楽は楽を呼び、苦は苦を呼ぶ

【引き寄せの極意】スゴイ!願いが次々と叶う瞑想 - YouTube

お金のエネルギーの回し方。エネルギーとしてみることと、やっぱりバランスが必要だとおもいます。 - YouTube

チヒロ☆なう2019 19 - YouTube

闇の権力が私たちに仕掛けた罠の一つ出して、良い思いをするとバチが当たるといったような関連がある。

ともしびを人に分け与えても、自分のともしびが減ることはない。

自分のデータを他者にコピーさせてあげても、自分のデータが減ることはない。

このような「複写・共振を利用して、幸せが無限に増えていく系(システム)」がある。

その一方で、ペットボトルの水を飲み干せば、水は無くなる。 このような「使えば減る系(システム)」というものも3次元において顕現化されている。

闇の勢力の意向としては、すべての現象が「使えば減る系(システム)」の下で動いているように見せかけたいわけだ。

ここに洗脳の大きなからくりある。

私たちが富を新規に得ることを恐れたり、あるいは富を有していても、その富が減ったり時には他者から奪われたりするかもしれぬといったような「恐れ」が生じる場合がある。

こういった「恐れ」の根本的な部分は「使えば減る系(システム)」が絶対的なものであるという洗脳だと思う。

実際には、物質も波動であるから、複写することが可能である。 それがリプリケーターの原理である。

物質とて、無限である。

それ以前に、現実はVRなので、どんな魔法も可能だ。

私たちは制限の世の中に生きてきた。 つまり「使えば減る系(システム)」を信じ込むことで、私たちは様々な体験をしてきた。

しかしこれからは違う。 複写や共振を利用して幸せ豊かさなどが無限に増殖していく世界が、これから始まるのである。

「使えば減る系(システム)」への信仰心を捨て去り、「複写・共振を利用して、幸せが無限に増えていく系(システム)」を信頼するように切り替える。


幸せの循環ということを考えた場合、メビウスの輪の結び目の部分を考える必要がある。

メビウスの輪の結び目の部分というのは、闇の要素と光の要素とが均衡して循環している様子を表している。

つまり、ひとつの主体には闇の部分も光の部分も必要である。

大事なことは闇と光が均衡しているということである。

そしてもっと大事なのは出したエネルギーを取り込み、取り込んだエネルギーを出すということ。

つまりそこに循環がない限り言い換えれば新陳代謝がない限りその系システムは死んでしまう。

よくお金を溜め込んでる人がいるけれども溜め込んで使わないのは貧乏を招く元である。

貧乏とは単位時間あたりのお金の流通量が少ないことを言う。

お金を持っていても使わなければ貧乏である。

何が言いたいのかと言うと将来を恐れてお金を貯めこんで使わないようにする、その心的態度がこの世に不景気を呼び込んでおり、また自分の中にも不景気を呼び込んでいる。

つまり貧乏が貧乏性という心を生むのではない。

貧乏性という心が貧乏という現象を招き寄せるのである。


他の犠牲の上に立つ幸せでないとか、宇宙の倫理を逸脱したものではないとか、そのような一定の要件を満たした場合には、「楽は楽を呼び、苦は苦を呼ぶ」のだと思う。

マニフェステーションつまり具現化の仕組みをよく考えて欲しい。

心地よい波動、良い波動が、次の良き現実を作る。

としたならば、より心地よい状態を続けた方が、次の良い現実をマニフェストすることにつながる。

つまり楽しい気分、落ち着いた気分、のびのびした気分、安心した気分を維持存続させた方が、次の良い現実を作り出すのに好都合なのである。

ところが親からの教育あるいは学校教育あるいは職場教育などを通じて、私達は幸せが続くとそれと同じ分だけの苦しみがやってくるんだと信じている。 いや信じ込まされている。 これが闇の勢力による私たちへの洗脳の最大のものである。

