「Franzで統合できるツール」を基準にチャットツールを選択する

Franz - Activate Account

Microsoftの動きは、「Microsoft Teams」という1つのブランドの中に、買収したサービスを取り込んでいき、「Microsoft Teams」という「総合デパート」を完成させようという、じじくさい・ばばくさい発想です。

Microsoftの経営陣の精神の根底には、「中央集権を目指すマインド」があるんですね、たぶん(わかんないけど)。

Microsoftは「企業」というものを「エンタープライズ」という語感から連想される「巨大組織」としてのみ捉えており、「小グループ、フリーランスの個々人がヨコの連携でゆるやかにつながる連合体」にかんして、無視している感じがします。

Microsoftは「大企業病」を世界に振り撒く感じがするわけです。

Microsoftは、なんかイケてない。

中央集権だと、循環が生まれないので、「淀む水には芥溜まる(よどむみずにはごみたまる)」の理論によって、「中央集権の内側に存在する要素」は腐敗するのですよ。

ズバリ、Microsoftには、買収したサービスを腐らせる企業体質があるわけです。 Microsoftは「飼い殺し世界一」の企業体質をもつわけです。

Microsoftから買収された各種サービスは、進化のスピードを緩める。 あるいは、進化を止める。 結果として、サービス全体がつまらなくなる。 こういう感じの「白けさせるカルマ」を、Microsoftは背負っている感じがするのです。

そしてWindows 10への強制アップデートなど、強圧的で恐ろしい側面をもつのがMicrosoftです。 民度が低いのですね、Microsoftは。

大手百貨店が、続々と閉店しているでしょ?  総合百貨店なんて、はやらないんですよ。

ぜんぶ「ピラミッド構造」「中央集権」という発想なんですよ、この手の業態は。 ってか、こういう「専制政治・独裁制」が好きで、強圧的な精神性をもつ人たちは、淘汰される側なのだと思います。


「Franzという統合サービス」を「ハブ」として、「その時点で最もとんがったサービスを、その都度選択して、それらを各ユーザーが主体となって連携させていくことがキモになる」と思うのですね。

スキャナ/プリンタ/ファクシミリの複合機がありますよね?  この手のものは、あまり凝っていない使い方のときには「抜群によい」のですけれども、ちょっと本格運用しようとすると、全取っ替えになります。

複合機は、写真のネガをスキャンするほどの解像度をもたない。

写真プリントをきれいにこなすほどのプリンタ性能でもない。

ぜんぶ中途半端なんだよ、複合機は。

「総合百貨店」と「複合機」は似ているでしょ? 

「総合百貨店」は、どの商品も「高額なだけで中途半端」であり、市場で最もとんがっている(最も安いとか、最も高級とか)商品が、あまり置かれていない。

「総合百貨店」で最もとんがっているのは、デパ地下ですよ。 デパ地下は「小店舗がしのぎを削る戦場」ですから、栄枯盛衰がある。 いいかえれば、デパ地下には「自然淘汰+新規参入」という「循環」があるわけです。

「スマホ」も「総合百貨店」や「複合機」と似ているでしょ? 

現在、スマホは「薄型カメラ」としての利用がとても多くなっています。 しかし、4K/8Kといった高画素規格の動画を、バシバシ撮影するためには、スマホでは性能不足、容量不足、電源不足になって、どこかでスマホは「動画はダメだね」となるでしょう。

iPhone XSやiPhone XS Maxでは4K動画がきれいに撮れますけれども、撮影時間は短い。

4K動画をスマホで撮影すると、電池がすぐ減るし、ストレージがすぐに満杯になる。 そのうち「できる」ということと、「快適にできる」ということとの間に、雲泥の差があること、皆さんがお気づきになることでしょう。

動画撮影機としてのスマホは、やがて「転落」します。

「1つのツールだけで万能」ということを目指すよりも、「1つ1つ、最もとんがったツールを自分で統合する」というほうが、「使いやすいシステム」になると思うわけですよ。

「Franzで統合できるツール」という縛りの中で、各ツールを選んでいく。 こういう方針が、1つあると思うわけです。

「Slack〔スラック〕」と「ChatWork〔チャットワーク〕」の併用という案が浮上してきた

【Franz】チャットツールをまとめて管理するアプリ【テクも公開】

チャットワークとSlackどっちを導入する?強みと連携方法まとめ

こんな感じで複数のチャットツールに対応しています。
僕の場合はFacebookメッセンジャー・Skype・チャットワーク・Slackをメインで使っています。なお、GmailはFranz以外のサービスで管理しており、この点は次の項で解説します。

引用元: 【Franz】チャットツールをまとめて管理するアプリ【テクも公開】

(1)「Slack〔スラック〕」と「ChatWork〔チャットワーク〕」を併用し、Franzで統合する。

(2)タスク管理にはTrello〔トレロ〕がいいらしい。 つまり「Slack〔スラック〕の中からTrello〔トレロ〕を連携させて使う」というのが1つのやり方になるらしい。

【知っておくべき】GTD理論 × Trello が最強のタスク管理術である

(3)メールを統合するには、Polymailがよさげである。

メールのための GTD、「Inbox Zero」の実践 | Lifehacking.jp

Polymail — Email Collaboration for Teams

(4)LINEは「時間のムダ」「人生のムダ」になりやすい。 映画、アニメ、漫画、小説などといった、「典型的な意味でクリエイティブな領域」は当然、「静寂の時間」が大事でしょう。 他方、ビジネスの世界も「クリエイティブな領域」は当然、「静寂の時間」が大事でしょう。 ムダなコミュニケーションを最小化して、「自分自身のタスクに没頭する」ことが、良い作品、良い仕事につながるのではないでしょうか? 

ちょっと残念な点②:LINEへの対応はありません。
日本ユーザーからしたらちょっと残念ですが、LINEは未対応です。 というわけで、、、僕はLINEを消しましたw LINEってピコピコ鳴りすぎてメンドウなんですよね。 チャットツール削除が生産性アップの近道です🙈

引用元: 【Franz】チャットツールをまとめて管理するアプリ【テクも公開】

対人関係が「近すぎる」とウザくなる。 この大法則があるように思います。

例えば、Mixiが一時期は大流行して沈静化し、Facebookが一時期は大流行して沈静化し、LINEが大流行している中、やや沈静化の兆しが見えてきたようです。

原因は「返信する義務感にさいなまれる人間関係がウザい」という点です。

人間どうしが近づきすぎると、この状態になります。

Mixi、Facebook、LINEと、いくつかのSNSを経験してきて、「実名ベースの近すぎる人間関係を強要するSNSは短命に終わる」という法則のようなものが見えてきたように思います。

Trello〔トレロ〕を使ったら勉強のタスク管理にもよさげ

うんそうだ。

Trello

Taskworldの方が標準でついている機能は豊富ですが、TrelloはChrome拡張機能が50個以上あるのでカスタマイズが自由自在です。そのため、Taskworldの有料プランでなくても、十分機能を補うことができます。

引用元: 結局どっち?Taskworld(タスクワールド)とTrelloを徹底比較! - 起業ログ

タスク管理ツールはTrello一択 - 木牛流馬が動かない

最強のタスク管理ツール「Trello(トレロ)」の使い方・登録方法・メリットのまとめ - ノマド的節約術

 
comments powered by Disqus