[もくじ]を見るor閉じる

[悪魔を出し抜け!|ナポレオン・ヒル/田中孝顕|きこ書房]

衝撃の記録!?悪魔が明かす「世界の秘密」がヤバすぎる!!70年以上隠され続けた本の内容を徹底的に解説します!!

以下は概略を知るための、文字起こしサービスを無修正で出したものです。 いちいち音声ファイルを聞いている時間がない人のための補助です、あくまでも。

はい、どうもプラドブログの時間です。 アメリカの成功哲学の大好き者ナポレオンヒルが一族の反対に、より70年以上出版できなかった本悪魔を出し抜けの内容がヤバすぎる。 今回はナポレオンヒルが悪魔との対話で弾き出したこの世界の隠された仕組みについてお話して行きます。 はい、そうですね。 本日は人間と悪魔の対話をえがいた。 悪魔を出し抜けという本の解説動画でございます。 悪魔を出し抜けそう。 この本の著者であるナポレオンヒルと言えば、思考は現実化するという本がね。 めちゃくちゃ有名でね。 アメリカ合衆国における成功哲学の第一人者の一人だと言われてるんですよ。 えーすごそうな人。 そう、彼はね。 書き出しの雑誌記者時代にアメリカの鉄鋼をアンドリューカーネギーっていうね。 すんごい人と出会って、このカーネギーの依頼で成功の秘訣を体系化してくれと言われて着手することになったと言われてるんですよ。 そこからね。 フランクリンルーズベルトってね、アメリカの大統領とか。 ジョディロックフェラーといった500名以上の成功者を研究しまくって、成功者が成功するまでの法則っていうのを体系化した本をガンガン世に出して言ったのよわ。 すごいそうで、その本もめちゃくちゃヒットして。 その後、成功哲学をさらに広げるためにナポレオンヒル財団というのを設立して。 彼の著書は世界中で1億分以上も5月発行されることになるんですけども、実はその経歴にはね。 怪しいところも多いって言われてるんですよ。 怪しいところもそうなんとね。 このナポレオンヒルの原点ともいえるね。 数々の成功者の対談ってゆってたやんかこれ嘘やったんじゃないかとそう噂されてんのよマジそう、実際にね。 このfill博士が彼らにあって取材したという証拠はほとんど見つかってないとそう。 しかも成功哲学を唱えているにもかかわらず、授業で失敗したり、失意のどん底見たいな経験を何回もしてるわけですよ。 まあ、そのために這い上がってきたみたいですけども、まあいろいろ怪しいところがあるなと言われたりするナポレオンヒルですけども。 彼はそんな紆余曲折を経て、1938年にある本を完成させるんですよ。 その本はね。 ナポレオンヒル自身が自分でタイプライターを売って書いたんですけども、その現行は親族の意向によって、これ出したらアカンとで72年もの間隠され続けてきました。 ええそう。 Fill博士の一族はその本の内容を見て、これやばいとで世間からの反応を恐れたんですよそう。 しかし、ナポレオンヒルも亡くなって反対した。 家族も亡くなった数、10年後もだいぶ後ですよ。 2011年にねこの本は突然ナポレオンヒル財団によって出版されることになったと。 ええ10年くらい前に出されたのよもうめっちゃ眠ってたんこの本にはねナポレオンヒルがある方法を使って悪魔との対話に成功したという一文が示唆れていて、悪魔にねいろんな質問をして、この宇宙の真理と世界に隠された仕組みを聞き出すっていうええ、そういう内容になってるんですよ。 ドえらいな。 まあ、ちょっと考えられないよね。 悪魔と喋った事、彼の経歴的なことを考えても、ほんまに悪魔と会話できたんだみたいな感じもしますけれども、これがほんまやったらめちゃくちゃ面白いですよね。 ちょっと貴重な体験やな。 この入り口だけで言ったらめっちゃおもしろそうじゃない?確かにね、実際70年以上。 本が封印されてたっていうのはほんまやしね。 その内容も1938年に書かれたと思えないほど、今の現代社会に必要なことがドンピシャで書かれているんですよ。 まるでこのタイミングで公開される事が分かってたかのようなね。 そんな内容なのよ。 やばおもしろそうさてね。 Fill博士は悪魔から一体どのような情報を引き出したのでしょうか? はいよね、その内容に迫っていきたいと思います。 