従って。

多様性を失わせる動きは防止する

私は「Amazonから、できるだけ買わない工夫」を、この5~6年、続けている。家電と文房具は、ヨドバシ、ビックカメラ、ソフマップ、コジマを使っている。生活物資はポイントの関係から、楽天、Wowma!、LOHACOを使っている。サプリメント系はiHerbやeBayを使っている。
【Amazonの嫌いなところ】:
●ヨドバシは特別な契約をしなくても発送が早い。Amazonはプライムにしないと、発送が露骨に遅い。だったらヨドバシを中心に利用する。
●Amazonのサイトは、アルバイトによる「サクラレビュー」「架空の★評価の数」の割合が高まり、サイト自体、商品選定の参考にならなくなった。
●Amazonは、リチウムイオンバッテリー、SDカード、ボタン電池などの偽物(互換品ではない)が多く、怖くて買えない。
●Amazonマーケットプレイス出品者に悪質な業者が多い。「Amazon=怖い」という感じがする。
●Amazonはサイト内検索をしても、目的以外の余計な粗悪商品が先に表示されるし、日本語の怪しい●華製品の割合が高まっている。
●タイムセールもプライムにしないと「粗悪品の投げやりな安売り」という印象で、まったく興味を失った。「Amazonは粗悪品が増えた」という印象が、最近では強い。
★Amazonは、サイトという「場」を安全で公平な状態に保つ「管理者」としての資質を大きく欠いていると思う。価値はおカネだけじゃないんだよね。日本市場では、それがわかっていないと、最後は撤退することになる。

