この記事の内容は「フレッツ 光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼」で契約している私の環境での話です

この記事の内容は「フレッツ 光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼」で契約している私の環境での話です。

申し込むプランによっては、記事内容が該当しないケースもありますので、詳しくは、ご自身でNTT116にお問い合わせください。

@ビリングとMyビリングの違い

違いは「@ビリング(NTT東日本)」「Myビリング(NTT西日本)」という会社による名称の違いだけであり、機能として両者は同じものです。

「@ビリング(NTT東日本)」「Myビリング(NTT西日本)」はともに、「NTTにおけるインターネット、電話、あるいは、それらの付帯サービスの月額利用料の請求にまつわり、顧客としてペーパーレス化に協力することによって、毎月150円(税別)が節約できるサービス」のことです。

@ビリングとWebビリングの違い|NTT東日本の範囲で有効な話

「フレッツ光+ひかり電話」の料金までは「@ビリング(NTT東日本)」で一括請求の状態にすることができる。

「OCN、ぷらら等、プロバイダー」の料金まで一括請求の状態にするためには、さらに「Webビリング(NTTファイナンス)」を追加的に申し込む必要がある。

MyビリングとWebビリングの違い|NTT西日本の範囲で有効な話

「フレッツ光+ひかり電話」の料金までは「Myビリング(NTT西日本)」で一括請求の状態にすることができる。

「OCN、ぷらら等、プロバイダー」の料金まで一括請求の状態にするためには、さらに「Webビリング(NTTファイナンス)」を追加的に申し込む必要がある。

【以前は金融機関での自動引落が可能であったものの現在では不可能】OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEは、ユーザーが増えすぎたせいで、かなり遅いらしいので、やや微妙な感じもする。

よくあるご質問(OCN モバイル ONE(データ通信専用SIM)) | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま
OCN光モバイル割 | OCN モバイル ONE | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま
OCN モバイル ONE 050 plusセット割(050 plus) | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

ただし、OCN(プロバイダー)を契約した状態でOCN モバイル ONEを申し込むと、OCN モバイル ONEの月額利用料が毎月200円(税別)割引になる制度があるし、これがOCN モバイル ONE5契約まで可能なので、安さ・節約という意味では魅力が高い。

さらに、OCN(プロバイダー)を契約した状態で「OCN モバイル ONEの付帯サービスとして050 Plusを申し込む」と、OCN モバイル ONEの月額利用料が毎月200円(税別)割引になる、かつ、050 Plusの月額基本料のうち毎月150円(税別)が割引になる。 安さ・節約という意味では、これも魅力が高い。

NTTコミュニケーションズが提供する「050 Plus」と「ドットフォン」という2つのIP電話は、NTTコミュニケーションズが提供する「0570ナビダイヤル」にかけた場合の高額請求を回避し、ふつうの3分8.5円の通話料で済ませるための秘策である。

0570ナビダイヤルの高額料金は050 plus/OCNドットフォンでかければ3分8円+税に抑えられる · ゆきんこの勉強法 | 自修人

「0570ナビダイヤル」を提供しているNTTコミュニケーションズは、かなり意地汚いことをしている。

かつまた、「0570ナビダイヤル」を採用している企業・役所などは、かなり意地の悪いことをしている。 「電話をかけてきた人に、高額な通話料を支払わせる」という経済的な損失を与えることで、電話による問い合わせを減少させたいのだろう。

「0570ナビダイヤル」にまつわる、「NTTコミュニケーションズ」と「0570ナビダイヤルを採用している企業・役所など」による、こうした悪意ある行為を回避する道具として、「050 Plus」と「ドットフォン」という2つのIP電話がある。 とくに「OCN モバイル ONEの付帯サービスとして050 Plusを申し込む」ときの割引によって、050 Plusを月額基本料150円(税別)という通常月額基本料の半額で維持できる。 いいかえれば、「0570ナビダイヤル」の高額請求回避の権利を、月額150円(税別)で確保することができるのが「OCN モバイル ONEの付帯サービスとして050 Plusを申し込む」場合の050 Plusである。 これは、かなりいいかもしれない。

