低スペックPCでも、アルゴリズムによって、パワフルな機能が実現できる|マネジメントと現場

「組織の作り方とは」第1294話 #shi3zさんと本音トーク
【宮﨑駿ブチギレ】宮﨑駿がドワンゴ川上に大激怒
『アニメ職人』
ひきこもりおさん

清水 亮 - Google 検索
樋口真嗣 - Google 検索
【IT】Ryo Shimizu
/▼/■【RSS】【IT】Ryo Shimizu

powered by まめわざ
山下いくと - Google 検索

経済原則としては[人材としての稀少きしょう性が高いこと]≒[代替だいたいreplaceableリプレイサブルである〕可能性が低いこと][参入障壁が高いこと]が解雇されづらい人材

最も大きなトレンドは、星回りが決める。 つまり、占星学をよく学び、いまというこの時代が、どのような天体的トレンドにあるのかを、よくわきまえて、その中で人生展開を考えていく必要がある。

うお座の時代は、ピラミッド構造の組織をつくって支配する者たちが活躍した時代であった。

そして、現在私たちが経験している、みずがめ座の時代は、上下関係のない、フラットでイーヴンな人間関係が基調となる時代である。

さらに、みずがめ座という時代は、豊かさの公平な分配を司るイチキシマヒメ=弁財天=サラスヴァティの働きによって、豊かさが公平に分配される時代になる。

したがって、[ギラギラして、支配者になろうとしている人]は、【周波数】が低いという烙印を押されて、避けられてしまうと思う。

ブルーオーシャンを見つけて、マーケティングをガンガンやって、市場を取りに行こう! といったような、イケイケの人は、結局、嫌われると思う。

[戦って勝ち抜く]ような、うお座時代のようなやり方では、調和を乱す異分子として、嫌われるのだと思う。

自分が本当にやりたいと心から思うような、選び抜かれたことを、じっくりと静かに続けていき、静かに存在感を発揮するような感じになるのだと思う。

何が大切なのかというと、Win-Winの関係性を基調とする、継続的で静かな循環構造を、さりげなくつくっていく感じだと思う。


経済原則としては[人材としての稀少きしょう性が高いこと]≒[代替だいたいreplaceableリプレイサブルである〕可能性が低いこと][参入障壁が高いこと]が解雇されづらい人材だけれども、稀少性を目指して、自分が純粋にやりたいことから離れていくと、QOL〔生活の質、人生の質〕が下がる。

おカネを基準として〔つまり給料が高いとか、その市場が儲かるとかを行動の動機にして〕、世間で流行っていることをその都度、追い求めていこうとすると、結局、あまりうまくいかない。 計算して器用にやると、たしかに、おカネは入るかもしれないけれども、そうやって[本当の自分]から離れていくにつれて、精神が病んでいく。 つまり、物質的生活は満たされていくけれども、心が空疎になっていく。 なぜかというと、本源的な部分で、[自分は宇宙に貢献できていない]ということに気づいているから。

自分が生まれる前に計画してきたミッションから離れたことをすると、心が空疎になっていくようになっている。

そうすると、外からエネルギーを取り込もうとして、より外側に意識を向けて生きていくことになる。 最終的には、大切な人との離別、経済的破綻、大けが、大病など、その[現実]を壊すような[現実]が発生するようになっている。

心から満足して、その対象を心から楽しんで、その対象に取り組んでいると、その【周波数】が次の[現実]をつくっていく、という連鎖になる。

[楽しい][うれしい]という状態を続けていると、その【周波数】を宇宙が読み取って、[楽しい][うれしい]という状態が続くように、[現実]投影を手伝ってくれる。

[自分が本当にやりたいと心から思うような、選び抜かれたこと]をしっかり選び、そこを深掘りしていけば、あなたは唯一無二の存在になることができる。

というか、それぞれの魂は、それぞれに唯一無二の存在なのであり、自分の心底からの思いを素直に人生に反映させていけば、[唯一無二の存在として、自分として、宇宙に対して最も貢献できている状態]に、自然となってしまうのである。

数学を勉強して医学部に入学し、みんなにスゴいと思わせてやろう。 そんな野望が、あなたの人生を狂わせる。

本当にやりたいことを叫んでいる、心の中の小さな声に耳を傾け、その声をしっかりと聞き届けよ。

その内なる声に忠実に生きていくことこそが、宇宙を安全に、最高の状態で生きていくこと、【魂の成長】【意識の進化】を最速にすることにつながる。

とりあえず[数学 I+A][数学 II+B][数学 III]までの★〔易問〕つまりカンタンな問題だけ解けるようにして、理系へのトンネルを先に貫通させることだ! 

