白癬菌に感染したらプラナロムのTea Tree Oil(ティートゥリーオイル/ティーツリーオイル)

アロマオイルの業者の大半は、混ぜ物をして希釈しているらしいです。

しかしプラナロムのTea Tree Oilは、たいへん濃度が高く、殺菌力が強そうです。 プラナロムというブランドは信頼できそうです。

ただし、プラナロムの日本輸入代理店である健草医学舎が「日本独自の品質検査」などの名目で大きな中間マージンを載せている感じですね。

これはホセ・カレーラス(干して枯らす)ですね。

ラマンチャの男(ホセ・カレーラス).wmv - YouTube

海外からアロマオイルを個人輸入する具体的な方法 – ページ 5 – 実用的なDIY生活
海外からアロマオイルを個人輸入する具体的な方法 – ページ 2 – 実用的なDIY生活

プラナロム エッセンシャルオイル・精油|健草医学舎 – プラナロム社ケモタイプ精油 日本輸入代理店

イギリスのサイトと比べてかなり割高 イギリスのサイトで「¥579」で売られている「プラナロムのTea Tree Oil 10 ml」が、日本のAmazonでは「¥ 3,132」で売られている。 ちょっとやりすぎですね。

ラマンチャの男(ホセ・カレーラス).wmv - YouTube

Search of "pranarom tea tree oil"
Sorted by
Pranarôm Essential Oil Tea-Tree 10ml
Pranarôm Essential Oil Tea-Tree 10ml
¥579.00
¥57,900.00 kg/L
In stock


Pranarôm Bio Essential Oil Tea-Tree 100ml
Pranarôm Bio Essential Oil Tea-Tree 100ml
¥6,369.04
¥63,690.40 kg/L
In stock

Pranarôm Bio Essential Oil Tea-Tree 10ml
Pranarôm Bio Essential Oil Tea-Tree 10ml
¥731.97
¥73,197.00 kg/L
In stock

5 / 5
Pranarôm Essential Oil Tea-Tree 30ml
Pranarôm Essential Oil Tea-Tree 30ml
¥1,624.50
¥54,150.00 kg/L
Out of stock

引用元: Search of: pranarom tea tree oil

希釈する場合の溶媒として

iHerb.com - カスタマーレビュー -Aura Cacia, Organic、Tea Tree、0.25 fl oz (7.4 ml)

tea tree oil 白癬菌 - Google 検索
tea tree oil 水虫 - Google 検索
tea tree oil いんきんたむし - Google 検索
tea tree oil カンジダ - Google 検索
tea tree oil 真菌 - Google 検索
tea tree oil 使い方 - Google 検索
tea tree oil 効能 - Google 検索
tea tree oil アボリジニ - Google 検索

Cocooncenter.co.ukでaccountを取る|クレジットカードかPayPal決済

●プラナロムのTea Tree Oilは、Bioと付くものは未精製/天然で、やや値段がお高くなっています。

プラナロムのTea Tree Oil|上から順に単価がお安いものからお高いものへ Pranarôm Essential Oil Tea-Tree 30ml | Buy at Low Price Here
Pranarôm Essential Oil Tea-Tree 10ml | Buy at Low Price Here
Pranarôm Bio Essential Oil Tea-Tree 100ml | Buy at Low Price Here
Pranarôm Bio Essential Oil Tea-Tree 10ml | Buy at Low Price Here

アカウント登録には、日本の住所を英語表記にする必要があります。

JuDress | 住所→Address変換

国会議事堂の住所「100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1」を「実用的に変換」すると「1-7-1 Nagatacho, Chiyoda-ku, Tokyo, 100-0014, Japan」となりました。

Cocooncenterのアカウント登録では、記入欄にペーストすることができない仕様になっています。 この仕様を無力化させるためには、Windowsのメモ帳でも、テキストエディタでも、ワープロソフトでもいいですから、そこに文字を文字を表示させた状態で、 入力したい文字列を選択してハイライトさせ、このハイライトされた部分をドラッグ・アンド・ドロップによって、記入欄にドロップしてやります。 そうすると、カンタンに入力できます。

