● Table of Contents :

Web制作のクォリティを決めるのは、CSSではなく、写真の質だと思う

JavaScriptやCSSをこねくり回して、画像がパンニングあるいはズームインされたり、画像が横から飛び出すような小細工をしたウェブサイトが多い。 まったく使いづらいし不愉快きわまりない。

ウェブサイトの魅力は、背景の写真とフォントと、そのフォントを使って語られた文章なんだよ。

カリッとした写真を、モヤッとさせるのは、Photoshopなどがあればカンタンにできる。

しかし、モヤッとした写真をカリッとさせることは無理だ。

つまり、カリッとした写真が、いかに安く撮影できるか。 そこが、ウェブサイトの質を決定づける。

写真も動画も[ピントを外さない]ことが最も大切

写真も動画もピントが速くて正確なグループ(1)|Canon|瞳AFの正確さや粘りが優秀|ただしAFが速くて正確なのはR5やR6など最新の上位機種に限定される

Canonの場合、[すべてがおカネで決まる]というわかりやすいシステムになっており、高価な上位機種はAFが速くて正確である一方、中位機種は上位機種の立場を脅かさぬよう、機能が弱化されているのだと考えて、ほぼ間違いなさそうだ。 その前提からすると、Canonに掘り出し物〔安くて優秀な機種〕は存在しない。 ただし、そのせいで、SONYやFUJIFILMが安くて優れた機種を出すと、Canonから顧客が流出する流れができあがっており、これがCanonがシェアを大きく落としている根本原因となっている。 このタイミングでは、APS-C機であれば、SONYかFUJIFILMにしたほうがよい。 Canonは[EOS Kiss等一眼レフのAPS-C機]を存続させるかディスコン〔開発停止〕にするか、をハッキリ言わない。 Canonは[EOS M系統]を存続させるかディスコン〔開発停止〕にするかをハッキリ言わない。 消費者としてゃ、両方ともディスコンと見なしたほうが現実的であり、ディスコンになるカメラ・レンズを保有しておいても、将来性がないので、値段が付くうちに売り払って、買い換えたほうがよい。 どうして買い換えたほうがいいのかというと、現在のミラーレス一眼は発展途上にあり、後から出た機種のほうが、ずっと性能がいいからである。 とくに、[4K120pで収録してスローモーションを4Kで表現する]というラインが、映像表現をする人が欲する、最低ラインだけれども、[4K120pで収録]が[4:2:0-8bit]なのか[4:2:2-10bit]なのか、カメラ内記録ができるのか、HDMI出力しなければならないのか、などなど、いくつもの懸案事項があるからだ。 ミラーレス一眼は、まだ発展途上。 だから、古いミラーレス一眼は、少しでも値が付くうちに売り払ったほうがよい。 Canonは、明確に意思表明しないことが、カードを温存しておくことだと勘違いしている。 ここでは、明確に意思表明しないことが、消費者に判断材料を与えない〔=不安感をかき立てる〕ため、だったらSONYかFUJIFILMにしておこうという結論に、消費者が行き着くことになる。 Z 50〔Nikon:APS-C〕も単独では素晴らしい機種だけれども、Zマウント〔Nikon〕の低価格帯のレンズが揃っていないので、レンズ選びで行き詰まる。 低価格帯でもAFが優秀なのはSONYである。 Canonの現行機種で買っても失敗がないのは[EOS-1D X Mark III][EOS R5][EOS R6]ぐらいであり、レフ機つまりEFマウント〔Canon〕機は、よっぽど明確な理由がないかぎり、手を出さないほうがよい。 他方、EFマウントのレンズは、RFマウントのカメラボディに付けてもいいし、シネマ機に付けてもいいし、はたまた、Zマウント〔Nikon〕のカメラボディに付けてもいい。 そのように、EFマウントのレンズは使い道が広いので、Lレンズなど、高性能レンズだったら、温存しておくのも一法である。 ただし、レンズはただ置いておくとカビが生えるので、売れるうちに売り払うのもよい考えだ。

