[もくじ]を見るor閉じる

【発がん抑制】体質研究所|【解説「重曹」】本『重曹』に書かれているの驚きの飲み方とは!?【重曹・ブドウ糖】

【発がん抑制】体質研究所
/▼/■【RSS】【発がん抑制】体質研究所

powered by まめわざ

【もっと知りたい方へ】「大豆毒が病気をつくる」
◯【がん】|■【安心安全】天然の抗ガン剤
【ぽっこりお腹の方必見】SIBO改善法
【ダイエットの嘘を見抜け!】なぜ太るのか
【糖尿病改善】糖尿病の新常識!!
【治療&予防】痛風を治すコツ!
【摂り過ぎ注意!】大豆毒の危険性
【症状緩和】花粉症の症状を軽くする方法
【緑内障予防】失明を防ぐには!?
【アンチエイジング】若返りホルモンを増やす秘訣!
【音質改善】自律神経失調症を改善する食べ物とは!?
【乾燥から体を守る】松原式補水液の作り方
【健康的に痩せる】「リバウンドしてしまう人のためのダイエットの秘訣」
【これで解決】「便秘解消法!」
【潤い肌を取り戻せ】「乾燥症状 解消法!」
【10分でわかる】尿漏れ解消法
【更年期症状の方必見!】ホットフラッシュ解消法
【カルシウム過多は危険!?】骨量を増やす方法
【解説】腰痛・膝痛を防ぐ姿勢の秘訣
【必見】腰痛を治す秘訣!
【首を緩める・膝痛緩和】セルフ・オイルマッサージのコツ
◯【重曹】|■【簡単解説】重曹で蕁麻疹が治る!?
【アレルギー体質の改善法⑦】食事&サプリメント【簡単解説】
【アレルギー体質の改善法⑥】アトピー性皮膚炎を治す秘訣【簡単解説】
【アレルギー体質の改善法⑤】咳・痰を無くす秘訣【簡単解説】
【アレルギー体質の改善法④】漢方薬は逆効果【簡単解説】
【アレルギー体質の改善法③】皮膚バリアの強化【簡単解説】
【アレルギー体質の改善法②】リーキーガットの原因とは?【簡単解説】
【アレルギー体質の改善法①】原因はリーキーガット【簡単解説】
◯【がん】|■知っておきたい! 乳がんのリスクを高めるNG食品とは!?
◯【重曹】|◯【マグネシウム】|■【重曹】重曹とマグネシウムで糖尿病が改善した!【症例解説】
◯【重曹】|■【最新レポート解説】重曹で感染症を防げる!
【これで解決】不眠・中途覚醒・食後の眠気を治す秘訣【睡眠障害】
◯【重曹】|■【解説】「重曹を飲むなら知っておきたい、体液のpH値について解説します」【重要】
◯【マグネシウム】|■【毎日簡単】マグネシウムをおいしく摂取する方法
◯【重曹】|■【要確認】重曹を摂取し続ける場合はpH値に注意が必要です!
◯【がん】|◯【重曹】|■【事例紹介】重曹で転移した前立腺ガンが消失!
◯【マグネシウム】|■【簡単解説】糖尿病はマグネシウムで防げる!?
◯【マグネシウム】|■【解説】頭痛はビタミンDとマグネシウムで防げる?【メカニズム】
◯【がん】|■【解説】コレステロール悪玉説は嘘だった!? ガンになりやすいコレステロール値とは!?
◯【がん】|◯【重曹】|■【重曹を混ぜるとどうなる?】クエン酸のガンへの効果は!?
◯【重曹】|■【解説「重曹」】本『重曹』に書かれているの驚きの飲み方とは!?【重曹・ブドウ糖】
野菜中心の食生活で病弱になる!? 丈夫な人は何を食べているのか?
【これはNG】糖質制限ダイエットは危険!?【ブドウ糖・果糖】
【解説】自律神経失調症を改善する食べ物とは?
◯【重曹】|■【話題の重曹水】重曹の本当に効果的な飲み方を解説!
【塩分はわずか2割】高血圧の意外な原因とは何?
◯【重曹】|■【重曹・クエン酸・プロポリス】一日の目安摂取量とメリット・デメリットを解説
【腰痛・膝痛】症状が左側に多く出る原因は腸にある!?
【女性必見】偏頭痛・PMSをなくす秘訣とは?
◯【重曹】|■【書籍紹介】重曹の効果を解説【音質改善版】
【なんで痩せられないの?】高血糖と肥満の原因【解説】
【ガスでパンパンお腹解消法】IBSの原因とは?【簡単解説】
【解説】体質改善コンサルティングとは !?
【健康食の常識を覆す】第4回体質改善Labo NEXT 後編【新事実】
【健康食の常識を覆す】第4回体質改善Labo NEXT【新事実】
【体質改善Labo NEXT】野菜食べすぎの弊害【後編】
【体質改善Labo NEXT】野菜食べすぎの弊害【前編】
首をゆるめて自律神経を整える~PV
【体質改善Labo NEXT】胃腸に効くオイルマッサージの効果【後編】
【体質改善Labo NEXT】胃腸に効くオイルマッサージの効果【前編】
【解説】リーキーガットの原因はレクチン!【食のパラドックス】
【書籍解説】『新型インフルエンザの「正体」』
【安心安全】漢方薬の副作用【実はウソ?】
【肥満・病弱】果糖中毒【最大原因】
◯【マグネシウム】|■【Mg】マグネシウムによる5つの驚くべき効果【皮膚から吸収】
◯【重曹】|■【書籍紹介】重曹の効果を解説
◯【マグネシウム】|■【痛みを緩和】「マグネシウムを皮膚から補う!」【アメイジング】
【免疫】「松原秀樹の体質改善Labo」#6【脳を破壊!?】
【危険】腸内ガスの原因を探れ【SIBO/IBS】


