関東平野から西へ脱出するルート

【要約】 関東地方で大地震があった場合、交通規制が入る前に、(3)【中山道(高崎まで)】のルートを使って、高崎を目指してください。 (1)【東海道】や(2)【甲州街道】から西へ逃げることは、成功する確率が低い、あるいは、無理だと考えてください。 関東平野から西へ逃げられる確率が高いのは、高崎から長野県岡谷・名古屋、高崎から金沢・京都といったルートだと私は考えています。 東京方面から関越自動車道を使って北上しても、どこかの時点で交通規制が入り、関越自動車道から追い出されてしまうかもしれません。 それでも関越自動車道で高崎を目指すのも1つの方法でしょうし、素直に国道17号線をゆっくり高崎方面へ北上するのも1つの方法でしょう。

関東地方で大地震があった場合、**福島原発、あるいは、茨城県那珂郡東海村の原子力関連施設、東京都心部の地下原発など**のうち、1つまたは複数が事故を起こし、放射能汚染が広がる危険性があります。 **津波**が東京湾内に入ってくることも考えられます。 したがって、地震が起こったら、放射性プルーム、あるいは、津波を回避するために、交通規制が入る前に、できるだけ早く高崎を目指すことです。 案外、強いのは、原付、あるいは、自動二輪でしょう。

関東地方で地震が発生すると、ただちに東京都心部で交通規制がおこなわれます。 東京都心部で身動きが取れなくなったら、放射能汚染地域に閉じ込められるかたちになる。 このことを覚えておくべきです。

関東平野から西へ脱出するルートは、次のようなものしかありません。

(1)【東海道】

(1)【東海道】:JR東海道線、JR東海道新幹線、東名自動車道、国道1号線(東海道)など。
関東で経験する大地震の多くは、太平洋上に震源があると思ってよいと思います。 【東海道】は、太平洋に面しており、地震それ自体、あるいは、地震に伴う津波の影響を最も受けやすいルートです。 大地震のとき西へ向かうのに、【東海道】を利用しようという発想は捨てるべきです。 とくにJR東海道線、JR東海道新幹線、東名自動車道の主要な3路線は、由比パーキングエリア付近(海がものすごく近い)で地震による津波をかぶり、寸断されやすい状況にあります。 東名自動車道の場合、新東名高速道路を選択することによって、由比パーキングエリア付近(海がものすごく近い)を回避することもできます。 ただし、そもそも【東海道】が太平洋に面していることを考えれば、【東海道】は回避するのがふつうの考え方でしょう。

由比パーキングエリア付近 - Google 検索

(2)【甲州街道】

(2)【甲州街道】:JR中央本線、中央自動車道、国道20号線(甲州街道)など。
中央自動車道は地震によって山崩れなどが起こりやすい地域、トンネルがとても多い地域を通っています。 中央自動車道を選んだ場合、高速道路に封じ込められて、一般道へ出ることすらできない状況にもなりかねません。 災害時は「確実性」が最も重要なので、【甲州街道】は使わないほうがいいでしょう。

笹子トンネル - Google マップ
笹子トンネル天井板落下事故 - Google 検索

(3)【中山道(高崎まで)】

(3)【中山道(高崎まで)】:JR高崎線、JR北陸/長野/上越新幹線、関越自動車道、国道17号線(≒中山道)。
―――関東から西へ逃げる場合、最も確実であろうルートが、この【中山道(高崎まで)】を経由するルートです。 これは、「新幹線」または「高速バス(日本中央バス)」または「自家用自動車」を使い、「高崎から長野県岡谷を経由して名古屋方面へ抜ける」または「高崎から金沢を経由して京都・大阪方面へ抜ける」という2つのルートです。
―――高崎を自動車で目指す場合、関越自動車道を使っても、交通規制が入り、どこかの出口で一般道へおろされるかもしれません。最も確実性が高いのは、国道17号線をトロトロ高崎方面を目指して進むことかもしれません。
―――高崎を電車で目指すルート(その1)として、「東武東上線で伊勢崎へ向かい、伊勢崎からJR両毛線・JR高崎線で高崎方面へ」というルートもありますけれども、大地震のとき、電車が動いている保証はありません。
―――高崎を電車で目指すルート(その2)として、「JR横浜線で八王子へ、八王子からJR八高線で高崎へ」というルートもありますけれども、大地震のとき、電車が動いている保証はありません。
―――高崎を電車で目指すルート(その3)として、「JR相模線で橋本へ向かい、橋本からJR横浜線で八王子へ、八王子からJR八高線で高崎へ」というルートもありますけれども、大地震のとき、電車が動いている保証はありません。