写真も動画もピントが速くて正確なグループ|(2)SONY|瞳AFの正確さや粘りではCanonに軍配が上がる|ただしDSC-RX100M7やVLOGCAM ZV-1などのコンデジでも動画AFが爆速かつ正確

SONYは[下位機種においても、最新の技術を盛り込んでくる]ことから、[技術革新の成果を値段を理由に出し惜しみしない会社]と見なしてよいと思う。 ただし、Eマウント〔SONY〕がAPS-Cのレンズマウントとして設計されたものを、強引にフルサイズにも流用しているため、フルサイズでは周辺減光、周辺部の各種収差が目立つ。 SONYのαシリーズのフルサイズ機のカメラ本体を撮影した写真を見ると、イメージセンサーの四つ角が、レンズマウントの円からはみ出している。 つまりフルサイズのEマウント機は、レンズ後端部で、相当に光を屈折させて、イメージセンサーの周辺部へ光を配っている。 これでは、周辺減光、周辺部の各種収差が目立つはずだわな。 したがって、Eマウント機は、APS-C機、または、フルサイズのAPS-Cモードで動画用として運用するのが最良の結果を得る方法だと思う。 またシネマレンズの多くはスーパー35mm〔≒APS-C〕用であり、シネマ撮影ならAPS-Cが最適であろうと思われる。 フルサイズでは、ピントが薄い〔被写界深度が浅い〕ので、かなり絞って撮影するか、スーパー35mm〔≒APS-C〕で撮影したほうが安全だと私は考えている。 したがって、[α6600]を筆頭とする[α6000系]の存在意義は大きい。 ただし、動画機として使用する場合、大容量であるNP-FZ100バッテリーを採用した機種であることが必須と思ったほうがよく、[α6000系]では[α6600]だけがNP-FZ100バッテリーを採用している。 そして、[α6000系]と同じように、軍艦部にペンタ部が飛び出していないα7C、FX3〔シネマ機〕もNP-FZ100バッテリーを採用した機種。 このように、軍艦部がフラットな形状であればこそ、小型軽量のジンバルに載せて運用することができるのである。 ただし、夜間でもなければ、VLOGCAM ZV-1でも相当な高画質で撮影できるので、VLOGCAM ZV-1やDSC-RX100M7といった1型センサーを搭載したコンデジの有用性を見失わないようにしたい。 他方、1型センサーを搭載したコンデジは、暗所になると、途端にノイズが発生し、やっぱりイメージセンサーはデカいほうがいいのだと痛感させられる。 そして、フルサイズの低画素の高感度カメラが最良だということになり、α7S IIIやFX3に行き着くことになる。 なお、SONY機は防塵防滴が甘いので、丈夫な写真機が欲しい場合には、CanonかNikonかOLYMPUSのカメラがよい。 SONYのαシリーズは、厳しくない環境で動画機として使う。 そういう条件で撮影する場合にのみ有効な選択である。 自然の中に入って写真や動画を撮影するとしたら、CanonかNikonかOLYMPUSである。

写真も動画もピントにやや迷いがあるグループ

(3)Nikon|速くて正確なAFはD6というフラッグシップ機に限定される|Z 7Ⅱ/Z 6Ⅱ/Z 5/Z 50などはファームアップを通じて急いでソフトウェアを改善中〔NikonのAFは発展途上〕|画像処理エンジン[EXPEED 6]は旧式ゆえに演算能力が低いのであろう

