高級コンパクトデジタルカメラを買う層は、レンズ交換式カメラを買う層と、完全に重複している

スマホの写真機能が向上してきたので、コンパクトデジタルカメラ市場そのものが、大きく縮小しているそうです。

Nikonが「高級コンパクトデジタルカメラDLシリーズ」の発売を中止したことは、かなりよい決断だったと思います。

Nikonが「高級コンパクトデジタルカメラDLシリーズ」の発売を中止 - Google 検索

カシオがコンパクトデジタルカメラから撤退することは、かなりよい決断だったと思います。

カシオがコンパクトデジタルカメラから撤退 - Google 検索


高級コンパクトデジタルカメラとは、「1型以上のセンサーサイズをもち」、かつ、「10万円を超えるコンパクトデジタルカメラ」のことだと考えればよいと思います。

高級コンパクトデジタルカメラをセンサーサイズで分類すると、小さいほうから順番に、次のようになると思います。

1型(SONY、Panasonic、Canonなど)
4/3(フォーサーズ)(Panasonic)
1.5型(Canon)
APS-Cサイズ(FUJIFILM、Canon、RICOH)
フルサイズ(SONY)

さて、10万円も出せば、「レンズ交換式カメラ(7~8万円)」と「単焦点レンズ(いわゆる撒き餌レンズ)(2~3万円)」を買うことができるでしょう。

「レンズ交換式カメラ+単焦点レンズ」の画質のほうが、「10万円のコンパクトデジタルカメラ」の画質より、良好だと思います。

もちろん、「10万円のコンパクトデジタルカメラ」のほうが、ズームとか、マクロ機能とか、いろいろなオマケの機能が付いてきます。

そういったオマケの機能は、「レンズ交換式カメラ+単焦点レンズ」には付いていません。

しかし、「レンズ交換式カメラ+単焦点レンズ」では、「10万円のコンパクトデジタルカメラ」ですら及ばない、圧倒的な高画質が得られます。

コンパクトデジタルカメラというのは、イメージセンサーにゴミが付いたら自分では掃除できないし、レンズにホコリが入っても自分では掃除できないし、コンパクトデジタルカメラは「使い捨てカメラ」なんですよ。10万円の使い捨てカメラなんて、考えられませんよね? 

他方、レンズ交換式カメラなら、イメージセンサーを掃除する道具もあるし、自己責任ながら、レンズを分解して、内部のホコリやカビを拭い去ることも可能です。

それで、このセクションの本題なのですけれども、「10万円のコンパクトデジタルカメラ」を買う階層は、「レンズ交換式カメラを買う階層」と、完全に重複していると思うわけです。

一眼カメラを使いこなしている人のサブ機として、「10万円のコンパクトデジタルカメラ」がよく買われていると思うわけです。

しかし一眼カメラを使いこなしている人なら、その一眼カメラと同じレンズマウントの小型軽量ボディの本体と単焦点レンズとを組み合わせることで、 「10万円のコンパクトデジタルカメラ」よりも高画質な小型軽量カメラが実現できることを知っているはずです。

カメラのボディさえ、じゅうぶんに小型軽量であれば、コンパクトデジタルカメラにする必要はないと思います。

とくに一眼カメラを使いこなしている人は、画質にこだわっているはずであり、それならばなおさら、コンパクトデジタルカメラを使う可能性は低い。

一眼カメラを使いこなしている人でも、画質にこだわらないシーンというものがあると思います。 そういうときは、スマホで撮るでしょう。

結局、「10万円とか、それ以上するコンパクトデジタルカメラ」というものは、市場から消え去る運命にあると、私は勝手に予想しているのです。

夜間撮影を考えた場合センサーサイズは4/3(フォーサーズ)を含めてそれ以上でないと

高級コンパクトデジタルカメラのセンサーサイズの一覧表を再掲します。

1型(SONY、Panasonic、Canonなど)
4/3(フォーサーズ)(Panasonic)
1.5型(Canon)
APS-Cサイズ(FUJIFILM、Canon、RICOH)
フルサイズ(SONY)

