONY SEL20F18Gの2本だけで、望遠以外は、ほぼ何でも撮れる。
  • Panasonicは手ぶれ補正が動画向きで優秀。Panasonicは動画AFがきわめて残念。
  • FUJIFILMは手ぶれ補正が写真向きで、動画撮影には向かない。FUJIFILMは動画AFが残念。
  • 動画AFはSONYがダントツの一位で、Canonがそれに次ぐ。
  • NikonはD6の写真のAFは素晴らしい。Nikonのレンズの解像感、キレ味は業界随一。
  • Nikonは動画用としては考えないほうがよい。
  • フルサイズ機が軽く小さく安くなっているので、特に考えがないかぎり、APS-C機、あるいは、マイクロフォーサーズ機は避けたほうがよい。
  • 結局、写真中心ならCanonか、Nikon D6。
  • Nikonはミラーレスのフラッグシップ機を製作中なので、まだZマウント〔Nikon〕に移行するのは早い。Nikon派であれば、Fマウント〔Nikon〕のレンズとD6で数年は待つ覚悟が必要だと思う。
  • Canonは、現行のミラーレス機でも、よい写真が撮れるので、RFマウント〔Canon〕に移行してよい。
  • 結局、動画中心ならSONYのαのフルサイズ機。

ミラーレス一眼

#277 【機材紹介】SONYユーザーから見たPanasonic Lumix S1

一眼カメラ|4K動画撮影時のクロップファクター一覧

デジカメの高性能動画機種をまとめてみる
デジカメ・ビデオカメラの4K動画時の焦点距離をまとめてみる
4Kカメラ購入前に必ずチェックすべきクロップファクター SONYとGH5はやっぱりすごかった

Panasonic[Lumix Sシリーズ〔FF〕]は4K-60pで大きくクロップされる〔画角が狭くなる〕ので購入は避けたほうがいい

  • 大きくクロップされるのだったら、広角レンズの広角部分がすべて食われてしまうので、高価な広角レンズがすべてムダになる。
  • 4K-60p素材をクロップして疑似ズームインとして利用し、フルHD-60pで書き出す。 この目的で4K-60pを[ほぼクロップなし]で撮影したいとするニーズは高い。 このとき、クロップファクターが大きいと、その目的を果たすことができない。
    【絶妙なスペック!】LUMIX S5 は新たなメインカメラとして採用できるのか?
  • [フルサイズのPanasonicは4K-60pで大きくクロップされるから実用にならない]というのが結論です。
  • [一眼動画機ならSONY一択]というのが結論です。

Panasonic[Lumix Sシリーズ〔FF〕][Lumix GHシリーズ〔MFT〕]ともにコントラストAFのみを採用

  • [1画素たりともゆるがせにせず、すべての画素からのデータを完全に取り込むことが目的]でコントラストAFのみを採用。
  • [位相差AF][像面位相差AF]では、それ専用のセンサー画素のところに、画素の欠けが出るので[周辺情報からの補間ででっち上げる]。そのウソを許さないというPanasonic独特の美学。
  • [コントラストAFのみを採用]したことによる動画AFは、実用的には、〔SONYと比べて〕ピンが来るのが異様に遅く、しばしばピンが迷いを見せ、ピンが迷子になって帰ってこないことがある。
  • [Panasonicの一眼機は、グレードによらず、動画AFでピンが来ないからワンオペでは厳しい]というのが結論です。
  • [一眼動画機ならSONY一択]というのが結論です。

【検証】パナライカ F1.4の明るい広角レンズ LEICA DG SUMMILUX 12mm / F1.4 ASPH.を装着して LUMIX G100 カメラボディで写真と動画を撮影【VLOG】

Panasonic[Lumix Sシリーズ〔FF〕][Lumix GHシリーズ〔MFT〕]ともに協調手ブレ補正〔Dual I.S.2〕が超優秀でジンバルいらずの側面もある

キヤノン EOS R5 一刀両断レビュー(メーカー拡散希望)