第4回 松原秀樹の体質改善Labo  レインボータウンFM
桜ケ丘整体院院長  松原 秀樹 先生(2018最新版 腰痛解消!「神の手」を持つ17人)
「栄養療法:目からウロコの食常識」 松原秀樹
「栄養療法:目からウロコの食常識」松原秀樹(整体師)
第3回 松原秀樹の体質改善Labo レインボータウンFM
【肥満・病弱】果糖中毒【最大原因】
【書籍解説】『新型インフルエンザの「正体」』
◯【マグネシウム】|■【Mg】マグネシウムによる5つの驚くべき効果【皮膚から吸収】
【危険】腸内ガスの原因を探れ【SIBO/IBS】
【安心安全】漢方薬の副作用【実はウソ?】
【免疫】「松原秀樹の体質改善Labo」#6【脳を破壊!?】
◯【重曹】|■【書籍紹介】重曹の効果を解説
松原秀樹の体質改善ラボ 第2回
松原秀樹の体質改善Labo 第1回 レインボータウンFM
レインボータウンFM 松原秀樹の体質改善Labo 第5回
第4回 松原秀樹の体質改善Labo アフタートーク
松原秀樹の改質改善Labo 「大絶賛! ビタミンE配合・奇跡のクリーム!」
首をゆるめて自律神経を整える~PV
【解説】リーキーガットの原因はレクチン!【食のパラドックス】