高級コンパクトデジタルカメラ、あるいは、ハンディカムなどのビデオカメラを考えた場合、1型センサー(イメージセンサーのサイズが1型という意味です)という機種がとても多いのです。

さて、この1型センサーというものは、私が考えるに、2つの意味でビミョーです。

(1)1型センサーは暗所撮影に弱い

写真の場合は、長時間露光などのテクニックがありますので、ここでは、動画に絞って考えます。

動画を、フルHDで撮影するにしても、1型センサーだと、夜間撮影には、とうてい使えるものではないと思います。

4/3(フォーサーズ)のカメラであったとしても、夜間撮影ができるのは、たぶんDC-GH5Sだけでしょう。

DC-GH5Sは、画素数をかなり減らして、1つの撮像素子あたりの面積を大きくすることで、暗所耐性を高めているのです。

たいていの「1型センサーをもつコンパクトデジタルカメラ」は、むしろ画素数を増やす方向性ですよね? 

またコンパクトデジタルカメラの「売り」の1つに、4K動画撮影の機能があったりする。 これがいけません。

撮影できる動画のサイズを、フルHDに限定すれば、思いっ切り画素数を減らしまくって、1つの撮像素子あたりの面積を大きくすることが可能となります。

そちらのほうが、暗所性能が高くなり、フルHD動画としては、きれいに見えるのです。

しかし、それだと「売れない」のですね。

カメラメーカーが「高画素」が「高画質」というように、「無知な消費者を丸め込む」みたいなやり方で、ひどいマーケティングをしてきた。

その結果、カメラメーカーが自縄自縛となったのです。

つまり「画素数を減らしたほうが画質としてはきれいに見えるのに、宣伝文句としては、画素数を増やしたほうが有利」という状況を、カメラメーカー自身がつくってきたわけです。

もちろん、画素数というものは、減らせばいいってもんでもなくて、画素数は基本的には多いほうが高画質なのです。

ただし「撮像素子の人口密度が高すぎると、撮影した結果はクソになる」ということです。

小さなセンサーサイズに、多くの画素を詰め込んでも、1つの撮像素子あたりの面積が小さくなりすぎるため、暗所ノイズの多い(ざらつき感のある)クソ写真・クソ動画になるだけなのです。

私は「フルHDにふさわしいセンサーサイズ」や「4Kにふさわしいセンサーサイズ」があるのだと思っています。

仮に「1型」が「フルHDにふさわしいセンサーサイズ」だと仮定すれば、「4Kだったら1型センサーの4倍の面積」が必要になると思います。

画像センサー(CCD・CMOS)の大きさ比較

上記のサイトを参考に、紙を切り貼りしてみたところ、1型センサーの面積をタテ2倍/ヨコ2倍にすると(4Kの状態を紙でつくってみると)、APS-Cサイズよりも大きいサイズでないとカバーできない(フルサイズまでは必要ない)ことがわかりました。

しかしそれは、仮定の話で、現実問題としては、4K動画に必要なセンサーサイズは、4/3(フォーサーズ)からAPS-Cサイズ(≒スーパー35mm)ぐらいであろうということがいえると思います。

ただ理想をいえば、4Kだと、APS-Cサイズ(≒スーパー35mm)より、ちょっと大きいぐらいの「手ぶれ補正機構をもつイメージセンサー」を使い、このイメージセンサーから4Kに該当する部分をクロップして使うのがよいかもしれません。


結局、夜間でもそれなりにきれいに撮影できる動画用カメラということになると、1型センサーを含めて、それ以下のコンパクトデジタルカメラ、ビデオカメラが、ぜんぶバッサリと切り落とされることになる。

例えば、DSC-RX100M5〔SONY〕は理想的なコンパクトデジタルカメラの1つなのですけれども、1型センサーなので、やはり暗所に強いとはいえない。

DSC-RX100M5〔SONY〕 - Google 検索

スマホのカメラの高性能化によって、コンパクトデジタルカメラが駆逐されたわけでしょ? 

