本棚の本をおろそう|太陽フレアの強烈なのが地球にまもなく到達する

NASAの警告:72時間以内に地震の発生が6倍になる
→【NOAAが警報:9/7~8に第一の太陽風、9/11~12に第二の太陽風がそれぞれ、地球に直撃する模様、直後にG1級の磁気嵐が発生する予定。】
M6~7級の地殻変動に注意されたい。

引用元: 緊急連絡。NASAが大地震の急増を警告。風評に惑わされずに地震の準備を急いでください。 | mixiユーザー(id:20653861)の日記

「近いうちに何らかの大変化があるだろうなぁ」というのは漠然とながら誰でも感じていることでしょう

それが自然災害であれ、経済危機であれ、小氷期の到来であれ、何であれ、「近いうちに何らかの大変化があるだろうなぁ」というのは漠然とながら誰でも感じていることでしょう。

このあいだ破砕ゴミに、使っていないハードウェアをたくさん捨てました。

そして、デスクトップPCのセットを、知人に差し上げました。

身辺整理です。

「身辺整理をしなければいけない」と、ずっと思ってきました。

それはポールシフトとそれに伴う自然災害のためなのか、経済的な変化のためなのか、寒冷化のためなのかわかりませんけれども、いらぬものを捨てて、必要なものだけを残し、身軽になっておく必要性を強く感じます。

