予防原則|ほんらい

予防原則
Jump to navigation
Jump to search
予防原則(よぼうげんそく)とは、化学物質や遺伝子組換えなどの新技術などに対して、環境に重大かつ不可逆的な影響を及ぼす仮説上の恐れがある場合、科学的に因果関係が十分証明されない状況でも、規制措置を可能にする制度や考え方のこと。1990年頃から欧米を中心に取り入れられてきた概念であるが、「疑わしいものはすべて禁止」といった極論に理解される場合もあり、行政機関などはこの言葉の使用に慎重である。予防措置原則とも言う。欧州では、この概念を食品安全など人の健康全般に関する分野にも拡大適用しはじめたが、他の国・地域では必ずしも受け入れられていない。

引用元: 予防原則 - Wikipedia

上記の引用の中に「『疑わしいものはすべて禁止』といった極論に理解される場合もあり」とありますけれども、結局は、「疑わしいものはすべて禁止」「疑わしきは罰する」をマイルドに表現した言葉が「予防原則」です。

世界を支配しているのは、金融寡頭勢力(「闇の勢力」ともいわれる)です。 BIS(国際決済銀行=世界各国の中央銀行を統括する銀行)、FRB(連邦準備制度理事会)、日本銀行をはじめとする世界中央銀行連合は、ロスチャイルド家の私的銀行にすぎません。 日銀の株式保有率は、財務省が55%で、ロスチャイルド家が45%らしいですわ。

世界中央銀行連合を通じて、ロスチャイルド家が世界を金融的に支配してきたのです。

中央銀行というのは、おカネを印刷することによって、おカネを勝手に増やして(マネーサプライの増大)いい銀行です。 これがロスチャイルド家の富の源泉です。

そのおカネを使って、企業の株式・債券を買い占め、多くの企業を保有し、企業というパペットを使って世界支配を行う。 これが闇の勢力による世界支配です。

そして私たちは、おカネがないと生きていけない状態にとどめられており、「貨幣の奴隷」として闇の勢力に飼い慣らされた状態です。

学校教育というのは、「貨幣の奴隷」を養成するための洗脳機関ですね。


学校を支配しているのが都道府県の教育委員会ですけれども、彼らが闇の勢力の直接の手下です。 この都道府県の教育委員会を浄化することが大事ですね。

小学校で行われていることは、自衛隊で行われていることと同じ、「服従させる調教」です。 理不尽な課題を与えて、無理やり課題をこなさせる。 それによって、「逆らえない人間」をつくっていく。 これが学校教育であり、学校の部活動であり、自衛隊であり、警察学校であり、消防学校である。 こうして「イヌ・サルのようにして、ボスを頂点として、上意下達の連鎖によって群れを形成する」ように、人間を調教していく。 学校教育の制度趣旨は、そこにあるわけです。

小学校 水筒禁止 - Google 検索

愛知県豊田市の市立梅坪小学校における「小1児童熱中症死事案」についても、担任教師が「勝手に」校外活動を中止する権限を有していなかった。 そう考えたほうがいいでしょう。

小1児童熱中症死事案 - Google 検索

つまり、児童を洗脳して「逆らえない人間」にさせるお役目を帯びた「教諭自身」もまた、「逆らえない人間」にされてしまっているわけです。

校長、教頭、担任教諭らを支配しているのは、都道府県の教育委員会であり、カチコミをかけるのだったら、都道府県の教育委員会を構成するメンバーに対してですし、カチコミをかけるのだったら、文科省(文部科学省の事務次官)に対してです。 「首相に文科省の事務次官を更迭させること」こそが、カチコミの最大の成果です。 担任教諭を責めても仕方がない。


おカネを通じて世界の人類を奴隷にしている闇の勢力の筆頭格であるロスチャイルド家。

彼らは企業を支配することで、各国政府を支配しています。

政府よりも世界的な企業のほうが「格が上」です。

政治家や官僚や財界人は、ロッジに入会していて、ロッジ主体で物事が決められます。

The Official Website of Grand Lodge of Japan

政治家や官僚や財界人は、いわば談合して、ロッジからの命令を実行するだけなのです。

このロッジという制度も、近いうちに健全化されるか、解体されると思います。

結果として、企業に都合のいいような法案が通される。 この企業から、政治家や官僚には、毒まんじゅう(賄賂)や肉弾接待(ハニートラップ)といったアメが与えられる。

ただし、もともとおカネは「刷れば勝手に増やすことができる」わけですから、闇の勢力の懐は痛みません。

肉弾接待の要員として、芸能プロダクション、モデル事務所などが関与しているらしい。 政治家や官僚は、所属タレント、所属モデルと寝るわけです(ハニートラップにかけられる)。

