[もくじ]を見るor閉じる

●●●工事中●●●

宇宙の大原則

  1. 【自由意志の尊重則】:〔他者の自由意志の達成を侵害しない範囲において〕自分を含めて、すべての魂の自由意志を最大限に尊重する。
    • 【意志決定に必要な情報の告知義務】:本人の自由意志の侵害には、意志決定に必要な情報を[隠蔽]あるいは[不作為によって知らせない]ことも含まれる。
    • 【誘導・強要の禁止】:本人の自由意志の侵害には、本人が自由意志に基づいて、すでに決断したことに対して、他者が別の決断へと誘導したり、他者が特定の決断を強要したりしてはならない。
  2. 【成長・進化妨害の禁止則】:自分を含めて、すべての魂の成長・進化を妨害してはならない
    • 【無用の手助け/無用の干渉の原則禁止】:無用の手助け/無用の干渉は、魂の成長・進化を妨害するものである。
    • 【手助け/干渉の特例】:ただし他者が深刻な危機におちいっている場合は手助け・干渉を容認する。

「思いやり」「人のため」という欺瞞で多くが命を落とした!! 自分軸で生きるほど利他的になる。

「思いやり」「人のため」という欺瞞で多くが命を落とした!! 自分軸で生きるほど利他的になる。 | 黄金時代のすゝめ

  • [全体に貢献するために個人を犠牲にせよ]という価値観を押しつけてくるのが、闇側・レプティリアン等の特徴である。
  • 実際には、[個々が、他者の権益を侵害しない範囲において、自己の幸福を最大限に追求すること]の累積が、世の中の幸福である。
  • 「幸福の総量は一定であり、その[希少な幸福]を奪い合うゼロサム・ゲームである」という幻影を私たちに植え付けようとしてきたのが、闇側・レプティリアン等である。 [希少な幸福]の中で、その分配率〔シェア〕を奪い合う争奪戦だという幻想を、闇側・レプティリアン等は、私たちに与え続けててきた。
  • しかし実際には、幸福は独立会計になっており、自分が幸福になったところで、他者が不幸になるはずもない。 このあたりを理解していないから、「思いやり」「人のため」というおためごかしに乗せられて、コロナワクチン接種を受けることになってしまったのである。
  • 実際には、幸福というのは波動の共振であり、ろうそくの炎を分け与える行為であるから、幸福はお裾分けをしても、減らないんですよ。
  • 遊戯王やポケモンカードなどのレアカードを考えてもわかるとおり、希少性は人工的に作られている。レアカードをどんどん刷ればいいだけじゃん。
  • 幸福も同じであり、幸福を分け与えれば、幸福がハウリング状態〔再帰的拡大プロセスに入った状態〕になり、幸福に終わりがなくなる。

太平洋戦争では、戦争に協力しない者は非国民と罵られる、同調圧力の嵐の中で、戦争に加担させられていった

忽那賢志はバフォメット教団のDSらに脅されて、日本国民を殲滅する作戦に加担させられてしまった

忽那賢志は、たぶん、子供売春の証拠映像でも撮影されているのだろうと思う。

CIAをはじめとするDSというのは、子供誘拐・人身売買・子供売春の組織でもあるから、例えば、楽天の三木谷とかも、少女とセックスしている動画を撮られてしまっているんだよ。 だから、勝ち目がない携帯電話事業に楽天が参加して、5G基地局を増やすのに莫大な投資をさせられているんだ。 わかる?  少女とセックスした動画で、DSが三木谷を脅しているわけよ。

そして、5G基地局というのは、ワズン星人・バシャールなどのあくどい宇宙人たちが、人間をコントロールする電波を出すために作ったもので、あれは携帯電話用じゃないんだよ、厳密には。 5G基地局というのは、人間をコントロールするためにあるのであって、携帯電話というのは、副次的な目的でしかない。