悪魔との対話悪魔との対話だね。 Fill博士と悪魔が対話できる状況から始まるのよで拾博士がね。 私は悪魔の考えを読み取ることのできる秘密の暗号を手に入れたってねこれからねこの悪魔に対して簡単な質問いくつかするので、それに対し。 明白かつ誠実に答えてくださいと悪魔よ、用意はいいですか?っていう。 そういうセリフから始まります。 で、この秘密の暗号っていうのは本の中でもされてないんですけども、どうやら昼博士をね幾度となく訪れたどん底の体験から得た気づき、そしてそこからの不思議な体験をへて悪魔と対話できるようになったみたい。 なんですよ。 でこのfill博士の発言に対して悪魔はね落としのことは陛下と呼べみたいな感じで高圧的に接してくるんですけども、fill博士はなんでお前は陛下と呼ばなあかんねんみたいな感じで、こうやって強気でやりゃうってね。 しかし、そんな開くに対して悪魔をいきなりねとんでもない情報ぶっこんでくるの悪魔の発言で。 もう私の支配罠。 すでに人類の98%に及んでるんだぞ。 すごいだろうと。 これはもう人類を支配する王と言っても過言じゃないよなと。 だから私の事は陛下と呼べそういうんですよ。 怖い怖いのよ悪魔やからね悪魔と会話してるわけだから。 この悪魔曰く、ほとんどの人類はすでに悪魔に支配されているよと言う。 そういうわけですよ。 なんちゅう話そー何をもって支配やっていうのがまだわからないんですけれどもね。 Fill博士はその悪魔の発言に対してひるむことも無くね。 じゃあその証拠はみたいな。 で、あなたの住んでる場所とか姿形を教えなさいみたいな。 でまあ淡々と質問して行くんですよ。 どうやらねfillしっていうのは悪魔にとってね。 何かしらの弱みを握っているみたいで、悪魔は言いたくないけど、こんな情報はね言いたくないけども言わざるを得ないっていうそういう状況みたい。 なんですよ。 あらまあ、表向きは悪魔も強がってるけど、質問には答えないといけないみたいな。 そんな感じなのよ。 意外となんか握ってんね。 でも悪魔はね。 そのfill博士の質問に対して呆れながらね。 これだから人間は困る。 私には姿形などないと言うわけですよ。 無いらしいだからね、悪魔はね。 私はね、そういう生物的なアレじゃなくて、エネルギー体なんやと。 ああ、そう私という存在は、あらゆる否定的なエネルギーからできていて、私を恐れるもの全ての意識の中に住んどるんやてなるほどね。 つまり、宇宙を構成するすべての原子の半分とあらゆる精神物質、エネルギーの半分を支配してるんだと。 おお答えるんですよ。 結構いってるね。 想像以上にすごい。 だから、もう宇宙の半分ぐらいのとんでもない存在が悪魔だと悪魔この世界すべての半分を支配していて、精神も物質も半分は悪魔のものだとさまじい力ですよね。 これ、こういう月内でね、あくまで。 衝撃発言はまだまだ続くんですよ。 悪魔は宇宙の半分を支配しているけども、もう半分は対抗勢力が支配してるとその対抗勢力はお前たち人間が神と呼んでいるものだと暴露するんですよね。 これでもfill博士もびっくりするわけですよね。 つまり。 悪魔と紙で宇宙を鈍しているということですか?とまあ、それはあなたの主張ってことですよね?みたいなラクマはね。 これは主張なのではないと事実とこの対話が終わる頃には、お前も私の言ってることがなぜ正しいのか理解するだろうと。 は決して私は人間がイメージするようなね。 二枚に言われたしたと尖った尻尾の化け物。 じゃないのだみたいなそう言うたらな否定的なエネルギーがあくまで肯定的なエネルギーが対抗勢力やまあ、すなわち神谷と私は世界中で不幸を引き起こしてるけども、そのことを誇りに思っており、なぜならあらゆる物事の否定的な面をコントロールするのが、私の仕事やからなとお前たち人間の思考も含めてな。 ねえ嫌なやつはセガストア最悪だなとな、それじゃあどうやって人間の意識をコントロールしてるんですか?って聞くわけですよ。 そうよ、そうリラックマは人間の意識を否定的な方向にコントロールしている。 これが仕事だというわけですよね。 私は人間の意識をコントロールするために。 