高崎市、群馬県 から 名古屋市、愛知県 - Google マップ

高崎市、群馬県 から 金沢市、石川県 - Google マップ

結局、「関東地方で大地震があったら、とにかく高崎を目指す」ということが大事です。

関東平野から西日本へ逃げやすいのは高崎・前橋地域(関東平野の北端あたり)

高崎までたどり着けば、「高崎から長野県岡谷を経由して名古屋方面へ抜ける」または「高崎から金沢を経由して京都・大阪方面へ抜ける」という2つのルートを選ぶことができます。

新幹線で新潟へ向かい、新潟港から小樽までフェリーで向かうこともできます。

航路・ダイヤ・運賃|舞鶴・敦賀・新潟・秋田と北海道を結ぶフェリー航路。

高崎・前橋のあたりは、中曽根氏、小渕氏、福田氏など、首相が多く出た地域にあたり、高崎周辺に住んでいる人にとって利便性がとくに高まるように、新幹線や高速道路が整備されていることがわかります。 ちなみに、群馬県の県庁所在地は高崎ではなく、前橋ではあるけれども、現在では高崎のほうが栄えています。

日本中央バス 公式ホームページ

東京都心部の地下原発|東京都心部は大地震が起こると交通規制により自動車では逃げられない

東京都心部の地下原発は、東京大学本郷キャンパスの近くである、文京区本郷5丁目の地下にあるらしい。

東京地下原発は東京大学の研究施設として、
 東京都文京区本郷5丁目近辺の地下に設置されています。

引用元: 認めたくない、首都東京の憂うべき現状(6) - (新) 日本の黒い霧

〒113-0033 東京都文京区本郷5丁目 - Google マップ

大地震が起こると、原発の冷却系が故障して、メルトダウン、メルトスルーする危険性があることは、よく知られている。

東京直下地震そのものが脅威というよりは、この地下原発がメルトダウン、メルトスルーすることによる放射能汚染が直接的な脅威になるものと思われる。

どうなるかというと、東京湾に津波が入ってくると、地下鉄の入り口・通風口などから、地下鉄へと大量の海水が入る。 地下原発の通風口は都営線(地下鉄)のトンネルらしいから、そこから地下原発に海水が大量に流入するであろう。 原発の冷却系の動力が、モーターでも、エンジンでも、水没したら止まると思う。

東京で大地震が起こると、都内各所、多摩川の各橋に検問所が設けられ、自動車では逃げられなくなる。 これは「闇の勢力のために働いた、偉い人たち」が逃げるための交通規制だと思う。 そしてまた、この交通規制は、東京都民を皆殺しにするための方策だと思う。 闇の勢力のことだから、それぐらいのことは、いつも考えているのだと思う。

