DaVinci Resolve カラグレセミナーに行ってきた! - Yukikake VLOG #015|勉強させていただきます

講師|カラリスト:Vanessa Taylorさん

Vanessa Taylor Colourist colorist

Day for Night(昼間の撮影を夜間の映像に見せかけるグレーディング)

Day For Night Video Conversion - Adobe After Effects Tutorial - YouTube

Day for Nightは明度を下げて、Redを下げてBlueを上げるのが基本。

桿体細胞(暗所):Redを認識せず、Blueを中心に認識する。

錐体細胞(明るいところで色彩をハッキリ見る)

桿体細胞と錐体細胞とで、RGBの感受性の曲線が異なる。

Beauty Look(スキントーンの調整)

スキントーンは素材で決まる。 つまり、カメラの段階でスキントーンがダメだったら、その後、グレーディングで修正しようとしてもムダ。

SONYの一眼のスキントーンは、いけてない。 スキントーンの調整に苦労する。

肌色がきれいだと一般的にいわれているのは、CanonとFUJIFILMです。 ただしCanonは「一眼カメラで4K撮影ができない」というのが基本であり、EOS Mシリーズの一部で4K撮影ができるけれども、ローリングシャッター現象が強く出ており、使い物にならない。 Canonで映画をつくるなら、CINEMA EOS SYSTEMを買わざるを得ないようにラインナップが仕組まれている。
FUJIFILMはX-H1〔FUJIFILM〕において、映画を一眼カメラで撮ることに意欲を見せている。 ただし、Panasonicが「4K-60pを4:2:2-10bitで記録する」ことに熱心である一方、X-H1〔FUJIFILM〕ですら10bitでは記録できない。 映画を編集する場合、グレーディングは必須の要素と考えられる。 グレーディングには最低でも4:2:2-10bitのビット深度が求められる。 X-H1〔FUJIFILM〕は「一眼カメラの体裁だけれどもシネマカメラとしても使える」ということを売りにしている割に、10bitでの記録ができないというのは、かなり矛盾した性能である。 それから、FUJIFILMのサイトのいろいろなところを探して、ようやく、映像記録の「4:2:0-8bit」「4:2:2-8bit」といった記述を見つけた。 少なくとも、「ユーザーが知りたがっていることをウェブサイトのわかりやすい位置(製品の特長やスペック表など)やカタログに載せない」という不親切な姿勢が感じられた。 実際には「FUJIFILMは、都合の悪いことは隠蔽する」という印象を強く受けた。

・4K HDMIクリーン出力あるいは4K F-Log出力の場合は8bit 4:2:2 、SDへの記録時は、8bit 4:2:0 です。

引用元: 4K動画の記録や外部出力の可否は?

「4:2:0 / 8bit」や「4:2:2 / 8bit」といった浅いビット深度では、グレーディングで肌の質感が破綻しやすくなる。

スキントーンを重視した場合、GH5〔Panasonic〕またはGH5S〔Panasonic〕で10bit収録するのが現実的かもしれない。

映画ということになると、GH5Sの4K-60p/4:2:2-10bitでの出力を映像外部レコーダーでProRes〔422 HQ〕などで記録する。 これが実際のところかもしれない。

※4K-30pや4K-24pが仕上がりのフレームレートだとしても、スローモーションを表現するためには、仕上がりのフレームレートより高いフレームレートで撮影しておく必要がある。 「スローモーションにしてみよう」ということは、編集段階で思いつくことも多いであろうから、映画の記録は4K-60pが適切だということになると思う。 さらに、グレーディング耐性が十分になるのは4:2:2-10bitからであるらしいから、4:2:2-10bitも必須要件。 消去法で、GH5またはGH5Sしか残らない。

(1)SONYの一眼カメラ(αシリーズということでしょう)はスキントーンがイケておらず、最高画質でも「4:2:0 / 8bit(ボディ内)」や「4:2:2 / 8bit(HDMI出力)」まででしかカバーできていない。 したがって、SONYの一眼カメラでスキントーンをグレーディングしようにも、肌の質感が破綻するので行き詰まる。