デジタル一眼レフカメラや Z シリーズに搭載されている画像処理エンジン(EXPEED)を教えてください | Q&A・よくあるご質問 | サポート | ニコンイメージング
画像処理エンジン[EXPEED 6]は演算が遅いと推定されるので、Nikon ZシリーズのAFは遅くてやや迷う。 したがって、Nikon Zシリーズの現行機種を購入するのは時期尚早であり、[EXPEED 7]を搭載した新機種が出てから買うかどうか検討するのが適切である。 早期にフルサイズの写真が撮りたい場合、しかも人物や動物や鳥など瞳のある被写体、動きの激しい被写体を撮影したい場合、NikonならD6にしておくしかないようだ。 D6はレフ機なので、[いまさらレフ機はない]と思っているのだとしたら、RFマウント〔Canon〕へ行くのが自然である。 [EXPEED 6]を搭載したZマウント〔Nikon〕機のAFは、まだ発展途上であるから、[EXPEED 7]を待ったほうが安全であろう。 EFマウント〔Canon〕とRFマウントは、レンズマウントの内径が同じなので、細かい点に目をつぶれば、[EFマウントのレンズをRFマウントのカメラボディで使う]としても、実用上、問題はない。 ただし、RFマウント機は、EOS R、EOS RP〔電池が小型〕ともに、ボディ内手ブレ補正ナシなので、レンズの選択肢が限定される。 かといって、EOS R6やEOS R5となると、けっこう高価である。 つまりCanonには、EOS Rのグレードにあたる、ボディ内手ブレ補正アリの機種が出ていないので、フルサイズ入門を考えている人は、RFマウント機を選びづらい。 そうなってくると、Eマウント〔SONY〕のα7 III、あるいは、α7 IIIの後継機であるα7 IVが最適解になる可能性がある。 いずれにしても、Nikonの画像処理エンジンは、レフ機に向けたものと考えてよく、同じ画像処理エンジンを、処理の重たいミラーレス機に適用すると、演算能力不足となるので、AFがちゃんと動作し、[ピンを外したボツ写真を出さない]という条件で考えると、第1候補として、どうしてもNikonならD6、第2候補がEOS R6やEOS R5、第3候補がα7 IIIやα7R III〔型落ち〕になるのだろうと思う。 価格帯がバラバラだけれども、ミラーレス一眼は、価格帯よりも発売年月日で性能が決まるような部分があるので、ご容赦頂きたい。 ただし、よっぽどのスポーツ写真家でもないかぎり、いまさらレフ機はない、と思う。


Nikonは社内の上層部に、その場にいないほうがいい、ジジイどもが存在する感じがする。 55歳を超えた人は、現場から去ったほうがよい。 過去を切り捨てて、新しく出発するべきこのタイミングにおいて、Nikonは、まだ[飛躍しない選択]しかできていない。 例えば、Nikonの一眼機でオートの撮影をすると、写真が黄色かぶりになる傾向を、いい加減に直さないと、多くの人から見捨てられると思う。 いや、実際に見捨てられた現状が、いまここにある。 Nikonの写真は黄色かぶりになるので、ホワイトバランスで青み方向へ調整してやる必要があります。 どうしてこんな意地悪をするのでしょうか。 いい加減にしてください。 バリアングル液晶を採用しないNikonについて、市場は[Nikon機の嫌われている部分を克服するつもりがない]のだと見なしている。 例えば、バリアングル液晶を採用した機種と、チルト液晶を採用した機種を併売してみるなど、両論併記のような結論だってあり得る。
あの人に会いたい 「技術者 本田宗一郎」
#### (4)FUJIFILM|AFはCanonやSONYに負ける|手ブレ補正はPanasonicに負ける|JPEG撮って出しの色味だけが長所|換算20mmの明るい単焦点がないので自撮りしたいYouTuberにはオススメしません FUJIFILMは、本体もレンズも小型軽量になっている傾向があるので、女性に好まれる。 ただし、Xマウント〔FUJIFILM〕には換算20mmの明るい単焦点がないので自撮りしたいYouTuberにはオススメしません。 SIGMA〔シグマ〕やTAMRON〔タムロン〕の安いレンズを駆使しながら、よい動画・よい写真を量産したい場合は、第1にSONY、第2にCanonです。 中古レンズがたくさん出回っているのは、EFマウント〔Canon〕とEマウント〔SONY〕のレンズです。 ただし、Eマウントのレンズは玉石混淆であり、G MASTERでも解像感がイマイチのレンズがあります。 Eマウントのレンズに大きな散財をするぐらいなら、MOUNT CONVERTER MC-11〔SIGMA〕を介して、EFマウント〔Canon〕のレンズをSONY機で使ってみるのがよいかもしれません。 そして、フィルムシミュレーションの色彩が、好きで好きでしかたがない。 そういう人だけ、FUJIFILMを選んでください。 ただし、フィルムシミュレーションの色彩には、妙に黒つぶれしたおかしな写真になるものがあり、私はそういうのは好きではありません。 それから、FUJIFILMのユーザーが増えてくるにつれて、FUJIFILMの色味の写真ばかりになってゆき、そのうちその色調は嫌われますよ。 私はYouTubeを渉猟して、[シネマティックな動画]とされるものを何本か見ましたけれども、みんなワンパターンですね。 洋楽に合わせて[シネマティックな動画]でスローモーションを多用したVLOGというのは、英語圏のそれを真似たものでしょうけれども、飽きがきます。 FUJIFILMの色味も、[シネマティックな動画]の色味も、お正月のおせち料理と同じですね。 飽きてしまいます。 そうすると、シソ昆布のお茶漬けが食べたくなります。 そういう色味が、最終的に生き残るわけです。

