『ひとりでも解けるようになる数学』は絶版・回収・返金の扱いになっています

『ひとりでも解けるようになる数学』シリーズの不備に関するお詫びと今後の対応について・文英堂

このサイトで『ひとりでも解けるようになる数学』を推薦しました。

しかし、『ひとりでも解けるようになる数学』は、内容に誤りが多いため、絶版・回収・返金の扱いになっています。

このサイトとしましても、ご迷惑をおかけいたしました。

お詫び申し上げます。

冒頭のリンク先に氏名とメールアドレス等を送ると、メールが返信されてきます。 そこに「絶版・回収・返金(現金書留)の扱いになった旨」と「返送先(文英堂の住所・電話番号)」が書いてあります。 私はゆうぱっくの着払いで送りました。

ひとりでも解けるようになる数学Ⅰ+A (シグマベスト)  税込価格:1,944円
ひとりでも解けるようになる数学Ⅱ+B 数列・ベクトル (シグマベスト) 税込価格:2,160円

合計4,104円(消費税分をも含む)が現金書留で送られてきました。
この文英堂の対応は、誠実であり、信頼出来る出版社だと感じました。

※こういう場合、国家は消費税分の税収をただ取りしてしまうわけで、かなり問題があると思います。

 
comments powered by Disqus