【解説「重曹」】本『重曹』に書かれているの驚きの飲み方とは!?【重曹・ブドウ糖】

皆さんこんにちは。
体質改善コンサルタントの松原秀樹です。
今日は、この重曹の本の中に書かれている、がんの方に勧められている飲み方を紹介したいと思います。
重曹の効果は、大きく3つあります。
《1》【抗菌作用】:特に腸内細菌の中で悪い菌を殺菌してくれる効果。
《2》【アルカリ効果】:体液をアルカリ化してくれる効果。
《3》【二酸化炭素の作用で血管が拡張する効果】:〔重曹は〕二酸化炭素として血液に溶け込みますので、二酸化炭素の作用で血管が拡張する効果。
この3つが重曹の効果です。
この[SODIUM BICARBONATE: Nature's Unique First Aid Remedy]=[重曹:自然のユニークな応急処置]という本の[15章:重曹メープルシロップがん治療]に書かれている内容を少しご紹介したいと思います。
この中にちょっと驚きの飲み方が書かれています。
ジム医師は、20世紀半ばに、乳がんの家系の家族を看ていて、偶然に重曹ががんに効くということを発見しました。
その家族には5人の姉妹があって、そのうち4人が乳がんで亡くなってしまいましたが、1人だけ乳がんにならない方がいました。
[何か変わった食事をしているのか]とドクターが尋ねたところ、[メープルシロップに重曹を混ぜて舐めている]というふうにお答えになったんですね。
この事実がノースカロライナ州アッシュビルの地元の新聞に報道されて、ジム医師は、このレメディを末期がんと診断された200人以上の人たちに教えてあげて、なんとその半数近くの人が完治したということが書かれているわけです。
その秘密が、ブドウ糖というふうに書かれています。
メープルシロップには、いろんな体に有益なミネラルが含まれているんですが、そういうものが効く理由ではなくて、ブドウ糖によってこの効果が出る、ということが書かれています。
そして、混ぜ合わせる比率は、【重曹が1:メープルシロップが3】ということです。
そして、蜂蜜でもよい。
蜂蜜の場合は、加熱しないでいい。
ただ混ぜ合わせるだけでいいですよ、ということが書かれています。
私、マヌカハニーに溶かしてやってみたんですが、ものすごく発酵によってふくらみます。
ですから、小さい容器でやるとあふれてしまう。
密封なんかすると破裂したりするんで、かなり大きめの容器に入れて、2倍以上にふくらむという前提で容器を選んで混ぜていくと、いいと思います。
なぜブドウ糖がいいのかということを解説します。
ふつう、ブドウ糖はがんの餌になるのでよくないといわれているんですが、その逆のことが書かれている。
ガストン・ネサンというフランス人の医師がいまして、カナダのケベック州で、多くのがんの方を対象にした治療をされていた医者ですけども、そのガストン・ネサンのその発見と功績というのを紹介したいと思います。
ガストン・ネサンは血液中のソマチットの形態を特殊な顕微鏡を自分で開発することによって観察した。
その結果、がんなどの変性疾患の発症を、なんと発症する18カ月前、1年半前から予測できると。
なんで予測できるかっていうと、ソマチットの形態が変化するからなんですね。
普通はゴミのように点々にしか見えないものが、病態が悪くなる、体の体調が悪くなることによって形が胞子になって、
次に二重胞子になって、それがいずれバクテリアに変化し、最後、酵母になると、こういうふうに形態が変化していくということを見つけたわけです。
この酵母ってのはカビのことですね。
ですから、この血液中に普通にいる、そのゴミのように見えた細かい粒子が、ソマチットというもので、実はこれが体液の性状に合わせてどんどん変化していくと。
この変化を見ることで病気が良くなっていってるのか、あるいは悪くなっていってるのかということが判断できると。
そういうことを発見されたわけです。
そして、がんの方に714-Xと呼ばれるカンファー製剤ですね。
複数の機能性ですね。
樟脳精から作られた特殊な製剤を自分で開発して、鼠径リンパ注射によって、がん患者1000人中750人も治したということなんですね。
すごいですよね、治癒率75%ですから。