ポールシフトにともなって、ガイア(地球)にも調整があるようで、その影響で地震や火山噴火などが増えているようです。

この際、古い学習参考書などは捨ててしまおうかな。

新しい学習参考書も、売り払おうかなと迷っています。

とりあえず、私の場合、本棚の本を低い位置に移す必要があります。

そうして、非常持出袋というか、貴重品だけ持って避難できるように準備しようと思います。

すでに重要書類は、かなり整理してあります。

ソフトウェアのディスクなどは、ISOイメージにして、さくらインターネットのサーバーにアップロードしようかな。

とにかく、「生活環境がいったん破壊されるかもしれない」という前提で、いろいろと準備・整理・廃棄しておいたほうがよいと思います。

そうならなかったとしても、身辺と人生を整理する、いい機会になるでしょう。

大きすぎる災害が起こると、政府や地方自治体が機能停止すると思われるので、そうなったら、地域で助け合うしかないでしょう。

それにふさわしいのは、都会よりも郊外です。

「2019年3月まで地震の多い時期が続く」という説もあります

北海道地震の直後に、南米でも大きな地震があったようですね。

北海道地震の原因が人工地震か、自然の地震かは、わかりません。

重要なことは、地震で怪我をしたり、死亡したりしないように、準備を淡々と進めることでしょう。

緊急連絡。NASAが大地震の急増を警告。風評に惑わされずに地震の準備を急いでください。
先日の北海道の地震以来大地震が世界中で続いております。
これを人工地震などというバカな風評が流行ってます。今回の地震は地球的規模の異変が起こっておりとても人類の知恵でできることではありません。地球のマントル層でM8クラスの地震など起こせるわけはないでしょう。今このような風評に惑わされてる時ではありません。しっかりと準備を進めてください。
今の大地震はポールシフトに備えるための対策による副作用です。かなりのリスクを伴いますが、人類救済のために向こう半年間は我慢しましょう。その後の来年3月のポールシフトはこのままでは全滅状態。それを少しでも和らげる作業が今続いているのです。
NASAがこの地球的異常現象から、本日より大地震が急増するとの警告が発表されました。
NASAの警告:72時間以内に地震の発生が6倍になる
→【NOAAが警報:9/7~8に第一の太陽風、9/11~12に第二の太陽風がそれぞれ、地球に直撃する模様、直後にG1級の磁気嵐が発生する予定。】
M6~7級の地殻変動に注意されたい。
現在、巨大太陽風が地球に向かっています。NASAの情報だと、地球上に地磁気異常が発生し<地震の発生量が6倍になる>と警告しています。
※情報源
https://beforeitsnews.com/v3/alternative/2018/3635361.html
72 Hour Warning – NASA Confirm Nibiru Huge Explosion on the Sun - What
Will Happen
情報の発信は、9月4日(日本時間9月5日)ですから、72時間後は9月8日になります。
すでに危険な時間に突入しています。
できるだけ早急に準備して下さい。<食糧><飲料水>の備蓄が重要です。
可能ならばソーラーパネルと小型蓄電池を準備されたほうが良いと思います。
参考情報:楽天市場で購入できる60W小型発電セット ¥2万5千380円
https://item.rakuten.co.jp/miraclechie/sl-227113503/
☆室蘭の地震(2018/09/06
3時頃)の地震発生時に、千葉勝浦断層、相模トラフの地震計も反応している。北米プレートは揺れを伝えやすい性質を持つからなぁ。どちらにせよ、温暖化、異常気象、地震頻発、火山噴火が増えるんだろうなぁ。地球のマントルが異常事態なのだから。地磁気も乱れてるし。原因は?
☆巨大地震の前兆の正体がさらに明らかに :
2011年3月11日の東北の巨大地震の前に過去最大の日本列島周辺の《重力異常》が起きていたことをNASAの人工衛星が検知していた
https://indeep.jp/precursor-to-2011-giant-japan-earthquakes-detected/ …
→昨日9月7日では南米で地震ラッシュでした。
☆昨日、フィジーでマグニチュード8.1の地震
☆南米で1時間以内に巨大地震が3連発 / 北海道と同じ火山帯
(ロケットニュース24)
https://rocketnews24.com/2018/09/07/1113317/
地震に襲われたのは日本だけではなかった。9月7日朝、南米で1時間以内に巨大地震が3連発したという。
・パナマ、エクアドル、チリ
このニュースを伝えているのは、海外メディア「CNN」だ。わずか52分の間に、パナマ、エクアドル、チリで立て続けに大きな地震が発生したという。
最初の地震は、日本時間の9月7日10時47分頃、パナマで発生したマグニチュード5.8。CNNによると、その後、エクアドルでマグニチュード6.4、チリでマグニチュード5.8の地震が連発したのだとか。ちなみに、気象庁によると北海道地震のマグニチュードは暫定値「6.7」と発表されている。
・何が起ころうとしているのか
同じ環太平洋火山帯に属している地域で発生したこの4つの地震。活動が活発になっているようにも見えるが、今後、大地震が連発しないことを祈りたい。
この現象はどうしてなのか。
来年3月のポールシフトの発生はすでに決まっております。
それに対抗して高天原の神々が動きだしているのです。中でもニニギ尊がその専門家です。彼は青龍の使い手です。青龍の仕組みを使って地球をコントロールできるのです。すでにそれが始まっているといえましょう。しかし本人を蘇らせない限りはもうこれ以上どうしようもありません。
ニニギが今必死になってニニギ尊を復活させてまま。まもなく現れるでしょう。そして人類を救ってくれるでしょう。高天原の仕組みがまもなく姿を見せます。
それを受け取るには地球との接続が必要です。天とつながる必要があるのです。そのための最低条件が風評などに惑わされる心をなくすことなのです。
人は潜在意識で物を見ているのです。その意識の高さを意識れバルと言います。意識の高い人に見えてるものが意識の低い人には見えないのです。それは顕在意識が邪魔をしているからです。教育は顕在意識を高めるので良くありません。他人が書いてあることでどうこうい言うのも健在意識が高まります。言ってることを自分で考える力を養ってください。理論的に。感性で物を見るようにしなければなりません。
青龍とつながるためには潜在意識で繋がる必要があります。潜在意識を高めるためにはそれを邪魔する顕在意識をなくさねばなりません。自分の我欲が顕在意識を高めて潜在意識を殺します。ここが重要です。
青龍が見えない。その方は欲望が高まり、我欲で潜在意識を殺しているのです。だから風評で惑わされるのです。潜在意識がしっかりとしていれば、自分の行動はひらめきによって決められます。それが天とのつながりです。人間は地球の一細胞に過ぎないことを忘れてはいけません。
自我を捨て、他人のことを思いやれば自然と潜在意識が高まるでしょう。
そして地球と共になった行動をとってください。それが皆さまの「大難を小難にする」方法です。思いつくものを優先して準備にとりかかてください。
自分の生死を決めるのは自分自身です。
神様は自分自身の潜在意識に潜んでいるのです。
天界を代表して青龍
33 8
ツイート
<< 前の日記(青龍からの緊急連絡。)
次の日記(天照さんの寝室を覗く。) >>
コメント
mixiユーザー
mixiユーザー2018年09月08日 13:39
以前ニニギが注文した「救命ボート」はキャンセルになってしまいました。品物が手に入らなくなってしまったようです。
自治体が災害ように注文したために一般には回ってこなくなってしまったようです。一歩遅かったです。それほど自治体も準備を進めているのでしょう。
あの救命ボートは防水カバーが付いていて、津波にもまれても沈没しないようになってましたよ。誠に残念です。6人も乗れたのに。
mixiユーザー
mixiユーザー2018年09月08日 13:58