この「誰々が誰々と寝た」という証拠の写真・ビデオ・音声が収録されて、これがムチ(脅しの道具)になる。 これが闇の勢力のやり方です。 それによって政治家や官僚は、闇の勢力のロボットにされていくのですね。

「ナンチャラ娘。」や「ナンチャラ48」の所属メンバーは、「官僚」や「政治家」や「財界人」や「テレビ局の社員」や「広告代理店の社員」などと寝させられる。 寝た代償として、お小遣いを何十万円ともらうとともに、テレビ番組への出演が決まったり、CMへの出現が決まったりする。 いわゆる枕営業というものですね。

権力の中枢は、こういったような仕組みになっているみたいです。

日本で民泊法案が通されたのは、Airbnb等からのアメとムチがあったからでしょうね。

日本で働き方改革関連法案が通されたのは、パソナやクラウドワークスからのアメとムチがあったからでしょうね。

日本でカジノ法案が通されたのは、外資系のカジノ業者(マフィア)からのアメとムチがあったからでしょうね。


それで、何がモトになっているのかというと、私たちがおカネを崇拝していることがモトになっている。

若い女性タレント、若い女性モデルが、禿げたデブオヤジに抱かれる。 これは、生理的な欲求とは異なるものでしょう。

愛し合った人と結ばれたい。 これは男女にかぎらず、共通した生理的な欲求だと思います。

若い女性タレント、若い女性モデルが、どうして、そんなキモいことまでするのか? 

おカネですよ、おカネ。 おカネのためなら「禿げたデブオヤジに抱かれる」ことをも我慢する。

この「おカネのためなら」という精神そのものが、奴隷の精神なのです。

それとともに、おカネのために不本意なことをさせられても、抵抗できなかった。 断り切れなかった。 この「弱い自分」というものにも、ご本人自身が絶望し、心に大きな傷をつくることになるでしょう。

こういうふうに、人間が堕落し、人心が汚され、人心が荒廃していくことこそ、闇の勢力の裏で糸を引いている悪魔の「エネルギー源」になるわけです。

芸能界には広末●子さんのように、メンタルが崩壊しかかっている人もいらっしゃるでしょ?  一説によると、枕営業のやり過ぎだとか。

病んでますね、全体的に。


闇の勢力が所有している企業の中の中核をなしているのが、軍産複合体であり、「高利貸し」と「武器商人」とを兼ねて世界を支配しているのがロスチャイルド家を筆頭とする闇の勢力です。

さらに、闇の勢力の支配下にある企業の中には、石油利権と石油化学工業があり、石油化学工業の下に、さまざまな関連企業があります。

この石油化学工業で生産された原材料を応用する分野に、「医薬品」「トイレタリー(身だしなみ品)」「食品添加物」など、病院・薬局・ドラッグストア、あるいは、スーパーマーケットなどと縁の深い商品の分野があります。

※みなさんが大好きな医学部は、「医薬品」や「医療機器」といった業界の下部をなしている「医療業界」の奴隷を養成する機関です。 「医療業界」は、厚労省から製薬会社から医療機器メーカーまで、ぜんぶ闇の勢力の支配下にあります。

大きく見ると、生活のすべてを闇の勢力に支配されている私たちなのですけれども、ここでは、「医薬品」「トイレタリー(身だしなみ品)」「飲食物」に絞って話題を展開しましょう。

「医薬品」「トイレタリー(身だしなみ品)」「飲食物」等は、身体に化学物質(いわば化学兵器・毒物)を私たちの体内に送り込むために利用されています。

私たち人間というものは、宇宙人によって遺伝子操作されて(遺伝子の本数を2本まで減らされて)誕生した生命体です。

いわゆるアセンションというものは、「炭素主体の身体」から「ケイ素主体の身体」へと、肉体が変容するプロセスだという見方もできるようです。

私たちがアセンションをする(アセンドする)プロセスで、これまで眠っていた遺伝子が目を覚まして、人類が本来は保有していた「いわゆる超能力」を取り戻すことになります。

闇の勢力は、「人類の『眠っている遺伝子』が目を覚ますことを阻止する」ために、あるいは、人口を削減する(女性を不妊状態にさせる)ために、「医薬品」「トイレタリー(身だしなみ品)」「飲食物」などに化学物質(いわば化学兵器・毒物)を混入させているのです。

トイレタリーというのは、「身だしなみ用品」のことで、「お便所の用品だけ」ではなく、以下のようなものをすべて含みます。

●医薬品/医薬部外品(薬剤、サプリメント、健康のための飲食物、コンタクト用品)
●せっけん
●ヘアケア用品
●オーラルケア用品
●コスメティクス
●フレグランス
●カミソリ
●生理用品
●入浴剤