ドラッグ・アンド・ドロップ - Google 検索

●First Nameとは、「洗礼名よりも先に(いの一番に)、親からつけられた名前」と覚えるらしいです。つまり、「太郎」「花子」のほうがFirst Nameで、Last Nameが「山田」のほうです。

●Cocooncenterでは「クレジットカード」または「PayPal」でしか決済できません。

●Cocooncenterの代金をPayPalで決済するとき「円とポンドの両替料がPayPalによって徴収されます(少額ですが)」。

●Cocooncenterで決済のとき「PROMO CODE」を入力すると10%引きになりました。入力するのを忘れないように。

●Cocooncenterは送料は自己負担で、いちばん下(2000円弱ぐらい)から2番目の2500円ぐらいかかるものを選択しました。

●Cocooncenterは荷物の紛失保険に入るかどうかきいてきたので、200円弱だから、いちおう保険は付けておきました。

●Cocooncenterのアカウント登録では、携帯電話番号を登録する必要があります。 国をJapanにすると、080-0000-0000という形式の実例が表示されます(ハイフンありで登録)。

●Cocooncenterのアカウント登録では、登録住所を記入する順番がメチャクチャ/バラバラです。

●Cocooncenterのアカウント登録では、Country(Japan)を選ぶとState(都道府県)が選べるように画面が変わります。

●郵便番号はハイフンありで登録し、市の名前を入れる欄があります。 Fuchu-shiなど、Chofu-shiなど、私は末尾に-shiを入れました。

●1-7-1 Nagatachoに該当する住所を「住所欄の第1の枠」にドロップしました。

●「住所欄の第2の枠」は空欄としました。

●「住所欄の第3の枠」に「なんちゃらマンション何号室」的な住所をドロップしました。

ティートリー 100ml インセント アロマオイル|たしかに傷口の治りが早い|森林浴の香り

『ティートリー 100ml インセント アロマオイル』を購入して使用しています。 『ティートリー 100ml インセント アロマオイル』は希釈されている感じで、殺菌の効能は弱められているという印象を受けました。

ただしこれも、用途によりけりです。 お口をすすぐためにコップ1杯の水に何滴かたらす。 そういう目的だと、希釈されたオイルのほうが使いやすいと思います。 ただし、希釈オイルの割に割高だとは感じますね。

Tea Tree Oilを使用する目的が「香りを楽しむ」ということではなく、「皮膚病の治療」である場合、『ティートリー 100ml インセント アロマオイル』は適合しない面があると思います。

(0)ビンの口には、樹脂製の1滴ずつしか出ないようなストッパーが付いています。 あと、Tea Tree Oilの有効成分は、たぶん揮発性であり、古いTea Tree Oilを使用しても効能が劣ると思うので、あまり大瓶のを買わないで、小瓶のを少しずつ買い足していく感じがよいであろうと思います。 あまり長くストックしておくと、有効成分が揮発して飛ぶと思います。

(1)このTea Tree Oilの香りは、「ヒノキ精油」に「シナモンの香り」や「クチナシの花の一部をなしている甘い香り」を足したような香りです。 「森の奥で森林浴をしているような香り」や「高級な温泉の木製の浴槽のような香り」がします。

(2)Tea Tree Oilを肌に直接つけると高い浸透力を感じます。 小さな傷がものすごく早く治ります。

Tea Tree Oil配合のクリーム

抗真菌作用があるらしい。

ニキビができにくくなり、ニキビがすぐに治るらしい。

Tea Tree Oil配合の液体石鹸

抗真菌作用があるらしい。

ファンガソープEX‐品質世界No.1 お客様の98%がその効果を実感

Amazonでも販売されていますけれども、本家サイトのほうが安い。 「1万円以上買わないと送料無料にならない」点に注意が必要。

膀胱炎の原因は大腸菌らしい|膀胱炎のサプリメント

辛い膀胱炎を撃退!膀胱炎サプリ「クランジンプラス」ドクターズチョイス品質世界No.1

MMSについて

MMS(Miracle Mineral Supplement)については、次のサイトの情報が正しいと私には感じられ、ほかのサイトの情報は、「かなり誤解を生みやすい」という感じがしました。

