新月に願い事をすると叶う

新月に願い事をすると叶うのですけれども、それは「形ある世界」へ自分を縛り付けるような願い事ではなく、まぁ、あとはわかるでしょう。

新月を1つの機会として、「新しい自分」に生まれ変われるように、お願いをしましょう。 みんな、このときのために、この地球に転生してきたらしいです。

新月に願い事をすると叶う - Google 検索

[6月14日の新月]と[7月13日の新月]が大きな転換点になる

気づいた人から、新しい人生設計をする時期に来ているようです。

そうである場合、「旧体制に合わせて描いていた人生設計」は、破棄することになるでしょう。

「大学へ進学して、役所や大企業に勤めて」などという流れから離脱して、自分の生き方をし始める人たちがどんどん増えていくと思います。

私自身も、「受験を前提とした勉強法のサイト」について、オワコン感を感じ始めています。

すでに私の関心は、受験に関わりのない勉強コンテンツづくりなどに移ってしまっています。

Peaceful CuisineのRyoyaさんが京都に引っ越しなさったようです。 氏のYouTubeの動画に、引っ越し先が登場します。

私は平安遷都(つまり天皇はんが京都へ帰らはること)が数年以内に起こると思っていますので、「ああ、なるほど」と思いました。

2011年の3.11以降、ずっと東京は終了したと感じております。

東京五輪とお台場カジノ計画は、どこかで中断されるか、実行されたとしても不発に終わる感じを得ています。

世界中のアスリートを、放射能まみれの東京周辺に招くなどというのは、人間として気が進まぬことです。

菜食でココロとカラダ整える、菜食王子Ryoyaさんの素顔に迫る | オルタナS

Ryoya Takashimaさん(@ryoya_takashima) • Instagram写真と動画

Peaceful Cuisine - YouTube - YouTube

Ryoya Takashima - YouTube - YouTube

About Me – Peaceful Cuisine

Peaceful Cuisine - ウェブサイト - 写真90件 | Facebook

新月のエネルギー(6月14日)Super New Moon

2018年06月12日
新月のエネルギー(6月14日)Super New Moon
6月の新月は、
月の楕円軌道における
地球への最接近が重なることによって、
地球から見た月が満月なら最大に見えるので、
‘Super New Moon’と呼ばれています。
最接近していることから新月なので見えなくても、
月がもたらす私たちへのインパクトはかなり大きいです。
明日あたりから感じられるでしょう。
5月末頃から全般的にエネルギーが強くなってきています。
現在もすごい勢いで地球に降り注いでいます。
「これがアセンションなんだ」と実感されておられる
方々も多いかもしれませんね。
目覚める感覚が日増しに強くなってきています。
まるで昨日までが、夢を見ていたかのように
感じられるかもしれません。
このような新鮮な感覚とともに、
新しい自己が確立されていくのですが、
新月を境に13日、14日、15日の3日間は、
古いパターンもチラチラと顔を出しますので、
怖れや自己防衛から、批判的になったり、
攻撃的にならないように気をつけてください。
現在私たちを取り巻いているエネルギーは、
とても柔軟性があるので、ほんの少し前までは
古いパターンに支配されているように感じていたとしても、
次の瞬間には掌を返したように
完全にポジティブな流れに切り替えることが可能です。
先ほどまで泣いていた子供がもう笑っているみたいな感じです。
それでいいのです! 理屈はいりません。
光が強くなると影も濃くなるので、
極端な反面が交互しやすくなっています。
意識レベルを上げることで、
いつでも予想以上の可能性の扉を開くことができます。
これが今のエネルギーの素晴らしさです。
まさに癒しと赦しのためのエネルギーが訪れています。
高次元へのポータルが、数多く開いているからです。
ですから、
ネガティブな影響を受けないようにすることと、
もし受けたとしても、
意識的に直ちに軌道修正するように心がけてください。
執着心もこの強いエネルギーの流れによって、
流されてしまいますので何事に対しても
自分の意見を主張し続けたりすることがないように。
さらには、こだわりをどんどん外していってください。
このような実践の繰り返しによって、
価値観のシフトが起き、
揺らぎのないパワフルな自己が確立されていきます。
この新月のエネルギーは、
とても遠い記憶を蘇らせてくれるでしょう。
おそらく、あなたの魂の起源に関係するような
古い記憶かもしれません。
まったく今の自分と関係づけられないような
新情報として受け止めることができるでしょう。
自らの魂の遠い昔の豊かな経験を
垣間見ることができるかもしれません。
と同時に、自分でも気づいていなかった
感情体の深い部分に安らぎが与えられるでしょう。
いずれにしてもこの新月のエネルギーは、
今まで味わったことのないような、
ちょっと不思議な気分を届けてくれることでしょう。
楽しみにしてください!
新月が去ったあとは、
今となって人生に確実なシフトが起きたことと、
さらには、
アウェアーネスが以前よりもぐんと増したことを
実感できるでしょう!
今あなたに起きている変化を
ぜひ身近な人たちと分かち合ってください。
微妙なレベルのことを、
うまく表現できるようになるような
コミュニケーションスキルをぜひ養ってください。
それが自分にとっても、周囲の人々にとっても、
さらには、異次元コンタクトにも
とても大事なことだからです。