観察対象の矮小化

本音の声を無視 本音に我慢をさせる

体の叫びを無視 体に我慢をさせる

子供の声を無視 子供に我慢をさせる

顧客の声を無視 顧客に我慢をさせる

有権者の声を無視 有権者に我慢をさせる

国民の声を無視 国民に我慢をさせる

相手の声を無視 相手に我慢をさせる

メモ帳

感情は屁と同じものである。 その場で出し切ってすっきりする。 残さない。 感情というものは生物であるからしてその場で処理しなければ腐り果ててしまう。

感情のコントロールで気分上々を自分自身で賄う。

無抵抗非協力。

個々バラバラの平行現実の間をストーリーをつけて補間している人がいる。

不足感から発せられた願望は不足という結果をもたらすだけ。

満足している満ち足りているこの感覚を継続するそれによって豊かさがもたらされる。

期待は不安待つ時は期待しないで待つ。

えた時に幸せになるという未来志向ではダメ。 今を常に喜びで満たしていくとその波動が継承されて未来も幸せになる。

我慢は抑圧でしかないので我慢をしない。

私たちはさせられる努力に耐えた結果として報酬が与えられるという条件づけをされているネズミである。

闇の筋力が仕掛けたトラップは苦しいことの後に喜びがあるという誤った前提を私たちの観念として潜在意識に植え付けることである。

使用済地図リューズシューズヒューズ布施溶ける。

リリースリリーフレディースらくらくらくらく。

コンパルセーター。

気が滅入る気が詰まる。

こうアクセプタンス。

マイナーメジャーに良し悪しはない。 夏と冬に善悪はない式に善悪はない白鍵と黒鍵に善悪はない。

親子離れ。

職業訓練の無償化。

なぜ独立人になる必要があるのかそれはハイヤーセルフと一体化するためである。

不足の観念からすると自分が幸福になると相手が不幸になるというゼロサムのモデルで考えてしまう。

。 融解と快癒する。

自分の立て直しをすることはこの世を立て直すことになる。

尊厳とは自由意志の尊重である。

自分の感覚で生きることを練習しなければ自分のやりたいことが分からなくなってしまう。

自由詩の発露として主体性がある主体性を剥奪することは尊厳の破壊である。

中毒意識のインプラントが埋め込まれている。

身体と精神の分離が組み込まれている。

自分の体を感じて自分の感覚を確かめることによって精神と身体の統合を行っていく。

自分にもできるという感覚を大事にする。

自分軸に罪悪感を持たせるような教育がなされている。

協調性を発揮する人間には自分軸というものがないたとえ演技で人に合わせていたとしても。

その時自分軸からずれていることによって自分の姿勢を見失う。

演技というのも本音でないことを言ったりやったりしてはならない。

ユニバースを作り出す意識。

統合とは源に近づくこと分離とはより物質的になること。

ロウアーセルフ英語のかかってる意識状態。

ハイヤーセルフより大きい意識が。

意識の大きさによって経験できるパラレルリアリティが別れてくる。

制限が大きいブロックが大きい苦しみが大きい。

リアリティの具現化は意識の反映である。

意識的選択と無意識的選択。

無意識の領域に私達の選好preferencesが組み込まれている。

意に介さない。

足らざる者同士の補い合いマッチング。

存在価値と労働価値。

ある一人のスピリチュアリストだけに傾倒したらその人の教えが間違っていた場合取り返しのつかない大失敗になる。

したがって少なくとも3名のスペシャリストを採用して三点測量の要領によって相対位置を測って致命的なエラーというものを回避する

Zoom

Windows

Zoomクライアントの設定にアクセスするには:

Zoomにサインインします。
プロフィール写真をクリックし、[ 設定]をクリックします。

これにより、設定ウィンドウが開き、次のオプションにアクセスできます。

全般

会議への参加または開始に関する設定を変更します。

応用

Windowsの起動時にZoomを起動する :Windowsの起動時にZoomクライアントを開いて表示します。
Windowsの起動時にZoomをサイレントに起動する :Windowsの起動時にZoomクライアントを開きますが、タスクバーでは最小化してください。
閉じたときに、タスクバーではなく通知領域にウィンドウを最小化します 。ズームを閉じたときに、タスクバーの通知領域でズームを開いたままにします。
会議の開始後に招待URLをクリップボードに自動的にコピーします
会議を退席するときに確認する :表示する [ 会議を退会 ]をクリックした後、会議を退会するかどうかを確認するプロンプトが表示されます。
接続時間を表示:現在の会議に参加した合計時間を表示します。 もっと詳しく知る。
今後の会議の__分前に通知する:会議が始まる前の指定した時間に通知を表示します。

コンテンツ共有

デュアルモニターを使用する :会議中に、画面共有コンテンツとビデオを別々の画面に配置します。 ズームを使用して、両方のモニターに表示します。 もっと詳しく知る。
会議を開始または参加するときに自動的に全画面表示に入る
他の人と共有されている画面を表示するときに自動的に全画面を入力します
他の人と共有されている画面を表示するときにズームウィンドウを自動的に最大化する:ズームクライアントのサイズを最大化しますが、フルスクリーンモードを開始しません。
他の人と共有されている画面を表示するときにズームウィンドウに合わせて拡大縮小する:共有ウィンドウをズームウィンドウのサイズに合わせて自動的に拡大縮小します。
すべてのアプリケーションのリモート制御を有効にします 。 リモート制御セッション中に他の参加者がすべてのアプリケーションをリモート制御できるようにします。
デスクトップ共有でズームウィンドウを共有する : 画面を共有するときに、他の参加者にズームクライアントを表示します 。 デフォルトでは、画面を共有するとZoomクライアントは非表示になります。
サイドバイサイドモード :共有画面と参加者のビデオを並べて表示します。 詳細をご覧ください 。
画面共有を__フレーム/秒に制限する:画面共有のフレームレートを制限します。
高度な機能の表示 :Zoom Webポータルを開いて、Zoomクライアントで使用できない設定を調整します。