MMSと言うサプリメント
MMS2の準備と飲み方
MMS

こちらのサイトからMMSの液体を購入しました

MMS

到着しました。

サイトをよく読んでから実験に入ります。

MMSについての私の見解

世の中の病気の半分くらいは、私たちの免疫力が低下したところを狙って、ばい菌やウイルスが体内に侵入して病気になる。 そういうことだと思います。

免疫機構が何をやっているのかというと、対象から電子を奪う(対象を酸化させる)ということらしいです。

MMSというのは、「全身にひそんでいるばい菌やウイルスをまとめて酸化させる」というものらしいです。

ばい菌やウイルスに感染していて、ふだんは症状が出ないけれども、免疫力が低下すると発病する。 そういうパターンってあるじゃないですか?  長時間排尿しなかったので、膀胱炎になってしまうとか。

もとも外陰部、尿道、膀胱にばい菌が潜んでいるわけですよ。 黄色ブドウ球菌とか。 それが、免疫力が低下したときに、ばい菌が一気にワッと増殖して、身体をむしばむわけです。

もともと免疫系が強い(≒多くの場合「基礎体温が高い」人)である場合、ばい菌やウイルスを完全に死滅させることができるでしょう。

しかし、免疫系が弱い人(≒多くの場合「基礎体温が低い」人)である場合、疲れがたまって体力が低下してきたりすると、病気が吹き出したりするようです。

ということは、元気がある時期に、全身にひそんでいるばい菌を一掃してしまえばいい。 こういうことになります。

それに使われるのがMMSであるようです。

ただし、MMSについては、まだ未開拓領域ですので、これを実行する場合には、自己責任でお願いします。

私もまったく何もわかっていません。

自分を人柱にして、実験してみようと思います。

(●)(●)

青い花火 - Google 検索

由紀さおり 夜明けのスキャット 1969 - YouTube

ドコノコノキノコ 2017 - YouTube

ドコノコノキノコ 歌ってみた - YouTube

ハゲの歌 - YouTube

おもしろフラッシュ倉庫世代が悶絶するまとめ|ドラえもん・サザエ・ホラー・棒人間等ゲーム【フラッシュ動画】

ガンとカンジダとMMS

がん、高治癒率の民間療法から見えてきた「真菌」との深い関係性
文=水守 啓/サイエンスライター
【この記事のキーワード】がん細胞, 抗真菌薬治療, 白血病
真菌の菌糸の成長
がんは真菌による日和見感染?
 がんは真菌とよく似ている。近年、これは代替医療の分野において特に注目されていることである。真菌とは、カビやキノコを含む菌類で、バクテリア(細菌)やウィルスとは異なって、体は糸状の菌糸からなり、胞子で増える存在である。
 真菌は、比較的温暖で湿度の高い環境を好み、アルカリ性の環境下では繁殖しにくい。イタリアの医師トゥーリオ・シモンチーニ博士は、ほとんどのがん患者から、増殖した真菌が発見されるだけでなく、腫瘍は概してカビのように白いことにも注目し、がんの正体は真菌感染にあると直感した。そして、水溶性で弱アルカリ性を示す安全な薬剤として、炭酸水素ナトリウム(通称:重そう)を利用したがん治療法を生み出した。
 腫瘍はアルカリに直接触れるとすぐに崩壊を始める。そこで、消化管には経口投与、直腸には浣腸、膣や子宮には圧注、肺や脳には静脈注射(点滴)、上気道には吸引、乳房やリンパ節、皮下腫瘍には局所灌流で対処した。また、治療が困難であった箇所においても、カテーテルを挿入して、直接炭酸水素ナトリウムをピンポイントで投与する方法を編み出し、脊椎や肋骨内部等を除いて、ほぼすべてのがんを治療できる方法を確立した。
 だが、シモンチーニ博士は、正統医学とはかけ離れた治療方法によって、末期患者を含めた多くのがん患者を救ってきたことから、世界的に注目されるとともに、医療関係者からは批判の矢面に立たされ、物議をかもした。
 その一つが、がんの正体に対する認識である。シモンチーニ博士いわく、がんとは、カンジダ・アルビカンス(カンジダ菌)による日和見感染である。カンジダ菌とは、ヒトの体表や消化管、女性の膣粘膜等に常在し、ほとんどの場合はなんの影響も与えない。だが、ヒトが体力・免疫力を低下させた際、異常増殖して有害な存在に変貌しうるという。日和見感染とは、そんな状況で感染することを指す。
 もちろん、現時点でがんは真菌とよく似ているが、その正体がカンジダ・アルビカンスであるとは医学界では証明されておらず、真菌感染を伴う別物の可能性もある。そこで、整理しておこう。

