[もくじ]を見るor閉じる

そもそも、感染/感染拡大/パンデミックというものが、何らかの[まやかし]なのかもしれない|病気の原因とは?|それは病気なのか?

  • [感染拡大防止]という事柄それ自体が何らかの[まやかし]なのかもしれない。
  • 感染を広げているのは、ワクチン接種そのものである。
  • スペイン風邪のときも、ワクチンを打った人から感染して重傷となり、死んでいったようである。
  • つ・ま・り、感染/感染拡大/パンデミックというものがウソだということ。
  • 感染/感染拡大/パンデミックで脅して、ワクチン接種を受けさせることが、カバル〔DSや金融悪魔〕の狙いなんだね。
  • ワクチン接種を受けさえしなければ、病気にはならないので安全である。
  • [感染/感染拡大/パンデミック]を演出するために、最初に体調の悪い人が出る必要がある。
  • そこで使われている手段は、おそらく、[何らかの毒物の噴霧][何らかの電磁波の送信][何らかの靈的操作〔呪い〕の送信]など、人間を病気だと勘違いさせるようなトリックである。
    • あらゆるものは波動であるから、[何らかの靈的操作〔呪い〕の送信]は[共振・共鳴・同調]の理論を使っているものと思われる。
    • 結局、悪魔の世界と[共振・共鳴・同調]しなければいいのであるから、すべては自分の波動しだい、すべては自分の考え方しだい、ということになるだろう。
  • そのトリックに気づかれたら、カバル〔DSや金融悪魔〕の製薬利権・医療利権はオ・シ・マ・イ。
  • その情報開示が近いのだと思う。

ユー子@カンジダ情報発信中
@yuko_candida
7 Apr 2021
病原菌理論➡︎病原菌が体に侵入して病気を引き起こすという説

NIH(アメリカ国立衛生研究所)は、病原菌理論支持にもかかわらず、
「宿主に感受性がなければ、病原体に曝露されても感染症は発症しない。」
と主張。

病気の原因は病原体?それとも別の要因?
baby-skin-rash.com/2021/01/0…
あなたが病気になる本当の理由・第3章「病原菌理論の虚偽」

ドーン・レスター、デビット・パーカー著「What really makes you ill?(あなたが病気になる本当の理由)」という本の第3章「病原菌理論の虚偽」の内容を要約して紹介しています。医薬品、ワクチンのベースになっている考えである病原菌理論は間違っているということを説明しています。
baby-skin-rash.com

Apr 7, 2021 · 1:57 AM UTC
ユー子@カンジダ情報発信中
@yuko_candida
8 Apr 2021
パスツールの病原菌理論

「病原菌は誰に対しても同じことをし、病気の原因になり、どれだけ健康であっても病にかかる。」

高齢者、基礎疾患を持つ人がハイリスクになるというのは矛盾しています。
ユー子@カンジダ情報発信中
@yuko_candida
8 Apr 2021
ベシャンの細胞理論

「病気は宿主の健康状態が悪い時に、細胞内にいた微生物が体を分解する役割を果たすことで起こる。」

まさに腐海を浄化しに来たオーム。
ユー子@カンジダ情報発信中
@yuko_candida
12 Apr 2021
”病棟が過密になると、通常の発熱の症状を示していた患者の症状に変化が生じ、腸チフスの症状を示す。

この現象は、病原体による感染に見えますが、ナイチンゲールは、

「感染はなかった」
「病気の悪化は、患者の不健康な状態が引き起こした自然の結果である。」

と述べている。”
ユー子@カンジダ情報発信中
@yuko_candida
14 Apr 2021
”免疫系の機能が「病原体を攻撃して破壊すること」であるなら、強力な免疫システムを持っている人は誰でも、潜在的に体内に感染性病原体を持たないはず。
しかし、病原性であると主張されている微生物は、健康な人々の体内で発見されています。”
矛盾には通常さらなる矛盾により説明されます。
ユー子@カンジダ情報発信中
@yuko_candida
17 Apr 2021
”医療の実験では、経験的証拠はほとんど無視され、健康なボランティアを被験者として使う人体実験であっても、健康な人と病気の人で同じ結果が得られる前提での実験結果を取っています。