もしこれが本当であれば、すごい医学的な革命なわけですよ。
あまりにも凄いので、医師会から、そんなのは嘘だということで裁判にもなって、結局は勝訴されたんですけども、ずいぶん話題に当時なったわけです。
だからといって、ハーブなんかで、アロマとかで売ってる樟脳を買って飲んだりとか塗ったりとかしないでください。
そういうことをすると、胃腸がダメになりますし、皮膚もただれてしまいますから、そういうものでは効果がありませんし、ダメージを負うだけですから、勝手に樟脳を飲めばいいんだというふうな誤解はなさらないでください。
ガストン・ネサンが、何を考えてこの714-Xというものを樟脳から作ったのかということですが、
まずカンファーの効果として、がん細胞が求める窒素を与える。
で、窒素っていうのはタンパク質を作るために必要な原子ですから、窒素がないとタンパク質ができないわけです。
ですから、がん細胞は、窒素を貪欲に欲しがるわけですね。
で、普通は窒素なんか与えたら、がんが育っちゃうじゃないか。
窒素なんか与えてはダメじゃないか、というのが常識なんですよ、一般の考えなんですが、ガストン・ネサンは窒素を与えようと。
そうすると、CFKの分泌を抑制できると。
このCFKというのは、免疫機能を麻痺させる物質なんですが、このCFKの分泌を、窒素を〔がん細胞に〕与えれば抑えられると。
そしてその結果、がんが自然に退縮していると。
これがガストン・ネサンの理論だったんですね。
要するに、がん細胞がこのCFKというのを分泌する理由は、周囲の正常な細胞から窒素を奪うためだったんですよ。
どういうことか、よくわからないっていう方に、ちょっと例えをします。
例えば、悪い人がいて、悪い人に食品を売らないという協定を地域で作って、商品を売らなければ飢え死にするだろうと考えますよね? 
ところが悪い人っていうのは強奪して周りから奪ってくるんですね。
結局は近隣の人達が被害にあうということになるわけです。
それと同じようにがん細胞も欲しがる必要な窒素を与えないでおけば、がんが死んでくれるだろうっていうのは、普通の発想ですが、そういうことをすると周りから奪うわけなんですよ。
奪って、そして結局、被害にあうのは、周囲の健全な細胞ということになるわけですから、窒素を逆に与えてあげることで健全な細胞を守れる。
これがガストン・ネサンのユニークな天才的な発想だと思いますね。
同じようブドウ糖も、がんの餌とされてます。
しかし、ブドウ糖制限すると、筋肉を分解してブドウ糖がつくられるというデメリットが起こります。
この結果、筋肉が減っていくわけです。
筋肉が減ると体温がまず下がってきます。
寒くてしょうがないっていうふうになります。
体温が下がると免疫力が落ちるということですね。
それで、最後に、どんどん衰弱してしまう。
ミイラのように痩せ細ってしまう、というふうになります。
ですから、ブドウ糖を適度に撮ることで、筋肉を護れるわけなんですね。
でも、高血糖ならよくないじゃないか。
確かにそうだと思います。
高血糖になるのはブドウ糖をとったからではないんですね。
ブドウ糖をとっても、ほとんど健康な人は正常な血糖値でいられるわけなんですよ。
なんでかというと、ブドウ糖をグリコーゲンに変えて、蓄えておく仕組みがあるからですね。
肝臓と筋肉に蓄えられるんですけど、肝臓には最大100gまで、筋肉では最大400gまで、合計で500gのブドウ糖をストックしておけるわけなんですよ。
これは、体重が70キロの場合の数字ですけども、体重がこれより少ない人は、もうちょっとこの500gというよりも少ないようになりますが、それにしてもかなりの量をストックしておく仕組みが体にはあるんですね。
ですから、例えば重曹を飲むときに5gとか10gとか20gとかっていう、そのぐらいのブドウ糖をとったからといって高血糖になるわけではないんですよ。
ところが高血糖になってる人は、なんでなのか? っていうことですね。
高血糖になる理由は、インスリンがきかなくなる、インスリン抵抗性というものになっているからです。
インスリンがないとブドウ糖が細胞の中に入れないわけです。
