ゆきんこの勉強法 | 自修人

unchain yourselves

17 Oct 2020

過去と他人は変えることができない。自分と未来は変えることができる。本当にそうか?|You cannot change others or the past. You can change yourself and the future. Is that true?

実際には過去も他人も変えられる

[You cannot change others or the past. You can change yourself and the future.]=[過去と他人は変えることができない。自分と未来は変えることができる]は、カナダの精神医学者エリック・バーン〔Eric Berne〕の言葉とされる。

【マンデラ効果】バシャールの語る時間やパラレル、5次元世界について
マンデラ効果の第二弾。パラレル移動する世界。地図やロゴの変化etc...


時間の流れが[過去]→[現在]→[未来]というふうに順番に進んでいき、[*時間は巻き戻せない][*時間は不可逆反応のエネルギーである]とする見方は、実際とは異なるようです。 実際には、[過去][現在][未来]は同時並行的に存在して、[過去][現在][未来]それぞれの中が無数の並行現実で構成されているようです。 そして[現在]においてポジティブな選択をした場合には、[過去]や[未来]にかんしても、その[現在]のポジティブな選択に矛盾しないような並行現実が選び直されるようです。 また[過去]にまつわるとらわれを癒すことにより、[現在][未来]までポジティブな状態に変化する、ということもあるようです。 つまり、簡単に書き換わっていくのが、現実という幻想なのだということらしいです。


[*過去・過去世はすでに決定しており、変えることができない]という正しくない思い込みを捨ててください。 [過去・過去世の記憶にとらわれ、過去・過去世について悔やむ][いまここに全力で集中できない]などの副次的な思いは、[*過去・過去世はすでに決定しており、変えることができない]という[誤解][誤った認識]から派生した[必要のない思い]でしかありません。 しかも[罪悪感][無価値感][無力感]などを前提に捉えていると、[*自分が責められている][*自分は悪いことをしているので叱責や罰を受ける必要がある]など、余計にネガティブな思いを巡らせる結果となります。 それらは、すべて[あなたの【周波数】ではない]から[統合]できます。 つまり、そこから抜け出せます。


[*変えられない過去]だと思うから、余計に執着して、とらわれてしまう。 こういうワナになっているわけです。 実際には、[現在]の自分がポジティブな選択をすれば、その選択と矛盾しない[過去][未来]が、再選択されるようです。 いいかえれば、[過去・現在・未来の並行現実は選び直すことが可能]いいかえれば[過去・現在・未来は書き換えが可能]です。 もちろん[*エゴに基づいて、あらゆるかたちに書き換えが可能である]ということではありません。 しかし、[いまここ]で何かポジティブなことを選択すると、それにともなって、[過去][未来]が、再選択されるようです。 したがって、[いまここ]で何を選択するか。 ただその1点だけに集中し、[いまここ]を生きるだけでいいのです。 その他のことはオートマチックに連動していきますので、意識する必要はないのです。


結局、いまここのあなたが何を選択するか、その意思をしっかりと決定することだけが肝心なのです。 [決める]ことが、あなたの仕事であり、あなたの責任なのです。 それ以外は、幻想ですので、自分の仕事や責任ではありません。