たくさんのトリックや道具を使ってると、その中でも最もコントロールに適している道具が恐怖やわー。 確かね。 人間の意識に恐怖の種を植え付けると、やがてその他がね芽を出し、成長する。 そうやって恐怖が支配した空間余白を私がコントロールするんだと。 うわぁ。 さらにね。 恐怖のたれにもいろいろな種類があってだと、いい根気何?病気失恋おい、死の恐怖あたりが効果があるんやと、なるほどね。 特によく使うのが貧困とかしやな。 まあこんな感じでね。 悪魔ペラペラと秘密を暴露してくれるのよどうやらね悪魔二羽時間とか空間といった概念はなく、一つのエネルギーとして常に存在していると。 そして一番心地のいい場所は人間の意識の中だと言うわけですよ。 なるほどね。 悪魔はあらゆる階層の人間の意識を利用し、恐怖という最大の力と、もう一つ。 うんムチで知識がない無知という二番目に強い力を駆使して人間をコントロールしており、第一次世界大戦ゃ1929年の大恐慌を引き起こしたのは悪魔の力だと語っていますね。 まじか悪魔さらに言う訳よ。 私はね、ワシントンdcにいる友人の力を借りて。 アメリカを巻き込んだ大戦争起こそうとしてるんやとメモし、思いどうりに世界で大規模虐殺が始まれば、たくさんの人間を一気にマインドコントロールできるようになるぜとゆってるんですよ。 いやだね、これはつまりね、悪魔がもうすぐ第二次世界大戦を引き起こすよと宣言しているわけですけれども、この本自体は1938年からね。 第二次世界大戦が始まる前の年に完成してんねんだほぼ予言みたいなこと言ってんのよ。 もし1938年に発売したらそれはそれで。 だから伝説の本になってそうだけどねそう、そしてね、悪魔ある重大な情報を開かせに伝えます。 恐怖とムチでコントロールした人間っていうのは自分で考えずに。 流されるようになると、で流されるようになったら、もうこっちのもんやと、そいつはお前たち人間の言う地獄へまっしぐらだと悪魔は恐怖とかムチを利用して流される人間を作るというのが最大の仕事なんやとそう語るわけですよ。 なるほど。 悪魔のいうね流される人間の特徴っていうのはね。 自分の頭でほとんど、あるいは全く考えない周りの状況に影響を受けコントロールされても、それに抵抗しない自分で考えるのが、面倒やから悪魔が自分の意識を支配することをむしろ歓迎する人生に何が起ころうとも、それに甘んじ、反抗することはない。 人生に何を望めばいいかもわからず、ただぼんやりと日々を過ごすだけ。 こういう特徴を持った流される人間は、あれこれ口で意見は言うけども、どれも自分で考えたものではないと。 うんね。 そのほとんど私、悪魔が吹き込んだものやからなと。 彼らは精神的に怠け者やから簡単にコントロールができるのだよとね。 さらに悪魔いいわけですよ。 人間のコントロールってな役に立つ九このアイテムは恐怖だけじゃない名神金銭欲貪欲情欲恨み怒り。 虚栄心なまけい心だとねこのきゅうこの扉のうち一つあるいは複数開けることで、私はどんな人間の意識の中でも入り込むことができるわけよ。 そうして流される人間を作り流される人間にいつ付けることを習慣化させれば、私の仕事はほぼ完了よっていうわけよね。 悪魔の仕事はつまりね人間のもつねありとあらゆる恐怖と欲望などの好きに入り込んで意識をコントロールして自分の頭で考える流される人間を作ることだと恐ろしいですよね。 怖いね。 それにしても、98%がこんな悪魔に支配されてるって残り二パーの神様降りすぎへん多いな悪魔。 ね感じするんですけども、ここからね。 悪魔は、この本がなんで70年以上も封印されたのかっていうその理由の一つとも考えられる。 過激なことを語り始めるんですよ。 それでは流されるという習慣をつけるために、非常に有効なやり方を教えてやろう。 それはな、子供の親や学校の教師、宗教指導者たちに協力してもらうことだ。 ええ、小さい頃に刷り込んで行くのが非常に効果的だからな。 もっとfillよ。 こんなことを書いた本にできないよな。 しかし、これは事実なのだ。 親教師、宗教指導者、そしてオークの大人たちが自分の頭で考えないという悪魔の目標を知らず知らずのうちに手伝ってくれている。 うわあ。 