写真用カメラ|Canon、FUJIFILM、SONY

初心者でもキレイに撮れる成功率の高いCanon|瞳認識はSONYを上回る精度|人物撮影中心ならCanon

誰でもカンタンに一眼写真がキレイに撮れる。 それがCanon。 この点には、NikonもSONYも及ばない。 写真・キレイ・カンタンならCanon。 FUJIFILMも、それに迫るけれども、AFの精度はCanonのほうが格段に上。 しかもXマウント〔FUJIFILM〕はAPS-Cであるから、[フルサイズでカンタンにキレイに]といったらCanon一択。

Canonは女性を撮影するプロの写真家にオススメ|アマチュアにとってRFマウントのレンズは高い・重いでやってらんない

RFマウントのレンズは重たいぞ。 [重たくても高性能を求める]という設計思想が貫かれている。 Zマウントは、プロ以外には、やや荷が重い。 レンズが小型軽量なのはSONY。 写真道場。

RFマウントはレンズマウントの基本情報を他社へ開示していない|SIGMAやTAMRONのレンズが使えない

高い買い物になる。

Canonは動画が苦手で熱問題で行き詰まる

高温の警告が出たら、動画の機能が広い範囲で強く制限されるらしい。 R5、R6で動画を撮ろうとするのが間違い。 Canonで動画を撮るなら、素直にCINEMA EOS SYSTEMを選ぶ。 つまり、CanonはCINEMA EOS SYSTEMを生かすために、R5、R6などスチル機の動画性能に制限を付ける傾向が強い。 この商法を見抜いたら、[動画も写真も]だったらSONY、FUJIFILM、Panasonicだと気づく。 ただし、REDなどシネマカメラメーカーがRFマウントを採用している。 Eマウントは選択されなかった。 ここにEマウントの実力のなさが表出している。 ということは、RFマウントのレンズを揃えて、Canonのスチル機と、REDなどのシネマ機で運用する手もある。

Canonはバッテリー周りが鬼門

[給電しながらタイムラプス]などを考えたら、SONYにしておいたほうがいいかもしれない。

Canonは周辺機器が鬼ほど高い

キヤノン バッテリー関連(一眼レフ/ミラーレスカメラ) バッテリーパック 通販|キヤノンオンラインショップ
バッテリー - 一眼レフカメラ用アクセサリー | NikonDirect - ニコンダイレクト
Canonのバッテリーは12000円ぐらいする。 Nikonのバッテリーは8400円である。 ただしNikonはZシリーズのAF性能がイマイチ。 ファームアップで急遽改善中なるも、ピントの確実性を狙うのだったらCanonが安全。 D6〔レフ機:フラッグシップ機〕はAF性能が高いらしい。

