[もくじ]を見るor閉じる

日本の空気が完全に変わっていることに気づいた?

  • ロバート・キャンベルが椎野カロリーナを擁護する発言をしても、日本人には、まったく響かない。
  • 実際、椎野カロリーナは賞を辞退した。 辞退するぐらいなら、最初から出るな、ということだ。
  • アシュケナージ・ユダヤ〔偽ユダヤ人〕が嫌われるのは、支配者になろうとするからだよ。
  • 水瓶座の時代においては、[対等・平等な関係が保たれていること]が基本条件だから、賢いふりをして上から物を言ったら、総スカンだよな。
  • アシュケナージ・ユダヤ〔偽ユダヤ人〕には、それがわからないんだ。
  • 日本国籍を取っても、日本文学を研究しても、肌感覚でそれがわからないのであれば、[日本人じゃない]という[見られ方]をするんだな。

ロシアとウクライナの[戦争]は[アシュケナージ・ユダヤ〔偽ユダヤ人〕に対する掃討作戦]という側面をもつらしい

  • ウクライナは、麻薬・生物化学兵器・人身売買・臓器売買・アドレノクロム製造販売などの巣窟であるらしい。
    • さらわれた世界の子供たちがウクライナでヒドい目に遭っているらしい。
  • ウクライナは、世界の悪の中枢であるらしい。
  • [世界の悪の中枢に対して掃討作戦を行なったロシアが悪い]というように、世界のメディアは伝えているけれども、メディアが世界の悪の中枢の所有物であることを勘案すると、メディアは嘘をついていることがわかる。

【生放送】2月7日(水)21:00「新たな世界がやってきた!」

日本にイスラエルからの移民が大量に押し寄せて、日本が[東イスラエル化]されるという路線は途中で破綻する

智子@第444代目 (@UF_dynasty): “今の世界情勢だと、GOEMさんのいう『東イスラエル路線』が実現しつつあるようにも見えますけど、途中までは東イスラエル化と似た路線を辿って、ある時期から決定的に『東イスラエル路線』が破綻します。今でもこの世界は、黄金時代に向かう『奇跡のルート』に乗っていますから、大丈夫です。” | Twitter / X

【日本が[東イスラエル化]される例】:ミス日本辞退者は、ウクライナ出身のアシュケナージ・ユダヤ〔偽ユダヤ人〕

  • アシュケナージ・ユダヤ〔偽ユダヤ人〕のうち、カバル〔DSや金融悪魔〕をやってきた人々は、少なくともヨーロッパ大陸では、徹底的に追いかけられて処刑されつつある。
  • アシュケナージ・ユダヤ〔偽ユダヤ人〕のうち、カバル〔DSや金融悪魔〕をやってきた人々は、北米大陸においても、徹底的に追いかけられて処刑されることであろう。
  • アシュケナージ・ユダヤ〔偽ユダヤ人〕のうち、カバル〔DSや金融悪魔〕をやってきた人々は、逃げ場を失っている。
    • スマートシティとは、こうしたアシュケナージ・ユダヤ〔偽ユダヤ人〕が入植する土地を確保する計画の1つである。
    • 福島原発周辺、つまり、福島県の浜通り地帯は、アシュケナージ・ユダヤ〔偽ユダヤ人〕が入植する土地として[復興財源]で[復興]されつつある。 しかしこれは、アシュケナージ・ユダヤ〔偽ユダヤ人〕が入植するために、日本の税金が使われていることを意味する。
    • 輪島朝市の周辺がレーザー兵器で焼かれたのも、アシュケナージ・ユダヤ〔偽ユダヤ人〕が入植するための用地確保のためであろうと思われる。
    • [令和6年能登半島地震]の[復興]も、アシュケナージ・ユダヤ〔偽ユダヤ人〕が入植するための[復興]という側面をもつ。
    • アシュケナージ・ユダヤ〔偽ユダヤ人〕が改心するなら、助ける余地はあるであろう。
    • アシュケナージ・ユダヤ〔偽ユダヤ人〕が改心しないなら、自業自得を体験させて差し上げるのも、魂の[成長・進化]のためには役立つであろう。
    • 本当の愛は、魂の[成長・進化]のためになることを手助けすることである。

ミス日本〔ミスにっぽん〕の闇深さ

XユーザーのJamieさん: 「海外でもミス日本がウクライナ人であることが衝撃的なニュースになっており、椎野カロリーナの本名がKaroline Saluk、ユダヤ人であると報じている。 #ミス日本 https://t.co/ucH6nr7AeS」 / X

椎野カロリーナ - Wikipedia

ミス日本の本名はユダヤ名で偽ユダヤアシュケナージ。イスラエルの策略疑惑 | nokoarikonのブログ

ミス日本 不倫認めグランプリ空位に…ファイナリストに広がる同情の声「何なんこの茶番??」「努力が無駄に」

2/6(火) 15:32配信
女性自身

(写真:時事通信)