(2)一眼カメラで10bitでの収録が可能なのはGH5〔Panasonic〕またはGH5S〔Panasonic〕。 グレーディング耐性のことを考えれば、結局、GH5かGH5Sとなる。

さらに進化した4K動画記録|DC-GH5|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic
多彩な4K動画記録 | DC-GH5S | 一眼カメラ Gシリーズ | デジタルカメラ LUMIX(ルミックス) | Panasonic

(3)コンティニュアスAF〔動く被写体を追尾しながらその被写体に合焦し続ける機構〕の性能を重視するならGH5Sが適任であり、GH5Sにはボディ内手ぶれ補正がない。 逆にGH5はコンティニュアスAFが芳しくなく、手ぶれ補正はDual I.S.2 / Dual I.S.(対応レンズが必要)にしたとき、GH5では驚くほどよくきく。 ちなみに、手ブレ補正機構が不意に暴走し、意味もなく画面がブルブルするケースもあるらしい。 「手ぶれ補正なし」にすることによって、「意味もなく画面がブルブルする」のを回避することができる。 総合的にみて、動画重視ならGH5Sが正解かもしれない。

LUT(Lookup Table)の使い方|Film Lookのつくりかた

一般的には、露出補正(明るさの調整)を終えてからLUTをあてて、LUTに問題があれば微調整をするらしい。

DaVinci Resolve 15の正式版は7月~8月に出る

DaVinci Resolve 14 公式ガイドブック (日本語版)
Paul Saccone Blackmagic Design
Blackmagic Design
売り上げランキング: 14,608

サポートセンター | Blackmagic Design
DaVinci Resolve 15 Beta の新機能まとめ | MotionWorks.JP
DaVinci Resolve User Group Japan (DRUG-J)公開グループ | Facebook

DaVinci Resolve 15にはFusion〔Blackmagic Design〕が統合されており、Fusionを本気で使うとしたら、グラフィックボードの性能が大事になってくると思われる。

DaVinci Resolve 15が、DaVinci Resolve 14と比較して、重たくなったのか、軽くなったのか、そのあたりはわからない。

しかし少なくとも、DaVinci Resolve 15を使うPCとしては、グラフィックボードの性能の足を引っ張らない程度のプロセッサは必要と思われ、編集するコーデックにもよるだろうけれども、Core i7 8700やCore i7 8700Kの系列では、まかないきれないことがあるかもしれない。

8コア16スレッド以上のプロセッサが有利であろうことは、確実にいえると思う。 つまりソケットが「LGA2066」で「Intel X299チップセット」に対応したマザーボードとプロセッサを使ったPC。 これがDaVinci Resolve 15を動かすPCの基本になるように思う。

製品の仕様情報 - インテル® Core™ X シリーズ・プロセッサー・ファミリー

EDIUS Pro〔Grass Valley〕の性能を最大限に生かすためには、Intel Quick Sync Video〔例:HD Graphics 630〕を搭載したプロセッサが必要。 EDIUS ProはIntel Quick Sync Video〔例:HD Graphics 630〕に最適化されている。

ところが、Core Xシリーズの上位機種には、Intel Quick Sync Videoが搭載されていない。

エフェクトをかけるなど、負荷の高い作業には、Core Xシリーズの上位機種が向くけれども、4K動画の編集でも軽いといわれるEDIUS Pro〔Grass Valley〕は、Core Xシリーズには向いていない。 ややこしいことになっている。

Intel Quick Sync Videoが搭載されている中では、Intel® Core™ i7-8086K Processor(6c-12t)のベース動作周波数が4.00GHz、ターボブースト時の最大周波数が5.00GHzで、これがEDIUS Pro〔Grass Valley〕が最も軽快に使用できるプロセッサの上限だと思います(2018-07-09)。

製品の仕様情報 - 第 8 世代インテル® Core™ i7 プロセッサー

Thunderbolt 3にネイティブ対応したIntelの新型プロセッサが出る・出るといわれているけれども、なかなか出ない。

巨大なファイルをSSD/HDDに書き込むとき、Thunderbolt 3は、必ず必要になる接続規格である。

PCの買い時がとても難しい。

 
comments powered by Disqus