エモい色味がカンタンに撮れるFUJIFILM

コンデジを買うぐらいなら、FUJIFILMの安い機種にパンケーキレンズをつけっぱなしで運用する。 FUJIFILMのカメラは、格安グレードでも、かなり高画質写真が撮れるし、色彩はFUJIFILMの色彩であるから、安い機種ほどコスパは高い。 ただし、FUJIFILMの安い機種では、バッテリー容量の関係から、動画は事実上撮れないと考えておいたほうがよい。 撮れるけれども、長回しできなければ、チョコッと使いに使えるだけであり、それだったら、SONYの[α6000系]を買ったほうが動画がよく撮れる。 FUJIFILMは、バッテリー容量の関係から、[XT-4]以外の機種はすべて写真専用機だと割り切ろう。 色はFUJIFILMだけれども、運用面からSONY。 たぶん、SONYが正解。

写真も動画も撮りたければFUJIFILM|ただしXマウントはAPS-C

動画撮影を前提とすれば、新型大容量バッテリーを採用した[XT-4]以外の機種はすべて地雷だと考えてよい。

どこまでいってもXマウント〔FUJIFILM〕はAPS-Cなので暗所で行き詰まる

暗所に強いのは、SONYのα7Sシリーズ。 SONYは暗所に強いというよりは、暗所ノイズを消す画像処理がうまいのだと思う。 SONY機はスターイーター現象といって、撮影した星が消える現象があり、天体写真ファンからはSONY機は嫌われている。

FUJIFILMはレンズが高い|FUJINONレンズはフルサイズ用並みに高いぞ!

FUJIFILMはおカネがかかる。

SONYはAFが速くて正確|ただし瞳AFはCanonに負けている

NP-FW50 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー
NP-FZ100 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

写真も動画も撮りたければSONY

マウント内径が小さくてフランジバックの長いEマウント〔SONY〕のレンズは、G MASTERでも解像感がイマイチ。 Eマウントであんまり高いレンズを買っても損が多い。 Eマウントのレンズは、買ってもいいとこZEISSグレードまで。G MASTERは高い割によくない。 [α6000系]ないしは[α7無印系]の最新機種を狙うのが最良。 [NP-FZ100]なら[買い]、[NP-FW50]なら[見送り]。 画像処理エンジンが[BIONZ XR]なら[買い]、[BIONZ X]なら[見送り]。 メニュー構成が[α1、FX3、7S Ⅲ]で採用された[新式]なら[買い]、[旧式]なら[見送り]。

Eマウント〔SONY〕は周辺減光がひどいのでAPS-Cで動画専用機として運用せよ

一眼動画としては、[α6000系]ないしは[α7シリーズのAPS-C運用]が、最適解だと思う。

NikonはAFが鬼門

瞳AFの確実さから、フルサイズの一眼写真ならCanonが有利

Nikonはオートで撮ると黄色かぶりするのでホワイトバランスで調整する必要がある|いい加減、この黄色かぶりをやめないとNikonから他社へ移る人が増えるばっかりになるぞ!