ですから、そのインスリンがきかないという状態、つまり、インスリン抵抗性があると、血液中のブドウ糖が細胞の中に入れないので、血液中にはブドウ糖があふれてしまう。
これが高血糖の理由なんですね。
インスリン抵抗性というのは、高インスリンといって、インスリンが多すぎる状態になると起きます。
インスリンが多すぎると、だんだん細胞がインスリンに慣れてきてしまって、インスリンに反応しなくなってしまうんですね。
ですから、高インスリンになるとインスリン抵抗性が上がってくるわけです。
で、この高インスリンというインスリンが多い状態自体が、がんを増殖していくことになるわけです。
なぜかというと、インスリンが成長因子だからです。
細胞の分裂を促す細胞成長因子の1つがインスリンなんです。
だからインスリンが多いっていうだけで、がんはどんどん増えていっちゃうんですね。
高インスリンになる理由は、脂肪肝といって、肝臓に脂肪が多く溜まっていると、こういう状態が高インスリンを作ります。
で、この脂肪肝の原因は何かというと、1番は果糖なんです。
果糖は、肝臓で全部中性脂肪に変わってしまうんです。
ですから、果糖をたくさん摂るほど脂肪肝になっていく、ということになるわけです。
脂肪肝になる理由は果糖だけではなくてほかにもありますけれども、日常的にわりと多くとっているものが、1番は果糖なんです。
お砂糖というのは半分果糖ですから、果糖をとっているのに等しいのですね、お砂糖はね。
それから、果糖ブドウ糖液糖を含んでいるドリンクとかですね。
それから果物、果汁、そういうものにたくさん含まれています。
重曹でがんがアポトーシス、自分から死んでいってくれるというのをアポトーシスといいますが、なんで重曹がいいのかっていうのをお話しします。
で、正常な細胞とがん細胞でブドウ糖の代謝がどう違うのかっていうことをちょっと説明しますが、成長の細胞はブドウ糖が細胞の中に入ると、まず解糖されてクエン酸回路に入って、電子伝達系というところで、大量にATPが作られます。
この細胞のエネルギーをアデノシン三リン酸、ATPといいますが、これがブドウ糖1分子から、32個から38個ぐらいの細胞エネルギー、アデノシン三リン酸ができると。
これが正常の細胞で行なわれているエネルギーを作る仕組みです。
この緑枠のところが、ミトコンドリアというところで行なわれているわけです。
それに対してがん細胞がどうなのかというと、ブドウ糖を取り込んだら、まず解糖されるんですが、ここで止まっちゃうんですね。
解糖で止まって、その後、乳酸に変わってしまうと。
ブドウ糖が乳酸に変わってしまうことで、これが細胞の周りを酸性にします。
乳酸によって酸性にしてしまうわけです。
そうすると、細胞の中に酸素が入ってこなくなるんで、クエン酸回路とか電子伝達系でATPをどんどん作るということができなくなるんですね。
で、この解糖だけだと、エネルギーはたった2個しかできません。
そうすると、もし正常な細胞と同じだけATPを作ろうとすると、がん細胞は、だいたい16倍ぐらいのブドウ糖を取り込まないと、同じぐらいの細胞のエネルギーが作れないということで、ブドウ糖を過剰に取り込むようになるわけですね。
これが、正常な細胞とがん細胞の根本的な違いです。
ここで何で重曹がいいのかというと、重曹を飲むと、この乳酸によって、細胞の周囲が酸性化した状態が、まずアルカリ性に変わります。
細胞の周囲は健康的な弱アルカリがいいんですね。
この弱アルカリに重曹がしてくれます。
で、さらに重曹の効果で血管が拡張します。
で、血管が拡張すると酸素がたくさんここに届くわけです。
細胞の周囲が弱アルカリになって、そして酸素が取り込めるというふうになると、がん細胞に酸素が取り込まれて、酸素によって死んでいくんですね。
がん細胞は酸素が非常に苦手です。
ですから、がん細胞にがんがん酸素が入ってくると、アポトーシスが起きやすくなるんですね。
はい、これが重曹で、がんが良くなるメカニズムというわけです。
ということで、今日は重曹がなぜ効くのかっていうことと、ブドウ糖も悪くないよ、ということで、お話しさせていただきました。
はい、今日は重曹でがんがん良くなる仕組みと、もしかするとブドウ糖もいいかもしれないということでお話しさせていただきました。