スマホのカメラの最大の弱点は、スマホが薄くあらねばならない点から、レンズ口径・センサーサイズを大きくすることができない点にあるわけです。

スマホのカメラの最大の弱点は、暗いレンズ/豆粒大のイメージセンサーである点。

だったら、そこを尽きまくることが、コンパクトデジタルカメラ、あるいは、一眼カメラにとっての「有効な攻撃」になるわけです。

つまり1型を含めて、それ以下のセンサーサイズのコンパクトデジタルカメラは、すべて「失格」なんですよ。

スマホのカメラに対して、圧倒的な優位に立つためには最低でも4/3(フォーサーズ)、できればAPS-Cサイズぐらいのセンサーサイズは必要となるでしょう。

フルHD動画までなら、1型センサーでよかったかもしれませんけれども、4K動画となると、4/3(フォーサーズ)ないしはAPS-Cサイズでないと話にならないと思います。

結局、スマホを完全に「つぶす」ことを考えているのだったら、DSC-RX100M5〔SONY〕のボディにAPS-Cサイズのイメージセンサーを組み込んで、そこからレンズを調整して、何とか1つの製品に仕上げるぐらいでないと。

1型(SONY、Panasonic、Canonなど)
4/3(フォーサーズ)(Panasonic)
1.5型(Canon)
APS-Cサイズ(FUJIFILM、Canon、RICOH)
フルサイズ(SONY)

現行機種で考えてみましょう。 センサーサイズが1型のコンパクトデジタルカメラ、ビデオカメラが「没」ということになると、かなり選択の幅が小さくなります。

4/3(フォーサーズ)のコンパクトデジタルカメラが、Panasonicから1機種。

デジタルカメラ DMC-LX100 商品概要 | ムービー/カメラ | Panasonic

1.5型のコンパクトデジタルカメラが、Canonから1機種。

キヤノン:PowerShot G1 X Mark Ⅱ|概要

これだけしか製品が出ていない。 需要がないのです。

だからAPS-Cサイズやフルサイズのコンパクトデジタルカメラを買うのは、ちょっと現実的ではありません。

私の定義としては、コンデジというのは、電源をOFFにしたとき、レンズ部分が完全にボディ内部に格納されて、レンズ部分が完全にフラットになっていないと意味がないと思うわけですよ。 ポケットに納めるためには、その条件は必須でしょう。

高級コンデジの多くは、レンズ部分の円筒形がボディから出っ張っていますよね?  その時点で「コンパクト」ではなくなっている。

それだったら、「4/3(フォーサーズ)、APS-Cサイズ、フルサイズのレンズ交換式カメラに単焦点レンズを付けて運用する」のでじゅうぶんなのですよ。

レンズ部分が真っ平らに収まらないのだったら、レンズ交換を不可能にしてまでコンパクトさを狙う意味が、そもそもない。

そういうものは、「レンズ交換ができない、デカくて重たい4/3(フォーサーズ)/APS-Cサイズ/フルサイズのカメラ」でしかありません。

そんなことだったら「4/3(フォーサーズ)/APS-Cサイズ/フルサイズのレンズ交換式カメラに単焦点レンズを付けて運用する」のでもよいと思いますけどね。

ということで、4/3(フォーサーズ)/APS-Cサイズ/フルサイズのコンパクトデジタルカメラというのは、「なし」だと思います。

そうやって、消去法で考えると、コンパクトデジタルカメラ、あるいは、ビデオカメラでは、動画撮影に向いている機種が、まぁ、存在しないことがわかるのです。

ビデオカメラで「使える」といえるのは、JVC GY-LS300からだと思います。 JVC GY-LS300はAPS-Cサイズ(スーパー35mm)のイメージセンサーをもち、レンズマウントは4/3(フォーサーズ)です。