Zマウント〔Nikon〕の光学性能はフルサイズシステムで最良

Zマウントのレンズは大きくて重たくて高価|これでは売れないよ

[重たくても高性能を求める]という設計思想が貫かれている。 Zマウントは、プロ以外には、やや荷が重い。

Zマウントはレンズマウントの基本情報を他社へ開示していない|SIGMAやTAMRONのレンズが使えない

高い買い物になる。

動画用カメラ|SONY

動画AFがすぐれているのはSONYとCanon|Canonでの動画撮影は、熱問題その他、問題が多すぎる|消去法でSONY一択

Eマウントは周辺画質がとても残念|Eマウント機はAPS-C運用の動画専用機とするのが正解だろう

ということは、[α6000系]をジンバルに載せてうまく運用するのが、最良の選択の1つになるだろう。

SONY/FUJIFILMのミラーレス一眼|概況

  • 動画も写真も撮りたい場合、第1候補がSONY、第2候補がFUJIFILMになります。
  • Eマウント〔SONY〕とXマウント〔FUJIFILM〕は、マウントの基本情報を他社に開示しています。 とくにEマウントでは、TAMRON〔タムロン〕やSIGMA〔シグマ〕から、安くて高性能なレンズが、けっこう出ています。 このレンズ環境が好まれて、Eマウントへ人気が集中している側面もあります。 またZマウント〔Nikon〕、RFマウント〔Canon〕ともに、マウントの基本情報を他社に非開示であるため、TAMRONやSIGMAの安くて高性能なレンズが使える見込みが立たない。 そこから、Zマウント、RFマウントが敬遠されている印象も受けています。
  • Xマウントでは、他社製レンズはあまり出ていません。 それに加えて、Xマウントでは換算20mmの明るい〔F2.0未満の〕AFが静かなレンズが出ていません。 焦点距離20mmは、デスクトップにカメラを置いて自撮りをするのにちょうどよい焦点距離です。
  • フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ | Lenses | 富士フイルム Xシリーズ & GFX
  • FUJINON XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZという[換算22.5-67.5]のキットレンズがFUJIFILMにはあります。 しかし、これは明るいとはいえず、そこまで高画質のレンズともいえません。
  • FUJIFILMは、広角レンズの選択において行き詰まります。
  • SONYのレンズ設計のコンセプトは、小型軽量です。 Zマウント〔S-Line:高級路線〕のレンズと比べると、G MASTERレンズ〔SONY:高級路線〕でも、いまいち解像していない感じです。 これはレンズというよりも、Eマウントのマウント内径が小さく、フランジバックが長いためであろうと推測されます。
  • SONY機は、レンズにそこまでおカネをかけてもアレなので、純正レンズを買うとしたら、ZEISSツァイス〔中級路線〕までに留めておいたほうが、コストパフォーマンスを高く維持できると思います。
  • SONY機は、高級路線のレンズでも、限界効用が小さい〔高い割にそこまで高画質でもない〕わけです。 これはEマウントの設計がAPS-Cに向けた設計だからだと思います。
  • 結局、SONYのミラーレス一眼は、APS-C機またはフルサイズのAPS-Cモードで、動画撮影を中心に運用するのが、最もその良さを引き出すことができるのだと思います。
  • もちろん、Eマウントとて、写真もそこまで悪いわけではありません。
  • REDからRFマウント〔Canon〕の新機種が出ているようです。 Eマウント〔SONY〕でない。 そこからお察しなわけで、Eマウントの設計では、いくらG MASTERレンズ〔SONY:高級路線〕を使っても、周辺減光、周辺部の収差が大きいため、結果が良くないのです。 SONYは、早くEマウントよりもマウント内径の大きい、フランジバックの短い、新マウントを発表しなければ、最終的にはCanonやNikonに負けます。 そして、Eマウントであんまり高いレンズを買っても、ペイしないと思います。 つまりEマウントは、フルサイズのAPS-Cモードで、あるいは、APS-C機で、コンパクトに動画専用機として運用する路線が最適解なのです。 ということは、α7シリーズではなく、α6000系で大容量バッテリーを搭載し、ボディ内手ブレ補正アリの機種が、SONYにおいて最も[買い]の機種だと思います。