副作用を調べる実験は実験期間が短い場合がほとんどで、長期的な副作用は調べられません。”
ユー子@カンジダ情報発信中
@yuko_candida
20 Apr 2021
”ウイルスが病気の原因であることを明確に示す科学的証拠はない。どうしても病原菌を特定できない病気があり、病原菌理論を信じていた科学者達は「病原体は光学顕微鏡では見えないくらい小さい微生物であるに違いない」と信じていた。1930年代に電子顕微鏡が発明され観察されたものにウイルスと命名。”
ユー子@カンジダ情報発信中
@yuko_candida
22 Apr 2021
”「ウイルス」という単語は、ラテン語で「毒」「有害物質」という意味がある。
18〜19世紀の文献、特に天然痘とワクチン接種に言及しているものを注意深く読むと、「ウイルス」という言葉が、明らかにある種の「有害物質」を指していることがわかる。敗血症は、感染ではなく毒の汚染により起こる。”
ユー子@カンジダ情報発信中
@yuko_candida
2 May 2021
”現代医療は、ウイルスを「非生物だが、生き物である細菌のように振る舞う」としている。
では非生物で運動能力がないはずのウイルスがどのように移動し感染を拡大するのか?
「ウイルスが様々な粒子に乗せてもらい移動する」という主張は矛盾している。運動性がないなら乗せてもらうこともできない。”
ユー子@カンジダ情報発信中
@yuko_candida
3 May 2021
”唾液や粘液に付着したウイルスが空気中を移動することはこれまで観察されていない。ウイルスが観察されたのは、実験室の電子顕微鏡下のみ。ウイルスの空気感染は仮説でしかない。
10人の健康な人が、10人のインフル患者の病床で45分間、顔に咳をかけてもらった結果、10人は誰も発症しなかった。”
ユー子@カンジダ情報発信中
@yuko_candida
9 May 2021
”ウイルス自体を検出できる検査はなく、体内のウイルスの存在が直接決定されるのは、ウイルスに対して産生したとされる抗体の検出によってのみ。
ウイルスの存在を証明することができた人は今まで存在せず、「ウイルスによって引き起こされる病気はない」ということは明らか。”
ユー子@カンジダ情報発信中
@yuko_candida
27 May 2021
”細菌が病原性を持つという説は、現段階では仮説に過ぎない。
細菌には生体内から死んだ細胞を排除する機能を持つものもあり、分解者として役立っている。
生体内では毎日自然のプロセスとして起こっている細胞死。
特に毒素への曝露があった際の細胞の損傷、細胞死の後片付けをしてくれるのが細菌。”

引用元: ユー子@カンジダ情報発信中 (@yuko_candida): "病原菌理論➡︎病原菌が体に侵入して病気を引き起こすという説NIH(アメリカ国立衛生研究所)は、病原菌理論支持にもかかわらず、「宿主に感受性がなければ、病原体に曝露されても感染症は発症しない。」と主張。病気の原因は病原体?それとも別の要因?https://baby-skin-rash.com/2021/01/04/the-germ-theory/" | nitter

第8回 100年前のパンデミック 「スペイン風邪」の史料(3)
Tweet

更新日:2021年12月13日

 2回にわたって、公文書の中に記されていた鎌ケ谷村の「スペイン風邪」の被害についての史料を取り上げました。一方、郷土資料館で調査した個人宅に保存されていた歴史資料の中にも、関係のものを2点見つけることができましたので、紹介してみましょう。
 1点めの史料は、中沢の旧家に残されていた大正8年(1919年)12月の書簡です。東京四谷愛住町(よつやあいずみちょう)(現東京都新宿区)に住む男沢(おざわ)友蘇という人から、後に鎌ケ谷町長となる浅海精作(あさうみせいさく)(敬称略、以下同じ)に宛てられたものです。この書簡の中には、次のような記載があります。