東京 大地震 交通規制 - Google 検索

交通規制 「環7」エリア通行禁止
Tweet
2011年6月28日

鉄道が止まり激しく渋滞した国道246号の赤坂見附交差点付近=3月11日
写真
 東日本大震災が発生した三月十一日、東京都心は車が集中して大渋滞が起き、道路交通は完全にまひした。東京が直下型地震に襲われたら、さらにひどい渋滞が起き、消防車や救急車などの緊急車両も走れない状態にならないだろうか。
 Q 東京で大地震が起きた時、交通は規制されるの。
 A 東京都の二十三区内で震度6弱以上が観測された場合、災害対策基本法に基づいて都公安委員会が一般車両の通行を禁止して、緊急車両の通路を確保する。市民が自由に車を走らせると、倒壊した建物や地割れで寸断された道路で立ち往生して、道路がまったく使えなくなる恐れがあるからだ。
 大規模な停電が起き、信号機が使えなくなって交通事故が起きることを防ぐのも、通行禁止の理由の一つだ。警視庁によると、都内の信号機約一万五千六百基のうち、停電しても作動する発電機付きは約5%の八百四十基にすぎない。
 Q 二十三区全域で通行が禁止されるの。
 A 通行禁止は二十三区の境界ではなく、国道246号と環状7号、多摩川で囲まれたエリア。ほかに、緊急交通路に指定されている首都高速や東名高速などの高速道路、第一京浜、甲州街道、新青梅街道など一般道三十六路線も通行禁止になる。
 国道16号を境に東側の都県境では車両の流入、流出とも禁止となり、16号西側から都心方向への車両も進入禁止となる。16号自体は通行できる。
 Q 車を走らせると罰則があるのか。
写真
 A 場合によっては、三月以下の懲役または二十万円以下の罰金になる。
 Q 地震発生前に車を運転していた場合はどうする。
 A 車を路肩に止めて、鍵は付けたままにしておく。車が道をふさいで緊急車両が通れない場合でも、移動させられるからだ。
 Q 車を盗まれないか心配だ。
 A 都防災管理課は「盗んでも通行禁止で車を動かせないので盗難は起きないだろう。仮に盗まれても何らかの保険で補償が可能ではないか」と説明する。「非常時で人命に関わる」と市民の理解を求めるが、「あくまでも自主的なお願いベース」で、強制はできないという。

引用元: 東京新聞:交通規制 「環7」エリア通行禁止:3分でわかるQ&A:東日本大震災(TOKYO Web)

仮に、地下原発がメルトダウン、メルトスルーするとしましょう。 都営線(地下鉄)のトンネルが地下原発の通風口になっているらしいから、都営線に通じる入り口から、放射性物質が吹き出すことは十分に考えられます。 東京都心部に住んでおり、交通規制で逃げられなくなった人たちは、その放射性プルームを吸い込むことになるでしょう。 またその放射性プルームは、関東平野の各所へと拡散していくことでしょう。

さらには、先ほども述べたように、津波によって地下原発が水没したら、冷却系は停止し、この場合にも、メルトダウン、メルトスルーする可能性があります。

ですので、関東地方で大地震が発生したら、とにかく都心部から一刻も早く離れることです。

関東地方を離れて、西へ逃げるためには、いったん高崎を目指し、高崎で考える。 そう覚えておけば、大きく間違えることはないと思います。

大地震が起こる前に東海道新幹線で西へ逃げておくのが一番

いったん関東地方周辺の太平洋側で大きな地震が起こったら、「(1)【東海道】:JR東海道線、JR東海道新幹線、東名自動車道、国道1号線(東海道)など」の全部、または、一部が寸断されて、何カ月も復旧しないことが考えられます。

つまり、いったん関東地方周辺の太平洋側で大きな地震が起こったら、「東西の交通が、事実上止まるであろう」ということです。

そうなってから西日本へ引っ越すなど、かなり難しい話になるでしょう。

「関東地方付近の地震としては、千葉沖が危険であろう」と何度も警告されています。 「きっと来る」であろうことは、すでに、わかっているのです。

来なかったらラッキーだけれども、最悪を想定すると、「きっと来る」ということで準備しておくのが知恵というものだと思います。

それは、関東地方の学校・勤め先に、進学・就職しないということですよ、現実的には。

関東地方にお住まいの方は、どうにかして、電気が60Hzの地域(糸魚川静岡構造線よりも西側)へと移住することをオススメしておきます。 大地震だけなら復興もあり得ますけれども、本郷5丁目の地下原発がクラッシュしたら、もはや都心部には住めないことが確定します。 そのようなリスクがあるわけだし、現在でもすでに、福島原発からの放射性物質によって、土地も水も家屋も身体も、汚染されまくっているのに、どうして東京都心部に住み続けようとするのか、どうして関東地方に執着しているのか、私にはあまり理解できません。

糸魚川静岡構造線 - Google 検索

もちろん、そこは個々人の選択ですから、ご判断はみなさんめいめいがおこなえばよいことです。

 
comments powered by Disqus