《本日2月5日、ミス日本グランプリを受賞した椎野カロリーナ本人より、一身上の都合により、これを辞退したいとの申し出がございました。ミス日本協会はこれを受理し、2024ミス日本グランプリは「空位」といたします》

【投稿あり】不倫騒動をInstagramで謝罪したカロリーナ

「ミス日本」を運営するミス日本協会は2月5日、公式ホームページで「第56回ミス日本コンテスト2024」グランプリに輝いた椎野カロリーナ(26)が辞退したことを公表した。

カロリーナはグランプリ選出直後の1月31日、「文春オンライン」で妻子ある有名医師との“不倫疑惑”が報じられ物議を醸していた。だが当事者だけでなくミス日本の対応も一転し、余波が広がっている。

当初、「ミス日本」は1日に発表した声明で、カロリーナを“擁護”していた。

《記事から読み取れる事実は、妻子ある男性が「独身である」旨を述べて女性に近づいたためにおきたことであり、女性側には非がないと考えております。ミス日本協会は椎野カロリーナに問題があったとは考えておりません》

またカロリーナとの不倫が報じられた医師も、同日にInstagramで《現在は離婚している、と既婚であることを隠してカロリーナさんと仲良くなろうとしたのは事実です。離婚は考えてなかったので、それ以上お会いすることは断られてしまいました》と“彼女には非がない”と強調していた。

さらにカロリーナが所属する事務所「フリー・ウエイブ」も、《カロリーナ本人と事実確認を重ね、週刊文春には「不貞行為の事実はない」と回答させて頂きました》と公式サイトでコメントを発表。

しかし5日には《あらためて本⼈と事実確認を⾏いました結果、⼤変残念ながら発表内容とは異なる事実があることが発覚しました》と明かし、事実関係についてこう報告している。

《・カロリーナは前⽥⽒(※不倫報道のあった医師の名前)が「離婚をしている男性」と本⼈から聞いた上で、前⽥⽒と交際を開始しました。
・しかし交際期間中に前⽥⽒が婚姻していることを認識しましたが、その後も交際を続け、男⼥の関係がありました》

■「何なんこの茶番??」「参加者達に失礼」ミス日本の対応にも批判噴出

つまりカロリーナは、医師が妻子持ちだということを知りながらも交際を続けていたというのだ。

こうした事実が明るみになり、カロリーナ自身もInstagramを更新。相手の家族や関係者への謝罪とともに、《先日私が所属事務所に説明した内容に事実と異なる点がありました。混乱と恐怖から真実を話すことができなくなりました》と釈明。また所属事務所に契約解除を申し入れ、受理されたことも報告した。

「カロリーナさんは美容外科医で『筋肉医師』として活動する前田拓摩氏と、3年にわたって不倫関係にあったと報じられています。当初カロリーナさんは不貞疑惑を否定し、前田さんは彼女を庇うようなコメントを発表。しかし“嘘”をついてしまったことで騒動が拡大し、カロリーナさんはグランプリを手放す形に。

身から出た錆と言えますが、グランプリを空位としたミス日本の対応にも異論が出ています。この件で割を食ってしまったのは、カロリーナさんと同じくミス日本に挑んだ他の出場者たちでしょう。ファイナリストはカロリーナさんの他に11名いました。

『準ミス日本』の石村彩華さんやミス日本『海の日』の有馬佳奈さんたちも、ファイナリストとして昨年9月から勉強会に参加。講義で学んだことをInstagramで共有してきました。しかし審査のやり直しもされないのであれば、努力を重ねてきた彼女達にとってあまりにも酷ではないでしょうか」(美容事業関係者)

「内面の美・外見の美・行動の美」を備えた人物を輩出することを掲げているミス日本。だが真剣に取り組んで来た参加者たちが報われない状況に、カロリーナへの批判だけでなくミス日本に対しても厳しい声が上がっている。

《何なんこの茶番?? 他の参加者たちが可哀想》

《他の真面目にやってるミス日本の参加者達に失礼すぎる。内面の美しさから選ぶんじゃなかったのかよ》

《#ミス日本 の件 認めてるから ホントなんだろうけど そこを目指して 懸命に努力された他の皆さんに対して 失礼な話だ 空位とのことで 皆さんも当然 恋愛もするだろうが それさえも 控えて目標に向けて頑張ってた皆さんの努力が無駄になったことが いちばん気の毒だ》

引用元: ミス日本 不倫認めグランプリ空位に…ファイナリストに広がる同情の声「何なんこの茶番??」「努力が無駄に」(女性自身) - Yahoo!ニュース

「既婚であることを隠して仲良くなろうと」ミス日本と不倫報道の有名医師が釈明「離婚は考えていなかった」とも
記事投稿日:2024/02/01 18:11 最終更新日:2024/02/01 18:11
『女性自身』編集部