引用元: がん、高治癒率の民間療法から見えてきた「真菌」との深い関係性 | ビジネスジャーナル

がん、高治癒率の民間療法から見えてきた「真菌」との深い関係性
文=水守 啓/サイエンスライター
【この記事のキーワード】がん細胞, 抗真菌薬治療, 白血病
類似点と相違点
 真菌は共通して枝分かれした菌糸をもっている。そんな菌糸が互いに結びついてコロニーや菌糸体を形成する。それらは栄養素を吸収しようと枝分かれして成長していく。このような構造はカンジダ菌のように自由に動ける真菌にも当てはまり、体組織への侵入を助けることになる。
 真菌はそのコロニーが異常増殖するか、栄養素の供給が制限されるストレスを受けると、拡大してさらに適した環境を探そうとする。これはたくさんの真菌細胞を浸潤性の菌糸をもった存在へと変容させる。そして、新たなコロニーを形成するだけでなく、離れた場所にも菌糸体を形成する。
 興味深いことに、がん細胞もまったく同じように振る舞う。腫瘍が密集するか、ホルモンや栄養素が欠乏するか、外科手術・化学療法・放射線療法、あるいはほかの炎症を起こす状況に直面してストレスを受けると、比較的無害の真菌様腫瘍細胞が自らを浸潤性を持った移動性のがん細胞へと変容させ、最終的に離れた場所にさらに危険な転移性の腫瘍を形成する。このがん細胞は真菌のごとく、ストレス下で同様に振る舞い、見た目においても浸潤性のがん細胞は菌糸を持った真菌細胞と酷似する。
 だが、正常な体細胞と真菌細胞との間には違いがあり、それはエネルギー代謝に認められる。酸素呼吸を行う我々の体細胞は、二酸化炭素と水を生み出すクエン酸回路において栄養素を酸化してエネルギーを生み出すが、真菌は酸素を必要としない嫌気的な方法でエネルギーを生み出す。真菌は主に糖や炭水化物を利用して、乳酸に変化させてエネルギーを得る。このプロセスが人体で起こると、大量の乳酸が生み出されることで酸性過多となり、ミネラル欠乏、炎症、痛みなどを導く。
 がん細胞は真菌と同じような嫌気的エネルギー代謝を行い、腫瘍においてエネルギーが嫌気的に生成されるほど、それはより悪性となる。
 だが、真菌とは違って、がん細胞においては、酸化的代謝を阻害する病原菌や毒素が取り除かれると、正常の体細胞に戻ることができる(可逆的)。通常の真菌は従前の遺伝子的な特質を持っているのに対して、がん細胞は真菌細胞へと退化していく過程にある体細胞とでもとらえることができるのかもしれない。
抗真菌薬の効果
 とはいえ、真菌対策ががん治療につながることを発見した人々はたくさんいる。