ビデオ

ビデオフィードを表示し、カメラを変更します。

カメラ

カメラ :ズームで使用するカメラを選択します。
ビデオ比 : 16:9(ワイドスクリーン)またはオリジナル比 (通常4:3アスペクト比)を選択します。

私のビデオ

HDを有効にする:会議でHDビデオを使用します。
ミラー効果を有効にする :ビデオを水平方向に反転します。 このオプションは、カメラがデフォルトでビデオを反転する場合に便利です。
ハードウェアアクセラレーションを有効にする :コンピューターのハードウェアを使用して、ズームのパフォーマンスを向上させます。
外観を修正する:肌に柔らかくする効果を適用して、欠陥の可視性を最小限にします。 もっと詳しく知る。

ミーティング

ビデオに参加者の名前を常に表示する :ビデオにオーバーレイされた参加者の名前を表示します。
会議への参加時にビデオをオフにする :会議への参加時にビデオを自動的に無効にします。
非ビデオ参加者を非表示-ビデオが有効になっていない場合、参加者のサムネイルを非表示にします。 ビデオ以外の参加者のサムネイルには、名前が表示されます。
発言するときにビデオにスポットライトを当てる : 発言するときに、ビデオを自分の画面の主要な発言者として配置します。 詳細をご覧ください 。

オーディオ

マイクとスピーカーを設定し、テストし、音量を調整し、その他の設定を変更します。

スピーカー : テストスピーカーをクリックして、テストトーンを再生します。 ドロップダウンメニューをクリックして、ズームで使用するスピーカーを選択します。
マイク :[ マイクの テスト ]をクリックして、音声を録音して再生します。 ドロップダウンをクリックして、ズームで使用するマイクを選択します。
マイクの自動調整:必要に応じてマイクを自動的に弱くしたり大きくしたりして、音量を標準化し、他の参加者があなたの声を聞きやすくします。 オーディオのフェードインとフェードアウトに問題がある場合は、この設定をオフにすることをお勧めします。
別のオーディオデバイスを使用して着信音を再生する :Zoom会議に招待されたとき、またはZoom電話を受信したときに着信音を再生する別のデバイスを選択します。 このデバイスは、選択したスピーカーと同時に鳴ります。
会議への参加時にコンピューターによるオーディオへの自動参加:参加のプロンプトを表示する代わりに、コンピューターのオーディオで会議に自動的に参加します。
会議に参加するときは常にマイクをミュートします
サードパーティの音声を使用して会議に参加するときに音声の参加を促すメッセージを表示しない
ステレオを有効にする :ステレオオーディオをサポートするマイクがある場合、ステレオでオーディオを送信します。 続きを読む 。
会議でマイクの元のサウンドを使用するオプションを許可する :エコーキャンセルなど、マイクの品質を向上させるために設計されたズームの自動調整をオフにします。 これらの調整を適用するマイクがある場合、このオプションをオフにすることをお勧めします。
一時的に自分のミュートを解除するには、SPACEキーを押したままにします。会議でミュートになっている場合は、SPACEバーを押したままにしてミュートを解除できます。
ヘッドセットの同期ボタン :ミュート/ミュート機能をオーディオデバイスからZoomデスクトップクライアントに同期できます。 つまり、オーディオデバイスのボタンを使用してミュートまたはミュート解除すると、ズームクライアントはマイクがミュートまたはミュート解除されていることを示します。 サポートされているオーディオデバイスを使用している場合のみ、この設定を有効にしてください。

電話

Zoom Phoneライセンスをお持ちの場合、Zoom Phoneに関する情報を表示します。 詳細をご覧ください 。
チャット

Zoomチャット、チャンネル、およびメッセージ通知に関連する設定を調整します。

チャット設定

コードスニペットボタンを表示:チャットボックスにコードスニペットボタンを表示し、コードスニペットを送信できるようにします。 詳細をご覧ください 。
リンクプレビューを含める :メッセージにリンクが含まれる場合は常に、ページタイトル、プレビュー画像、説明を含むリンクプレビューを挿入します。
_分間アクティブでない場合、ステータスを[退席中]として表示する :指定した時間、コンピューターが非アクティブの場合、ステータスを[退席中]に変更します。
左側のバーのテーマ :チャットのサイドバーの色を変更します。
ブロックされたユーザー :[ ブロックされたユーザーの 管理 ]をクリックして、ブロックした連絡先を表示し、ブロックリストから削除します。