  • [部分的完璧]を積み重ねていくのではない。 それは失敗への道である。
  • [60%の理解度][60%の記憶度]という[いい加減な状態]を何度も上塗りすることを通じて、[80%の理解度][80%の記憶度]からの[88%の理解度][88%の記憶度]といった具合に、後から精度を高めていくのがよい。
  • [いい加減でもかまわないから、先に一通り終わらせて、ゴール地点を確認してくること]が大切である。
  • 例えば、[ニューアクションレジェンド数学|東京書籍]をこなすとき、以下のように、★〔易問〕を[数学 I+A][数学 II+B][数学 III]まで解けるようにして、理系へのトンネルをいちおう貫通させておくことが先決問題である。 底偏差値に見える、私立理系であっても、理系へ進学したほうが、幸せになれると私は思う。 コロナ禍で大量にクビになっているのは、銀行員、事務員などの、いわゆるホワイトカラーで、上位校ではあるにせよ、みんな文系出身者だよ。 例えば、[慶應義塾大学経済学部卒業です]と胸を張って、みずほ銀行に華々しく就職していった人たちが、クビを切られているのが、いまの状態。 その一方で、工業高校卒業で電気工事士をやっている人が、しっかり食っていけている、という現状があったりする。
  • 偏差値という幻想を信じ込んでいた人たちが、それが幻想であったのだと気づく[現実]が、いま展開されている。
  • 結局、世の中で必要なスキルをコツコツ身につけていった人が報われるのだと思う。
  • たぶん大幅な税制改革があると思う。 商品を購入するときに付加価値税を支払うだけ、というシンプルな税制になり、確定申告などは廃止されると思う、近い将来において。 そうすると、税務署員や税理士は、食い詰めるわな。 国家資格に依存して生きていると、こうなるんだよ。
  • ITエンジニアといっても、最終的には、セキュリティの問題に行き着くのだと思う。 そして、セキュリティを支えるのは数学であるから、数学が理解できることが、ITエンジニアの最終的な切り札になるのだと思う。
  • 数学は身を助けると思う。
―― ★〔易問〕 ★★〔基本〕 ★★★〔標準〕
数学 I+A 第1番目に学習する 第4番目に学習する 第7番目に学習する
数学 II+B 第2番目に学習する 第5番目に学習する 第8番目に学習する
数学 III 第3番目に学習する 第6番目に学習する 第9番目に学習する

【初心者必見】プログラミング言語は後回しの効率良い勉強法教えます【未経験からエンジニア】

世界人類の解放と医師の没落

善悪の固定観念でジャッジしないことが大切である。 コロナウイルスのパンデミックという[現実]にも、複合的な役目・役割がある。

コロナウイルスのパンデミックを、単なる災難だと思う、その世界観・見地こそが、ネガティヴィティの大本である。 [コロナ禍]という言葉そのものが、ネガティヴィティを私たちに植え付けるための洗脳ワードである。

何事にも、必ず[光]と[闇]の両方がある。

[光]にフォーカスして、【魂の成長】【意識の進化】へと結びつけるコツを、コロナウイルスのパンデミックを通じて身につけることができる。

例えば、アルケゴス問題から始まっている、今回の金融市場の崩壊は、資本主義の終わりにつながりかねない、一大エポックである。 その大本になっているのは、豊かさの公平な分配に関わる弁天様たちだと考えられる。 つまり、豊かさがすべての人々に行き渡るように、世の組み換えがこれから起こる。

これを災難だと捉えれば、災難としての結果が、あなたにもたらされるであろう。

これを世の建て直しの大きなチャンスとみれば、そのような好ましい結果が、あなたにもたらされることであろう。


コロナウイルスは、意識体でもあるため、知性を有している。 人間がワクチンや新薬を開発しても、それを巧妙にかわすように変異・変容していく。

ちなみに、植物はもとより、鉱物にも、水にも意識・知性がある。 とくに水は、叡智の源であり、宇宙のすべてを記憶している巨大なストレージでもあり、人工知能でもある。

ウイルスは、半生命であり、半分生きている。 ウイルスは、意識をもち、高い知性をもっている。

コロナウイルスと共生することを目指し、[コロナウイルスを撲滅する]系統の[戦って勝つモデル]を絶対に考えない、実行しないことが大切である。 [戦って勝つモデル]を使うと、反作用によって、[戦って勝たれる〔負ける〕モデル]を経験することになるので、事態がループ〔循環〕する。 [終わりなき戦いのループ]を、私たちが過去に生きた時代に、何度経験したか? ということである。 アホなことは、もう繰り返すまい! 