Canon RFマウント搭載のシネマカメラ、そろそろRED KOMODOの話をしませんか? - cinemagear 映像制作機材info

Nikonのミラーレス一眼|概況

  • Nikonは動画AFに問題があるようで、CanonやSONYより、何周も周回遅れである。 動画を真剣に考えている場合、Nikonだけは避けたい。
  • Nikon機は、Canon機よりも、条件によって成功率が低くなる場合があるようなので、フルサイズミラーレス一眼で確実に失敗なく写真を撮りたい場合、フラッグシップかつレフ機であるD6〔Nikon〕を選ぶか、Canonに乗り換えたほうがよい。 Nikonのソフトウェア性能、ソフトウェアの稼働を支える映像処理エンジン〔プロセッサ〕の性能など、いろいろな面で、Nikon機は[電子機器としてのカメラ]という面で、SONY、Canon、Panasonic、FUJIFILMよりも、かなり遅れている印象を受けた。 Zマウントの光学特性は、国内フルサイズのマウントとして最良であり、これは強みである。 しかしカメラで大切なのは、レンズだけではなく、[電子機器としてのカメラ]という面なのであるから、フルサイズで確実に写真が撮りたい場合、筆頭はCanon、次にSONYであろうと思う。 Zマウント機は、しっかりフォーカスが当たっていれば、RFマウントよりも解像感の高い写真を生み出す。 しかし、NikonのAFがアレなので、その成功率が低いようだ。 腕がなくても成功写真が量産できるのはCanonである。 この点は、Canonが長年売れ続けている理由であり、RFマウントでも、しっかりその長所が継承されている。 ただしそれは、スチルのRFマウント機を写真機として使った場合のことであり、スチルのRFマウント機を動画機として使った場合は、いろいろと問題が出てくるようだ。
  • NikonはZマウント〔Nikon〕にかんして、マウントの基本情報を他社に開示しない方針であるらしく、当分のあいだ、Zマウントのレンズが、SIGMA〔シグマ〕やTAMRON〔タムロン〕から出ることはないでしょう。
  • SONYのレンズ開発のコンセプトが小型軽量であるのに対して、Nikon〔Zマウント〕、Canon〔RFマウント〕、Panasonic〔Lマウント〕は、大きくて重くてもいいから、真正面から高画質を求めていく、というものです。
  • NikonのZマウントのレンズは、高画質でキレキレですけれども、大きくて長くて重たいので、広角の単焦点以外は、ジンバル運用には適しません。 ということは、NikonのZマウント機を使って、ジンバルで動画を撮ることは、最初から考えないのが実際的でしょう。 いいかえれば、Zマウントのレンズラインナップから考えて、NikonのZマウント機を動画撮影に使うことは、事実上、無理です。 ということは、NikonがZマウント機において、バリアングル液晶〔自撮り動画には必須〕を搭載することは、まずないと踏んだほうがいいと思います。
  • レンズシステムが大きく重たくなったとしても、最高に解像している、高画質の写真を撮りたい場合はZマウント〔Nikon〕を選択するのが適切です。
  • しかし、機動性を重んじ、画質よりも写真の内容を重視したい人は、Eマウント〔SONY〕をオススメしておきます。
  • Nikonは、写真のプロが選ぶカメラだけを出す会社になってきている印象です。
  • もちろん、Z50〔APS-C〕も出していますけれども、APS-C用のレンズが豊富ではありません。 したがって、レンズの選択で行き詰まります。

Canonのミラーレス一眼|概況

  • RFマウント〔Canon〕のレンズは、AF駆動音、AF駆動振動が大きめに出るらしく、動画撮影には向いていない面があるのかもしれない。
  • RFマウント機は、写真機としては素晴らしい性能をもつので、写真用と割り切る。
  • RFマウント機については、動画撮影時の熱問題がいろいろあるようで、動画撮影を真剣に考えており、トラブルに巻き込まれたくない場合には、SONYかFUJIFILMかPanasonicにしておくとよさげである。
  • RFマウント機は、充電のパワーデリバリー関係において、いろいろと制約があり、面倒臭そうである。
  • SONYはそういう意地の悪いことをせず、安い機種にでも、最新の技術をドバッと盛り込んで、新しい物を買った人に、たっぷりとお礼をする会社である。
  • 中長期的に見て、意味のない散在が多いのはCanonユーザーだと思う。 例えば、瀬戸弘司さんがC100 Mark IIを買ったけれども、結局、使わないで売ってしまった。 その原因は、動画AFが中央1点でしか合わないとか、そういうことだったと思う。 つまりCanonは、下位機種に[消費者に罰を与えるトラップを仕込んでおく]んだよね。 それで、上位機種を買わせる戦略。 この手がまだ使えるとでも思っているのかね? 
  • CanonはC70〔スーパー35mm〕ではRAWを撮らせない。 Canonは、こういう底意地悪いことをする会社である。 じつは、このCanonの底意地悪さこそが[SONY躍進の陰の功労者]なのである。
  • FX6〔フルサイズ〕のオートNDフィルターは神機能。 やっぱり、ドキュメンタリーとかを撮影する場合、室内から室外へ、またその逆など、光量の大きな変動があるのが普通である。 そのとき、NDフィルターがオートだと、カメラ任せにできる。