未読メッセージ

未読メッセージをすべて上部に表示する :未読メッセージを含むチャットをチャットリストの上部に保持します。
チャンネルの未読メッセージバッジを表示:各チャットの横にある未読メッセージの数を表示します。

プッシュ通知

次の通知を受信する場合に選択します。
すべてのメッセージ
プライベートメッセージとメンションのみ :プライベート1対1チャットおよび誰かが任意のチャンネル(グループチャット)で@(あなたの名前)を使用するたびに通知を表示します。
なし
通知を受け取る : 通知を受け取りたいキーワードを設定します。
例外あり :特定のチャンネルに上記で設定したものとは異なる通知設定が必要な場合は、例外を設定します。
__から__まで邪魔しないでください 。通知を受信したくない期間を設定します。
チャットメッセージを受信したときにサウンドを再生する
会議中または通話中に通知をミュートする

仮想背景

仮想背景を選択し、背後の背景(緑色の画面)の色を選択して、仮想背景画像をアップロードできます。 もっと詳しく知る。
録音

ローカル録画の場所を選択し、クラウドの録画スペースと使用中の容量を表示します。

ローカル録音

場所 :録画ファイルを保存するデフォルトの場所を選択します。
注 :デフォルトの場所をクラウド同期フォルダー(Dropbox、Googleドライブ、One Driveなど)、外部ドライブ、またはネットワークストレージデバイスに設定すると、ローカル録画の保存と変換で問題が発生する場合があります。 Zoomは、録画用にデフォルトの場所をローカルドライブに保持することを強くお勧めします。
会議の終了時に記録されたファイルの場所を選択する :記録された会議が終了すると、記録ファイルを保存する場所を尋ねるプロンプトが表示されます。 これが有効になっていない場合、録画ファイルはデフォルトの場所に保存されます。
発言する参加者ごとに個別のオーディオファイルを録音する :すべての参加者のオーディオを含む1つのオーディオファイルではなく、参加者ごとに個別のオーディオファイルを作成します。
サードパーティのビデオエディタ用に最適化 :記録ファイルがビデオ編集ソフトウェアと互換性があることを確認します。
記録にタイムスタンプを追加する :会議の記録中に日付と時刻を埋め込みます。
画面共有中にビデオを録画する :画面共有セッション中に参加者のビデオを録画し続けます。
録画内の共有画面の横にビデオを配置する :画面共有セッション中に録画する場合、参加者のビデオと共有画面を録画に並べて配置します。
ローカルレコーディングの詳細をご覧ください 。

クラウドレコーディング

[ クラウド記録の管理]をクリックして 、ズームWebポータルを開き、 クラウド記録の設定を調整します。
高度な機能

高度な機能の表示 :Zoom Webポータルを開いて、クライアントで利用できない設定を調整します。
プロフィールの編集 :Zoom Webポータルを開いて、プロフィール写真や名前などの個人情報を変更します。
サブスクリプションの変更 :Zoom Webポータルを開き、現在の有料プランとそれを変更するオプションを表示します。

統計

Zoomが現在使用しているCPUとメモリの量を示します。 会議中の場合は、待ち時間やジッターなどのデータが表示されるため、音声とビデオの品質を評価できます。
フィードバック

アイデア、リクエスト、一般的なコメントなど、フィードバックをZoomに送信します。
アクセシビリティ

クローズドキャプションのフォントサイズを変更し、ズームで使用できるキーボードショートカットを表示できます。

クローズドキャプションのフォントサイズ -スライダーをクリックしてドラッグし、クローズドキャプションを小さくまたは大きくします。
会議コントロールを常に表示する : 会議コントロールを常に表示します。 無効にすると、マウスポインターが数秒間非アクティブになると、会議コントロールが非表示になります。
キーボードショートカット :ズームで使用できるキーボードショートカットを表示します。
Windows

To access settings in the Zoom client:

Sign in to Zoom.
Click your profile picture then click Settings.