GIGUE ContinuesさんはTwitterを使っています: 「🟥Is this a ZOMBIE❓ ただのジャンキーの様にもみえるが、ワクを打った人間を5Gでリモートマインドコントロールする、このような精神異常をきたす実験は、奴らのやりたいことの一つでもある https://t.co/1LS6973yaq」 / Twitter

それで、なぜOPPO/Xiaomiといった中華スマホが、無料同然の低価格で売られているのか?  それは、コロナワクチン接種を受けた人たちを、[5Gの電波で殺すための共振装置としての携帯電話]を世の中にばらまきたいからでしかない。

それから、ワズン星人が人間の脳幹に潜入するとき、電線・インターネット光回線・電波などを経路として使うんだよ。 つまり、ワズン星人というのは、高次元の邪悪な存在だから、電線・インターネット光回線・電波などを経路として、移動することができるのだということ。

携帯電話を使う人の脳幹にワズン星人が飛び込みたいから、携帯電話を安く売っているわけだし、ワズン星人が乗っかりやすいからこそ、5Gという形式で携帯電話の電波が送受信されているだけ。 ただそれだけ。

通話とインターネットだけだったら、4Gでも十分いけるし、現在でも、実際の携帯電話の通信は、4Gが中心。 5Gというのは、必要ないんだ。

スマホのレビューとかやっている人たちは、DSによる[5Gの電波で殺すための共振装置としての携帯電話]の普及に協力させられていることに気づかない。 しかし、こういうのも、必ず報いを受けるからね。

それで、忽那賢志もたぶん、三木谷と同様に、少女とセックスしている動画を撮られてしまっているんだよ。 そうでなければ、国民が数千万人規模で死ぬであろう、コロナワクチン接種のような、そんな非人道的なことはできないはずだ。

忽那賢志が、「まあ、あのね、人間ってあの自分だけで生きてるわけではないので」と言うのだったら、身を挺して、日本国民を護るのが筋だと思う。

忽那賢志は、脅されて、DSの命令に従っても、最後はDSによって、あるいは、ホワイトハットによって処刑される。 どちみち処刑なんだよ。

だったら、悪いカルマを積む前に殺されたほうが、次の転生で有利になるのだと思うよ。

IDESコラム vol. 9
感染症エクスプレス@厚労省 2017年12月15日
「ゾンビ・アポカリプスに備える」
IDES養成プログラム 3期生:神代 和明
 災害は忘れた頃にやってくるという言葉がありますが、身近で物事が起こ
らなければ、気づかないうちに他人事になってしまことは、私も含めて、よ
くあることではないでしょうか。

 感染症については、私たちは、国民の皆様に情報発信などを通して、感染
症が皆様自身の問題であると意識にとどめてもらうために、twitter、
facebook、このメルマガなど様々な方法で情報発信をしています。海外でも
工夫を凝らした啓発がされています。
 
 米国疾病予防管理センター(CDC)は、2011年から、万が一ゾンビが発生し
たと仮定して、国民の防災に対する意識を高めようとする普及啓発活動を続
けています。ゾンビ・アポカリプス(ゾンビ襲来による世の終わり)を生き
残るためにはなにを準備しておく必要があるかシミュレーションすることで
普段から災害が起きたときになにが必要かを啓発するものです。
水、食料、懐中電灯、救急箱、避難経路の確認といったことをWEBサイト、漫
画などの様々なルーツを用いて、説明しています。
 
 ゾンビ好きな人は世界中にいるでしょう。
皆様も「もしゾンビが襲ってきたら」そんなことを映画やゲームなどの後に
思ったことは一度はあるのではないでしょうか?
 一度は想像したことがあるリアルなゾンビを使うことで、お固くなってし
まいがちな啓発内容を身近に感じてもらい、より多くの層に関心を持っても
らうことにつながったそうです。例えばこのキャンペーンでは、中学生向け
の...臨床リファレンスセンターとともに、抗菌薬が効かなく
なる薬剤耐性(AMR)についての啓発をするために「機動戦士ガンダム」とコ
ラボレーションしました。約40年にわたる長寿コンテンツですので「ガンダム」
の名を耳にした人は少なくないのではないでしょうか。
 コラボレーションをするメリットとして、各キャラクターが持つ訴求力を
もって、強力に、伝えるべきメッセージを伝えるべきターゲットに届きやす
くなるという点です。
 