引用元: がん細胞と真菌の相違点と類似点 | ビジネスジャーナル

がん、高治癒率の民間療法から見えてきた「真菌」との深い関係性
文=水守 啓/サイエンスライター
【この記事のキーワード】がん細胞, 抗真菌薬治療, 白血病
 1999年、ドイツの医学博士マイノルフ・カルトハウス教授は、白血病の3人の子供たちが二次的な真菌感染に対して3倍の抗真菌薬を摂取した後、予期せず完全寛解に至ったのを観察した。2006年、彼の研究チームは抗真菌薬治療のあとに白血病が消失した事例をさらに6件出版報告した。 
 ちなみに、報告された6件において、慢性播種性カンジダ症(CDC)に対して抗真菌薬治療が始まると、患者たちは白血病薬に対してひどく反応したため、白血病治療は止められた。
 急性白血病の5年後生存率が大人で25-26%、子供で90%であったのに対して、驚くべきことに、カンジダ治療での生存率(治癒率)は100%だった。彼の報告では2人の子供と4人の大人を取り上げていたため、その数字は極めて高かったことになる(シンプルな真菌感染を白血病と誤診されるケースもあるが、抗真菌薬の効果は無視できない)。
 偶然、抗真菌薬ががんに効くことが発見された事例もある。たとえば、大きな腫瘍を抱えた胃がん患者が、安息香酸を大量に摂取したところ、数カ月で腫瘍が消えたケースがある。安息香酸は、食品の保存料として使われ、諸説あるものの、バクテリアには効かないが、防カビ剤には利用できるといわれている。
 また、海外ではその危険性ゆえに法的に規制されているケースもあるが、二酸化塩素の殺菌力を利用したMMSという民間療法がある。当初、マラリア患者が、亜塩素酸ナトリウムを含んだ、高山病や疲労回復用の液化酸素を吸ったところ、奇跡的に回復したことでその抗マラリア性が発見されたものである。だが、のちに研究が進められると、塩素系でも二酸化塩素がより優れており、マラリアだけでなく、がんにも効くとして注目されるようになった。もちろん、その背景には二酸化塩素のもつ殺菌力がある。
 実は、対がん民間療法においては、過去数十年に及んで、真菌に対して有効な殺菌剤が治療効果を上げてきた。たとえば、殺菌力の高いヨウ素を利用したヨウ素療法、同じくホウ砂やホウ酸を利用したホウ素療法、そして、真菌の大敵であるアルカリ環境を導くためのセシウム療法なども海外では普及してきた。
 がんは真菌の増殖と深くかかわっている。現段階では、カンジダ・アルビカンスを単独の病原菌とみなすのではなく、ほかの要素も複合的にかかわっているとみなしたほうが良さそうである。
 がんと真菌との関係性を研究して注目されてきたミルトン・ホワイト医師は、自身が調査したどのがん組織の中にも真菌の胞子を発見し、がんとは「慢性的な細胞内伝染性の生物学的に誘発された胞子(真菌)変容病」であり、具体的には、「真菌の子嚢菌門に由来する分生子(無性胞子)」であるとしている。
なぞ解明も近い?
 以下は、代替医療を含め、代替科学を研究してきた筆者の個人的な見解にすぎないが、がんとは、体細胞がカンジダ菌を候補とした真菌と同調した結果であると思われる。
 我々はバクテリア(細菌)、真菌、時にウィルスなど、有害にも変貌しうるさまざまな微生物と触れ合っている。にもかかわらず、我々が健康を維持できるのは、主に我々自身の免疫力や代謝能力にある。細胞呼吸が正常に行われ、酸素を十分に取り込むことができていれば、血液は酸性に傾くこともなく、真菌が異常増殖するような条件を生み出すことはない。さまざまな体内微生物(常在菌)がいわばミクロレベルで生態系のバランスを維持しているからである。
 だが、疲労やストレス等で免疫力を落とした状態においては、体は酸性化し、体内生態系が崩れて真菌が蔓延りやすくなる。つまり、日和見感染が起こりやすくなるのだ。細胞呼吸が阻害されるとほぼ自動的にがんが発生するが、その理由は、我々の体内に極微の真菌(胞子)が100%常在し、活動を始められるような環境への変化に備えているからだと思われる。
 では、がん細胞と真菌細胞との違いはどのように説明されるのだろうか? ここで、注目すべきは真菌の特性である。
 寄生性を有した真菌は、冬虫夏草(蛾の幼虫に寄生する)のように、宿主を乗っ取ったり、時にはマインドコントロールすらして、支配下に置いてしまう力を発揮する。真菌は勢力を高めると周囲の存在(宿主)を変容させることが得意である。人体を例にいい換えれば、真菌の発する波動が優勢になると、特定成分が脳に作用することも考えられるが、周囲の体細胞はその真菌の波動に強く影響を受け、共鳴・同調してしまうようになるのだと思われる。
 環境が改善することで、カビを生やしたパンが元の状態に戻ることはないが、がん細胞は退縮していく。この違いは体細胞が真菌との同調を失うかどうかにありそうだ。これは、自己免疫疾患や他の難病にもかかわっている可能性がある。
 実は、真菌の生態には未解明の部分も多く、現代医学はあまり注目してこなかった領域といえる。だが、周囲の自然界同様、人体内というスケールの小さな生態系も客観視してみれば、上記の視点は自ずと導かれると考えられる。さらなる研究によって新たな飛躍が得られるようになる領域だと筆者には思えてならない。
(文=水守 啓/サイエンスライター)
●水守 啓(ケイ・ミズモリ)
「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組むナチュラリスト、サイエンスライター、リバース・スピーチ分析家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆・講演活動等を行っている。
著書に『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』、『世界を変えるNESARAの謎』(明窓出版)などがある。
ホームページ: http://www.keimizumori.com/