例えば、歯磨きに含まれているフッ素化合物は、人間を腑抜けにさせるわけです。

つまり、フッ素化合物は、人間から、健全な反発心を奪うわけです。

それとともに、フッ素化合物は、人間の頭蓋骨の中心部にある松果体(しょうかたい)を石化させ、松果体が司っている、「いわゆる超能力」の発現を抑制するわけです。

フッ素化合物は、けっして歯を強くするために配合されているわけではありません。

フッ素の配合されていない歯磨き粉を使うようにしましょう。


例えば、生理用ナプキンには、女性を不妊に至らしめる有害な化学物質が使われているともいわれます。

化学物質でできた「生理用ナプキン」の裏側。あなたの体と未来の赤ちゃんを守るために全ての女性が知っておきたいこと。

タンポンを長時間使用したカナダの16歳少女 学校の旅行中に死亡 - Google 検索

不妊治療をする女性が増えているのは、生理用品のせいもあるのだと思います。


シャンプー、ボディソープ、台所用洗剤など、「液体の石鹸」の多くは、頭が禿げる(抜け毛の促進)し、肌はボロボロになるし、ろくなものではありません。

トイレタリー(身だしなみ用品)の一部には、発がん性が疑われている化学物質が使われていることもあるようです。

とにかく、トイレタリー(身だしなみ用品)としては、できるだけ天然成分でつくられた「本物」だけを使うことです。

大雑把に見て、大手企業がつくったトイレタリー(身だしなみ用品)の多くは、私たちの「健康を阻害する」「霊的覚醒を阻害する」など、私たちにマイナスをもたらすための「兵器」として利用されています。

それは大きく見れば、「人口削減計画の一環」ということになるでしょう。

闇の勢力は、人類を1人でも多く殺したがっています。

ですので、愛知県豊田市の市立梅坪小学校における「小1児童熱中症死事案」についても、校長、教頭、担任教師などは、不起訴に終わるでしょう。 ご遺族の皆さまには「お気持ちはお察ししますけれども、ムダな努力をせず、もっとポジティブな側面にフォーカスして生きてまいりましょう」と申し上げたいです。

小1児童熱中症死事案 - Google 検索

こういうのって、だいたい不起訴なんだよ。 警察・検察も、ぜんぶ闇の勢力の下部組織だからね。

神戸高塚高校校門圧死事件 - Google 検索

校門の時計だけが知っている―私の「校門圧死事件」 | 細井 敏彦 |本 | 通販 | Amazon

権力側に与した人間が起訴されたとしても、執行猶予が付いたり、無罪になったりします。 正義が勝つのではなく、闇の勢力が勝つように、裁判は仕組まれているのです。

それは裁判所も闇の勢力の手下だからです。 「判検交流」によって、日本の裁判所は、法務省の下部組織になっています。 三権分立は画に描いた餅にすぎません。

判検交流 - Google 検索

ですので、抜本的な対策としては、早くアセンドして、コイツらのいない世界へ移行してしまうことですよ。

「世の中がよくなる」ためには、自分が投影する「現実」を改善する必要があるわけです。

私たちが経験している「現実」が、いかに悲惨なものであったとしても、それは私たちの内面が投影されたものでしかないみたいですよ。

だから「世の中を変える」ためには、政治家になったり、運動に参加したりするより、自分の内面のバグを取り去ったほうが効果的なのです。

「世の中に働きかけて、世の中を改善する」と考えている時点で、映画館のスクリーンをいじろうとしているようなものなのですよ。

映画のフィルム、あるいは、プロジェクターに信号を送っている元(動画データ)をいじらないと、スクリーンに投影されるコンテンツは変わらないでしょ? 

だから「世の中を変える」とかいって、デモに参加したりすることは、ぜんぶムダなんだよね。

政治家になっても、世の中は変わらない。

早く自分自身がアセンドして、この世からスッと消えてなくなり、宇宙船の母船、あるいは、別の惑星、あるいは、地底などに移行するしかないのだと思うようになったのです。

外側を変えようと思っても、ムダでしょうね、きっと。

自分の内面を整えて、早くアセンドすることだけに絞り込んだほうがいい。 そんな感じを得ています。

予防原則|災害時の予防原則

闇の勢力は、私たちを殺したがっている。

政府や自治体も、闇の勢力の手下として、闇の勢力の命令のままに動く。

政府や自治体の要職を占めている人材は、ロッジへの加入が事実上義務づけられている。 ロッジに入らないと出世できないように、人事がコントロールされている。

ということで、「飲食物」「医薬品」といった、主として口から体内に取り入れるもの、あるいは、「トイレタリー(身だしなみ品)」といった、皮膚を通じて体内に取り入れるものについては、「安全であることが確認されるまで、とりあえず使わない」というのが原則になります。

