ちちんぷいぷいプログラミング

RISC-Vが起こす革命

RISC-V原典 オープンアーキテクチャのススメ|デイビッド・パターソン|日経BP社|9784822292812|4822292819

この本では、現在の「無駄の多いコンピュータ」を改善した、新しいRISC-Vという、オープンなアーキテクチャーについて説明されています。 内容は機械語の命令セットの話題が中心です。

特定のメーカーが、プロセッサの世界を牛耳っているのは、たいへん問題ですね。

技術の発達によって、専用プロセッサの設計が誰にでも感嘆カンタンにできるようになったので、IntelやARMに「税」を支払うような、荘園制は消え去るでしょう。 ここでも「解放」が起こるわけですね。

この本は$\LaTeX$で組んであります。 フォントをしっかりさせれば、$\LaTeX$でも、見栄えのいい書籍が実現できることを表しています。

脚注・傍注の処理や索引の自動生成など、$\LaTeX$は書籍づくりに、かなり便利な内容となっています。

RISC-V原典 オープンアーキテクチャのススメ|デイビッド・パターソン|日経BP社|9784822292812|4822292819

The RISC-V Reader: An Open Architecture Atlas||9780999249116|0999249118

The RISC-V Reader: An Open Architecture Atlas||9780999249116|0999249118

 
comments powered by Disqus