JVC GY-LS300には、イメージセンサー側を動かすことで焦点距離を変える機能があります。 つまり単焦点レンズでも画角を変える(単焦点レンズでもズームレンズと同じように使える)のがJVC GY-LS300です。 中一光学〔Zhong Yi Optics〕やSAMYANG〔サムヤン〕の安くても高画質の単焦点レンズを、ズームレンズのようにして使うことが可能なのです。

価格.com - 対応マウント:マイクロフォーサーズマウント系 SAMYANG(サムヤン)のレンズ 人気売れ筋ランキング

4KメモリーカードカメラレコーダーGY-LS300CH製品情報 | JVC

価格.com - JVC GY-LS300 価格比較

例えば、「子供の成長記録などで写真を撮る」ということを考えた場合、Canonの「EOS Kiss」または「EOS M」のどちらか(両方ともCanonでいうAPS-Cサイズ〔APS-Cサイズにしては小ぶりなイメージセンサー〕)に落ち着くと思います。

JPEG撮って出しで、肌の色がきれいに出るのは、CanonかFUJIFILMです。 赤ちゃんや子供や女性を撮影するとき、JPEG撮って出しにする(現像しない)のであれば、Canon/FUJIFILMからの二者択一になります。

さて、FUJIFILMのXマウントというのは、レンズの種類が少なく、また高いのですよ、レンズが。

一方、とくに「EOS Kiss」が採用しているEFマウント〔Canon〕というのは、中古レンズがものすごく豊富に存在しますので、運用のコスパが高いわけです。

「EOS M」というのは、まだまだ出たばかりで、レンズの種類が少ないので、トータルなコスパを考えると「EOS Kiss」が正解でしょう。

ただし「EOS Kiss」をはじめ、CanonのEOSシリーズに付いているマイク入力端子は、ホワイトノイズがひどいので、動画撮影にはまったく向いていません。

「EOS Kiss」をはじめ、CanonのEOSシリーズは、写真専用カメラだと割り切ったほうがいいです。

(2)1型センサーは4K・6K・8Kなど高画素規格に対応できない

1つの撮像素子あたりの面積が小さくなりすぎないように注意しながら、4K・6K・8Kなど高画素規格にも対応できるイメージセンサーを開発する。

そうなると、当然、イメージセンサーを拡大する必要性に迫られることになるでしょう。

Nikonが、フルサイズのミラーレス機を開発中であることを発表しています。

Nikonのフルサイズミラーレスは、新しいレンズマウントを採用しているようで、口径からして、中判のイメージセンサーまでカバーできるようです。

それも当然ですね。

8Kなどの高画素規格においては、35mmフルサイズでは、1つの撮像素子あたりの面積が小さくなりすぎます。

ですので、フルサイズよりも大きなイメージセンサーを志向するのは、当然のことです。

さて、コンパクトデジタルカメラの1型センサーのことを考えてみてください。

1型センサーで、まともな4K動画が撮れるわけがないのです。

4K動画といっても、実際には、動画データとして、かなり間引かれたものを「4K」と称して、私たちを騙しているような感じが、とても強くするわけです。

例えば、4Kで撮影した動画をフルHDにダウンコンバートすると、フルHDなのに、高精細な動画になります。

SONYでは、そのことを「オーバーサンプリング効果」と称しており、「6K相当で撮影したものを、内部で4Kにダウンコンバートすることによって、解像感の高い4K映像を得ている」ということらしいです。

α6500 特長 : 高解像4K動画記録 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

逆にいえば、ふだん私たちがフルHDだと思って見ている動画は、実際には、720pとかの粗い動画を、フルHDサイズに引き延ばしているだけなのかもしれないのです。

つまりイメージセンサー上の撮像素子1つ1つが完全に動作しているわけではなく、かなり歩留まりの悪い状態で運用されていて、それを画像処理エンジンで、相当、ごまかしまくって、「画をでっち上げている」。 そう考えるのが自然でしょう。