引用元: 【解説「重曹」】本『重曹』に書かれているの驚きの飲み方とは!?【重曹・ブドウ糖】 - YouTube


  • 洋書の[重曹]に書かれている内容が本当だとしたら、じつは[体内のソマチッドが、バクテリアや酵母へと変化する]という事実が明らかになる。
  • [体内のソマチッドが、バクテリアや酵母へと変化する]というのであれば、電磁波などによって、ソマチッドを制御することを通じて、悪魔側に魂を売らなかった、スティーブ・ジョブズを癌にさせて殺すこともできるんだね、例えば。 ティム・クックが悪魔側かもしれない、というふうな見方もできるね。 現在のAppleは、スティーブ・ジョブズの頃のAppleではなく、悪魔に乗っ取られたAppleだから、騙されるな。 そういう見方もできる。
  • 原発に反対していた、忌野清志郎が癌になった。 なるほどね、そういうことに、ソマチッドが使われるのか。 ということは、ソマチッドを制御することによって、私たちの健康が脅かされるのを阻止することもできるかもしれない。
  • ということは、ソマチッドが宿っている炭素系の肉体では、ソマチッドを媒介として悪魔に支配されてしまっているので、本当の意味での悪魔との対決ができない。 悪魔に打ち勝つためには、ケイ素系の肉体になり、水素呼吸になる、いや、戻る必要がある。 肉体改造が必要となるであろう。 それがアセンションと関係しているのかもしれない。
  • いずれにしても、肉体が死んだとて、悪魔に心を、魂を売らなければ、また新しい身体を得て、悪魔の軍勢に打ち勝つこともできるであろう。
  • とにかくソマチッドが病気の原因であれば、公衆衛生の基本、土台が崩壊する。 ソマチッドが病気の原因であれば、パンデミーが虚構であることも、ソマチッドで説明がつく。 ソマチッドが病気の原因であれば、除菌、消毒、マスクの有用性が、虚構であることも説明がつく。
  • そして、ソマチッドは、スピリチュアル・アタック〔霊的攻撃〕にも使われる。 呪いは、ソマチッドを通じての、沿革的な[対象を病気にさせ、弱体化させる]ための、電磁波的な攻撃であるということだろう。 いいかえれば、テクノロジーを高度化させることによって、スピリチュアルの世界も、サイエンスで解明できることが見えてきた。 つまり、周波数の高い領域での電磁的な武器があって、それが呪いであり、それが人間を癌にさせることもできる武器である。 そういう見方もできるかもしれない。 そうなってくると、5Gの送受信設備が、呪いの道具である、という見方もできるようになる。 4Gのほうが電波の回折があるため、つながりやすいのに、どうして5Gを無理矢理推進しているのか?  なるほど、悪魔が呪いをかけるため、悪魔が人類を病気にさせるため、だということだ。 そのカギになるのがソマチッドである。

4.【まとめ】バシャールを知る 自作自演光と闇の支配 全宇宙への洗脳 ゲームを楽しむ宇宙人とバシャールに成る人間 輝く地球を取り戻す 支配からの脱出大作戦!!