(写真:時事通信)
画像を見る

1月22日に行われた「第56回ミス日本コンテスト」でグランプリに輝いた椎野カロリーナ(26)。栄冠に輝いたわずか9日後にまさかの報道が。1月31日の「文春オンライン」ならびに2月1日発売の「週刊文春」で、男性との不倫が報じられたのだ。



「文春オンライン」の記事では、カロリーナが、芸能事務所に所属する妻子ある有名医師の男性と交際しており、自宅に招くような関係であったと報じている。



両親がウクライナ人のカロリーナは5歳で来日し、20年以上日本で生活。“ウクライナが生んだ奇跡の美女”というキャッチフレーズでモデル活動をしており、ミス日本でグランプリに輝いた。



めでたいニュースの矢先に報じられた不倫疑惑だが、カロリーナの所属事務所・フリーウエイブは2月1日、公式Xでコメントを発表。《カロリーナ本人と事実確認を重ね、週刊文春には『不貞行為の事実はない』と回答させて頂きました》と否定した。



さらに同日、ミス日本も公式サイトで声明を発表。《記事から読み取れる事実は、妻子ある男性が『独身である』旨を述べて女性に近づいたためにおきたことであり、女性側には非がない》とし、《カロリーナに問題があったとは考えておりません》と擁護した。



そして、同日に医師も自身のInstagramで直筆のコメントが書かれた写真とともに投稿。《正直かなり誇張された内容もあり誤認させる内容もありましたが》としつつも《一時期デートをしたりお会いしていたことなどは事実ですし自分の誤解を招く行動によりカロリーナさんや関係者などにご迷惑がかかる事になり申し訳ないと思っています》と謝罪。



また、《現在は離婚している、と既婚であることを隠してカロリーナさんと仲良くなろうとしたのは事実です。離婚は考えてなかったので、それ以上お会いすることは断られてしまいました》と、カロリーナには非がないことを強調した。



一方で、《書かれ方に相当納得いってない部分もありますし告発者の一方的な意見が採用》されていると反論しつつ、《力のない自分が主張しても松本人志さんと戦える文春には対抗できるわけがないのでそこには何も言いません》として、言い訳はせず謝罪するにとどめていた。

引用元: 「既婚であることを隠して仲良くなろうと」ミス日本と不倫報道の有名医師が釈明「離婚は考えていなかった」とも | 女性自身

侵略者の発想法|ロバート・キャンベル

ロバート・キャンベル氏、ウクライナ出身モデルのミス日本グランプリ受賞批判を一蹴「片腹痛い」
[2024年1月25日9時7分]

ロバート・キャンベル氏(2019年3月25日撮影)
ロバート・キャンベル氏(2019年3月25日撮影)

ロバート・キャンベル氏のX(旧ツイッター)から

日本文学研究者のロバート・キャンベル東大名誉教授(67)が25日、X(旧ツイッター)を更新。22日に行われた「第56回ミス日本コンテスト2024」で、ウクライナから日本に国籍変更したモデルの椎野カロリーナさん(26)がグランプリに輝いたことへの批判を一蹴した。

キャンベル氏は、両親がウクライナ人の椎野さんのミス日本グランプリ受賞について「国籍が日本であっても、彼女は帰化人です。文化的に日本を代表しません」などとした一般ユーザーの投稿に反応。

「どこの馬の骨とも知れない誰それが自分のアイデンティティに誇りをもって社会で活動しようとする若者の『文化的代表』資格を云々すること自体、片腹痛い」と反論し、「国籍を取得した翌日から彼女は、日本人」と説明。「日本人が代表できない日本文化は、何?」と疑問を投げかけた。

椎野さんはウクライナで生まれ、5歳で来日。昨年に日本国籍を取得した。元々永住権があったため国籍変更する必要はなかったという。昨年9月のインスタグラム投稿では、ミス日本にエントリーした思いや、日本人として帰化し、父親の名字である「椎野」を取って本名としたことなどを報告し、「本当の意味で日本人になれたことをとても嬉しく思っております」と喜んでいた。SNS上では、ミス日本なのに両親がウクライナ人の椎野さんがグランプリを獲得したことに疑問を呈した投稿が拡散され、議論が白熱している。

引用元: ロバート・キャンベル氏、ウクライナ出身モデルのミス日本グランプリ受賞批判を一蹴「片腹痛い」 - 芸能 : 日刊スポーツ

「アイルランド系は、貧しくても身だしなみにはうるさいものですが、ユダヤ系ということもあって、彼は自由人。カーキ色のつなぎとカットソーというスタイル。ひげを生やしていて、ゲバラみたいで、すごく明るくて」

引用元: ロバート・キャンベルさん「還暦祝いが突然の結婚パーティに」(女性自身)