しかし、そんなことをなお前が本にして大宅にしたら、公立学校ではもちろん金賞にされるほとんどの宗教指導者たちからブラックリストに入れられ、オークの親たちは子供の目の届かないところにその本を隠してしまうだろう。 お前は、この本を書いたという理由で、何100万人もの人間から恨まれることになるのだ。 それでもいいのかと。 うわーこんな事言い出すわけですよ。 確かに全否定みたいな感じまくまめちゃくちゃ言うやんかとまあ、さすがにこんな内容の本がまあ1938年に出せるとまあ思えないよねとアメリカとかね宗教指導者なんて、ものすごいある種ね。 軽減がある人だわけですよ。 すごいもんな。 そしてさらに悪魔を続けます。 私はね、いろいろこう、努力してんねんと、宗教、政治、結婚、その他重要な選択は何でも親の言うとうりやと子供に信じ込ませる年とそうするとな、その人間をとうして、次の世代を支配する事ができるかなと。 まあ、そうなるよね。 まあ、考えない人間を量産できるかなと。 はあ、考えてるんだろうと、なるほど。 とにかく自分の頭で考えさせたようにするっていうのがコツやねんと学校の生徒だってね。 自分の頭を使って考えるってことを教えないし、私にとってはありがたい場所なんやと宗教川奈、もう証明不可能な説を話し出すわけやろうと。 人間は混乱させてくれるし。 自分の頭で考える力を奪ってくれる。 しかも恐怖の中でも最悪レベルの地獄という概念を意識に植え付けてくれるかなと。 これも私にとっては最高なんやと。 それもいいんやそう。 そしてね。 親子関係もそうや言葉はほとんどの場合な産んで育ててくれた親に、対してありがとう。 何かしらお返しをする義務があると考えているが、実はそれは真逆なんや本間わね、親が子供に対して自分の持っている知識を全て与え、自立させるっていう。 そういう義務を持ってるんやと逆にね。 それなのにオークの親は子供を助ける形を取りながら。 反対に駄目にしている。 そういう親が大杉るのだと子供に干渉しすぎたり、手助けしすぎるというのは帰ってその子たちを流される週間に導く本当子供たちが自力で知識を得るように仕向けなければならないのだね。 それを聞いて博実なるほどってはくまもかなり巧妙にやってるんですねと。 法名にやってるけど、えーこと言うてるな、もう質問に答えてくれてるからまあこの会開かんずっと質問してるからあ、そうこいい答え引き出そうとして、なるほど。 あくまもしぶしぶゆってるってことを想像してね。 それではね、流される人間イコール永遠に悪魔の支配下ってことなんですか?と聞くわけですよ。 それは違う、確かに。 悪魔にとって流される人間を作るのは重要な仕事だ。 しかし、永久に悪魔の所有物にするのは結構難しいのだと、それこそあらゆる角度から揺さぶり続けなあかんねと、まずは健康面の破壊やな食べすぎたり、間違ったものを食べさせたりして消化不良を起こし、腸内を。 ろくまめにして行くね。 正しい思考奪っていくわけだと障害もぐちゃぐちゃな人間がプラス思考ができるわけないからなと。 腸の研究がその進んでない時代にこんなことやってるの?凄いね。 凄いね。 でも食に興味がない人もいるやんかと。 そういうやつには性欲に訴えかけるねんとね。 そうすれば大体失敗の道に転げ落ちてくれるかなと。 はい、はい、それと一緒については金銭欲じゃな。 溺れさせたんねんと、もっと言えば、虚栄心とか自惚れといった人間の弱さを刺激するを立てるという行為なんかも有効やみんながおだてられて調子のって自分をまあもう流される人間になっていくと。 はあ、目くばせのいろんな質問に、対して次々と秘密を暴露チェック悪魔そんな中でね。 悪魔世界をコントロールするために非常に効果的だという人類の先導術プロパガンダについて語り始めました。 悪魔いいわけですよプロパガンダは本当に効果的だぞ。 世界のニュースと。 プロパガンダをミックスさせると、それは学校の授業で教えられ、教会でお説教となり、映画のストーリーにも忍び込んで行く。 あれ、そうなると、あらゆる職場にも入り込み、経済を破壊する一大要因になるわけだ。 プロパガンダ広めてくれる私の協力者は世界中に散らばっているね。 流される人間どもだよそいつら。 が伝染病を流行らせたり、戦争を始めたり、経済がパニックに陥れるのも、このプロパガンダを使えば思うがままなの? うわぁ。 