ドットフォンは、固定回線のIP電話です。 月額基本料が300円(税別)で無料通話分が付いてくるけれども、「0570ナビダイヤル」なんて、そう利用するものでもない。 050 Plusを月額基本料150円(税別)で維持しておいたら、固定費は半額になる。

ドットフォンも050 Plusも、050番のIP電話です。 050番のIP電話からの通話を拒否する電話番号(110番、119番などの3桁番号、フリーダイヤル0120の大半など)がけっこう多いことから、 050番のIP電話をメイン電話にすることは、現実的ではありません。 050番のIP電話は、あくまでもサブです。

今お使いの電話機そのままで、通話料がおトクな050IP電話!
IP電話同士の無料通話先もいっぱい。月額利用料300円(税込324円)で毎月350円(税込378円)の無料通話もついてきます。
「OCNドットフォン300」/「OCNドットフォン」の通話料や利用方法などの基本サービスは共通です。

引用元: OCNドットフォン300 | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

OCNカスタマーズフロントで確認したこと

■ カスタマーズフロント
フリーダイヤル:0120-506506
受付時間: 10:00-19:00(日曜・祝日・年末年始を除く)
※ 2017年2月より、日曜・祝日の受付はお休みさせていただいております。
※ IP電話からフリーダイヤルにおつなぎできない場合は、050-3786-0506へおかけください。通話料はお客さまのご負担となります。

引用元: ご契約中のお客さまの追加・変更などの各種お手続き | OCN モバイル ONE | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

■概略として「モバイルインターネット関係の月額利用料決済はクレジットカードまたはデビットカード(OCNカスタマーズフロントからの確認で認証が通るものだけ)からの2者択一」と考えておけばよい

●050 plusを単独で申し込む場合には、月額利用料は300円(税別)となり、決済方法としてクレジットカードのみが許される。この契約形態では、デビットカードは許されない(変則的)。

●OCN モバイル ONEを単独で申し込む場合には、クレジットカードまたはデビットカード(OCNカスタマーズフロントからの確認で認証が通るものだけ)のいずれかでしか決済することができない。

OCN光モバイル割 | OCN モバイル ONE | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

「光回線契約の月額利用料+OCN(プロバイダー)契約の月額利用料」をセットにして、NTT東日本またはNTT西日本からの請求で金融機関での自動引落がなされる場合、振替手数料は無料。

OCN(プロバイダー)契約に付随して「OCN モバイル ONE」の契約を付加する場合には、「OCN モバイル ONEの月額利用料金から月額200円(税別)を差し引く」という特典がある(要申込:最大5契約まで)。 この契約は、クレジットカードまたはデビットカード(OCNカスタマーズフロントからの確認で認証が通るものだけ)のいずれかでしか決済することができない。

「固定回線関係の月額利用料を自動引落する系統の決済」と「モバイルインターネット関係のクレジットカードまたはデビットカード(OCNカスタマーズフロントからの確認で認証が通るものだけ)系統の決済」。 このように、決済の系統が2つに分かれていても、同じ「Nから始まる9桁の番号(OCNお客様番号)」に紐付けられている契約の決済であれば、「OCN モバイル ONEの月額利用料金から月額200円(税別)を差し引く」という特典を受けることができる。

OCN モバイル ONE 050 plusセット割(050 plus) | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

「光回線契約の月額利用料+OCN(プロバイダー)契約の月額利用料」をセットにして、NTT東日本またはNTT西日本からの請求で金融機関での自動引落がなされる場合、振替手数料は無料。

OCN(プロバイダー)契約に付随して「OCN モバイル ONE+050 plus」の契約を付加する場合には、「OCN モバイル ONEの月額利用料金から月額200円(税別)を差し引く」かつ「050 plusの基本料金から月額150円(税別)を差し引く」という特典がある(両サービスを従前から使っている人も対象:要申込)。 この契約は、クレジットカードまたはデビットカード(OCNカスタマーズフロントからの確認で認証が通るものだけ)のいずれかでしか決済することができない。

