松葉の採取は放射能に注意!松には汚染物質を吸収する性質が。

松葉の採取は放射能に注意!松には汚染物質を吸収する性質が。 – ゾンビと呼ばれた赤ちゃん

ワクチンを打ってしまった人も希望を捨てないで!|松葉茶のスラミンで細胞を修復できるかもしれない

この情報が正しいか、正しくないかは、わかりません。 しかし、スラミンがよいらしいことは、噂されています。

1度接種してしまったらもう元には戻せない可能性が高いのですが、スラミンにはRNAやDNAの複製や修飾を抑制する効果があるため、接種後に後悔している方にとっては希望の光となります。

引用元: 新型コロナウイルスワクチンの解毒剤「スラミン」は松の葉の抽出物 – ゾンビと呼ばれた赤ちゃん

ワクチンを打ってしまった人も希望を捨てないで!|有用微生物群を食べて腸内環境を改善して免疫力を高めることで問題解決ができるかもしれない

今後、[薬害コロナワクチン訴訟]というものが大々的に起こってくるかもしれません。 [子宮頸がんワクチン訴訟]が現在進行形であるにもかかわらず、厚労省やワクチンという存在を安易に信じてしまう人が多い。 自分でしっかりと情報を集め、自分の頭でしっかり判断する人が少数派であるからでしょう。 みんなに合わせて、みんなと同じことをしていればいいや。 そういう姿勢の人たちが、コロナワクチン接種を安易に受けて、命を落としたり、重大な健康被害を受けたりしています。 厚労省や医療は、私たちが病気になることを願っているような感じがします。 もちろん、そういう医師ばかりではありません。 良心を失っていない医師も多いと思います。 しかし、政府・厚労省の姿勢は、国民を殺したがっているように見えます。

ウイルスが増殖できない体(げんきっこ使用者からの感想14回目) - 吉田俊道ブログ 菌ちゃんありがとう
全商品 - 菌ちゃんふぁーむネットショップ
新型コロナさんごめんね。ありがとう - 吉田俊道ブログ 菌ちゃんありがとう

ワクチンを打ってしまった人も希望を捨てないで!|半日断食・1日断食などを繰り返すことで細胞内の自食〔オートファジー〕を活性化させることによって、体内で異常に増えたスパイク蛋白たんぱくを急激に減らすことができる

コロナワクチンを接種してしまった人は、16時間以上の空腹時間をつくる[プチ断食だんじき]を波状的に繰り返すことによって細胞内の自食〔Autophagyオートファジー〕を活性化させれば、体内で異常に増えたスパイク蛋白たんぱくを急激に減らすことができますので、いちおう安心してください。 自食〔Autophagyオートファジー〕が始まるのは、16時間以上の空腹時間の後です。 例えば、[16時間以上の空腹時間を確保しながら週末を1日1食で過ごす]などすることが考えられます。 これは睡眠を挟むとラクに乗り越えられることでしょう。 空腹のまま眠りについて、朝食を摂るようにするのが、1つのやり方でしょう。 眠る前は空腹でいたほうがいいのです。 朝食を意味するbreakfastブレクファスト〔発音は[×ブレイクファスト]ではなく[ブレクファスト]〕の語源は、breakブレイク fastファスト〔断食を打ち破る〕です。

コロナワクチンを接種することには、私は反対だけれども、コロナワクチンを接種した人で、それを後悔している人は、けっして希望を捨てないでください。 とりあえず、断食を繰り返して、自己免疫を高めていくことです。 そして、[生き延びるのではなく、生ききることが大切]という教えをしっかりと胸に刻み、毎日を一所懸命、自分の[成長・進化]のために使うことです。 そうすると、[本物の地球]に移行することができます。 [本物の地球]には、コロナは存在しません。 したがって、たとえコロナワクチンを接種した人でも、[本物の地球]に移行後は、コロナの変異株に感染しないので、大丈夫なのだと思います。 自分を大切にする。 自分を愛する。 それが、宇宙を愛することや、他者を愛することにつながります。 どうか、自分を見捨てないで、自分を大切にしてください。 あきらめない人を、宇宙は助けます。