まさに今の時代でも言えることですよね。 これってさらに悪魔続きます。 ほとんどの人間たちは私の誘導によって否定的に考える習慣を持っているから、そこから否定的な行動とか態度を取り出して、他人との対立が生まれるわけ。 これも最近、いろんなところで見ますよね。 秒をミルで、その頃にはほとんど自分の思考。 働いていないとだめなら私に支配されているからな。 なるほどね、平賀さん、なるほど。 あの手この手を使って人間の意識に入り込んでコントロールしてるんですねとそうだよ。 人間の意識に入り込むときは、賄賂もまたしてるしな。 ええ賄賂そうだ性衝動金銭欲ギャンブル支配力酒麻薬タバコ虚栄心や自惚れを満たすもの永遠の命英雄になれるぜみたいなそういう感情を揺さぶり続けるんだ。 まだまだ色々あるんだよこの辺が私のお気に入りだなね。 金銭欲ならまず相手の前に。 札束をぶら下げて刺激するんだとね。 金を追い求めるように仕向ける。 そしてあと少しで求めていた金が手に入る直前で、そのお金を奪い取るのだから、まあそれを繰り返すと、その人間は貧困への恐怖でいっぱいになるから、その頃には自らの思考をやめて流される人間になっていると言うわけだよ。 確かにイメージは作な人は歌詞だね。 ああ、なるほどね。 あなたは人間のもつ自然な欲望を利用して賄賂を贈り、相手がその罠にかかると今度は流される習慣をつけて、まあ道に迷わせるわけですねと、もし仮に罠にかからなかったものが言っても、その意識の中に恐怖の種を植え付けたり。 何らかの不幸に引きずり込んで落ち込んでる。 好きに支配すると実に巧妙ですねとえげつないですわとそんな感じでね。 Fill博士に質問された悪魔はね。 どのようにして人類を操っているのか?その効果的な方法を全て話してくれるんですけども、ここからついにね、この悪魔の弱点を突くような。 あら詰問が始まるんですよぉぉ。 それは気になる人は言います。 それでは、あなたが最も恐れる人間とはどのような存在ですか?とまあ、二パーの人間よね。 そういうことやね。 それはもう決まってるやんけど、流されず自分で考えることができる人間や。 確かに、もうそのままだけど、はっきり言うと正しい思考は私にとって死を意味するねと私は正しく考える人間の思考に存在することはできない。 人間が恐怖で落胆、失望自滅の思考をしている間、問題ないけどもね勇気希望新人明確な目標といったね。 建設的な思考を始めると、まあ、その途端彼等は私のものではなくなってしまうんやとね。 貧困っていうのも流される。 人間の中やったら、もうどんだけ金を持ってても見つけることができると貧困という心はね。 でも、自分の欲するものを知っていて、それを獲得するために考えて行動している者には決して見つからない。 一軒ボロボロに見えても、その人間の中から菌根を発見できへんねんと。 うん、あ、なるほどね。 それではあくまで恐れる人間というのは流されず、自分の意思を持っていて、どんなときでも自分の頭で考えて行動する人間っていうそういうことですよねと宗谷と、それではね、流されない人間というのは生まれつき流される人間と比べて優秀ってことですか?と。 うん、それは違う。 俺も自分の頭を使って自分で考えるというのは、人間なら誰にでも等しく与えられた特権やねんと。 うん、うんはーそういう事なんですねと誰にでもチャンスはあるとえ、それではねこの流される人に何か言葉を送るなら、それは何ですか?とそうだな目覚めよ。 そして与えよだなみたいな与えると、つまりオークの人間に貢献することだ。 なるほど多い日々よ。 そんなこと悪魔に言わせんなよ。 死ねって言ってるようなもんな与えようですか?良いですねと。 それでは目覚めると、どういうことでしょうか。 目覚めると鼻、私の力を断ち切り、自分の頭で考えるようにすることだ。 強い意志の力があれば、私の力を断ち切ることは可能だが、一定期間、私の支配下いると、もはや私の支配から逃れることはできない。 はい。 はい。 蜘蛛の巣に掛かった蠅のようなものだなと。 のがけばもがくほど絡め取られる。 このクモの巣は、人間の科学ではまだ発見も解明もされていない大自然の法則なのだ。 