[もくじ]を見るor閉じる

【物理基礎】定期試験対策【計算】

【物理基礎】定期試験対策【計算】

単位・次元【計算】*

【物理基礎 定期試験対策】単位・次元【計算】*

有効数字【計算】*

【物理基礎 定期試験対策】有効数字【計算】*

弧度法・三角比【計算】*■弧度法〔数学教科書|三角関数|新旧課程ともに数学Ⅱ〕■三角比〔数学教科書|図形と計量|新旧課程ともに数学Ⅰ〕

※ここでは現行課程を[旧課程]と表現しています〔2023-11-09〕。

  • 高校物理は理解に時間がかかるので中学3年次ないし高校1年次から学習を開始する必要があります。 結局、一般大衆が高校受験でヒーヒー言っているうちに、中高一貫校の人たちは、中学3年次には数学Ⅰ・Aを修了し、高校1年次には数学Ⅱ・Bを開始するわけです。 そして、中高一貫校の中でも、塾・予備校で先取り学習を指導されている生徒たちは、高校1年次の後半には数学Ⅲ〔微積分〕の学習を開始します。 そのように、早期から微積分に慣れ親しんでいる生徒は、少なくとも[微積分の考え方]を使った高校物理の問題の解き方が理解できるようになり、国公立上位校の入試問題にも対応できる。 そのような、不条理な仕組みになっています。
    • 結局、社会においてヒエラルキーを形成するために、不条理な教育格差が生まれるように、文部科学省がCIAから脅されて、不条理な新課程を作り続けさせられている、ということなのです。
    • [基軸通貨としての米ドルの終焉]とともに、CIAも崩壊していき、CIAに従い続ける官僚を逮捕し、光側の命令に従わない場合には、官僚が抹殺されていく段階に入るようです。
    • 2024年の1月~3月までの期間に、ANAの航空機が、大規模に減便され、欠航するようです。
    • ANAの航空機の機体は、もしかすると、日本において、米国DSを従ってきた人々を大量に逮捕し、海外にあるとされる大規模な収容所に送致するために使われるとも噂されます。
    • いよいよ、日本を乗っ取ってきた勢力の一部が、撤退するプロセスが始まるようです。
  • 物理を学習する前提条件として、ベクトル・弧度法・三角関数〔三角比を含む〕についての教科書水準の演算能力が必要です。
    • 三角比〔新旧課程ともに数学Ⅰ〕
    • ベクトル〔新課程は数学C|旧課程は数学B〕
    • 弧度法〔三角関数に含まれる〕・三角関数〔新旧課程ともに数学Ⅱ〕
    • 以上より、新課程のカリキュラムのもとで高校物理を始める前に、数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学C〔ベクトルが含まれている〕の印刷教材を集めて学んでおく必要があるわけです。
    • 旧課程の印刷教材では、ベクトルは数学B〔数学Ⅱ・B〕の印刷教材に含まれています。
    • [マセマ出版社]の各教材、あるいは、[ニュー・アクション・レジェンド数学|東京書籍]または[ニュー・アクション・フロンティア数学|東京書籍]という網羅系参考書で、ベクトル・弧度法・三角関数〔三角比を含む〕を学んでから、物理基礎の参考書・問題集に取り組む必要があります。
  • いいかえれば、高校物理を開始する前提条件を満たすために、中学3年次ないし高校1年次よりも前の段階で、ベクトル・弧度法・三角関数〔三角比を含む〕についての教科書水準の演算能力をやしなっておく必要があります。
  • つまり、数学のカリキュラムそのものが、物理学習を邪魔するように、いいかえれば、米国CIA〔米国を支配しているDSの世界支配実行部隊〕の指図に従い、技術立国日本を弱体化させる方向で策定されていることに気づきましょう。
  • 生物を取り扱う分野でも、物理学は必須の分野ですので、大学の学部・学科の選択において、バイオ系に進学するからといって、受験で物理選択をしないと、大学に入ってから留年します。
  • 理系に進学するかぎり、数学と物理は、必修であると覚悟して、高校時代のうちに、数学と物理で苦労しておくと、後で苦しむことを回避することができます。

【物理基礎 定期試験対策】弧度法・三角比【計算】*

三角関数【計算】*■三角関数〔数学教科書|三角関数|新旧課程ともに数学Ⅱ〕

【物理基礎 定期試験対策】三角関数【計算】*

ベクトル【計算】*■三角関数〔数学教科書|ベクトル|新課程は数学C|旧課程は数学B〕

【物理基礎 定期試験対策】ベクトル【計算】*

近似式【計算】*

【物理基礎 定期試験対策】近似式【計算】*

高校数学[現行課程]〔旧課程〕の単元

  • 高校数学[現行課程]〔旧課程〕
    • 数学I(3単位)
      • (1)数と式
      • (2)図形と計量
      • (3)二次関数
      • (4)データの分析
      • [課題学習]
    • 数学II(4単位)
      • (1)いろいろな式
      • (2)図形と方程式
      • (3)指数関数・対数関数
      • (4)三角関数
      • (5)微分・積分の考え
    • 数学III(5単位)
      • (1)平面上の曲線と複素数平面
      • (2)極限
      • (3)微分法
      • (4)積分法
    • 数学A(2単位選択)
      • (1)場合の数と確率
      • (2)整数の性質
      • (3)図形の性質
      • [課題学習]
    • 数学B(2単位選択)
      • (1)確率分布と統計的な推測
      • (2)数列|期待値→数学A
      • (3)ベクトル
    • 数学活用(2単位)
      • (1)数学と人間の活動
      • ア・数や図形と人間の活動
        
      • イ・遊びの中の数学
        
      • (2)社会生活における数理的な考察
      • ア・社会生活と数学
        
      • イ・数学的な表現の工夫
        
      • ウ・データの分析
        
  • ※注 ●項目名、配列は学習指導要領に合わせました。
  •    ●単位数は標準単位数です。

高校数学[新課程]の単元

  • 高校数学[新課程]太字は新課程で追加されるもの
    • 数学I(3単位)
      • (1)数と式
      • ※分数が有限小数や循環小数で表される仕組みを扱う。
      • (2)図形と計量
      • (3)二次関数
      • (4)データの分析
      • ※四分位範囲、箱ひげ図は中学校へ移行。
      • ※仮説検定の考え方、用語「外れ値」を扱う。
      • [課題学習]
    • 数学II(4単位)
      • (1)いろいろな式
      • (2)図形と方程式
      • (3)指数関数・対数関数
      • (4)三角関数
      • (5)微分・積分の考え
      • 〔課題学習]
    • 数学III(3単位)
      • (1)極限
      • (2)微分法
      • (3)積分法
      • 〔課題学習]
    • 数学A(2単位選択)
      • (1)図形の性質
      • (2)場合の数と確率
      • ※期待値を扱う。数学B
      • ※頻度確率を扱う。
      • (3)数学と人間の活動
      • ※整数の約数や倍数、ユークリッドの互除法や二進法を扱う。
    • 数学B(2単位選択)
      • (1)数列
      • (2)統計的な推測
      • ※正規分布を用いた区間推定及び仮説検定の方法を扱う。用語「有意水準」を扱う。
      • (3)数学と社会生活
    • 数学C(2単位選択)
      • (1)ベクトル
      • (2)平面上の曲線と複素数平面
      • (3)数学的な表現の工夫