2年更新の途中でも引っ越すことはできる|お金と命は命が大切|早く引っ越すことですよ

2年更新の途中でも引っ越すことはできますよ、まことさん。

関東地方南部は、近いうちに大地震に見舞われるような地震の多さ。

関東地方南部は、少なくとも「いつか地震のトリガーが引かれる状態」にあることは確か。

「神奈川県茅ケ崎」の「副市長」も「市長」も、ガンで亡くなっている。

つまり関東地方南部は、放射能汚染もひどい。

乳製品の摂取と魚食は、いますぐやめないとストロンチウム90の被爆でガン・白血病になります。

カルシウム錠剤でストロンチウム90を排出することをコンスタントに続ける。

21st Century, カルシウム・マグネシウム・亜鉛+D3, 90錠 - iHerb.com

放射性セシウム(水道水や野菜や穀物に入っています)の摂取により、心臓・血管がもろくなり、心臓病、動脈瘤・動脈解離で突然死することが多いです。 放射性セシウムの排出にはタウリンの摂取をコンスタントに続ける。

California Gold Nutrition, L-Taurine, 1000 mg, 60 Veggie Caps - iHerb.com

カルシウム錠剤(安定ストロンチウム錠剤でもよい)とタウリンは、毎日、飲みましょう。

iHerbで、1回の注文あたり、総額15,500円以内(超えると関税が課税される)で頼んでください。

神奈川県でも被爆が広がっている

神奈川県茅ケ崎副市長に続き市長も亡くなる。神奈川県にも被ばくが及んでいる。
茅ヶ崎副市長に続き市長も急死 神奈川にも放射能汚染が拡がっている 十分に警戒を
http://www.asyura2.com/18/genpatu50/msg/396.html
10月4日、服部信明・茅ケ崎市長(57歳)が急死した[1]。
地元のロータリークラブの例会に公務で出席、質疑応答の際に倒れ市立病院に搬送されたが、
脳の広範囲に出血がみられ助からなかったという。
服部市長はたびたび福島を訪問しており、楢葉町、富岡町など超高汚染地域も見学している[2][3]。
そのときの被ばくが原因かもしれない。
茅ヶ崎市では、4年前に木村竹彦副市長(63歳)がハワイ・ホノルルでサーフィン中に突然死している。
服部市長はその場におり、「公務中の事故」と発表したものの「プライベートな時間で起きた」と訂正、最終的には公務災害と認められ死亡見舞金が遺族に支払われている[4][5][6]。
市の説明が二転三転したこともあり、背景に不正入札があった、暗殺されたのではといった憶測も流れた[7]。
実は木村副市長も2011年11月に陸前高田市、気仙沼市、南三陸町を視察している[8]。
福島第一から放出された放射性物質が大量に降り注いでいた時期である。
おそらく副市長の突然死も被ばくが原因ではないだろうか。
汚染地域の訪問は別としても、神奈川県では70歳未満で亡くなる政治家が少なくない。
(敬称略)
2012/1/7 田島信二 神奈川県議 53歳 胃がん 川崎市
2014/6/19 森川絹枝 愛川町前町長 卵巣がん 62歳
2014/10/30 清水政美 大井町議 病死 69歳
2015/11/29 山城保男 横須賀市議 急性心不全 68歳
2017/12/7 吉川和夫 茅ヶ崎市議  急性心筋梗塞 65歳
2018/1/19 横田典之 伊勢原市議  61歳
そういえば、わずか31歳で急死した写真家・今井洋介さんも鎌倉在住であった[9]。
先月、逗子市の下水場からヨウ素131が大量に検出されている[10]。
想像以上に神奈川県の放射能汚染は深刻なのではないか。
海に流出した放射性物質が波の泡沫に付着して海岸に戻ってくるという指摘もある。
とくに湘南などの海辺は注意が必要だろう。
住民のみなさんは、「福島から遠いので大丈夫」と油断せず、十分に気をつけていただきたい。
どうにも体調がすぐれない場合は思いきって移住を考えるべきだろう。

引用元: 神奈川県茅ケ崎副市長に続き市長も亡くなる。神奈川県にも被ばくが及んでいる。 | mixiユーザー(id:20653861)の日記

 
comments powered by Disqus