右側に、「バシャールが生まれるきっかけ」というものが書いてあります。
こちらはこのとき読み解いた情報なので、正確なのでご紹介させていただきます。
バシャールのエネルギーはどのようにして人間や地球や土地や宇宙に生まれていくのかを解いたものです。
地球の人間にバシャールを生まれさせるためには何が必要なのかといいますと、蛇のエネルギー、そして貪欲さ、悪意、純粋な闇、この純粋な闇というのは邪悪なものではございません、「昼と夜」の夜のようなものですね、そして白血球、ソマチット〔ソマチッド〕、ミトコンドリア、そして悪魔契約と揃うと、バシャールが芽生えるようです。
白血球とかソマチット〔ソマチッド〕、ミトコンドリアというものは、人間の体の中にもありますね。
次に、土地にバシャールを生まれさせるには、悪意がある火、たとえば原子爆弾や戦争などの火ですね、そしてそこに純粋な闇、そしてソマチット〔ソマチッド〕、そして人の念、そしてその土地に邪念が残ると、「汚れ地」となっていくことがわかりました。
それでは、人間ではなくて宇宙人にバシャールが生まれるには、どのようにすればよいのかといいますと、蛇のエネルギー、そして悪意、闇的な意識、悪魔契約、ソマチット〔ソマチッド〕、念のエネルギー、ここからバシャールが芽生えていくということがわかっております。

ここでもう一つ、ちょっとショッキングな情報になるかもしれませんが、プラーナのことについてお話ししていこうと思います。
プラーナをサタンエネルギーへ変換する設定が存在しておりました。
(《プラーナ/サタンエネルギーへの変換設定》)
生命エネルギー(プラーナ)とは、私たちは未来、このプラーナを活用していくと思います。
もうすでにプラーナを研究されているかたも多いんではないかと思います。
これがエデンのりんご、愛そのもののエネルギーとなるんですけれども、ここにおかしな設定をかけられておりました。
ここに闇のコントロール意識を持つ【ソマチット〔ソマチッド〕】を足してしまうと、サタンエネルギーになってしまうということがわかりました。
【ソマチット〔ソマチッド〕】というのは、超微小生命体と呼ばれていて、宇宙人じゃないかと思うんですけれども、特別悪意があるものではありません。
どちらかというと、私たちの腸内細菌の日和見菌のような働きをする存在だと思います。
ですので、良いエネルギーも悪いエネルギーも移るんですね。
その「移ってしまう」という特性に、闇のコントロール意識を植え付けて、プラーナと一緒にしてしまうと、サタンが生まれてしまうようです。
ですので、プラーナ呼吸をするところに、この意図を持った【ソマチット〔ソマチッド〕】が入ってしまうことで、いつの間にかサタン意識が目覚めてしまうというような、とても驚きのシステムがありました。

もう一つ調べております。
「呪い」というエネルギーが何でできているのかというのを、ちょっとこのとき調べました。
私もこのようなことを説いているとしょっちゅう呪いにかかって、体も大変なことになりいろいろな症状が起こるんですね。
それを解除もするんですが、どんなシステムで宇宙から呪いをかけるのだろうかというのは興味があったので、ここも調べてみました。
そうしましたら、ミトコンドリアと白血球とソマチット〔ソマチッド〕、タキオン、宇宙放射能、これを足していくと、あっという間に体を蝕んでいく【呪いの効果】を発することができるような症状を起こせるということがわかりました。
この「呪い」のエネルギーというのは、本当に、来た瞬間、あっという間に体が変わります。
心臓や脳にあっという間にエネルギーが行くんですけども、それは体の中にあるミトコンドリアとか白血球とかソマチット〔ソマチッド〕、このようなものを変容させ、そしてタキオンを宇宙から大量に放射する、そして、宇宙放射線のようなものをその人に放射することで、あっという間に体が急変するということができるんだということがわかりました。

引用元: 4.【まとめ】バシャールを知る 自作自演光と闇の支配 全宇宙への洗脳 ゲームを楽しむ宇宙人とバシャールに成る人間 輝く地球を取り戻す 支配からの脱出大作戦!! - YouTube