センサーサイズ

業務用ビデオカメラのセンサーサイズが小さい背景がわかってきました。

結局、「ズーム倍率の可変域を大きく広げたい」「ピントがとても外れにくい(パンフォーカスの)動画用カメラを実現したい」というところから、業務用ビデオカメラが生まれているようです。

※パンフォーカス:「被写界深度が分厚い状態」=「手前から奥までピントが合っている状態」

「シネマカメラ」や「高度なビデオカメラ」では、被写体にフォーカスを合わせたら、ズームを変化させても、合焦したままなのだそうです。 どういう仕組みなのか、まだ私は学習できていません。

●「ズーム倍率の増大+パンフォーカス実現のため『豆粒のように小さなイメージセンサー』を使う」
●「豆粒のように小さなイメージセンサー」=「豆粒センサー」とは1型を下回るイメージセンサーのこと。
●「パンフォーカス実現のため、最初から絞った状態になっているため映像が暗くなるので、口径の大きい明るいレンズが使われている」
●「パンフォーカス実現のため、デフォルトの状態でかなり絞った(F値が上がった)状態になっており、F値(アイリス)は基本的にはいじらず、明るさはゲイン(ISO感度)とNDフィルター(屋外撮影時)で調節する
●「F値(アイリス)は基本的にはいじらない」というのは、「F値(アイリス)を変化させると、明るさも変わるけれども、同時に被写界深度の厚みが変わる」ため、「F値を下げることで被写界深度を薄くして背景をぼかす」「F値を上げることで被写界深度を厚くしてパンフォーカス気味にする」など、画作りが変化してしまうため。
※そもそもビデオカメラでのF値(アイリス)の可変域は、スチルカメラよりかなり狭い。
●業務用ビデオカメラでの撮影の多くは、パンフォーカスが基本となるので、F値(アイリス)をいじって下手に背景ボケを入れないほうがいい。
●だから業務用ビデオカメラでの明るさ調整は、極端なことをいえば、シャッタースピードは原則として固定、F値(アイリス)も原則として固定、「(太陽光などが光源の場合)大まかにNDフィルター」で「細かにゲイン」という2つを中心に制御する。

豆粒センサーなので解像感が不足しているのが、業務用ビデオカメラの「ありがちなパターン」です。

「パンフォーカス用の豆粒センサー型の業務用ビデオカメラ」と「APS-Cサイズ(スーパー35mm)~フルサイズのラージセンサービデオカメラ」とは、設計思想が違う。

私たちがシネマ用にして使えるのは「APS-Cサイズ(スーパー35mm)~フルサイズのラージセンサービデオカメラ」。

※「パンフォーカス用の豆粒センサー型の業務用ビデオカメラ」はシネマ用にぜったい向かないということです。

しかし、そのラージセンサービデオカメラが高くて買えないから、一眼カメラで動画を撮る。 この位置づけを知っておく。

シネマ用レンズは、フォーカスブリージング(ピント合わせで画角が変わってしまう現象)などを抑えたレンズで、個人では買えないぐらい高額です。

シネマ用レンズを使わずに、きれいな映像を撮るためには、スチル用のレンズでも、高級なレンズを使う必要があります。

シネマ用レンズは、センサーサイズが小さい割に大口径のレンズを使っています。

スチル用レンズは、センサーサイズが大きい割に小口径で、暗いレンズです。

スチル用レンズで、明るいレンズ(しかもズーム付き)となると、高額なレンズになります。 いわゆる大三元レンズ(F2.8通しの広角・標準・望遠のズームレンズ3点セット)などが好ましいでしょう。

センサーサイズ 1型未満 1型 マイクロフォーサーズ APS-Cサイズ フルサイズ 中判
暗所性能 きわめて残念 残念 まあまあ よいほう よい
EOS 6D / 6D Mark II
は天体写真用として人気
とてもよい
ビデオ向き/写真向き ビデオ向き ビデオ向き ビデオ向き/写真向き ビデオ向き/写真向き 写真向き 写真向き
レンズ重量 レンズ一体型がふつう レンズ一体型がふつう ちょうどよい やや重 激重 超絶重
価格 安い 安め 手頃 やや高額 高額 超高額
購入適性 1型未満のビデオカメラは買わないほうがいい 動画用カメラとしてちょうどいいレンジ 動画用カメラとして
やや重たい
考慮しない