結局、「オーバーサンプリング効果」を利用しなければ、ちゃんとした解像感の高い動画は撮影できない。

そうだとしたら、センサーサイズとして大きめのものを搭載して、「8K相当のデータを6Kに凝縮する」「6K相当のデータを4Kに凝縮する」「4K相当のデータをフルHDに凝縮する」などの処理をおこなう必要があるわけです。

つまり4Kや8Kが当たり前の時代には、センサーサイズの小さいカメラでは、対応できるはずがない、というわけです。

そして、4K動画に必要なイメージセンサーのサイズは、「4/3(フォーサーズ)/APS-Cサイズ/フルサイズ」ということになると思います。

さらに、さきほども述べたように、センサーサイズが「4/3(フォーサーズ)/APS-Cサイズ/フルサイズ」になると、レンズがボディに完全に収納できないため、コンパクトデジタルカメラ(レンズ交換が不可能)にする意味がない。

小さいから、コンパクトだから、レンズ交換が不可能にする意味があるわけでしょ? 

「4/3(フォーサーズ)/APS-Cサイズ/フルサイズ」のコンパクトデジタルカメラと、「4/3(フォーサーズ)/APS-Cサイズ/フルサイズ」レンズ交換式カメラに単焦点レンズを装着した状態とで、大きさ、重さを比較して、 大差なければ、コンパクトデジタルカメラにする意味がない。 これが結論です。

結局、「4/3(フォーサーズ)/APS-Cサイズ/フルサイズ」のカメラになると、レンズ交換式カメラに単焦点レンズや標準ズームを取り付けて運用するのが現実的なのですよ。

動画用の一眼カメラとしてはPanasonicかSONYしかない

動画において、映像よりも大事な要素として、音声があります。

「EOS Kiss」をはじめ、CanonのEOSシリーズに付いているマイク入力端子は、ホワイトノイズがひどいので、動画撮影にはまったく向いていません。

Canonは、ZOOMでも、TASCAMでも、どこかのボイスレコーダー/フィールドレコーダーのメーカーとコラボして、音声部門を根本的にやり直さなければ、録画音声のホワイトノイズの多さにおいて、まったく問題外の外側です。

それで、CanonやFUJIFILMは、肌色がきれいで、写真には向いているのですけれども、両者とも「一眼カメラにXLR端子を増設するユニット」をもっていないのです。

さらに、カメラ本体では音声を収録しないのだとしたら、せめてタイムコード機能をカメラにもたせる必要があります。 つまり、カメラでタイムコードを発生させたものを、フィールドレコーダーなどに伝える端子をもつ必要がある。

XLR端子をもつか、タイムコード出力の端子をもつか、その両方か。

CanonやFUJIFILMの一眼カメラでは、そういった配慮があまりなされていません。

そういったことは、CanonやFUJIFILMの一眼カメラは、動画を撮影することについて、不熱心だという証明になります。

ですので、CanonやFUJIFILMの一眼カメラを、動画撮影用にオススメすることはできません。


さて、SONYの一眼カメラには、「バリアングル・モニター」または「180度チルトアップする液晶」という、YouTuberが自撮りするための仕組みがありません。

この時点で、SONYの一眼カメラは脱落です。

残ったのは、「スチルカメラで動画撮影の最大時間が29分59秒までという制限がない、Panasonicの4機種(DC-GH5S、DC-GH5、DMC-G8、DMC-FZH1)ぐらいになります。

YouTubeで高画質な動画を撮る場合、あるいは、高音質な動画を撮る場合、DC-GH5Sに「16kHz/24bitも可能なXLRマイク端子 DMW-XLR1」を取り付けて、それで録画するのが「最も簡便で効率のよいやり方」です。

ご心配だったら、膨大なデータをぜんぶ調べてみてください。 最後はDC-GH5Sになりますから。

ユーチューバー向け|DC-GH5Sにパナライカの12-60mm/F2.8-4.0を付けっぱなし · ゆきんこの勉強法 | 自修人

YouTubeのASMRには音が悪いものが多いと思う · ゆきんこの勉強法 | 自修人

 
comments powered by Disqus