「固定回線関係の月額利用料を自動引落する系統の決済」と「モバイルインターネット関係のクレジットカードまたはデビットカード(OCNカスタマーズフロントからの確認で認証が通るものだけ)系統の決済」。 このように、決済の系統が2つに分かれていても、同じ「Nから始まる9桁の番号(OCNお客様番号)」に紐付けられている契約の決済であれば、「OCN モバイル ONEの月額利用料金から月額200円(税別)を差し引く」という特典を受けることができる。

■概略として「インターネット固定回線関係の月額利用料決済は金融機関での自動引落も可能」と考えておけばよい

●OCN(プロバイダー)を単独で契約する場合には、金融機関での自動引落も可能で振替手数料は無料。ただしこの場合に、紙の領収証の郵送を希望する場合には一通100円(税別)が請求される。

●OCN(プロバイダー)契約に関連して、「OCNドットフォン」の契約を付加する場合には、両者の料金が合算されて請求され、この月額利用料決済は金融機関での自動引落も可能で振替手数料は無料。ただし紙の領収証の郵送を希望する場合には100円(税別)が請求される。

Myビリング|0120-456-780に電話してわかったこと

まとめ NTT東日本、NTT西日本でのインターネット、電話等の月額利用料を金融機関での自動引落にするとき、振替手数料はもともとゼロ円である。

顧客として、料金徴収にまつわるペーパーレス化に協力すると月額150円(税別)が節約できる。このサービスを「@ビリング(NTT東日本)」「Myビリング(NTT西日本)」という。

「@ビリング(NTT東日本)」「Myビリング(NTT西日本)」でカバーできるのは、東西NTTの月額利用料の範囲のみ。

「@ビリング(NTT東日本)」「Myビリング(NTT西日本)」でカバーできる範囲に加えて、インターネットサービスプロバイダー〔ISP〕の月額利用料まで一括請求の状態にしたい場合には、「Webビリング(NTTファイナンス)」に申し込む必要がある。

「Webビリング(NTTファイナンス)」にすると、金融機関での自動引落に失敗して光回線が停止した場合でも、緊急支払の手段として、クレジットカード払いが用意されているので、停止した光回線を復活させるまでの時間が短縮できる。

「金融機関での自動引落で残高不足」等の原因で、金融機関での自動引落ができなかった場合、1回は警告が来て、それにも気づかなかった場合、たとえ夜間であっても、光回線が強制停止される場合がある。 「料金未納による光回線の強制停止」が夜間に起こった場合、「Webビリング」に入会しておくと、「夜間でもクレジットカードによって緊急支払をする」ことが可能となり、光回線の早期回復が期待できる。 クレジットカード以外の場合、支払の事実を確認するまでに時間がかかるため、光回線の早期回復が難しくなる。 「Webビリング」を申し込んでおくと、緊急時に役立つことがある。

NTT西日本|電話のご案内公式|料金のご案内|お支払い方法について
NTT西日本|電話のご案内公式|ネット口座振替受付サービス利用可能金融機関一覧
口座振替によるお支払方法|お支払方法|料金のお支払トップ|Web116.jp|NTT東日本

「インターネット回線利用料」「インターネット回線の付帯サービス利用料」「電話料金」などを合算した金額が、NTT東日本、NTT西日本から請求される。 このNTT東日本、NTT西日本からの請求を、指定された金融機関において自動引落にするとき、もともと振替手数料は無料である。

NTT東日本、NTT西日本からのインターネット、電話等の月額利用料を自動引落にするとき振替手数料は無料である。 「自動引落の振替手数料が無料である件」はNTT西日本116センタで確認したところ、ウェブサイトのどこにも載っていない情報であり、電話で問い合わせなければわからない情報だそうです。

