[もくじ]を見るor閉じる

▼もくじ▼

▲もくじ▲

Weblio辞書も[ディティール]だって|インターネット情報はアテにならん

ディティールとは何? わかりやすく解説 Weblio辞書

[デティール]というのは初耳だぞ|このライターは、[カタカナを正確に発音する回路][英語の発音を正確にカタカナに直す回路]が故障している

「デティール」とは?意味や使い方を解説! | 意味解説

[【ダメ】ディティール]君!の致命的な欠点|誤用を誤用と気づかずにいる大人が活動していることによって、子供たちが[【ダメ】ディティール]というウソの情報を覚えるんだよ

大人が間違ったことをしていると、子供たちが、それを見て[正しいのだ]と勘違いしてしまう。

コピー元である大人がダメだと、次世代の子供たちをダメにするんだよ。

そうそう[【OK】ディテール]ですよ|[牛テール煮込み]の[牛テール]の[牛]を[ディスる]の[ディ]に換えて[【OK】ディテール]でいいのに、どこから[【ダメ】ディティール]という発音が出てくるのかな? 

フルサイズではなくM4/3やAPS-Cを愛用する理由を語り尽くした|あき【FUJIFILMと素敵な日常】さんコラボ
JPG画像からパス編集できるベクターデータにする方法/Affinity Designer,Affinity Photo,Convertio使用|Windows|PC版
JPG画像からパス編集できるベクターデータにする方法/Affinity Designer,Affinity Photo,Convertio使用|Windows|PC版|【誤用】floodは[フラッド]

自動車のレースで、[テール・トゥー・ノーズのデッドヒート]=[シッポに鼻がくっつくぐらいの、激しい【追いつ追われつ】のレース]っていう言い回しがあるよね? 

要するに、追われる車のシッポ〔馬のシッポ〕に、追う車の鼻〔馬の鼻〕がピッタリとくっつく。 それぐらいの僅差の追っかけレースだということを、[テール・トゥー・ノーズのデッドヒート]という。

髪型の[ポニーテール]とは、[ポニー〔小柄な馬の一種〕のシッポ]のこと。 [テール]はシッポのことで、お肉屋さんの[牛テール]の[テール]と同じ単語だよ。 tailテイルの前にdeディをつけたら、detailディテイルでしょ、どう見ても。 どこから[【ダメ】ディティール]という発音が出てくるんだよ。

  • fanを[ふあん]と読むことの逆が、[ディテイル]を[【ダメ】ディティール]と読み違えること。

綴りから、どのような発音が導き出されるかは、不規則ながら、フォニックスという分野としてまとめられている。 tailテイルを[【ダメ】ティール]と読むような、そんなフォニックスはないよ。

[細かな部分]は[^ディーテルズ]だよ|[D照る図]って言ってみな|Dは[デー]じゃねぇぞ|Dは[ディー]だ|カタカナをちゃんと読め!

  • details^ディーテルズさい〕[D照る図]
  • detailsディ^テイルズさい〕[出ィている図]

[【ダメ】ディティール]という言い回しを使うだけで[こいつ英語がわからないのにカタカナ用語を使っていて頭悪そう][そもそもカタカナが読めないのかも]って思われちゃうんだよ

カタカナの元になっている原語をしっかり調べて、その発音記号や音声を確かめ、その発音記号や耳で聞いた音を、そのままカタカナとして発音すればいい。

写真家、デザイナーなどが[【ダメ】ディティール]という誤った言い回しを使いがち。 ほんと、こっちが恥ずかしい。 誤りを指摘することも失礼だと思うし、いろいろと、モヤモヤする。

[【ダメ】ディティール]から何を感じるのかというと、高校時代に英単語をちゃんと勉強していない、とわかる。

関係ないけど、孫正義が[【ダメ】どくだん]って言っていた。 [【OK】どくだんじょう]だよ。 社長が恥をかくから、周囲がチェックしろよ。

【部屋がダサくなる原因】この色を使えばインテリアが上手くいく安全な配色

ぶっちゃけると、写真系、アート系、不動産系〔インテリア系〕って、[美]のほうばかりに意識を向けていて、[頭脳]がちょっと弱い感じがするから、[【ダメ】ディティール]という発音をしている時点で、[やっぱ、この人アホなのかな?]って思われちゃうんですよ

これから話すことは、とてもキツい言い回しだけれども、相手を傷つけようという意図はないよ。 平気で間違った言い回しを使う人がいて、その人が間違った言葉遣いをするたんびに、私は[いたたまれない]気持ちになる。 この[いたたまれない]気持ちを、この項の文章にぶつけているので、きわめて意地の悪い言い回しになっている。 そこをご了承ください。


こういうのも、完全に偏見なんだけど、やっぱり、勉強ができないから写真系、アート系などに進学する。 そういう世間でのイメージは強いと思う。

なぜバカは"カタカナ語"を使いたがるのか 本当の意味、知っていますか? | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)
なぜバカは"カタカナ語"を使いたがるのか 本当の意味、知っていますか? | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

