[もくじ]を見るor閉じる

WZ Editor 10のカスタマイズ|addkey.key

パス〔path〕:C:\Users%USERNAME%\AppData\Roaming\WZSoftware\WZ10xcom

ファイル名:addkey.key〔UTF8/CR+LF〕

次のコードをaddkey.keyにコピーアンドペーストして、[UTF8/CR+LF]で保存すると、該当するキーがカスタマイズできる。

{F1}	SORT
{F12}	CPYALL
{F2}	SAVE
{F3}	WIDFIT
{F4}	WID0
{F11}	SELVZ
^0	GREP

【コードの意味】:{F1} SORT:範囲をソートする

【コードの意味】:{F12} CPYALL:全範囲を選択してコピーする

【コードの意味】:{F2} SAVE:ファイルを上書き保存する

【コードの意味】:{F3} WIDFIT:ウィンドウ幅で改行する

【コードの意味】:{F4} WID0:ウィンドウ幅で改行せず1行にする

【コードの意味】:{F11} SELVZ:文字選択を開始する

【コードの意味】:^0 GREP:[Ctrl+0]でWZ Grepを起動する

MIFES 11のカスタマイズ

  • [設定(O)]→[キー操作のカスタマイズ(K)…]
  • [左欄〔キー操作(k)〕:【Ctrl+数字キー】の【+】キーで下階層を開き【Ctrl+0】が見える状態にする]→[右欄〔機能(F)〕:【検索・置換】の下階層の【グローバル検索(grep)】を開く]
  • マウスで【グローバル検索(grep)】を【Ctrl+0】ドラッグアンドドロップする
  • [OK]で登録完了

サクラエディタ|ソート〔並べ替え〕|[【Shift+矢印】で範囲指定]→[編集(E)]→[整形(K)]→[選択行の昇順ソート(A)]

  • [設定(O)]→[共通設定(C)…]→[キー割り当て|タブ]→[左欄|種別(K)]→[検索系]→[Grep…]
  • [右欄|キー(Y)]→[Ctrlのチェックボックスにレ]→[Ctrl+0を選択]→[左欄下方|割り当て(B)]→[OK]
  • ただし、この[Ctrl+0」は、テンキーの[0]ではなく、キーボードの[0]になってしまう。

共通設定 『キー割り当て』プロパティ

サクラエディタ|ソート〔並べ替え〕|[【Shift+矢印】で範囲指定]→[編集(E)]→[整形(K)]→[選択行の昇順ソート(A)]

サクラエディタ|マージ〔重複行削除〕|[【Shift+矢印】で範囲指定]→[編集(E)]→[整形(K)]→[連続した重複行の削除(uniq)(U)]