AppleとMicrosoftがもたらしている諸問題

● Table of Contents :

ProResのライセンス料が動画編集の世界を不自由にさせている

結論から申し上げれば、巨大資本がAppleを買収して、ProResのライセンス料を無料にしてしまえばよいと思う。

OSやコーデックといった、基盤技術にかんしては、私有を認めない国際条約を結び、Microsoft帝国、Apple帝国、Google帝国などの私有地をつくらせないことが大切だろうと思う。

著作権を主張して、トールゲートを設けて、通行する人々からおカネを巻き上げる。 このシステムは、[情報の時代]である[みずがめ座の時代]の[抵抗]にしかならない。

Unixが普及せずに、Linuxが普及したのは、ライセンス・フィーの問題が背景にある。

ライセンス・フィーが発生するようなコーデック、OSなどは、最終的には市場から淘汰されていくと思う。

映像業界では、ProResが中間コーデックの事実上の標準になっているけれども、カメラに付いているAll-Intraなら、中間コーデックは何でもいいと思う。

ProResで書き出すだけのために、macOS機を買わせるような戦略は、嫌がらせに等しいと感じる。

映像業界は、脱ProResを図るのが、最終的には、映像業界の活性化になるのだと思う。

脱Apple、脱Microsoft Windows。

macOS XのNFDによるフォルダ名/ファイル名で濁点や半濁点が遊離する

YouTubeの動画タイトルに[macOS XのNFDによるフォルダ名/ファイル名]をコピー&ペーストする人が多く、YouTubeの動画タイトルにおいて[NFDによるフォルダ名/ファイル名で濁点や半濁点が遊離する]という現象が、しばしば見られる。 これは迷惑だから、Appleには、[macOS XのNFDによるフォルダ名/ファイル名]をやめてもらいたい。 また逆に、[macOS XのNFDによるフォルダ名/ファイル名]がWindows機、Linux機との相性が悪いので、それを理由にmacOS離れをするのは、健全なことだと思う。

一見すると使いやすいmacOS機だけれども、[映像キャプチャーボード][グラフィックボード]などが取り付けられるのはMac Proだけである。 Mac Proは高額である。

映像を取り扱う場合、[映像キャプチャーボード][グラフィックボード]などの関係を考えると、Windows機、Linux機を利用するしかないということに気づかされる。

macOS XのNFD - Google 検索

NFDによるいくつかの不具合 - Apple コミュニティ

ストレージのフォーマット方法が[Windows機〔NTFS〕][macOS機〔HFS+〕]というふうにズレている

[Windows]と[macOS]とのデータ交換には「ネットワークを介する」のが最も安全策だということらしい。

ファイルシステム(FAT32、FAT16、NTFS、exFAT、HFS、HFS+、APFS)の違いについて | バッファロー

ライトニングケーブル

誰もが嫌っているライトニングケーブル。

Appleさん、ライトニングケーブルをいい加減、やめてください。 USB-Type-Cに統一してください。

iPhoneの[顔認証だけ]という仕様

パンデミックは、今回だけとはかぎりません。

マスクをしながら認証するなら、指紋認証か、虹彩認証でしょう。

【Apple税】Appleの端末でアプリを導入するとApple税の分だけ割高になる

iOS端末のKindleアプリで、Kindle本をアプリ内から直接買うことができないのは、AmazonがApple税を拒否しているからであるらしい。

Apple税に阻止されて、[iOS端末では不便になっているもの]がけっこうある。

トールゲートを設けて、通行する人々からおカネを巻き上げる。 そういうやり方は、今後は嫌われるだけ。

つまり、iOSという場が嫌われるだけになる。

Apple税があるかぎり、iOS端末端末を利用するのは損だということになると思う。

iPadOSは魅力的な面もあるけれども、Apple税があるのならば、iOSと同じだと思う。

そもそも、iPadOSは、macOSとの連携にこそウマミがある。

しかしmacOS機そのものが、ゲーミングの世界から取り残されてしまい、上に書いたような、いろいろな[迷惑]を世間に及ぼしている。

私だったら、macOS、iOSなどの関係は、[これまで]にしたい。