結論を述べれば、[知性だけでも事は成らず]+[感性だけでも事は成らず]=[知性と感性との調和を重んじた融合]を追い求める必要がある。

  • [【ダメ】ディティール]君は、感性はすぐれていても、知性が足りていない。 その不足感・自己無価値感を心理学的な意味で補償しようとするとき、[カタカナ用語を多用することによって、自分よりも低い相手を煙に巻く]というやり方をするのだと思う。 [【ダメ】ディティール]という言葉を使うことによって、間接的に[自分よりもバカをバカにする]ことによって、勝利感を得ようとする、そのセコさが[問題]の核心部分なんだよ。 そのきょうさにかんして、マイナス一億ポイント。
  • それから、自分はまだ中の上ぐらいに勘違いしているからこそ、自分よりもバカをバカにしようとしているわけでしょ?  その位置感覚、間違ってっから。 [【ダメ】ディティール]は、下から数えたほうが早い。
  • どうせバカなんだから、かしこぶるのやめとけ!  これは悪い意味じゃねぇぞ。 誰だってみんなバカなんだから、おかしなを捨て去って、になれってことだよ。 ていさいきょえいしん、ハッタリをかますうさんくささなどを、捨て去れってこと、 どうせバカなんだから。 [【ダメ】ディティール]君には理解できるかどうかわからんけれども、[どうせバカなんだから]というのは、無知の知を悟り、そのうえで、着実に[成長・進化]していこうぜ、という応援なんだぜ。 そして、他者に対してマウントを取っても、[【ダメ】ディティール]君、キミ自信の知性は上がらねぇから。 自分の知性を本質的に上げることによって問題解決をするのではなく、[【ダメ】ディティール]のような[言葉使いという小手先のテクニック]で、自分の知性のなさを心理学的な意味で補償しようとしている、その[成長・進化]を諦めた姿勢がダメなのよ。 ちゃんと勉強しろよ。
  • いいかえれば、相手にわからないような言葉は、注釈を入れて使うぐらいの[相手への配慮]ができない[【ダメ】ディティール]君だから、[【ダメ】ディティール]君の位置にいるわけよ。 上に上がりたいんだったら、かしこぶらずに、相手にわかりやすい言葉を使いなさいよ。 自分を低くして、[ここから頑張るんだ]って思っている人が、一所懸命に勉強して、尺取り虫のように[成長・進化]していくことができるのだと思うぞ。
  • [【ダメ】ディティール]っていう言葉使いをすれば、[ターボブーストモード]に入って、自分の知性が擬似的に向上するとでも思ったのか?  バカかよ?  その安易な発想が、[【ダメ】ディティール]君をその位置に固定してしまっているんだよ。
  • 写真系、アート系などで、カタカナ用語を乱発する人は多いけれども、[【ダメ】ディティール]君は、言葉を使うとき、辞書を引いて確証を得てから言葉を使うような、そのたぐいの慎重さがない。 この時点で、コイツには大きな仕事は任せられないと思うよ、マジで。
  • [【ダメ】ディティール]君が多いのは、贅沢品を取り扱う業界が多いと思う。 建築、インテリア、自動車、高級家具、繊維産業〔アパレル産業〕つまりお洋服、腕時計、宝飾品などなど。 単価が高い世界。 いいかえれば、価格的にハッタリをかましている世界。 いいかえれば、うさんくさい業界。 こういう世界に[【ダメ】ディティール]君が多いわけよ。
  • 知性も高く、心根も優しい、ちゃんとした人格の人に儲けさせてやりたいって、素直に思うんだよ。 カッコつけてるバカにだけは、絶対に儲けさせたくないってのが、実際、あるんだわ。 私は高級なものが苦手なんだよ。 なぜかというと、アッタマ悪いくせに、カッコつけてるバカが、ぼったくり価格で騙そうとしてくるじゃん?  そういう世界に[【ダメ】ディティール]君がウヨウヨしているわけよ。
  • 素朴さとか、素直さとか、善良さとか。 [【ダメ】ディティール]君、悪いけど、キミからは、そういうのが感じられないんだ。
  • さらに言えば、[【ダメ】ディティール]というカタカナ用語は、そもそも使う必要がない。 使うとしても、慎重にTPOを選ぶ必要がある。 そして、[【ダメ】ディティール]という発音だと、オマエのアッタマの悪さと、マウントを取ってやろうという薄汚れた根性が出てしまっているから、その時点でアウト。 自信がないから、ハッタリをかまそうとしてスベるんだよ。 そもそも、[他者の上に立とう][マウントを取ろう]などといった、腐った根性があるから、[【ダメ】ディティール]という言葉を使うんだろ?  その[人間を序列で考える発想]は、悪魔が植え付けた発想だぞ。 そのハッタリを捨てろ!  自分を立派そうにプロっぽく見せかけようとするな。 本当のプロは、偉ぶらないんだよ。

[細かな部分]まで、手を抜くことなく、しっかりとつくり込まれている。 そんな言い回しをすればいいのであって、[【ダメ】ディティール]などという、間違った言い回しを使ってまでして、アーティストぶる必要もないんだと思うよ。

バカなら、バカなりに、真っ正直に、素直に、純粋に生きてみろよ、[【ダメ】ディティール]君! 

バカなのに、バカでない風を装う、そのごまかしに満ちた生き方が、私から見ると、とても見苦しいんだよ。

カッコつけんなよ、変なところで。


不動産とか、自動車とかって、高い買い物でしょ?  不動産物件とか、自動車とかを説明する人が、[【ダメ】ディティール]とか言ってたら、[やっぱ、この人はダメだろうな]って思うよ、私だったら。

どうしてかというと、頭が悪いと、やらかしが多いんですよ。 つまり、頭が悪いと、気が回らないので、不注意からの致命的なミスをする場合が、ままある。 そういうリスクを背負ってまでして、この[【ダメ】ディティール]君とともに歩む気はないよ、ってことだよ。

できない人は、相手に負担をかけるの。 頼られたら、重たいの。

これは、できない人を見下しているのではなく、できない人と組んで何事かに取り組むと、こっちに負担が来るから、いっしょに歩めないんだよ、[【ダメ】ディティール]君!