(前略)既ニ御承知之通り、悪性寒(感)冒隊内に流行、勢猖獗を極め、罹病者数百名、入院患者五、六拾名、死亡者二名、大恐惶(慌)を来し、其の最も甚たしき惨状を極めたるは近歩二にして、一中隊五、六名の死亡者を出したる由ニ御座候(後略)

 すなわち、当時の陸軍でスペイン風邪が「猖獗(しょうけつ)(有害なものが猛威をふるうこと)」していて、多数の罹病者 入院患者そして死亡者まで出、パニックの状態となっていることがわかります。特に「惨状(さんじょう)」とまで書かれているのが「近歩二」でした。これは近衛歩兵(このえほへい)第2連隊のことです。ちなみにこの連隊は、天皇(てんのう)と宮城(きゅうじょう)(皇居(こうきょ))を警護するために設けられた最精鋭の近衛師団(しだん)に属していました。その最強連隊の兵士がスペイン風邪に倒れているということを伝えているのです。実は、関東地方におけるスペイン風邪の「後流行」は軍隊から始まり、特に近衛師団の被害が甚大であったことが指摘されています(速見融『日本を襲ったスペイン インフルエンザ―人類とウイルスの第一次世界大戦―』、2006年、藤原書店)。軍隊は、今盛んにさけばれている「三密(密閉 密集 密接)」の具体例にほかなりませんでした。この書簡は、まさにその状況を示しているわけです。
 ところで、いわば軍機ともいうべき内容が記されているのでなぜでしょうか。浅海は、3年前の大正5年(1916年)12月、徴兵(ちょうへい)検査の後、近衛歩兵第4連隊第5中隊に入隊しました。その時の上官である中隊長が男沢陸軍大尉(たいい)でした。浅海は、2年後の同7年11月に除隊し帰郷しますが、すぐさま在郷(ざいごう)軍人となり、後には鎌ケ谷村分会長に就任します。そして、男沢との交流は、昭和初年まで継続していることが確認できます。浅海は在隊中にお世話になったらしく、除隊後もしばしば甘藷(かんしょ)(さつまいも)を送付したりしています。このような関係から、男沢は浅海に近衛連隊の現況を知らせたのでしょう。なお、男沢は、大正11年には少佐として、大隊長に補任されていますので、士官(しかん)学校出身の軍人だったと考えられます。
 2点めは、別の中沢の旧家から郷土資料館へご寄贈いただいた史料です。大正10年(1921年)11月8日付けで、鎌ケ谷村長鈴木喜内の名で、陸海軍へ入営する予定者へ宛てた「流行性感冒予防接種実施ニ関スル件通牒」です。掲載した写真からもわかるように、いわゆる「ガリ版刷り」で大量に作成された文書です。その内容は、入営までに、船橋警察署で、インフルエンザ菌 肺炎双球菌混合ワクチンを2回接種すべき旨を記したものでした。

鎌ケ谷村長の通牒の写真
鎌ケ谷村長の通牒(大正10年11月8日)