This will open the settings window, giving you access to the following options:


General

Change settings related to joining or starting a meeting.

Application

Start Zoom when I start Windows: Open and display the Zoom client when Windows starts.
Silently start Zoom when I start Windows: Open the Zoom client when Windows start, but keep it minimized in the taskbar.
When closed, minimize window to notification area instead of task bar: Keep Zoom open in the taskbar notifications area when you close Zoom.
Automatically copy Invitation URL to Clipboard after the meeting starts
Confirm with me when I leave a meeting: Display a prompt to confirm if you want to leave the meeting after clicking Leave Meeting.
Show my connected time: Display the total time you have been in the current meeting. Learn more.
Remind me __ minutes before my upcoming meetings: Display a notification at the specified time before your meetings start.

Content Sharing

Use dual monitors: Place screen share content and video on separate screens while in a meeting. Use Zoom to appear on both monitors. Learn more.
Enter full screen automatically when starting or joining a meeting
Enter full screen automatically when viewing a screen shared by others
Maximize Zoom window automatically when viewing screen shared by others: Maximize the size of the Zoom client, but does not enter full-screen mode.
Scale to fit my Zoom window when viewing screen shared by others: Automatically scale the shared screen to fit the size of the Zoom window.
Enable the remote control of all applications: Allow other participants to remotely control all applications during a remote control session.
Share Zoom windows in desktop sharing: Display the Zoom client to other participants when you share your screen. By default, the Zoom client is hidden when you share your screen.
Side-by-Side Mode: Display the shared screen and participants' video side by side. Learn more.
Limit your screen share to __ frames-per-second: Limit the frame rate of screen shares.
View Advanced Features: Open the Zoom web portal to adjust settings not available in the Zoom client.

Video

View your video feed and change your camera.

Camera

Camera: Select the camera you want Zoom to use.
Video ratio: Select 16:9 (Widescreen) or Original Ratio (usually a 4:3 aspect ratio).

My Video

Enable HD: Use HD video in your meetings.
Enable mirror effect: Horizontally flip your video. This option is useful if your camera flips your video by default.
Enable hardware acceleration: Use your computer's hardware to improve the performance of Zoom.
Touch up my appearance: Apply a softening effect to skin to minimize the visibility of imperfections. Learn more.

Meetings

Always Display participants name on their video: Display participant's name overlayed on their video.
Turn off my video when joining a meeting: Automatically disable your video when joining a meeting.
Hide Non-Video Participants - Hide participants' thumbnail if they don't have video enabled. Thumbnails for non-video participants display their name.
Spotlight my video when I speak: Place your video as the primary active speaker on your own screen when you speak. Learn more.

Audio

Set your microphone and speaker, test them, adjust their volume, and change other settings.

Speaker: Click Test Speaker to play a test tone. Click the drop-down menu to select the speaker you want Zoom to use.
Microphone: Click Test Mic to record audio and play it back. Click the drop-down to select the mic you want Zoom to use.
Automatically adjust microphone: Automatically make your microphone softer or louder as needed to normalize the volume and make it easier for other participants to hear you. If you are having issues with your audio fading in and out, you may want to turn this setting off.
Use separate audio device to play ringtone: Select a another device that will play the ringtone when you are invited to a Zoom meeting or receive a Zoom Phone call. This device will ring simultaneously with your selected speaker.
Automatically join audio by computer when joining a meeting: Automatically join meetings with computer audio, instead of displaying a prompt to join.
Always mute microphone when joining a meeting
Do not prompt joining audio when I join a meeting using 3rd party audio
Enable Stereo: Send audio in stereo if you have a mic that supports stereo audio. Read more.
Allow option for using original sound from microphone in a meeting: Turn off Zoom's automatic adjustments designed to improve microphone quality, such as echo cancellation. If you have a microphone that applies these adjustments, you may want to turn this option off.
Press and hold SPACE key to temporarily unmute yourself: If you are muted in a meeting, allows you to unmute by pressing and holding the SPACE bar.
Sync buttons on headset: Allows the mute/mute function to be synced from your audio device to the Zoom desktop client. In other words, if you mute or unmute using a button on your audio device, the Zoom client will show your mic is muted or unmuted. Only enable this setting if you using a supported audio device.