ワクチンを打ってしまった人も、半日断食・1日断食などを繰り返すことで細胞内の自食〔Autophagyオートファジー〕を活性化させることによって、体内で異常に増えたスパイク蛋白たんぱくを急激に減らすことができる。 それによって、健常な状態に戻ることができる。 [断食]という誰にでも実行可能な[自己免疫作用を強める習慣]を実行すること。 それが、コロナワクチン接種というバイオテロを打ち破る手段の1つである。 ちなみに、私は補中益気湯をときどき飲んで元気をつけている。 そしてコロナやインフルの初期症状〔炎症・発熱・むくみなど〕に備えて、またコロナによって起こるサイトカインストームを抑制するために、麻黄湯を用意している。 麻黄湯、葛根湯は、風邪薬として常備しておいて損はない。
結局、コロナに触れても感染を抑制できる強い免疫力をつちかい、コロナに感染したら、そこで自然免疫をつければ問題ないわけで、製薬メーカーが闇の宇宙存在の意向を汲んでつくったワクチンを打つなんてバカだと思うよ。
子宮頸がんワクチンを強制的に打たされて、重大な健康被害を受けた女の子たちが、いまどんなに苦しい思いをしているのか、調べてみるとよい。 ワクチンというのは、そういうもの、つまり、バイオテロの兵器なんだよ。 ワクチン接種は医療ではない。 テロだよ。
前橋市で学童へのインフルワクチンの集団接種に、インフルの流行を阻止する作用がないことが証明された。 ワクチンは、医療・防疫に名を借りて、私たちの健康に重大な影響を与える[何か]を仕込むための暴力手段である。 ワクチンを医療だと思っている医師は、相当なバカか悪者である。

 しかしながら、学童の集団接種方式に関しては、様々な議論がありました。例えば、「学童全員にワクチン接種を強制するのは人権問題ではないか?」とか、「学童だけに接種しても流行状況は変わらないのではないか?」など、学童の集団接種に対する様々な批判が起こってきました。この様な情勢の中、次第にワクチン無効論が唱えられるようになり、特に1987年に発表された「前橋レポート」は『インフルエンザワクチンには流行を阻止する効果はない。』という極めてインパクトの強いものでした。
 さらに、重篤な副作用を疑われる症例について、はっきりと因果関係を調査することができず、行政の対応が必ずしも適切ではなかったことが強調され、また、いろいろな誤解から生じたインフルエンザワクチンに対する不信感がマスコミによって過剰に報道されるようになりました。その結果、1980年代後半からワクチン接種率は急激に低下していきました。

引用元: インフルエンザワクチン

院長の宮城正照です。
私個人は、今回のワクチン接種は反対の立場です。
なぜなら、このワクチンは遺伝子ワクチンであり、人類初のワクチン。スパイクタンパクが形成されたり、抗体が作られること以上に、一番重要なのは動物実験です。
ラットの交配実験で少なくとも第3世代以上は検証しなくてはいけません。特に染色体異常はないか?ガンが誘発されていないか?不妊にならないか?
遺伝子ワクチンなら、尚更この実験は行われているはずなのにそのデータ開示がありません。厚労省確認済み。
ファイザー社が明らかにしていることは、現在、このコロナワクチンは治験中であり、2023年終了ということ。
つまり、今行われているワクチン接種は実験段階ということであり、ワクチンの中身はプラセボを含む異なる内容物ということ。
治験中ということは、そういうことです。
実験段階であるこのワクチン接種で、すでに日本では200名を超える方々が死んでおります。(2021年6月時点)
普通なら即中止にすべきです。当然です。
しかも、死者が出ている不透明なワクチンを子供たちにも打つ必要性があるのでしょうか?
子供たちで重篤な症状になった子供はいません。
甚だ疑問ですし、自分の子供には絶対に打たせません。
コロナの予防法はいくらでもあります。
どうしてこんな大きなリスクを背負うワクチンを打つ必要があるのでしょう?
まだ、年内予定の国産ワクチンが出るまで、コロナワクチン接種は待つべきだと私は思います。
今回のワクチン接種をされた方へは、院内でのマスクの着用、マウスウォッシュ、血液分析などを実施させていただきます。
ご了承ください。
医療法人てぃーだ
宮城歯科クリニック
院長 宮城 旺照