 ところで、現在でもインフルエンザの流行に際して、ワクチンとよばれる医薬品が使用されます。スペイン風邪流行時にもワクチンが有効であると考えられました。ところが、当時スペイン風邪の原因は病原菌(びょうげんきん)であると考えられていたため、それに対応するものが開発 使用されました。その一つが、この史料にみえる混合ワクチンでした。しかし実際には発病を阻止する効果は低かったと評価されています。スペイン風邪は現在知られているように、インフルエンザ ウイルスに感染することによって発症する疾病でした。そのことが確認されたのは後年のことで、さらにそのウイルスに対する有効なワクチンが開発されたのは第2次世界大戦後のことでした。
 実は、史料が作成された時点でスペイン風邪は下火となっていましたが、この通牒からは、いかに軍隊がスペイン風邪の新兵への再流行を恐れていたかを知ることができます。
 100年前「スペイン風邪」は、多くの人々を恐怖のどん底に陥れました。結果として有効な対策は見つからず、政府や自治体 警察 病院などは、マスクの使用、うがいと手洗いの励行、人混みを避けることなどを繰り返し促していました。また学校は、罹患者が出ると休校となりました。ところが、大正9年の後半になると、さしもの流行が衰えていきました。多くの人がインフルエンザ ウイルスに対する抗体(こうたい)を獲得し、いわゆる「集団免疫(めんえき)」が形成されたからではないかといわれています。
 このように、たとえ現在からとほど昔ではない近 現代であっても、まだまだ埋もれた歴史が無数にあるのです。それを掘り起こしていくのも、郷土資料館の大切な仕事の一つです。

引用元: 第8回 100年前のパンデミック 「スペイン風邪」の史料(3)|鎌ケ谷市

人間の尊厳のうち最も重要な【自己の生命と健康を護る権利】がファイザーやモデルナによって侵害されてきた

  • ワクチン詐欺にそろそろ気づこう。
  • コロナワクチン接種のプロモーションに加担した医師・マスコミは、全員逮捕される。
  • 重大な結果を招いた医師・マスコミは、軍事裁判〔一審制〕の後に、この世を去るとされる。
  • コロナワクチン接種を受けさせられた人たちの悲しみと怒りは深い。
  • 医療とは、[国民の生命と健康を護るもの]ではないのか? 

コロナワクチン接種に加担した医師が起訴される|これは世界的な傾向であり、当然、日本でも起こると予想される

新型コロナウイルス犯罪で医師1万9000人が起訴
による
マイケル・バクスター -
2023 年 7 月 16 日
1475
82971

次回、年に一度の健康診断が必要な場合は、グアンタナモ湾の受付係に予約を入れる必要があるかもしれません。 米国には約100万人の現役医師がおり、米国海軍判事法廷将軍部隊はそのうち一般医師、専門医、外科医、救急治療室、救急医療スタッフなど約1万9000人を非公開で起訴している。

起訴内容に詳しいJAG関係者はリアル・ロー・ニュースに対し、起訴された医師らは新型コロナウイルス感染拡大のさなか、CDCやNIHとの非倫理的かつ違法なパートナーシップに参加していたと語った。 CDC/NIHは、たとえ致死性の危険性のある注射に対して患者が抗議したとしても、違反した医師らにワクチン接種を強要するよう奨励した。 医療専門家は、コンプライアンスを勝ち取るために患者を物理的に殴ること以外はすべて行うよう奨励された。 戦術には、高齢者を非難したり、ワクチン接種を受けていない母親が胎児の命を危険にさらしていると妊婦に告げることが含まれていた。 CDC/NIHはまた、医師に対し、ワクチン接種を望まない患者を「離婚」すると脅したり、患者の名前が「ワクチン接種拒否」のブラックリストに追加されると告げたりするよう奨励した。 多くの患者は救命治療や投薬を拒否されました。

医師らは、医学界ののけ者として別のリストに載らないよう、参加する医療責任があると告げられた。

私たちの情報筋によると、JAGは現在グアムのキャンプブラズに拘束されている匿名のCDC職員からリストのことを知ったという。

「彼は、強制されたかどうかにかかわらず、詐欺行為に協力した医師のリストにリモートでアクセスできました。 そこには練習の名前と日付が書かれていました。 私たちは、そのリストに載っていた5人の医師を尋問し、その後逮捕したと言えます。 彼らはCDCの指示を受けたことを認めた。 国内のさまざまな地域で無作為に抽出した5人の文書のうち5人が有罪であれば、そのリストはおそらく正確である」と情報筋は述べた。

同氏は、現在のリストはすべてを網羅したものではないと付け加えた。

「彼は、CDCには彼がアクセスできなかった他のリストがあり、10万人以上の医師や看護師の名前が載っていると彼は主張している、あるいは信じていると述べている。 もし本当に存在するのであれば、将来のCDCの逮捕によって、それらのリストにたどり着くことができれば幸いです」と情報筋は語った。