  • [コロナウイルスとの共生]を実現するためには、[人間が免疫力を高める]ことが必要であり、そのためには[自分で自分のDNAのスイッチを入れていく]ことになると思う。
  • 場合によっては、[自分で自分のDNAを書き換えていく]ことになると思う〔それが可能なのかどうかはわからないけれども、できそうな気がする〕。 少なくとも、免疫力が高まるイメージの力、アファメーションを使うことによって、免疫力は高まっていくと思う。
  • [免疫力を高める]ためには、圧力鍋で調理した野菜スープを飲むなど、物理的な努力も必要である。
  • [コロナウイルスとの共生]を実現するためには、[愛と一致する生活実践]を行なう必要があるだろうと思う。
  • [コロナにかかるのは、コロナウイルスに対して恐怖心を抱いた場合]に限定されるらしい。 愛と恐怖は【周波数】の違いから、同時に発生することができない。 [恐怖心を克服する]というよりは、[無理せずに、恐怖してもいいから、愛を強く意識するよう意識する]ということでよいと思う。

  • コロナウイルス対策のワクチンは、殺人を目的とした生物兵器である。
  • mRNAワクチンを接種すると、そのときは生きながらえても、数年以内に死亡することがある。 このことは、すでに公表されており、警鐘けいしょうが多くの善意の人々によって鳴らされている。 つまり、冷静に考えて、ワクチンを打つと死ぬけれども、政府や医療やマスコミを信じているという時点で、[自分で考え行動する]という部分において、基本的に[失格]である。 [自分で考え行動する]という部分が固まっていないので、宇宙デビューできるだけの資質が、まだ身に付いていないのだろうということだ。
  • mRNAワクチンを接種して死んだとしても、それは新たな門出であるから、けっして不幸ではない。 死んで[地球に類似した惑星]に生まれ変わり、もう一度、学びのプロセスを体験するわけである。 それぞれの魂の【魂の成長】【意識の進化】は、すべて順調に進んでいる。

【火星】人類AI化 仮想現実に引き込まれる人間達 死後の世界の支配 レプティリアンや火星宇宙人 COVID-19光と闇の意図 輝く地球を取り戻す 支配からの脱出大作戦!!

  • コロナウイルスの流行は、[光の勢力]と[闇の勢力]のコラボでつくられた[現実]である。
    • [光の勢力]は、人類の進化を目的として、コロナウイルスの流行を是認している。
    • コロナウイルスによって、その意識が変わり、爆発的に大きな進化を遂げる人間が増えていくことを[光の勢力]は期待している。
    • コロナウイルスによって、人類が[全て]に疑問を抱き、事実を学ぶ大きな機会となることを[光の勢力]は期待している。
    • コロナウイルスの流行が、恐怖心を皆が超えていくチャンスとなることを[光の勢力]は期待している。
    • コロナウイルスが、人種や国境を越えて、人類が手をつなぐきっかけになることを[光の勢力]は期待している。
    • コロナウイルスによって、無駄な生き方をせず、人生を大切に生きる人が増えることを[光の勢力]は期待している。
    • コロナウイルスによって、自分で考え行動するきっかけとなることを[光の勢力]は期待している。
  • [本物の地球]にこのウイルスは存在しない。[偽物の地球]にのみ、このウイルスが存在している。
    • [不安と恐怖を越え、限りある命をまっとうすることを集中し、大切なのは命の時間ではなく自分の生き方そのものだと気づくこと]によって、[本物の地球]に移行することができ、コロナウイルスへの感染を防止することができる。

数学ができると、医学部を目指す人が多い。 それは、ちょっとやめておいたほうがいい。

人類はこれから、高度先進科学を知っている宇宙存在から、高度先進科学を習う段階に入る。

そのためには、高度先進科学が理解できるだけの人材が必要である。 キミたちの多くは、そのために、このタイミングで、地球に生まれ変わっている魂だと思う。

[砂糖をはじめとする甘味料]や[食品添加物]を使って私たちを不健康にしておいて、医療で儲ける構造がつくられてきた。

現在の医師・看護師というのは、[闇の勢力がつくった医療利権構造のもとで使役される奴隷]という位置づけである。 医師・看護師の給料が世間標準よりも高いのは、労働が3K〔きつい、きたない、きけん〕であることも背景にあるけれども、[闇の勢力]の悪事に手を貸す仕事ほど給料が高く設定されているだけである。 おカネによって優秀な人材を、特定の職種に誘導している、という誘導に乗っかりそうな、アホなキミたちだということをよく肝に銘じてほしい。