ニニギさん 小型ソーラー発電機も入手が難しくなっているようです。
mixiユーザー
mixiユーザー2018年09月08日 15:02
そうですか。
ニニギが紹介するころには、役所がすでに手をまわして防災対策をしている。
そんな感じがします。
3日くらい前に180ワットのポータブル電源で、ソーラーパネルでも充電できるポータブル電源をandyさんが見つけて二人で買いました。2万円ほどの電源がなんと1万円でした。それに別途100ワットのソーラーパネル。自立式のスタンドも付いて13000円。
楽天のスーパーセールで売ってました。もう売り切れでしょう。
mixiユーザー
mixiユーザー2018年09月08日 15:04
防災グッズ。
今は早いもの勝ちです。もはやパニック状態ですよ。
お急ぎください。
大地震は間違いないことですので。自分自身で対策を考えてください。
都市部の人は引っ越した方が賢明でしょう。土地もどうせ後半年。
mixiユーザー
mixiユーザー2018年09月08日 15:06
救命ボートが買えなかったのは残念でなりません。
自治体も相当焦ってますよ。
mixiユーザー
mixiユーザー2018年09月08日 16:23
ニニギとandyさんが頼んだポーヤブル電源は、スアオキのS279という商品。
現在アマゾンで13280円で売ってます。ニニギが買ったのは楽天のスーパーセールで1万円でした。ニニギが3台も買ったので売り切れ。
こちらはまだ売ってました。
https://www.amazon.co.jp/ポータブル電源-S270-40540mAh-三つの充電方法-急速充電QC3-0/dp/B076PR4TBZ
150ワットの電源で、家庭用電源で充電でき、非常時はソーラーパネルから充電できます。
これだけの容量で1万円代は安いです。お急ぎください。
非常用にいつもフル充電しておいて、停電になったらソーラパネルをつなぎます。
mixiユーザー
mixiユーザー2018年09月08日 16:35
ソーラーパネルはこれがいいです。
https://www.amazon.co.jp/NSS-日本語マニュアル付属-アメリカメーカーセル-単結晶シリコンパネル-ソーラーチャージャー/dp/B07G8Q5L9B/ref=sr_1_8?ie=UTF8&qid=1536391473&sr=8-8&keywords=%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%8D%E3%83%AB%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BD%97
発電100ワットで小型軽量。
充電用の逆流防止のダイオードも内蔵されています。
アマゾンで13400円。
どこでも立てられるスタンドが付いてます。ベランダに立てて、一日中小型冷蔵庫が動かせます。andyさんはテレビにつないでつけっぱなし。
LEDtライトならたくさんつけられるので、停電でも家中が明るく輝きますよ。
アドレスはコピーして貼り付けてください・
mixiユーザー
mixiユーザー2018年09月08日 17:00
特報が入りました。
ポータブルバッテリーが9月10日より再び楽天のスーパーセールで数量限定で10300円になります。すぐに売り切れると思いますので、このチャンスを逃さないでください。夜中の0時に待機してください。
今の時期でも11000円で手に入れられるようです。アマゾンよりこちらがいいです。楽天です。これでもいいから早く手に入れましょう。