その間に、JAGは19,000人に対する予備起訴状を作成した、と彼は付け加えた。 しかし、JAG の手中にある未処理の起訴状の数が圧倒的に多いため、19,000 人がいつ裁判を受けることになるかについての明確なスケジュールはありません。

「私たちは思っているよりも早く作業を進めています。 しかし、刑務所に入れられるか絞首刑に処せられるべき人が膨大にいます」と彼は言った。

言論の自由とオルタナティブメディアはディープステートの攻撃を受けています。 Real Raw News が存続し、繁栄するためには読者のサポートが必要です。

当社の知的財産をコピー/ペーストするサイトやチャネルに、苦労して稼いだお金を渡さないでください。 私たちは調査、調査、執筆に数え切れないほどの時間を費やしています。 ありがとう。 一ドルでも役に立ちます。 寄付はサイトのアクティブな維持に役立ち、著者 (および彼の医療費) をサポートするのに役立ちます。
Apple デバイスにリンクが表示されない場合は、https://www.givesendgo.com/realrawnews2 になります。

引用元: 医師1万9000人が新型コロナウイルス犯罪で起訴 | 本当の生のニュース

1985年以降のワクチンは、すべて病気を蔓延させるための生物化学兵器であるらしい

  • 一説によると、この宇宙では[3次元〔第3密度〕]と[4次元〔第4密度〕]が閉鎖される予定とされる。
  • 要するに、[5次元〔第5密度〕]にアセンドできなかった魂は、別の宇宙に飛ばされるのか、とくに邪悪な者・改心しない者は、[魂リサイクル]にかけられて、魂消滅になるともいわれる。
  • なしたことが間違っているとわかったら、懺悔〔ざんげ〕し、謝罪し、改心するのが日本人のあり方であろう。
  • 忽那賢志医師の経歴を見ると、[コロナワクチン接種を推進したのとバーターで阪大教授にしてもらえた]という解釈も成り立つ。 どうして山口大学医学部から、阪大教授になれるわけがあんのよ? 
  • 悪魔というのは、パッとしない人で、野心をもっている人を狙うんだね。
  • そして、[カバルの思う通りのことを推進してくれたら、世間的な成功を与えてやろう]というふうに取引をもちかけるんだ。
    • 渡辺恒雄〔読売新聞〕もそうだった。
    • 竹中平蔵もそうだった。
  • それで、最後はどうなると思う? 
  • 使い捨てにされるんだね。 要は、カバル〔DSや金融悪魔〕から口封じのために殺されてしまう。 例えば、がんにかかったことにする、あるいは、感染症にかかったことにする。 そのあげく、治療に見せかけて、殺されるんだよ。 それがカバル〔DSや金融悪魔〕のやり方なんだ。
  • 忽那賢志医師は、起訴されて、裁かれるべくして裁かれるであろう。 私は[最後まで言い訳を続ける]というふうに見ている。 いい意味で、その予想を裏切ってほしい。
  • コロナワクチンは、インフルエンザ、HIV、狂犬病などのウイルスが配合されている生物化学兵器である。
  • コロナワクチン接種で、実際、たくさんの人々が死亡したり、重大な健康被害にあったりしている。
  • コロナワクチンの内容が明らかになったとき、忽那賢志医師は、どうやって言い訳するのであろうか? 
  • 忽那賢志医師の例を他山の石として、私たちはカバル〔DSや金融悪魔〕のトラップにはめられないようにしたいものである。
  • コロナワクチン接種とコロナ発症の関係は、こうなっているらしい。
    • コロナワクチン接種を受けると、インフルエンザ・ウイルスの効果で、風邪の症状を呈する。
    • 風邪の症状で免疫力が低下したのを利用して、コロナワクチンに配合されているHIVや狂犬病に感染する。
    • コロナワクチンに配合されているmRNAがスパイクタンパクを産生しながら、DNAを書き換えていく。 [コロナワクチン接種を受けること]が[獣の刻印を受けること]に等しいといわれるゆえんが、そこにある。
    • コロナワクチンに配合されている酸化グラフェンに5Gの電波が当たると、血栓が生じて、血栓が心臓や脳などの重要な部分を塞ぐことにより、突然死する。