医療利権の世界では、金融資本がトップにいるらしく、その下に石油化学工業があり、石油化学から生み出された化学物質を、付加価値の高い〔とされる〕医薬品にするのが製薬会社である。

医師・看護師など医療従事者、厚生労働省などは、Roche Holding(ロシュ)、Pfizer(ファイザー)、Novartis(ノバルティス)、Merck(メルク)、GlaxoSmithKline〔GSK〕(グラクソ・スミスクライン)、Johnson & Johnson〔J&J〕(ジョンソン&ジョンソン)、Bayer(バイエル)、Sanofi(サノフィ)、AbbVie(アッヴィ)、武田薬品、Bristol-Myers Squibb(ブリストル・マイヤーズ スクイブ)、AstraZeneca(アストラゼネカ)、Amgen(アムジェン)、Gilead Sciences(ギリアド・サイエンシズ)、Eli Lilly(イーライ・リリー)、Boehringer Ingelheim(ベーリンガー・インゲルハイム)といった製薬会社の製品を消費する奴隷として利用されている。

患者が支払った医療費、保険医療制度から支出されたおカネは、製薬会社に吸い上げられ、金融資本に吸い上げられていく。

医師・看護師など医療従事者など、現場でマジメに働いている人たちにとっては、[病気が流行すること]は、仕事がキツくなるので苦しみとなる。

その一方で、製薬会社・病院経営者としては、病気が流行することは、製薬会社・病院が収益を高めるチャンスとなるので、内心、とても喜んだりする。 まさに[闇][魔]が付け入りやすい心理状態になる。 そういった意味において、医療の世界は魑魅魍魎が跋扈する世界である。

医師が正義感をもって医療改革でもしようものなら、暗殺されかねない。 それが、これまでの世界であった。

真実に気づいた人たち、既得権益の構造を破壊する人たちは、暗殺されかねない。 それが医療の世界なのである。

真実の医療は、食生活から始まる。 [砂糖をはじめとする甘味料]や[食品添加物]を使って、私たちをわざと不健康にさせるような加工食品を、私たちがボイコットしていく必要がある。

additive12.pdf

金融業界の給料が世間標準よりも高いのは、[闇の勢力]の悪事に手を貸す仕事ほど給料が高く設定されているだけである。 おカネによって優秀な人材を、特定の職種に誘導している、という誘導に乗っかりそうなキミたちだということをよく肝に銘じてほしい。

高度先進科学の中には、医療技術も含まれており、今後、3次元地球文明的な医師は、必要ではなくなる。

たぶん、製薬会社から始まる医療利権構造は、大崩壊を起こす。 いや、私たちの健康と地球の健康を護るために、製薬会社から始まる医療利権構造は、大崩壊させなければならない。

これからの医療は、どちらかというと、工学系のような感じになるのだと思う。

つまり、頭がいいことを周囲にアピールするために、とりわけ、数学が得意であることを自慢するために、医学部医学科を目指す人が多いけれども、そういう見栄が、道を誤る大きな因子になるということだ。

[医師の給料が高い][医師の社会的地位が高い]というのは、今回、殺人ワクチンを製造している製薬メーカーなど[闇の勢力]がつくり上げてきた、一種のトラップ〔ワナ〕なんだ。

つまり、世界人口を増やすも減らすも、[闇の勢力]の胸先三寸で決まる。 そんな状態を保つために、医師を餌づけしておいたのさ。

今回、殺人ワクチンを打つ医師は、[闇の勢力]の手先となって、積極的に殺人を行なっている。 そういう側面がある。 そこに気づかないように、[医師の給料が高い][医師の社会的地位が高い]という社会的風土がつくられてきただけである。

もちろん、コロナウイルスに感染して死亡する、あるいは、mRNAワクチンを接種して死亡する、というのは、その魂の計画通りであり、誰も悪くないし、誰を責める必要もない。 すべては順調である。

ただし、医師というものが、そういう操り人形なのだということには、気づいておくべきだと思う。

そして、医学部医学科に合格したことによって、自分は偉い、自分は特別だと思っている人がいたとしたら、すでに[闇][魔]に入られていると考えてよい。

これは医師だけの話ではなく、私たちすべてに当てはまることだ。

慢心したら[闇][魔]が入ってくる。 これは私にも、あなたにも当てはまることである。

とにかく、数学ができるから医学部、というのはアホだということ。

ITエンジニアも、マクロ視点からすれば、所詮、IT土方の一員|数学を究めてセキュリティエンジニアを目指そう!