はあ、そうなんですね。 それでその大自然の法則とはいったい何ですか?この法則の名前はhypnoticリズムという。 o原理は人間の使う催眠術と同じだ催眠術、頭に浮かぶあらゆる思考は日々の生活をとうしてな。 何回も意識の中で繰り返されるようになるよなとで、それをずっと繰り返して行くと、一定のリズムを作り出すんや思考でもな不安なことを何回も何回も考えると、5月terrorismでそれが繰り返されていく。 はい、はい、はい、これ宇宙の法則とも言えるんやと最初は週間から始まり、それを繰り返すと、一定のリズムをきざみだすリズムと言うのは習慣の最終段階。 なんだと、どんな思考も体の動きも何度も何度も繰り返されるうち、二週間の原理によって、最終的に、一定のリズムを形成する。 ええ。 そうなると、その習慣を壊すことはできないのだそう。 普通に巻き込まれるようなもので、一旦巻き込まれるとぐるぐると回転を始め、2°とそこから逃れることができない。 人間が思考する時に使うエネルギーも同じやねんと私は、このhypnoticリズムの仕組みをね、活用して、人間にいつも同じことを考えさせたりね。 同じ考え方をさせ続けるように仕向けとるんや、とっとは精神的なものであり、肉体的なもので、あれ、どんな週間でも永続的に固定したのでというそういう働きなのだと貧困を剃れば貧困が引き寄せられるし、戦争をすれば戦争が引き起こされる。 これこそが永久に変わることのない世界の仕組みなのだと。 私は、このヒプノティックリズムを使って流され続ける人間を作り出しているのだと、なるほどね、あくまでこう様なショート、つまりね、いろんなね。 恐怖無知と言った。 あらゆる手段を使って自分で考えることができない流される人間はまず生み出しますとでその流される思考を習慣化させていくんだと。 はい、はい、はいで、一定のリズムが作られるまで習慣化させるそうなってくると、それを永続的に固定しようとする働きが生まれると、これがヒプノティックリズムなんだと言うとるわけですよ。 なるほど。 そこに入ったらもう逃れられないクモノスで絡め取るように、人間を流され続ける人間にして行くということで、このリズムをきざみ始めた。 抜け出すことは困難見て何ですけども悪魔。 ここからペロッとねこの鉄壁のヒプノティックリズムの弱点について語り始めるんですわ。 それは撃退ヒプノティックリズム。 否定的な思考や行動を続けるから、一定のリズムができる。 逆に言うと、肯定的な思考や行動を続ければ。 肯定的なリズムができるんやとほーなるほど。 それではhypnoticリズムっていうのは使いかたによってはね。 人間の役に立つパターンもあると、そういうことですか?と目標を明確にしたい。 自制心思ったり、時間をうまく使うことが出来ればなと。 本当の知恵と鼻否定的な習慣から抜け出し。 自分の人生を肯定的な思考習慣で動かすことができる人間に、しかもたらされないようにできてるんやと、そうなんですねと。 それからいくら知識を蓄積しても、それだけは知恵にはならないんですかと当たり前だろうと。 もし知識イコールちゃというのであれば、なんで科学の推移を集めたものが破壊とか殺人の手段になったりすんねんと。 ああ、確かにね。 でも似たようなこと言ってたよね。 そうやね。 なるほどねと、それでは自分の人生を肯定的な思考習慣で動かす。 まあ、そのような、知恵を得るのはどうやってやればいいんですか?とね。 否定的なヒプノティックリズムに入った人間がどうやって智を得ればいいんですか?とそう聞くわけですよ。 平和に質問に対し。 悪魔はしぶしぶ答えます。 仕方ないから教えてやろう否定的なヒプノティックリズムから抜け出すことが出来るタイミングはなあるんだあるんだそれが失敗したときだ。 ええ逆にもしくわ逆境に立たされた時だのだあ、大ピンチみたいなそう。 本当はあまり言いたくないのだから、失敗は恵に転換するおーきなチャンスなのだ。 失敗した人間っていうのはその瞬間、スピードテックリズムの呪縛から解放されリセットされるで、そこからイチからやり直すことができるようになるんだと、じゃあ、失敗すればその否定的な大人。 クイズから抜け出せると言うことですかとそれは違う。 