生理用品で両足を切断したり、生理用品で死亡したりする。 そういったことを考えれば、生理用品に「どれほど危険な仕込みがしてあるか」はわからない。 そう考えるべきでしょう。

「わからない」ものは「危険」と見なして回避する。 これが予防原則というものです。


菅直人首相(民主党政権)のときに3.11が発生したわけです。

けれども、福島原発が小型核爆弾で爆破された、あるいは、洋上の米国艦船からの艦砲射撃(核弾頭付きミサイル)によって爆破された。

このとき、放射性プルームが関東平野へ向かっているということについては、箝口令が敷かれていました(他言しちゃいけない状態にされていました)。 首相官邸とは別の権力が裏にあって、放射性プルームについて、伏せられていたのだと思います。

枝野幸男官房長官(当時)は、「ただちに健康への影響はない」と発言していたけれども、実際には、多くの人々が亡くなっているし、これからも、たくさんの人たちが亡くなるでしょう。

一部識者により当初から彼の会見における曖昧な「ただちに健康への影響はない」と言う「安全性」への言及に付いて不安視をされていた。

引用元: 枝野幸男とは (エダノユキオとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

政治家というのは、役者にすぎず、脚本家は別にいるんですよ。 政治家は脚本家の振り付け通りに動くだけ。

それで、ここでイイタイコトは、「民主党(当時)という野党の政権でも、自民党政権でも、あんまり関係ない。脚本家は同じだ」ということです。

そして、脚本家は、私たちを殺したがっている。 このことを感じ取ってください。

ですので、放射能汚染事案が発生したとしても、東電や政府が何かを教えてくれるわけではないのです。

東電や政府は、ぬるっと黙っておいて、「放射能汚染漬けにしてやれ」ぐらいの感じだと思っておいてください。

この点においても、「東電や政府が真実を語るわけがない」「疑わしきは罰する」という「予防原則」を適用し、「東電や政府については、まったく信用しない」というスタンスを貫くことが大事です。

これは、学校にかんしても、行政にかんしても、まったく同様で、「彼らは闇の勢力のパペットなので、信用すべきではない」ということを基本にするのが適切でしょう。

イジメがあったことが明々白々でも、「イジメはなかった」ことにしたいのが、学校の先生たちなのですよね。

そんな感じで、闇の勢力の手下である、多くの人たちは、信用ならんものなのです。

したがって、災害時にも、「政府や自治体は、本当のことを隠して、責任逃れをしようとする卑怯者の集団だ」という感じで捉えて、彼らの発言を真に受けないことが大事です。

つまり、「政府、自治体、公害の原因企業などが本当のことをいうわけがない」というコモンセンス(「良識」というか「大人として当然の知恵」)を身につける必要があるわけです。 フランス人にあって、日本人にないのは、そういうコモンセンスです。

不可逆性

「ほんらいの予防原則」にかんして、どうして、そこまで「規制を強くして被害を予防する」のか? 

「災害時の予防原則」にかんして、どうして、そこまで「権力側の発表を疑い、その裏を読み取ることで被害を予防する」のか? 

それは「『命・健康』というものが、いちど損なわれたら取り戻せない」という不可逆的なものだからです。

「不可逆性」こそがキーワードです。

枝野幸男官房長官(当時)の「ただちに健康への影響はない」という発言のとおり、時間がたったら、多くの人が亡くなった。

大臣・官房長官の発言を真に受けるほうが悪いんだよね、基本的に。

「政府が何をいうか」ではなく、「みずからガイガーカウンターで空間線量を計測してみろよ」ということです。

そこには「権力への依存」「権力への甘え」があるんですよ。

いいかえれば、「権力への依存」「権力への甘え」というのは「奴隷根性」が心の奥底にまで染みついている、ということです。

他人様のせいにしないで、テメエの頭で考えて決断しろよ! 

「命・健康」というのは、もちろん、「人間の命・健康」も「動物の命・健康」も「植物の命・健康」も「地球環境の命・健康」も、すべてを含んでいます。

いちど損なわれたら取り戻せない(不可逆的な性質)掛け替えのないものを護るためには、安全性の確認されていない物質や技術を、冒険してまで使用することを回避したほうがいい。 その背景には、「健全な疑い」「健全な恐れ」の精神があるわけです。 こうした精神を尊重しながら、「致命的な失敗をしないように生きる」ための方策として、予防原則というものがあるのだと思います。

 
comments powered by Disqus