シリコンバレーのセキュリティエンジニアの年収5500万円

覚悟を決めて自力本願で粘る|近道を探している時間・体力がもったいない

【90%の人がしてない】圧倒的スピードで成長する駆け出しエンジニアがしていること

教材をやるだけじゃダメ【プログラミング】

挫折しないプログラミング学習方法について解説します

遅延評価的勉強法 · ゆきんこの勉強法 | 自修人

中学数学・高校数学

  1. 高校入試という障害物がなくなるだけで、数学における自分自身のカリキュラム策定の柔軟性が根本から高まる。
  2. つまり高校入試を受験しない。 中卒で高認取得からの大学入試というコースを現実的に考える。
  3. この5月から金融崩壊が進み、大手企業がバタバタと倒産していく。 もはや学歴の時代ではない。 文系であれば、東大卒でも学歴として有効に機能することは期待しがたい。
  4. 理系ないしは技能系の学部・専門学校を選んでおくことが、一応は、地雷を踏まない道になろうかと思う。 高卒のままブラブラしていたほうが、文系へ進学するよりも、地雷を踏んでいないと思う。
  5. [世間体を考えて、そこそこの文系大学へ進む]というのが最悪の選択。 何も身に付かないのに、おカネだけ取られるので、人生とおカネのムダでしかない。 例えば、スーツさん〔2単位足りずに留年|在学6年目|2021年の秋に単位取得・卒業予定〕には悪いけれども、横浜国大の経営学部に進学したって、最終的には何も身に付いていない自分に気づくだけだよ。 スーツさん自体、岩倉高校から推薦で横浜国大に進学したので、受験勉強らしい受験勉強は経ていない。 スーツさんの能力は大学受験とは別の能力で、地頭の良さ・鉄道知識・トーク力・根性などは、スーツさんの個人的な資質・資産である。 [横浜国大に進学したらスーツさんみたいになれる]と思うなよ、甘ちゃんども。
    岩倉高校 - Google 検索
  6. 高卒のままブラブラしているのだったら、プログラミングを勉強して、いちおう食っていけるように環境を整えるのがよいと思う。 おカネが貯まってから理系へ進学するのもいい。 これからは、年齢を気にしなくていい。 実力をつけるために、自分のペースで、自分のタイミングで、じっくりと深掘りして進んでいこう。 外的要因に気を取られすぎず、あなたが深掘りしたいと思う分野を、徹底的に深掘りすることが、あなたの個性/コアコンピタンス〔中核価値〕を育てていく。 ものまねをせず、あなたぐらいの物好きしかやらない、コアでディープな部分を深掘りしていくことだけを徹底しよう。
  7. 中学数学は1年半程度で修了する。 中学数学は、3年もかけるほどの量的な多さをもっていない。 こんな少ないデータに3年もかけて、高校数学という膨大なデータに同じく3年しかかけないのでは、高校数学でつまずくにきまっている。
  8. 文科省はDSに浸食されており、日本の工業力を弱める目的で、理系進学者を意図的に減らすように誘導してきた。 [数学 II+B]において急激に学習単元を増やして、高2で数学をあきらめさせ、私大文系への進学へと誘導する底意をもって、数学のカリキュラムを策定していると考えてよい。 これを防止するためには、高校へ進学せず、自分のペースで、自分のタイミングで、かつ、自分の得意科目を深掘りするかたちで、納得のいく密度の高い学習を続ける。 本当の成長の成果とは、自分で自分を追い込んで、そこから得た反省や見識だけである。 それは、学校では得られないことが多い。
  9. [わかりやすい]とされる印刷教材は、その程度が過剰になれば、自力で考える力を醸成するチャンスを奪う。 [わかりやすい]とされる印刷教材は、砂糖のようなもので、依存すると必ず大きなデメリットを手にすることになる。
  10. 高校数学は、中学2年次の後半から始めて、高校3年次の前半までに終える〔数学 I+A、数学 II+B、数学 IIを3年半で終えると見積もる〕ことを考える。
    1. [中2年後半-中3年前半]
    2. [中3年後半-高1年前半]
    3. [高1年後半-高2年前半]
    4. [高2年後半-高3年前半]

いろいろ手を出さず、とりあえず、これだけをやろう。