キャッシュバック規定

写真を変えよう!キャンペーン | 一眼カメラ Gシリーズ | デジタルカメラ LUMIX(ルミックス) | Panasonic

ボディ購入がキャッシュバックの必須条件|ただしキャッシュバックのボディはH.265でエンコードできない旧式

4K-30pでも、4K-60pでも、H.264でエンコードするより、H.265でエンコードしたほうが、ファイルサイズが半分になる。

H.264でエンコードすると100のファイルサイズが、H.265でエンコードすると50のファイルサイズになる。

2018年に入ってから出したGH5SやG9が、H.265でエンコードできないというのは、設計者の意識の遅れだと思う。 NVIDIAのグラボなら、かなり昔のモデルから、しかも下位モデルまで、H.265エンコーダ(ハードウェアエンコーダ)が付いている。

未発表の「GH6・GH6S」ではH.265エンコーダーを搭載するはずだから、いま「GH5・GH5S」を買っても、残念な感じだということは知っておく必要がある。 「GH5・GH5S」に映像外部レコーダーを取り付けて、そのエンコーダーを使う場合は、「GH5・GH5S」を買っても大きな損はないと思う。


キャッシュバックを受けるためには、ボディを1台買う必要があり、レンズも買うとキャッシュバックが加算される。

レンズのキャッシュバックは3本まで。

家族の名前で応募してもよいので、サブ用も含めてボディ2台を買って、レンズを各3本ずつ買って、自分と家族の名前で応募することもできる(電話で確認した)。

レンズキットは「ボディとしてカウント」する|キットレンズは「レンズ購入」とは見なされずキャッシュバックの対象外

「ボディのみ+別売レンズでキャッシュバックを受ける」か 「レンズキットでキャッシュバックを受ける」か 損得があると思うので、検討する。

なにもボディとレンズを一括して購入する必要はない

購入するショップがバラバラでも、キャンペーン期間内に買った証拠があればよい。

カメラボディについて

動画用LUMIXということになると、G8、GH5、GH5Sを狙うことになるだろう。

GH5Sは高いので検討の対象外とする。 H.265が搭載されたGH5Sの後継機なら、二十万円以上支出してもよいけれども、現行のGH5S(H.265非搭載)は、その価値なし。 GH5Sが16万円ぐらいになったら、購入を検討してもよい。

G8も、GH5も、GH5Sも、動画AFにかんして、AF-Cを使うべきではない。 ちょっと演者が動くだけで、敏感にAFが反応して、背景が縮小・拡大を小刻みに繰り返す(ワブリング)。

だからG8も、GH5も、GH5Sも、有線のレリーズを購入して、シャッター半押しでフォーカスを会わせて、そこでフォーカスを固定して動画撮影を開始し、動画撮影中はAFを動かぬようにしておく。 これが「正解」。

G8、GH5の動画AFは残念だけれども、じつは有線のレリーズでのシャッター半押しでフォーカス固定なら、実際の運用上、どれだけ動画AFが残念でも、実害はない。

Panasonicの一眼カメラの動画AFは、このワブリングを、少なくともDMC-GH4の時代から起こし続けている。

SONYが採用しているファストハイブリッドAFが爆速かつ正確であることは、2013年頃に流行したNEX-5Rの時代から知られている。 特許の問題か何かはわからないけれども、PanasonicはファストハイブリッドAFに匹敵する動画AFを、なかなか開発できないでいる。

現在の状況としては、後発のGH5SのAFが「まともなAF」であるのに対して、GH5のAFは「残念なAF」でありファームアップでかなり手直しをしている最中であるようだ。 こういうことやってるからSONYに負けるんだよ、Panasonicは。 GH5S並みのAFを積んだGH5の後継機をサクッと出さないあたりに、経営者の決断力のなさを感じる。

軽さと機動性を求めるならG8。

本格運用を考えるならGH5。

Panasonic 「LUMIX DMC-G8」や「LUMIX DMC-G7シリーズ」のバッテリーは、Leica Qと共通で、SIGMAから純正品と変わらぬクォリティの充電池が出ている。 互換バッテリーとして、「高性能でありながら、きわめて安価」なので、G8を運用していくのによい。


G8はプラスチッキーなボディで軽い。 手ブレ補正がとてもよくきく。 電池が小型なので、動画撮影には予備電池がいくつも必要。

GH5は高級感があるボディだけれども大きくて重たい。 手ブレ補正がとてもよくきく。 電池は大容量だけれども、動画撮影をすると、短時間でなくなる。

旅行に携行するなど、アクティブな使い方を考えている場合、G8のほうがいい。

なお、G8の後継機はG9という「動画機能を劣化させた残念モデル」になってしまった。

G9が写真用モデルだとて、動画機能をあそこまで劣化させてしまったのは失敗だよ。

G9は廃止するのがよい。 動画をわざと撮れなくしてあるクソカメラに、誰がお金を払うか!