「@ビリング(NTT東日本)」「Myビリング(NTT西日本)」によって利用料の請求をペーパーレス化すると、支払にまつわる帳票類は発行されないけれども、「料金のお支払い時の収納手数料|月額50円(税別)」「料金請求書(書面)の発行手数料|月額100円(税別)」の両方を節約することができます。

ご利用料金お支払い時の手数料節約について|フレッツ光公式|NTT西日本

NTT東日本/NTT西日本の月額利用料をカバーするのが「@ビリング(NTT東日本)」「Myビリング(NTT西日本)」です。

「NTT東日本/NTT西日本の月額利用料」に含まれてない、OCNなどのインターネットサービスプロバイダー〔ISP〕の月額基本料まで一括請求の状態にするためには、「Webビリング(NTTファイナンス)」に申し込む必要がある。

金融機関での自動引落が可能な主要MVNO

(1)決済方法としてクレジットカード決済しか許容していない業者は、資金力が弱いと判断することができます。 資金力のある業者は、金融機関での自動引落に対応しています。 資金力の弱い業者は、顧客には何年縛りをかけておきながら、たやすく撤退することも考えられますので、注意が必要です。

(2)金融機関での自動引落で、振替手数料の100円、200円を徴収する業者は、資金力が弱いと判断することができます。 資金力の弱い業者は、顧客には何年縛りをかけておきながら、たやすく撤退することも考えられますので、注意が必要です。

【100円】楽天モバイル(振替手数料として100円が徴収される)

事務手数料、月額基本料のお支払いに、ご契約者 本人名義の銀行口座からの引き落とし(口座振替)をご利用いただけます。
※毎月の引き落とし時に、手数料100円(税別)をいただきます。

引用元: 楽天モバイル:口座振替でのお支払い

【200円】BIGLOBEモバイル(振替手数料として200円が徴収される)

BIGLOBE:カスタマーサポートインフォメーションデスク:0120-86-0962

電話で確認したところ、BIGLOBE(インターネットサービスプロバイダー〔ISP〕)の銀行口座からの料金引落も、BIGLOBEモバイル(BIGLOBEの格安SIM)の銀行口座からの料金引落も、1回の引落あたり手数料が200円(税別)発生するとのことです。

BIGLOBE利用料金を、「銀行の口座振替」または「ゆうちょ銀行の自動払込」にてお支払いいただく場合、口座振替・自動払込手数料(200円(税別)/回)を別途申し受けております。

引用元: 口座振替/自動払込手数料とは何ですか | よくある質問(FAQ) | BIGLOBE会員サポート

BIGLOBE(プロバイダー)とBIGLOBEモバイル(格安SIM)を両方とも利用している場合には、合算されて、1回の引落あたり手数料が200円(税別)発生するとのことです。

ですので、1年間でおおよそ12回(1000円未満の月は月額利用料金が次月と合算)、200円(税別)の手数料が発生する計算です。

BIGLOBEの利用料金の一覧表に、この引落手数料が明記されていません。 コンプライアンスの水準が低いと思います。

接続コースの料金表:BIGLOBE会員サポート
料金プラン|格安SIM/スマホのBIGLOBEモバイル


BIGLOBEモバイルの音声通話SIMを口座振替で支払う裏ワザ!ビッグローブの手続きにかかる日数や手数料、引き落とし日、審査など | BIGLOBEスマホのまとめサイト

「インターネットサービスプロバイダー〔ISP〕としてのBIGLOBE」と 「BIGLOBEモバイルのSIM」を併用することによって、月額300円(最大で)が値引きされる。

光☆SIMセット割:光回線とモバイル回線セットでお得!

【0円】UQ mobile(振替手数料は無料)

UQ mobile 振替手数料 - Google 検索

WiMAXは使用している電波帯域(2.4GHz帯、5GHz帯)が悪いため、回線の途切れが多く、部屋の内部まで電波が入ってこないため、問題外として、ここでは取り扱いません。

 
comments powered by Disqus