 災害は忘れた頃にやってくる・・・
 私たちは、感染症に無関心であったり、感染症をしらない方々に、感染症
に興味をもってもらうために情報発信をしています。
 ですが、どんなに情報発信をしても、皆様に行動を変えていただけなけれ
ば意味がありません。そのためにも、まずは、皆様には、家族、友人や職場
で話題にあげていただきたいと思います。それが、感染症が身近な存在にな
る第一歩であり、「みんなにもできること」でもあります。
 
 <CDC Zombie Preparedness>
<薬剤耐性(AMR)対策の啓発に『機動戦士ガンダム』を起用>
<薬剤耐性(AMR)対策について>


※当コラムの見解は執筆者の個人的な意見であり、厚生労働省の見解を示す
 ものではありません。
※IDES(Infectious Disease Emergency Specialist)は、厚生労働省で2年
 前の平成27年度からはじまったプログラムの中で養成される「感染症危機
 管理専門家」のことをいいます。

引用元: IDESコラム vol. 9

忽那賢志「感染の規模自体を縮小するためには、その国民全体の接種率を上げていく必要があるんですね

杉原航太さんはTwitterを使っています: 「『思いやり』トレンド入り。 新型コロナ最大の闇『思いやりワクチン』。こんなもの絶対に思いやりではないと国民全員が認識するまでこの動画はアップし続ける。無惨に若者や子どもが死ぬのを黙って見てはいられない。 忽那賢志は子どもたちに思いやりワクチンを推めた。… https://t.co/jVNxjRzg7W」 / Twitter

中川淳一郎 - Google 検索

忽那賢志:感染の規模自体を縮小するためには、その国民全体の接種率を上げていく必要があるんですね。 で、えっと、ご指摘の当時は若い人がじゃあワクチン打って、本人にどこまでメリットがあるのかっていうとですね、これはあの年齢が若くなればなるほど、ご自身にとってのメリットよりは、周りの人にとってのメリットが、大きくなると。 それは、あの特に子供になると、特にそのとおりです。 ですので、ええ、まあ、ある程度その高齢者に関しては、まあ自分自身を守るという意味が強くなりますし、年齢が若くなればなるほど、まあ、周りのためにっていう意味がまあ意味が、まあ、意味合いが相対的に高くなるということですね。

中川淳一郎: 冗談じゃないですよ、そんなもん。 なんで周りのためになくちゃいけないですか?  さっき俺が示したデータのとおり、若者全然死なない。 あの死者でいうと、10代は一人しか死んでない。 10歳以下ゼロ人です、死者。 で、20代が17人。 で、陽性者389,806人。 なんで、そんな20代以下の人たちが、そこまで打たなくちゃいけないんですか?  それも高齢者のためとか、そういう理由で、忽那さん、おっしゃってるじゃないですか?  なんでそこを利己的って言って、利他的にあれっていうふうに、文春でも主張してるし、今も主張してるんですか? 

忽那賢志: まあ、そうですね。 まあ、あのね、人間ってあの自分だけで生きてるわけではないので。

中川淳一郎: そうじゃない。

コロナに感染していたのは、ごく一部の人たち|つまり、コロナというのは、[DSが噴霧した地域]という特定地域でのみ発生していた、という可能性がある。

[PCR検査]を使って[コロナに感染していた]ことにした、という詐欺的な感染者の統計

[PCR検査]が陽性であっても、[コロナに感染していた]

日本のテレビ局・ラジオ局・新聞等のマスメディアは、[中国共産党≒創価学会≒リゲル星人][統一教会≒CIA≒KCIA〔在日韓国朝鮮人工作員〕]の宣伝部門である

マスメディアは、DSの宣伝部門である。