Phone

Displays information relating to Zoom Phone if you have a Zoom Phone license. Learn more.
Chat

Adjust settings related to Zoom chat, channel, and message notifications.

Chat Settings

Show Code Snippet button: Display the code snippet button on the chat box, allowing you to send code snippets. Learn more.
Include Link Preview: Insert a link preview with the page title, preview image, and description whenever your message contains a link.
Show my status as Away when I am inactive for _ minutes: Change your status to Away if your computer is inactive for the specified amount of minutes.
Left side bar theme: Change the color of the chat sidebar.
Blocked users: Click Manage blocked users to view contacts you have blocked and remove them from the blocked list.

Unread Messages

Keep all unread messages on top: Keep chats with unread messages to the top of your chats list.
Show unread message badge for channels: Display the number of unread messages beside each chat.

Push Notifications

Select if you want to receive notifications for:
All messages
Only private messages and mentions: Show notifications for private 1-on-1 chats and any time someone uses @(your name) in any channel (group chat).
Nothing
Receive notifications for: Set keywords you want to receive notifications for.
With exceptions for: Set exceptions if you want specific channels to have different notification settings than the one your set above.
Do not disturb from __ to __ : Set the time period when you do not want to receive notifications.
Play sound when I receive a chat message
Mute notifications while I am in a meeting or on a call

Virtual Background

You can select a virtual background, select the color of the background (green screen) behind you, and upload a virtual background image. Learn more.
Recording

Select the location for your local recordings and view how much cloud recording space you have and how much is in use.

Local Recording

Location: Choose the default location to save recording files.
Note: Setting the default location to a cloud syncing folder (such as Dropbox, Google Drive, or One Drive), an external drive, or network storage device may cause issues with saving and converting the local recording. Zoom strongly recommends keeping the default location on a local drive for recordings.
Choose a location for recorded files when meeting ends: When a recorded meeting ends, display a prompt asking where to save the recording files. If this is not enabled, recording files will be saved in the default location.
Record a separate audio file for each participant who speaks: Creates separate audio files for each participant, instead of one audio file with all participants' audio.
Optimize for 3rd party video editor: Ensure that the recording file is compatible with video editing software.
Add a timestamp to the recording: Embed the date and time while recording the meeting.
Record video during screen sharing: Continue to record participant's video during screen share sessions.
Place video next to the shared screen in the recording: When recording during a screen share sessions, place participants' video and shared screen side-by-side in the recording.
Learn more about local recording.

Cloud Recording

Click Manage my cloud recording to open the Zoom web portal and adjust settings for cloud recording.
Advanced Features

View Advanced Features: Open the Zoom web portal to adjust settings not available in the client.
Edit My Profile: Open the Zoom web portal to change personal information like you profile picture and name.
Change My Subscription: Open the Zoom web portal and display your current paid plan and options to change it.

Statistics

Shows how much CPU and memory Zoom is currently using. If you are in a meeting, it will show data like latency and jitter so you can evaluate your audio and video quality.
Feedback

Send Feedback to Zoom, including ideas, requests or general comments.
Accessibility

You can change the font size for closed caption and view keyboard shortcuts you can use with Zoom.

Closed Caption Font Size - Click and drag slider to make closed captions smaller or larger.
Always show meeting controls: Make the meeting controls visible at all times. If disabled, meeting controls will hide if your mouse pointer is inactive for a few seconds.
Keyboard Shortcuts: Displays keyboard shortcuts you can use with Zoom.

 
Where Am I?
comments powered by Disqus