GH6からは、GH6(標準解像度モデル)、GH6S(低解像度|暗所耐性強化モデル)、GH6R(高解像度モデル)というように、SONYを徹底的にベンチマークするのがよい。

GH6R(高解像度モデル)は、レンズマウントはマイクロフォーサーズだけれども、イメージセンサーはAPS-Cサイズ(スーパー35mm)。 つまりGY-LS300CH〔JVC〕と同じやり方にする。 結局、イメージセンサーを前後に動かすことができるようにするわけよ。

そのぐらい無茶なことをやらないと、SONYには勝てないぜ、Panasonicさん。

Panasonicさんよ、レンズマウントがマイクロフォーサーズだとて、マイクロフォーサーズのイメージセンサーを使う義理はないんだよ。 頭をやわらかくして、弱者なら弱者なりのとんがったことやろうぜ!

そうすると、CanonだのNikonだのSIGMAだの、フルサイズやAPS-Cサイズに対応したレンズを、Speed Booster〔Metabones〕を介して、マイクロフォーサーズのレンズマウントに取り付けるようなこともできる。 そういう変態的な使い方をしたい映像マニアもいるんだよ。

要は、レンズマウントというハードウェアにとらわれる必要はないのだということだ。

キャッシュバック対象となるレンズ

★や☆は検討してもいいと私自身が思っているレンズ。 ☆はホコリが入りやすいらしい。

レンズ内手ブレ補正 | レンズ名称 | レンズ型番 | キャッシュバック率 | 価格コム最低価格(2018-11-21) | キャッシュバック額 | Panasonic個別ページ | 価格コムページ


★なし | LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm / F2.8-4.0 ASPH. | H-E08018 | 14.4230769230769 | 104000 | 15000 | https://panasonic.jp/dc/lens/products/leica_dg_vario_elmarit_8-18.html  | 価格.com - パナソニック LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm/F2.8-4.0 ASPH. H-E08018 価格比較

★Dual I.S.2 | LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. | H-ES12060 | 12.0425342309036 | 83039 | 10000 | https://panasonic.jp/dc/lens/products/leica_dg_vario_elmarit_12-60.html  | 価格.com - パナソニック LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S. H-ES12060 価格比較

Dual I.S.2 | LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S. | H-ES50200 | 11.8281604844815 | 169088 | 20000 | https://panasonic.jp/dc/lens/products/leica_dg_vario_elmarit_50-200.html  | 価格.com - パナソニック LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S. H-ES50200 価格比較

Dual I.S.2 | LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm / F4.0-6.3 ASPH. / POWER O.I.S. | H-RS100400 | 12.3931094311563 | 161380 | 20000 | https://panasonic.jp/dc/lens/products/leica_dg_vario_elmar_100-400.html  | 価格.com - パナソニック LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400 価格比較

★なし | LEICA DG SUMMILUX 12mm / F1.4 ASPH. | H-X012 | 12.20703125 | 122880 | 15000 | https://panasonic.jp/dc/lens/products/leica_dg_summilux_12.html  | 価格.com - パナソニック LEICA DG SUMMILUX 12mm/F1.4 ASPH. H-X012 価格比較

★なし | LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH. | H-X015-K/-S | 11.7702448210923 | 42480 | 5000 | https://panasonic.jp/dc/lens/products/leica_dg_summilux_15.html  | 価格.com - パナソニック LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH. H-X015-K [ブラック] 価格比較

★なし | LEICA DG SUMMILUX 25mm / F1.4 ASPH. | H-X025 | 11.6208803978989 | 43026 | 5000 | https://panasonic.jp/dc/lens/products/leica_dg_summilux_25.html  | 価格.com - パナソニック LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025 価格比較

★Dual I.S.2 | LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2 ASPH. / POWER O.I.S. | H-NS043 | 15.5412230942575 | 128690 | 20000 | https://panasonic.jp/dc/lens/products/leica_dg_nocticron_42_5.html  | 価格.com - パナソニック LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2 ASPH./POWER O.I.S. H-NS043 価格比較

★Dual I.S. | LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm / F2.8 ASPH. / MEGA O.I.S. | H-ES045 | 8.73209919664687 | 57260 | 5000 | https://panasonic.jp/dc/lens/products/leica_dg_macro_elmarit_45.html  | 価格.com - パナソニック LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S. H-ES045 価格比較

Dual I.S.2 | LEICA DG ELMARIT 200mm / F2.8 / POWER O.I.S. | H-ES200 | 14.0213615443128 | 285279 | 40000 | https://panasonic.jp/dc/lens/products/leica_dg_elmarit_200.html  | 価格.com - パナソニック LEICA DG ELMARIT 200mm/F2.8/POWER O.I.S. H-ES200 価格比較