引用元: めまい、頭痛、耳鳴り、不眠を伴う顎関節症・内頸静脈のことなら宮城歯科クリニック

岩田健太郎

崎谷博征

コロナとワクチンへの対処法の本

コロナとワクチンへの対処法の本|文字リンク

コロナパンデミックは、本当か?: コロナ騒動の真相を探る|バクディ,スチャリット|日曜社

日米で診療にあたる医師ら10人が総力回答! 新型コロナワクチンQ&A100|コロワくんサポーターズ|日経メディカル開発

新型コロナワクチンを打つ前に読む本|森下竜一|かや書房

一市民の「コロナ終息宣言」|山越誠司|アメージング出版

医師が教える新型コロナワクチンの正体 本当は怖くない新型コロナウイルスと本当に怖い新型コロナワクチン|内海聡|ユサブル

Before/Withコロナに 生きる 社会を みつめる|山口 幹幸|ロギカ書房

新型コロナが本当にこわくなくなる本 医学・政治・経済の見地から"コロナ騒動"を総括する|井上正康|方丈社

本当はこわくない新型コロナウイルスー 最新科学情報から解明する「日本コロナ」の真実|井上正康|方丈社

WISH~コロナ禍から未来へ~|増山 麗奈|クラブハウス

新型コロナ (WAC BUNKO 327)|上久保靖彦・小川榮太郎|ワック

コロナ不安を生きるヒントー聖書を手がかりに|関根英雄|公人の友社

最後の医者は雨上がりの空に君を願う2 (コロナ・コミックス)|二宮敦人|TOブックス

ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~@COMIC第2巻 (コロナ・コミックス)|杜乃ミズ|TOブックス

ポストコロナ日本への提言 ―コロナの教訓を活かした新しい社会の構築―|エコハ出版|エコハ出版

新型コロナ 問題の本質と対策: 新型コロナ「正しく恐れる」II|西村 秀一|藤原書店

新型コロナ「正しく恐れる」|西村 秀一|藤原書店

コロナ下の奇跡 自衛隊中央病院衝撃の記録|石高 健次|南々社

PCRとコロナと刷り込み|大橋 眞|ヒカルランド

コロナワクチン幻想を切る|井上 正康|ヒカルランド

コロナは概念☆プランデミック|片岡ジョージ|ヒカルランド

PCRは、RNAウイルスの検査に使ってはならない | 大橋 眞 | ヒカルランド

新型コロナ、本当のところどれだけ問題なのか|木村 盛世|飛鳥新社

コロナ危機と未来の選択: パンデミック・格差・気候危機への市民社会の提言|アジア太平洋資料センター|コモンズ

新型コロナワクチン その実像と問題点|天笠 啓祐|緑風出版

定点観測 新型コロナウイルスと私たちの社会 2020年後半 (論創ノンフィクション 010)|斎藤 環|論創社

新型コロナウイルス対策Q&A68: あなたの「知りたかった! 」に答えます! (インフェクションコントロール2021年春季増刊)|矢野 邦夫|メディカ出版

こわいほどよくわかる 新型コロナとワクチンのひみつ|近藤 誠|ビジネス社

学校一斉休校は正しかったのか?: 検証・新型コロナと教育 (持続可能な社会のための環境教育シリーズ 9)|水谷 哲也|筑波書房

新型コロナワクチン: 遺伝子ワクチンによるパンデミックの克服|杉本 正信|東京化学同人

コロナ・エポック|スタシス・エイドリゲーヴィチュス|水声社

新型コロナ対応・民間臨時調査会 調査・検証報告書|一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ|ディスカヴァー・トゥエンティワン