引用元: 緊急連絡。NASAが大地震の急増を警告。風評に惑わされずに地震の準備を急いでください。 | mixiユーザー(id:20653861)の日記

北海道地震の直後に南米で3連続地震|地球規模で大きな変化が起こっているようです

南米で1時間以内に巨大地震が3連発 / 北海道と同じ火山帯
中澤星児
昨日
2018年9月6日、北海道胆振地方中東部を震源に発生した大地震。国内で6例目となる最大震度7を記録したこの地震に、現在も混乱が続いていることは本サイトの現地レポートでもお伝えしている通り。
だが、大地震に襲われたのは日本だけではなかった。9月7日朝、南米で1時間以内に巨大地震が3連発したという。
・パナマ、エクアドル、チリ
このニュースを伝えているのは、海外メディア「CNN」だ。わずか52分の間に、パナマ、エクアドル、チリで立て続けに大きな地震が発生したという。
最初の地震は、日本時間の9月7日10時47分頃、パナマで発生したマグニチュード5.8。CNNによると、その後、エクアドルでマグニチュード6.4、チリでマグニチュード5.8の地震が連発したのだとか。ちなみに、気象庁によると北海道地震のマグニチュードは暫定値「6.7」と発表されている。
・何が起ころうとしているのか
同じ環太平洋火山帯に属している地域で発生したこの4つの地震。活動が活発になっているようにも見えるが、今後、大地震が連発しないことを祈りたい。
参照元:CNN(スペイン語)、Express(英語)
執筆:中澤星児

引用元: 南米で1時間以内に巨大地震が3連発 / 北海道と同じ火山帯 | ロケットニュース24

「フィジーで超深発地震が起こると、日本の太平洋に数週間から数ヶ月以内に大きな地震が起こる」らしい

2018年09月07日
フィジーで大地震が起こると・・・
20180907-00005336-weather-000-view
スクリーンショット 2018-09-07 5.54.38
7日の深夜、今度は南太平洋の島国であるフィジーにおいて、M8.1という大地震が発生しました(M7.8という情報も)。
フィジー自体、世界有数の地震地域だけに、大きな地震が発生することも珍しくはありませんが、先月19日にもM8.2の大地震が発生していたので、かなり短い周期でM8.0クラスの地震が連発しています。
96
震源の深さは、約600kmから670kmという、地震の中では最深部エリアでの地震です。
通常は数kmから30kmの地表での地震で、100km以上を深発地震と呼ばれますが、今回は500kmを超える超深発地震となります。
Pacific_Ring_of_Fire
「フィジーで超深発地震が起こると、日本の太平洋に数週間から数ヶ月以内に大きな地震が起こる」
環太平洋の火山帯は、すべて繋がって連動しており、どこかで大きな地震や噴火が起こると、まったく違う別のエリアで地震や噴火が起こると言われていますが、その中でバヌアツの法則が有名だったものの、最近はフィジーの法則というのが話題になっています。
過去の統計上、フィジーで500km以上の深い大地震が発生すると、その後に日本の太平洋側にて中規模から大規模な地震が発生しているケースが多いそうです。
03282b3cb5f2d25a6607edaf8d3da233
そのエリアは広範囲にわたっており、九州や四国の南海トラフ近郊から、茨城より北部の日本海溝まで、いつどこで連動するかはわかりません。
北海道もまた、引き続き余震に警戒が必要ですが、年内は太平洋側を中心に新たな地震にも注意した方が良いかもしれません。
備えあれば憂いなしで、普段から防災意識を高めておきたいと思います。

引用元: フィジーで大地震が起こると・・・ : 天下泰平

東京の硫黄島で火山性地震が増加

硫黄島で火山性地震増加 1日で500回超、噴火の可能性
(共同通信) 09月08日 22:51
 気象庁は8日、東京の硫黄島で火山性地震が増加し、同日午前2時ごろから午後9時までに566回観測したと発表した。噴火する可能性がある。沿岸での小規模な海底噴火にも注意が必要。1日の地震回数が500回を超えたのは2012年4月27日以来。硫黄島は現在、海上、航空両自衛隊の基地があり、民間人の上陸は制限されている。

引用元: 硫黄島で火山性地震が増加 - goo ニュース

 
comments powered by Disqus