それはみんながみんなそうとは限らんのやと、あくまで失敗や逆境の中にそのチャンスがあると言うことに気づかないが、あるということにすぎないんだと自分が気づかなあかんねんとその失敗、逆境から見出していかなあかんとチャンスを。 はい、はい。 はいえ、どんな失敗でもその人間がそれを永久のものだと思ったら、是非プリズムの法則に、よりそれが永久になっちゃうから、どんな失敗と逆境にも必ずそれに見合うだけの成功の種が含まれるのは間違いないから、そこを見つけると、なるほどの失敗によってな。 土壇場まで追い詰められた人間っていうのは恐怖で満たされるか。 もしくは恐怖心払拭して別の方向に進みだすことができるっていうチャンスなんやとそう、まあ、これまでやってたやり方、考え方が違うかったんかってことに気づくチャンスや。 とでその時にあじゃあおれはまた新しいやり方をして、いかなあかんな考えなあかんな自分の違い間違いを認めて、新しく生き方を考え直さなあかんな。 っていう、そういうチャンスが失敗とか逆境にこそあるんやと、はぁそうね。 これまで歩いた道が行き止まりのであれば、別の道行くしかないでしょう。 それが、新たなリズムを作り出すと言うことになるんだと確かにそう考えると、まじで失敗した時にちゃんと自分の道を見つけて、改めて帰ってそれを肯定的に回していくみたいな。 ここからまあ、その失敗も失敗の中からまあこれが原因か俺に原因があったよしみたいなそう。 世界や経済の中でも同じやからなとれ、失敗は国単位ともなると、これまで人間が持ってた古い習慣はすべて破壊され至るところに、新たなチャンスがもたらされる。 そういうふうにできてんねんと。 おうねひろたっくリズムと調和した関係を作りたいとそう。 望むのであれば、逆境や失敗から学び、まずは自分の習慣を変えることが先決だと、とにか**こに集中するのだ。 はあ、fillはですねええと言うことは、つまり自分のそれまでの思考とか行いが今の自分を決めてると。 いうことですかと言うことはうんっていうのは現実に存在しないんですか?うん、なんかあるわけないやろうと万が一にも存在してへんはみたいなね。 人間が自分たちの理解できない状況うんと呼んでいるだけやと現実の裏にあるのは常に原因なのだとね。 実際には原因と結果があまりにもかけ離れているように感じるから。 うんが働いているといわなければ、説明のつかないことが多いだけやとうんも奇跡も双子みたいなもんだなと。 どちらも理解できない事象を説明するために、人間が使ってるだけの言葉だと言う。 とくけどなと実際に起こることには必ずしも原因があるからだと、なるほどね。 これも網と一緒ですよね。 編みもうんって何?みたいな。 今度行って発展かね?すべてが必然だみたいなね。 同じこと言ってるよね。 そういうことですねとわかりました。 それにしても、あなたはなぜ対抗勢力?すなわち全能の神を完全に支配しないのですか?と聞くわけよ。 ザクまね我々花プラスの電子とマイナスの電子のようなもんやねんと。 電子が存在するには、マイナスとプラスのバランス。 神戸れたらあかんかなと。 いや、我々はにらみ合いの状態やねんと、もしこのバランスが少しでも崩れたら、宇宙崩壊するレベルやからな。 ははあね。 まあ、もしそれが本当ならねとあなたはもう全能の神に匹敵する力を持っているということですか?と妄想ね。 もうファンファンやからな、そうやでと言うとるかなと善と悪は同時に存在しており、どちらも同じように重要なものなのかと。 そういうことなんですね。 えじゃあ成功するか不幸になるか良い人生、悪い人生、どちらに転ぶかとか、もう運命で全部決まってるんですか?と聞いたら、全く違うと、まったく人間は自分の思考と行動において、絶大なる選択の自由思ってんねんと。 まあ簡単に言ったらな。 神と悪魔はもうプラスとマイナス。 帰られへん?永久に帰られへん?プラス、若宮とすればマイナスを悪魔こっから動かれへんねんと、もう宇宙壊れるゆってた。 でも、人間だけはどちらにもいけんねん。 その選択の自由思ってんねんとプラスの思考を受け取ることもマイナス思考受け取ることもどっちでも同島に行うことができるこの特権に。 