Mitz (@hellomitz3): “ホンマに最低な政府やな。ワクチン推進した者達、全員極刑でも足らんわ。” | Twitter / X

日野市議会議員・池田としえ (@toshie_fujisan): “皆様、決定に騙されない事です❗戦後最大の副反応被害が続出するワクチンは、いかなることがあれど、打ってはなりません❗打たしてもなりません❗未来を予測できないワクチン接種被害に遭遇しないよう、今こそ冷静に対応しましょう❗ コロナのPCRを使ったワクチン誘導被害を防ぐこと❗それが生きる全ての方々に大切な最優先事項です。そのために立ち上がったことを忘れないこと❗それ以外に大切なことは今のところありません❗遠くの敵を観ること、我慢すること❗ワクチン被害者の日常の改善と、死亡者を含む救済❗を叫ぼう❗” | Twitter / X

野田CEO (@nodaworld): “日本にも来ますよ ↓ 米CDC発表 2024年ワクチン接種スケジュール 薬事審査・承認機関であるCDCもFDAも医療製薬マフィアの下請け、つまりワクチン(生物兵器)による人口削減こそ悪の元凶「国連」が仕掛けるSDGs 日本版CDC「国立健康危機管理研究機構」は2025年に創設されます https://www.cdc.gov/vaccines/schedules/downloads/child/0-18yrs-child-combined-schedule.pdf" | Twitter / X

「ヤブ医者」「金のため」コロナ禍に誹謗中傷投稿、発信者特定し賠償命令も…忽那賢志・阪大教授「泣き寝入りしたら後進も被害」
2024/02/03 15:00

新型コロナ

 コロナ禍に感染対策やワクチン接種をSNSで呼びかけたことで、ネット上で「金のために 煽 っている」などといわれのない 誹謗 中傷を受けた医師らが、発信者(投稿者)の責任を追及している。裁判所が投稿者に損害賠償を命じる判決も出ている。医師への中傷は、感染拡大を防ぐ情報の公開にブレーキをかけ、感染対応の遅れや不安感を高めることにつながりかねない。(田中俊之)
コロナ集団感染「ダイヤモンド・プリンセス」、犠牲者悼み献花…元乗客「教訓としなければならない」
ネットで誹謗中傷を受けた大阪大の忽那教授(大阪府吹田市で)=河村道浩撮影

 大阪府の新型コロナウイルス対策本部専門家会議で委員を務めた 忽那賢志 ・大阪大教授(感染制御学)は、SNSで中傷を受けた医師の一人だ。

 未知のウイルスに対する不安が広がっていた2020年4月頃から、典型的な症状や重症化リスク、後遺症などに関する情報をツイッター(現・X)で発信。「マスク着用による感染予防の最新エビデンス(証拠)」「避難所での感染対策」なども書き込んだ。

 「ヤブ医者」「こいつは死刑」。攻撃する匿名の投稿はすぐに目立つようになった。21年にワクチン接種が始まると、投稿数はさらに増え、内容もエスカレート。「金のために接種を煽るクズ野郎」とも中傷された。嫌な気持ちが募り、家族や同僚から心配されたが、正確な情報を伝えるため情報発信を続けた。

