[もくじ]を見るor閉じる

ペパーミント

ビニール人形のハッカパイプ - Google 検索

お祭りで買った、ビニール人形のハッカパイプの中には、[ハッカ油〔≒ペパーミント精油〕をスプレーしたグラニュー糖]が入っているから、ハッカパイプの吸い口から空気を吸い込むとハッカの味がするのです。 国内のペパーミント精油は、だいたい北海道産です。

ペパーミント精油は、ダニが嫌う匂いですから、ダニよけに使われます。

ネガティブなエイリアンが、ダニに憑依しており、ダニを通じて人間を攻撃します。

ネズミがばいかいするダニが、疫病の大流行〔パンデミック〕の原因になったります。

ダニに取り付いている菌・ウイルスが、病原体なのです。

菌・ウイルスなどの微生物そのものが、意識をもった生命体であり、いま地球に入り込んできている宇宙菌もまた、宇宙人の一種です。

幅広い菌・ウイルスに対して、殺菌作用をもつのが、ペパーミント精油です。

ペパーミント精油は、ダニよけにもなります。

ペパーミント商会のペパーミント精油

新・天然ハッカ油お徳用1000ml【送料無料】|ハッカ油専門店 ペパーミント商会

1000mlの缶入りが、コスパ最強です。

※ハッカ製品の一部はふるさと納税の対象商品です。

「ハッカ油」の検索結果 | ふるさと納税サイト「さとふる」

ペパーミント精油は、プラスチックを侵します。 例えば、自動車のそばでシンナーを噴霧すると、塗料が曇ってダメになります。

ペパーミント精油は、そのシンナーのようなものですから、大切なプラスチック製品のあるそばで、ペパーミント精油をミストしないでください。

光沢仕上げされたプラスチック製品のそばでペパーミント精油をミストすると、プラスチック製品に、[光沢が曇ったスポット〔シミ〕]がつきます。

ですので、ふつうのミストボトルにペパーミント精油を入れたのでは、噴霧のメカニズムをなしているプラスチック部品が溶けたり、劣化して折れたりします。

したがって、ペパーミント商会でペパーミント精油を買うときは、必ず[スプレーガラスボトル20ml]〔ペパーミント精油でも大丈夫な樹脂でつくられている〕を数個、買っておきましょう。

スプレーガラスボトル20ml|ハッカ油専門店 ペパーミント商会

繰り返しますけれども、最もコスパがいいのは1000ccの缶入りです。 ハッカ油は、日光に当てなければ、あまり劣化しません。

スプレーガラスボトル20ml|ハッカ油専門店 ペパーミント商会

[1000ccの缶入りハッカ油]を実際に使うときは、[ハッカ油専門店 ペパーミント商会]のウェブサイトで売っている[スプレーガラスボトル20ml]に入れます。 ふつうの100均のアトマイザーでは、すぐに樹脂が劣化して使えなくなります。

[1000ccの缶入りハッカ油]を[ハッカ油専門店 ペパーミント商会]のウェブサイトで買うときは、必ず同時に[スプレーガラスボトル20ml]を、3個以上は購入しておきましょう。

[1000ccの缶入りハッカ油]を[スプレーガラスボトル20ml]に移すときは、ダイソーなどで売られている、少量の灯油のを吸い取る大型スポイトで大丈夫です。 小型のスポイトでは、何回も注入することになり、心がめげます。

ペパーミント精油は、プラスチックをも溶かすので、どんな菌・ウイルスでも、たいてい強力に退治します。

ペパーミント精油は、万能強力殺菌剤だと考えてください。

これから人類が攻撃を受けるとしたら、微生物を使った生物兵器、そして、生物兵器に化学薬品を加えた生物化学兵器です。

地球の外部の宇宙存在が、微生物を使った生物兵器〔宇宙菌・宇宙ウイルス〕をばらまいている側面もあるし、DS〔ディープステイト〕の手下である地球の人間が飛行機などを使って生物兵器をばらまくこともあります〔ケムトレイル〕。

日本航空・全日空などの民間航空機と、自衛隊機・米軍機がケムトレイルを噴霧しています。 空を見て飛行機雲があったら、それがケムトレイルです。

菌には、[水で洗い流される菌][油で溶かされたり洗い流されたりする菌][特定の薬剤で殺菌される菌]など、汚れ落としと同じような性質があります。

  • [水で洗い流される菌]
  • [油で溶かされたり洗い流されたりする菌]
  • [特定の薬剤で殺菌される菌]

ペパーミント精油は、[油で溶かされたり洗い流されたりする菌][特定の薬剤で殺菌される菌]に対して効くのかもしれません〔推測〕。

オイルプリング〔Oil Pulling Therapy:油を口にふくんで口腔内の脂溶性菌を除去するアーユルヴェーダに由来する浄化法〕も、[油で溶かされたり洗い流されたりする菌]への対策です。

たしかに、高級なココナッツオイルが理想的ですけれども、高額であっては、長期的には続きません。

高級なオイルを使って続かなくなるより、安いオイルでも続けることのほうが大切です。 また継続することによって、[少量の菌を洗い流せばいいだけの安定状態]になりますので、安定状態になったらオイルも少量で済みます。 継続して安定状態を保持したほうが安上がりです。

結局、[油で溶かされたり洗い流されたりする菌]=[脂溶性の菌]を溶かす溶剤として、口に入れても大丈夫なオイルが必要なだけです。 中程度のオリーブ油も、有力な候補だと思います。

なお、オイルプリングで吐き出した廃油は、絶対に[台所や洗面所][水洗トイレ]に流さないでください。

廃油を[台所や洗面所][水洗トイレ]に流すと、パイプの壁面に付着して固化し、最終的にはパイプが詰まって大がかりな改修工事が必要になることがあります。

廃油を排水口・水洗トイレに流すことは、絶対にやめてください。ガチでパイプが詰まります。

お茶・紅茶・コーヒーの出がらしをベランダで日に干したものを、スーパーのビニール小袋〔濡れ物を入れる半透明のシャリシャリ袋〕に入れて、それを小さなゴミ箱の中に設置し、そのゴミ箱に廃油を吐き出して、定期的にビニール小袋ごと燃えるゴミに出します。

廃油は絶対に排水口やトイレに流さず、コーヒーの出がらしなどに含浸させて、燃えるゴミとして出してください。

ペパーミント精油の使い方

  • ペパーミント精油をルームミストとして使う。 希釈すると効力が持続する時間が短くなるので、私はペパーミント精油の原液を毛布などに吹き付けています。
  • 精油〔エッセンシャルオイル〕への耐性が高い人は、肌に直接触れない下着にペパーミント精油を噴霧するといいかもしれません。 半袖の下着の上に、ヒートテックの長袖下着を着るとき、その長袖下着にペパーミント精油を噴霧すると、ダニよけになります。
  • ただしペパーミント精油は強力です。
  • 肌やからだの精油〔エッセンシャルオイル〕に対する耐性には個人差があります。
  • 精油〔エッセンシャルオイル〕を使い始める前には、必ず[肌のうち目立たない〔外部に露出しない〕部分に精油をごく少量肌に塗って〔パッチテスト=皮膚アレルギー試験を行なって〕、問題なさそう・大丈夫そうであることを確認してから、本格的な使用を開始する]ようにします。
  • とにかく、ペパーミント精油は、万能強力殺菌剤ですので、医療が崩壊したときのために買い置きしておきましょう。