今だから知るべき! ワクチンの真実 予防接種のABCから新型コロナワクチンとの向き合い方まで|崎谷博征|秀和システム

大阪市立十三市民病院がつくった 新型コロナウイルス感染症もっと対応BOOK|白石 訓|照林社

新型コロナ新常態の法務対応|岩品 信明|商事法務

新型コロナ災害緊急アクション活動日誌 2020.4 - 2021.3|瀬戸大作|社会評論社

コロナ禍、貧困の記録|雨宮 処凛|かもがわ出版

スイスイ生きるコロナ時代 (Speedy Books)|坂井直樹|高陵社書店

カラーイラストで学ぶ 新型コロナウイルスの感染対策|下間 正隆|金芳堂

コロナとワクチン:新型ウイルス騒動の真相とワクチンの本当の狙い|船瀬 俊介|共栄書房

コロナと5G:世界を壊す新型ウイルスと次世代通信|船瀬 俊介|共栄書房

新型コロナ データで迫るその姿: エビデンスに基づき理解する (DOJIN選書)|浦島 充佳|化学同人

アンダーコロナの移民たち――日本社会の脆弱性があらわれた場所|鈴木 江理子|明石書店

報道記録 新型コロナウイルス感染症|読売新聞社

新型コロナウイルスに対する 学校の感染対策|武藤 義和|丸善出版

コロナ時代のパンセ 戦争法からパンデミックまで7年間の思考|辺見 庸|毎日新聞出版

日本のコロナ対策はなぜ迷走するのか|上 昌広|毎日新聞出版

ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論3|小林 よしのり|扶桑社

ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論2|小林 よしのり|扶桑社

ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論|小林よしのり|扶桑社

京大 おどろきのウイルス学講義 (PHP新書)|宮沢 孝幸|PHP研究所

コロナ倒産の真相 (日経プレミアシリーズ)|帝国データバンク情報部|日本経済新聞出版

新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実 (日経プレミアシリーズ)|峰 宗太郎|日本経済新聞出版

コロナ戦記 政治の中間決算|日本経済新聞社 政治担当論説委員|日本経済新聞出版

日本政治 コロナ敗戦の研究|御厨 貴|日本経済新聞出版

国立国際医療研究センター(NCGM)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応マニュアル: 目指せ 院内感染ゼロへ!|国立国際医療研究センター|南江堂

Dr.岡の感染症ディスカバリーレクチャー 新型コロナウイルス COVID-19特講 2021|岡 秀昭|中外医学社

コロナ対策禍の国と自治体 ――災害行政の迷走と閉塞 (ちくま新書)|金井 利之|筑摩書房

コロナにもの申す!: 73歳 お婆のつぶやき|福本秀子|風詠社

コロナに殺されないたった1つの方法──東大の微生物博士が教える|小柳津 広志|自由国民社

コロナ禍で概念が変わった リスケを活用した企業再生支援 金融機関が応じたくなる経営改善計画とは|濱田 法男|税務経理協会

コロナと無責任な人たち (祥伝社新書)|適菜 収|祥伝社

遺伝学者が語る 新型コロナワクチンで知っておきたいこと|五條堀 孝|春秋社

専門医が教える 新型コロナ・感染症の本当の話 (幻冬舎新書)|忽那 賢志|幻冬舎

もうだまされない 新型コロナの大誤解|西村 秀一|幻冬舎

コロナの憲法学|大林 啓吾|弘文堂

コロナ対策 各国リーダーたちの通信簿 (光文社新書)|栗田 路子|光文社

緊急出版 新型コロナワクチン 打つ前に知っておきたいこと|宝島特別取材班|宝島社

新型コロナ後遺症 完全対策マニュアル|平畑 光一|宝島社

コロナ後のエアライン|鳥海 高太朗|宝島社

コロナ自粛の大罪 (宝島社新書)|鳥集 徹|宝島社

スマホ断食 コロナ禍のネットの功罪 (潮新書)|藤原 智美|潮出版社

永寿総合病院看護部が書いた 新型コロナウイルス感染症アウトブレイクの記録|髙野ひろみ|医学書院

シェフたちのコロナ禍 道なき道をゆく三十四人の記録|井川 直子|文藝春秋

ポストコロナのSF (ハヤカワ文庫 JA ニ 3-6)|日本SF作家クラブ|早川書房

コロナ後の教育へ-オックスフォードからの提唱 (中公新書ラクレ, 708)|苅谷 剛彦|中央公論新社

新型コロナの科学-パンデミック、そして共生の未来へ (中公新書, 2625)|黒木 登志夫|中央公論新社

理論疫学者・西浦博の挑戦-新型コロナからいのちを守れ! (単行本)|西浦 博|中央公論新社

コロナ脳: 日本人はデマに殺される (小学館新書 こ 3-3)|小林 よしのり|小学館

新型コロナウイルスはビタミンC、D、亜鉛で克服できる! 専門医の栄養術|柳澤 厚生|主婦の友社

未来のドリル コロナが見せた日本の弱点 (講談社現代新書)|河合 雅司|講談社

疫病と人類知 新型コロナウイルスが私たちにもたらした深遠かつ永続的な影響|ニコラス・クリスタキス|講談社

新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正体 (ブルーバックス)|宮坂 昌之|講談社

新L型経済 コロナ後の日本を立て直す (角川新書)|冨山 和彦|KADOKAWA

コロナ後の世界を語る 現代の知性たちの視線 (朝日新書)|養老孟司|朝日新聞出版

分水嶺 ドキュメント コロナ対策専門家会議|河合 香織|岩波書店