引用元: 「ヤブ医者」「金のため」コロナ禍に誹謗中傷投稿、発信者特定し賠償命令も…忽那賢志・阪大教授「泣き寝入りしたら後進も被害」 : 読売新聞

「ヤブ医者」「金のため」コロナ禍に誹謗中傷投稿、発信者特定し賠償命令も…忽那賢志・阪大教授「泣き寝入りしたら後進も被害」
2024/02/03 15:00

新型コロナ

 多くの医師は声を上げられないでいるが、「このまま泣き寝入りしたら、次にパンデミックが起きた時、後進の医師たちも被害に遭う」と考えた。
コロナ集団感染「ダイヤモンド・プリンセス」、犠牲者悼み献花…元乗客「教訓としなければならない」

 22年12月、特に悪質な投稿約50件について、発信者情報の開示を大阪地裁に申し立てた。全ての開示が認められ、40人ほど発信者を特定。約半数とは、解決金の支払いを条件に和解が成立した。

 コロナ禍が収束し、感染症法上の位置付けが「5類」に引き下げられた後の昨年7月、和解に応じなかった投稿者17人を提訴。うち3人に対し同地裁は昨年12月、投稿を「悪質」と認め、計約70万円の損害賠償を命じる判決を言い渡した。和解などで2人への訴えは取り下げ、残る12人との訴訟が現在も続いている。

 訴訟の弁護士費用などで600万円近くをかけ、特に悪質な投稿者は名誉 毀損 容疑などで刑事告訴にも踏み切った。
「発信の萎縮、公衆衛生の脅威に」

 忽那教授に限らず、コロナ禍では、懸命に治療にあたった医療従事者らに対し、過剰反応から攻撃的な言動が相次いだ。「ワクチンは人口削減が目的」などの陰謀論も広まり、ワクチン接種やマスク着用に抗議する動きが強まった。

  逼迫 する病院の状況やワクチンの有効性を発信した埼玉医科大総合医療センター(埼玉県川越市)の岡秀昭教授(総合診療内科)も、嫌がらせの投稿をされた。自身の容姿や家族への中傷も受けたという。

引用元: 「ヤブ医者」「金のため」コロナ禍に誹謗中傷投稿、発信者特定し賠償命令も…忽那賢志・阪大教授「泣き寝入りしたら後進も被害」 : 読売新聞

「ヤブ医者」「金のため」コロナ禍に誹謗中傷投稿、発信者特定し賠償命令も…忽那賢志・阪大教授「泣き寝入りしたら後進も被害」
2024/02/03 15:00

新型コロナ

 昨年4月以降、発信者情報の開示を東京地裁に請求し、一部の投稿者と示談が成立した。中年の男性が多く、「ひきょう者だった」といった謝罪文も寄せられたという。
コロナ集団感染「ダイヤモンド・プリンセス」、犠牲者悼み献花…元乗客「教訓としなければならない」

 岡教授は「数字では見えないが、感染対策やワクチン接種によって多くの人が死亡を免れている。中傷被害を恐れて発信を 萎縮 してしまっては公衆衛生の脅威になりかねない」と強調した。
被害拡大で政府が対策強化

 SNSでの誹謗中傷の被害は拡大している。

 女子プロレスラーの木村花さんがテレビ番組での言動を巡って心ない言葉を浴び、2020年5月に自殺したことで社会問題となった。総務省が23年8月に実施した調査では、SNS利用者の18%が「過去1年間に中傷の被害に遭った」と回答し、22年3月調査の8%から10ポイント増加した。被害を受けたSNSはXが53%と突出し、フェイスブックとインスタグラムがともに14%で続いた。こうしたSNS運営企業の多くは海外に拠点があり、削除を求める手続きや窓口がわかりにくく、対応の遅れが指摘されている。

 政府は迅速な対応を進めるため、プロバイダー責任制限法の改正案を今国会に提出する。Xなど大手企業を念頭に不適切な投稿の削除申請があった場合に対応結果を一定の期間内に知らせることを求めるほか削除を判断する基準を定めて公表することも義務付ける。

引用元: 「ヤブ医者」「金のため」コロナ禍に誹謗中傷投稿、発信者特定し賠償命令も…忽那賢志・阪大教授「泣き寝入りしたら後進も被害」 : 読売新聞