人間は気づいてないんやとあらまあ、人間たちは自分のことを、小さな虫ケラと思ってるけど、実際にはほかの生き物が束になっても敵わない。 とてつもない強い力を持ってるんだぞと言やええ、ついに宇宙の法則を語りだした悪魔ですよね。 人間の意識が持つとんでもない可能性と善と悪っていうのは、どちらも同時に存在し、同じように。 重要だと言うわけですよ面白いそう、つまり、この世界にとってこの灰汁という存在が必要やと実はね、だいぶ前にこのチャンネルとも話したことがあるんですけれどもね。 マヤ文明ですよ。 マヤ文明にワポルプフという神話があってね。 この神話には最高神であり、宇宙の一そのものと言えるねクラ神戸。 神様が出てくるんですよね。 この最高神クラッカーの願いビジョンっていうのが調和なんですよ。 調和の世界を目指すでこの最高神フラガ世界を創造した時、すでにっていう概念エネルギーが宇宙に存在したと。 で、このカビルは世界を維持するのにとても重要なエネルギーで。 陰とようみたいな二つの相反するエネルギーでできていると、つまり善と悪みたいなもので、調和を目指すにはね、全だけやったらあかんねんってエゴみたいな。 全く反対のエネルギーが必要で、これがこの二つが引っ張り合って成長して行くという。 そういう考えがカバーオイルなんですよ。 ただ。 マヤ文明はその片方だけのねエネルギーが強くなりすぎちゃったから滅びてしまったわけですけれども、この悪魔を出し抜けの悪魔と神様という構図も前のカバーいるという思想にまあ通ずるところもありそうですよねとね。 一見なんで悪がいるの?って感じやけど、悪魔を滅ぼすたらいいわけでもないと、この二つのエネルギーのせめぎ合いで。 宇宙なのか精神7日意識が成長して行くっていうね。 そういう世界観みたいですよね。 この本でもマヤ文明のカビルでもね。 まあこんな感じがね。 こう悪魔を出し抜けはこう。 どんどん展開されていくわけですけどもね。 なかなかこいい話してるね。 なんかこれまあ70年以上出さなかった。 でも不思議だし、なんか納得できる部分もあるし、なんかあまりにもこの今の世界に通ずる話がオーク内科と分かるもんなねえもしね否定的なヒプノティックリズムが、いまだにこの世界の98パーを占めているんだとしたらね、そこから抜け出すチャンスっていうのはもうないわけですよ。 絡め取られている。 そうやね。 そっかリセットするには国単位の失敗とか日本なくなるかもしれんみたいなとんでもない逆境の中にこそ隠されているかもしれないっていうね。 そうやね。 一回まあぶっ壊れて、そこからここがちゃうかったよね。 こっち行こうぜみたいなしなあかん世界全体がそっちに行って持ってたらそんくらいの破壊が必要やと。 その破壊が起こったときにこそチャンスがあるよと言うね面白い。 まあ、なんかそういう教訓みたいなものを延々とね書かれてるし、ナポレオンヒルがまあ、実際の悪魔と話したんか分からんけど、ナポレオンヒルはもうこれは絶対に家族から反対されても伝えなあかんと思った本であることは間違いないわけですからね。 実際、この本自体は、まあナポレオンヒルってどない?なん斗嘘ついてんちゃうの?とか文章の中でまあロックフェラー。 財閥に忖度してるっぽい文章があったりとか、うんってなる部分もあるんですけども、内容自体はめちゃくちゃ面白かったですね。 なんかめちゃくちゃためになるというか、そうね。 あくまでひたすらためになること言ってくれるっていう。 自分死んでもえーでいうぐらいゆってもてる私を殺す気かみたいに言ったりするんだけど、全部答えてくれん?本日は結構分厚い本なんでまあまだまだいろんな話が展開されているのでね。 ぜひね手にとって読んでみてください。 はいということで、本日はここまででございます。 ぜひ皆さんの感想ねコメントでお聞かせください。 そして面白かったらグッドボタンとチャンネル登録よろしくおねがいします。 概要欄に僕のsnもあるので、ぜひチェックしてみてください。 はい。 また、チェック先行で僕たちのニュースを配信しているtlandブログ公式ラインも概要欄から登録できますので、ぜひチェックしてみてください。 お願いしますということで、本日は、この辺でございます。 はい。 またね、バイバイ。 ほんまやばい。