引用元: 愛知ソニア の 連載「イナンナが語る ニビル星人アヌ一族の物語」

タイムラインの働き〜6月14日と7月13日の配列 ~ PFC-JAPAN OFFICIAL

タイムラインの働き〜6月14日と7月13日の配列
By PFC-JAPAN 6月 07, 2018 No comments
2018年6月7日
タイムラインの働き〜6月14日と7月13日の配列
Timeline Work - June 14 and July 13 Alignments
http://recreatingbalance1.blogspot.com/2018/06/timeline-work-june-14-and-july-13.html
先日、以下の記事に記したように、地球の時の流れは良い目的にも悪い目的にも使用できます。
http://recreatingbalance1.blogspot.com/2018/02/natural-cycles-of-goddess-and-god.html
闇は連鎖や限界をもたらす目的で時を使用しますが、光は進化によりソースに帰還し一体化するまで両極間で躍動するサイクルを提供するという真の目的のために、時を用います。退行(involution)はソースの吐息であり両極の分離です。進化(evolution)は両極をワンネスでありソース自身に再度吸収するソースの吸気です。時はこの過程全体の流れです。
私たちが生活する中で、日によってもたらされるエネルギーは様々です。闇は、社会と一般の暦を操作してこのようなエネルギーの流れから私たちを分断してきました。その根本的な理由は、ある日のエネルギーは、ある程度は私たちの自由意志で目的に応じて自由に色づけることができるからです。例えば、ある日のエネルギーがハンマーのように感じられるかもしれませんが、これを破壊に使うか建設的に使うかは私たち次第なのです。
ですから、マトリックスが存在するために、天文学的なエネルギーや歴史的タイムラインのエネルギーフィールドは無視されて、一般大衆は自然のサイクルに基づくエネルギーの方向付けを行っていません。
一方で、闇は自分たちのシステムを不動のものにするために、重要な日にはきっちりと儀式をおこなっています。ライトワーカーは、時の流れ、重要な占星術的配列、地球の自然のサイクル(ケルト暦の8つの最重要時点)、集合意識への強力なエネルギーフィールドを提供する重要な日(例えば13日の金曜日、5月25日、6月5、6日など)をもっと意識して、このようなエネルギーをポジティブで建設的な目的に使う必要があります。そうすることで、地球解放のタイムラインが改善し迅速なものとなります。高次元だけでなくて自分たちの時空連続体における変化のためには、エネルギーワークを自分たちの時空連続体に定着させて一致させなければなりません。
まもなく2つの強力な星の配列があります。6月14日と7月13日です。
6月14日は新月です。これは、地球から見ると、太陽と月が同じ位置にあるということです。新月は新しいことを始めたり、目的を設定したり、高次の理想やワンネス(太陽と月がコンジャンクション(合)であるので、太陽と月が一なるものである)からもたらされる可能性と繋がる絶好の機会です。特に6月14日の新月では、太陽と月は地球からみるとANスターゲート(オリオンベルトの中央の星)ともコンジャンクション(合)になり、これは全ての極が一なるものに融合し、二元性と闇が変容し、ワンネスの現実に統合され、回帰することを表します。これは大天使メタトロン、AN転換、ANの白い火の主要なアンカーであり、スターシードが三次元、四次元宇宙を出入りする主要な玄関口です。
http://recreatingbalance1.blogspot.com/2016/05/an-conversion.html
つまり、この日は二元性の終結とワンネス回帰の意を決し、メタトロンやANの白い火と繋がって自分たちの人格を変容させ、魂のコードを自分のエネルギーフィールドに再活性化させるのに最高の日となります。
7月13日も新月ですが、この時は太陽と月が地球からみると、シリウスとコンジャンクション(合)となります。シリウスはセントラルサンからのエネルギーを私たちの太陽系へ送る主要な送信機であると同時に、光の勢力やアセンデッドマスターの主要なアンカーの一つです。また、この日は13日の金曜日でもありますが、元々は女神エネルギーの日(金曜日はビーナスの日で、13は月のサイクルで、ワンネスは13のレイからなる)であり、テンプル騎士団と強く関係しています。というのも、テンプル騎士団は当初、すべての13日の金曜日に女神を祝福していたからです。テンプル騎士団は元々は光で、女神と神の神殿(temple)の守護者であり、(カタリ派のように)マグダラのマリアがソロモン神殿にイシスの秘儀(と金)を探す手がかりを残してくれたことに感謝するようになりました。
ですからこの日は、銀河の回帰の意図を表明して固定し、女神の愛や聖なるバランス、それにセントラルサンからシリウスの経由で送られる和合の波動との繋がりとなり強力な日となります。シリウスはまた、喜びのエネルギーやイルカやクジラとのつながりを固定してくれます。
地球にやってきた我々の使命である光の架け橋となって、地球解放というソースの計画に基づく最善のタイムラインを、私たちのエネルギーフィールドを介して地球のグリッドに定着させましょう。
光の勝利
翻訳:エル

引用元: タイムラインの働き〜6月14日と7月13日の配列 ~ PFC-JAPAN OFFICIAL

 
comments powered by Disqus