引用元: 偶然、抗真菌薬ががんに効くことが発見された事例もある | ビジネスジャーナル

所感

結局、体表面がカンジダ症になった場合、濃い目の重曹による沐浴が効く可能性があるということらしい。

半身浴をする浴槽に重曹を多めに入れてみると、何か効果がある可能性がある。

重曹浴 - Google 検索

重曹はとても安いので、実験は大いにやってみるとよいかもしれない。

重曹は身体にとって、有害ではありません。 嘗めたり、水溶液を身体に塗ったりした感じとしては、重曹は塩みたいなものです(「重曹は塩の親類みたいなもの」だと私は思っている)。

重曹とクエン酸でシュワーッと泡が立つので、 重曹とクエン酸はバスボム(泡の出る入浴剤)の材料にもなるし、ケーキ屋さんが重曹とクエン酸でケーキを膨らませているのです。 いちおう、食品に使っても大丈夫なのですから、重曹はそういう意味においては安全ですよ。

バスボム - Google 検索

濃度の高いティートゥリー精油配合の猫シャンプーは猫には危険らしい

猫に対するエッセンシャルオイル(精油・アロマオイル)の危険性

ところがネコ科の動物は遺伝的にエッセンシャルオイル(精油)の成分を上手く代謝することができないことが近年判ってきました。同じペットでも犬は雑食で、穀類などの植物性の食べ物も人間と同じように消化、吸収することができます。馬や羊は草食ですので、もちろん植物を消化します。

引用元: 猫に対するエッセンシャルオイル(精油・アロマオイル)の危険性

要は、猫用シャンプーに、あまりにもたくさんのティートゥリーエッセンシャルオイルを配合すると、ネコ科の動物が精油の成分を代謝できずに中毒症状を起こすことがあるらしいのです。 エッセンシャルオイルを猫に直接経皮吸収させなければ大丈夫だと思います。 つまり猫の肌に直接触れさせなければ、たぶん大丈夫でしょう。

 
comments powered by Disqus