SONY FX6とCanon C70を徹底比較!シネマ入門機の買いはどちらか?【VLOG #8】

  • CanonはRFマウント〔Canon〕にかんして、マウントの基本情報を他社に開示しない方針であるらしく、当分のあいだ、RFマウントのレンズが、SIGMA〔シグマ〕やTAMRON〔タムロン〕から出ることはないでしょう。
  • SONYのレンズ開発のコンセプトが小型軽量であるのに対して、Nikon〔Zマウント〕、Canon〔RFマウント〕、Panasonic〔Lマウント〕は、大きくて重くてもいいから、真正面から高画質を求めていく、というものです。
  • CanonのRFマウントのレンズは、高画質でキレキレですけれども、大きくて長くて重たいので、広角の単焦点以外は、ジンバル運用には適しません。 ということは、CanonのRFマウント機を使って、ジンバルで動画を撮ることは、最初から考えないのが実際的でしょう。 いいかえれば、RFマウントのレンズラインナップから考えて、CanonのRFマウント機を動画撮影に使うことは、事実上、無理です。 CanonはRFマウント機において、バリアングル液晶〔自撮り動画には必須〕を搭載しています。 ただし、20mmの明るい単焦点を出していないので、デスクトップにカメラを据えて、自撮り動画を撮影するスタイルの動画づくりには、RFマウント〔Canon〕はむいていません。 つまり、YouTube動画を撮るためにRFマウント機を選択するのは、選択としては誤りです。
  • レンズシステムが大きく重たくなったとしても、最高に解像している、高画質の写真を撮りたい場合はRFマウント〔Canon〕を選択するのが適切です。
  • しかし、機動性を重んじ、画質よりも写真の内容を重視したい人は、Eマウント〔SONY〕をオススメしておきます。
  • Canonは、写真のプロが選ぶカメラだけを出す会社になってきている印象です。
  • EFマウント〔Canon〕のレンズ、カメラは、ディスコン〔開発停止〕へ向けて動き始めているように見えます。
  • EF-Mマウント〔Canon〕のレンズ、カメラが、ディスコン〔開発停止〕になるかどうかは不明です。 しかし、FUJIFILMほど精力的にAPS-C機を出してはいないCanonですので、EF-Mマウントの存続も、私は怪しいと見ています。 ミラーレス一眼は発展途上にあり、半年すれば古い機種と見なして結構です。 Canonが新機種を精力的に出していない時点で、APS-C機であれば、FUJIFILMかSONYにしておいたほうがいいということを、ご忠告申し上げておきます。
  • EF-Mマウントはそもそも、レンズが豊富ではないので、レンズの選択で行き詰まります。

Blackmagic Designのカメラ

Blackmagic Designのカメラには[AFC〔オートフォーカス・コンティニュアス〕]つまり[動画AFを連続動作で稼働させておく]という概念がないらしい。

10万円ちょっとのコンデジで、[AFC〔オートフォーカス・コンティニュアス〕]つまり[動画AFを連続動作で稼働させておく]という機能において、恐ろしいぐらい速くて正確なRX100VIIやZV-1Gが異常に安いのである。

写真用のイメージセンサーを広く使えば、12Kなど、見かけだけはスゴいカメラをつくることは、誰にでもできる。 悪いが、Blackmagic Designのカメラは、幼稚に見える。

これまで、Blackmagic Designの安いシネマカメラは、たくさん出てきたけれども、どれもイマイチであった。