☆Dual I.S.2 | LUMIX G X VARIO 12-35mm / F2.8 II ASPH. / POWER O.I.S. | H-HSA12035 | 12.2249388753056 | 81800 | 10000 | https://panasonic.jp/dc/lens/products/lumix_g_x_vario_12-35_ii.html  | 価格.com - パナソニック LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 II ASPH./POWER O.I.S. H-HSA12035 価格比較

Dual I.S.2 | LUMIX G X VARIO 35-100mm / F2.8 II / POWER O.I.S. | H-HSA35100 | 10.354110581901 | 96580 | 10000 | https://panasonic.jp/dc/lens/products/lumix_g_x_vario_35-100_ii.html  | 価格.com - パナソニック LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8 II/POWER O.I.S. H-HSA35100 価格比較

Dual I.S. | LUMIX G VARIO 35-100mm / F4.0-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S. | H-FS35100-K/-S | 18.5666542888971 | 26930 | 5000 | https://panasonic.jp/dc/lens/products/lumix_g_vario_35-100.html  | 価格.com - パナソニック LUMIX G VARIO 35-100mm/F4.0-5.6 ASPH./MEGA O.I.S H-FS35100-K [ブラック] 価格比較

Dual I.S.2 | LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6 II / POWER O.I.S. | H-FSA100300 | 9.14461290853558 | 54677 | 5000 | https://panasonic.jp/dc/lens/products/lumix_g_vario_100-300_ii.html  | 価格.com - パナソニック LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6 II/POWER O.I.S. H-FSA100300 価格比較

★Dual I.S.2 | LUMIX G MACRO 30mm / F2.8 ASPH. / MEGA O.I.S. | H-HS030 | 13.4087800691893 | 37289 | 5000 | https://panasonic.jp/dc/lens/products/lumix_g_macro_30.html  | 価格.com - パナソニック LUMIX G MACRO 30mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S. H-HS030 価格比較

注意

PanasonicにはH.265によるエンコード機能をもつカメラがない|キャッシュバック対象のカメラそれ自体が古い

4.2:0-8bitでV-Log Lにて撮影したデータは、すぐにバンディングを発生させる、グレーディング耐性の低いデータ。

Panasonic LUMIXでは、V-Log Lでの撮影はやめておいて、シネライクDで4.2:0-10bitで撮影したほうがよさそう。 シネライクVは黒つぶれがひどいので、避けたほうがいい。

そして、できればシネライクDの4.2:2-10bitで収録したい。

4.2:2-10bitであってこそ、グレーディング耐性の高い、扱いやすいデータなのである。

しかし4.2:2-10bitをH.264でエンコードしたのでは、動画ファイルは大きくなりがち。

H.264の半分のファイルサイズになる、H.265でエンコードする必要がある。

X-T3〔FUJIFILM〕はH.265でエンコードできる。

Panasonicも必ずや、H.265でエンコードできる新機種を出す。 出さざるを得ない。

GH5やGH5Sは、H.265でエンコードできないので、すでに時代遅れ。

「GH5の動画AFをGH5Sのそれ並みにしたものが」こそが「GH5の完成形」なので現行モデルは未完成形

現行モデルのGH5は、無理していま買う必要のないカメラ。

(1)H.265でエンコードできるためのハードウェアエンコーダ(チップ)を基板に載せた新型が必ず出る。そこまで待つのも1つの手だよ。

(2)動画AFが残念すぎる。SONYのα6500〔SONY〕やα7 III/α7R III〔SONY〕の動画AFは、高速で正確。

(3)GH5Sに搭載している動画AFを、GH5の後継機に導入しなければ、「GH5の動画AFがクソ」という低評価を覆すことはできないであろう。

「GH5Sにボディ内手ブレ補正を付けたもの」こそが「GH5Sの完成形」なので現行モデルは未完成形

(1)H.265でエンコードできるためのハードウェアエンコーダ(チップ)を基板に載せた新型が必ず出る。そこまで待つのも1つの手だよ。

(2)ボディ内手ブレ補正を付けることは、そこまで難しいのだろうか? ボディが大型化しても、素人の撮影にはボディ内手ブレ補正は必須だ。

(3)GH5Sの動画AFは、GH5のそれより、はるかにマシ。しかしSONYのα6500〔SONY〕やα7 III/α7R III〔SONY〕の動画AFは、GH5Sのそれよりも高速で正確。

※Panasonicは、SONYと同じ動画AFにしたほうがいい。 Panasonicに現行の動画AF方式に拘泥している人がいるとしたら、チームから外したほうがいい。 そういう筋の悪い判断しかできないようでは、Panasonicのスチルカメラ部門がつぶれる(=SONYの一人勝ちになる)。

※SONYが一人勝ちしている理由の1つに、SONYの動画AFが爆速で正確だということがある。

 
comments powered by Disqus