  • FUJIFILMやOLYMPUSの手ブレ補正のチューニングは、〔動画ではなく〕写真側に完全に振ってあり、[粘って粘って、クンッと補正する]というタイプなので、手ブレ補正を使った動画撮影は厳しい。
  • FUJIFILMやOLYMPUSのカメラは、どこまでいっても写真用である。FUJIFILMにはAFがカタカタ・ジコジコうるさいレンズもあるので、ボディが動画向きでも、レンズがアレということがよくある。
  • ついでに、CanonやNikonのカメラも、どこまでいっても写真用である。 CanonやNikonにはAFがカタカタ・ジコジコうるさいレンズもあるので、ボディが動画向きでも、レンズがアレということがよくある。 動画性能を期待してCanonやNikonのカメラを選ぶのは、[お店を間違えている]ことに等しい。
  • PanasonicとSONYの手ブレ補正のチューニングは、〔写真ではなく〕動画寄りに振ってある。
  • SONYの動画手ブレ補正は、ジンバルと合成したときに最適になるように、わざとマイルドな味付けにしてある。
  • Panasonicの動画手ブレ補正は、業界一であり、カメラ単独で最適になるように、強力だけれども、かなりうまく調整されている。
  • [手ブレ補正ならPanasonic][Panasonicの一眼機は、グレードによらず、動画AFでピンが来ないからワンオペでは厳しい][フルサイズのPanasonicは4K-60pで大きくクロップされるから実用にならない]。
  • [一眼動画機ならSONY一択]というのが結論です。

動画を大切にするなら一眼機はSONY一択|今後、Panasonicの一眼機が出ても[コントラストAF]なら内容を検討ぜずに却下でよい

  • Panasonicは技術的には高い水準にあるけれども、 「速くて迷いのない[ハイブリッドAF]をかたくなに導入しない」 など[市場のニーズを完全に無視する傾向]が強く、そのことがPanasonicを窮地きゅうちへと追い込みつつあるにも思います。 いいレンズが出ても、ボディが微妙なので……。 Lマウントレンズ〔フルサイズ〕全体の不活性の原因の1つは、[ハイブリッドAF]を導入しないPanasonicの頑固さにあるのかもしれません。
  • Panasonicの一眼機の[ピンが遅くて迷うため、失敗動画を量産する]という点に嫌気がさして、瀬戸弘司さんなど、SONYに移る予定の人が増えていると思います。 [IlkoさんがCanonからSONYに移った]ことが消費者心理に与えた影響は、とても大きかったと思います。 [瀬戸弘司さんが、PanasonicからSONYに移る予定であること]ことが消費者心理に与えた影響も、とても大きいと思います。
  • 動画撮影なんてワンオペが大半なのだから、動画AFにすべてを任せられるSONYの一眼機・コンデジがある中、Panasonicを選ぶ理由が見当たりません。 [コントラストAFのみを採用]したカメラで、本気でSONYに勝てると思っているのですか?  状況を理性的に把握して、現実的に対処する必要があります。
  • マニュアルフォーカスにするのだったらシネマ機を買ったほうがいいです。
  • [4K-60p撮影時のクロップファクターが大きくなる]ぐらいなら[ボディ内手ブレ補正ナシ]にしてもいいのです。 GH5Sの開発陣と、Sシリーズの開発陣は異なるのでしょうか?  GH5Sの開発陣だったら、Sシリーズのように[4K-60p撮影時のクロップファクターが実用レベルを超えて大きくなる]ようだったら、商品発表を延期すると思います。
  • Leica〔ライカ〕を買う人は高所得者層に属する趣味人なので、当然、Lマウントの市場は小さい。 PanasonicがLeicaという高級機のメーカーと組んだことは、はたして正しかったのか? 

ビデオ会議用の高画質ウェブカメラとしてVLOGCAM ZV-1〔SONY〕がとても優秀

ズームレンズは[F4通し]〔小三元系統〕にして軽量化を重視するのが正解|[広角重視SEL1635Z][標準域重視SEL2470Z鈴木心仕事レンズ]という自分の決断でどちらか1本だけ

これだけあれば十分すぎる、レンズ道場!

ズームレンズはどうせ開放F値では使い物にならないので[F2.8通し]〔大三元系統〕でも1段絞ったF4から使えるのが実情。 ズームレンズは[F4通し]〔小三元系統〕にして軽量化を重視するのが正解。 明るさを求めるのなら単焦点レンズ一択。ズームレンズに明るさを求めない。

画質が良く重いデカいレンズ|SEL24105G〔もろんのんサブレンズ〕

レンズは2本で十分!撮影に持っていくレンズ【値段?写りは?使い分けは?】
超人気レンズ!FE 24-105mm F4 G OSS の1ヶ月使用レビューだぞ!【SEL24105G】
注目度No,1とNo,2のレンズ、君は写りで判別可能か?!【FE 24-105mm F4 G OSS VS TAMRON28-75mm F2.8 DiIII RXD】
【レンズ購入理由と感想】SONY FE24-105mm F4 G OSS
【レンズ選び】衝撃の結果!SONY FE 24-70mm F2.8 GM vs FE 24-105mm F4 G OSS おすすめEマウントレンズ比較現像編